がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダムOO 2nd #24「BEYOND」
 ガンダムOOって、MSの設定という意味で他のガンダムと比較した場合、何が一番独得かって「GNドライヴ」っていう設定なんですよね。過去のガンダムって、基本的に動力源は核か電池だったわけですよ。例外はGガンダムと∀ガンダムくらいなものでしょう(WとXはそもそも動力源の設定がないですけど)。それに対し、OOは完全に架空のエネルギー源なわけです。基本的に、動力源が架空のエネルギーってスーパーロボットの定義の範疇に入るものだと思うんですよね。光子力とかゲッター線とか。
 まぁつまり、OOってスーパーロボットアニメだったわけですよ。うん。

 でも…まさかシナリオまでGNドライヴで解決させてしまうとは…(汗)

 とりあえずリジェネが期待通りまた出てくれたので良かったです。でもリボンズに取って代わろうとした小さい野心の持ち主にはとても見えませんでしたが。リボンズが死んだ後に改めてヴェーダを掌握でもしてくるのかね。

 前回で4人のマイスターがそれぞれの戦いを始めたわけですが、全員トランザムライザーというかやっぱり出ちゃったトランザムを超えたトランザムでどうにかなってしまいました。
 よくわからないのですがルイスは正気に戻り、よくわからないのですがサーシェスは動けジ・O状態になり、よくわからないのですがティエリアはヴェーダと融合し、わかりやすく覚醒したハレルヤのおかげでアレルヤは生き残ることができました。ついでにマリーと小熊の因縁、ビリーとスメラギの因縁にも決着が付いたよ!!
 とりあえず第一期の第一話に出てきていたビリーが、あんな結末を迎えるとは当時夢にも思いませんでしたわ。

 結局セラフィムのシステムってナドレと同じだったんですね。とりあえずティエリアはD.O.M.Eとなったみたいなんで、このまま封印されてサテライトシステムの制御装置になってくれるといいと思います。

 最後にようやくリボンズが出てきましたが、ジムの次はガンキャノンみたいですね。まだヒリングとリヴァイヴが生き残っているのですが、見せ場はあるのかな?リヴァイヴなんてロックオンと戦ってなんぼのような気がしますけど。ヒリングはリボンズと同型である意味があるのかどうか。リジェネとティエリアにはなんとなく意味がありそうだったし。アレルヤはまた最強の超兵になってくれるんですよね?

 とりあえずあれか、「来るべき対話」の相手ってターンX作った人たちとかですかね。イオリアはイデの啓示でも受けたんでしょうか。ダブルオーライザーならターンX軍団相手にしてもどうにかなりそうですもんね。

 ごめん…このまま終わったら「SEEDと大して変わらない」じゃなくて本当に「SEED以下」になってしまう…。第一期の生き生きとしていたキャラクター達はどこへ行ってしまったのだ。
 第一話の感想で、「ファーストシーズンのキャラクターだけ借りたアナザーストーリー」という表現をしましたが、まさにそんな感じじゃないでしょうかね、これ。劇中劇でした、おしまい。っていう結末で締めてもらいたいくらいなんですけど、真剣に。

 せめてさ、刹那が覚醒するに至る過程に何かもっとあれば違ったんですけどね…。なんで刹那じゃなきゃいけなかったのか、その辺に何の理由もないじゃないですか。脳内で死んだロックオンと会話してただけでイノベイターになれたら世話ないですよね、ほんと。
 とりあえず、このアニメを最後まで見届けてから、第二期の第二話以降あれだけ絶賛していた頃の感想と照らし合わせて何がどういけなかったのか考えてみましょうか。
スポンサーサイト
コメント
コメント
今回の話は弟と父と一緒に見ていましたが、イオリア計画の全貌に対して、弟が

「でも、もし地球外生命体が存在してなかったら、骨折り損のくたびれもうけだよね?」

と、的確なツッコミを入れていました(笑)
そして家の父は、

「ダブルオーの物語の根幹を成していたのはイオリア計画だったことを考えると、物語の登場人物達は敵味方全部含めて『イオリア』という妄想癖&アスペルガー症候群の予備軍患者に散々振り回された操り人形であり、道化であったとも考えられるな」

と、語っておりました。

たぶん、イオリアはアレですよ。
星新一のショートショートを読みすぎたか、「さよなら絶望先生」の登場ヒロインであるポジティヴ電波少女の風浦可符香にポロロッカ星人の存在か何かを吹き込まれたんですよ、きっと(苦笑)
2009/03/22 (日) 22:34:25 | URL | トーリ・スガリーノ #-[ 編集 ]
その発想は無かったなあ・・・シャルル帝やルルーシュとはまったく逆で無駄にスケールがでかい。

ネタ的にはビルラーさんと似たような感覚だけどあの人主犯じゃないからなあ。

デュランダルは自分の身の丈を見たくなかったからDプランに走っちゃったけど、こっちはリアルに「青き正常なる世界」とか「世界を革命するために」とか言っちゃってるようなもんだから余計怖い(あるいは爆笑ものか・・?)

しかもこの視点で全員が好き勝手やっちゃったからなあ・・・前の時はアスラン一人だけだったから容赦なく叩きのめされたけど。

もう完全にスザクのいないコードギアスって感じになっちゃったよなあ。
2009/03/22 (日) 23:04:33 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
トランザムブーストで皆分かり合って解決!っていうのはUCのニュータイプを皮肉ってるんでしょうかね?
やってることは同じだよ、みたいな。

二期通してダブルオー以外のMSが大活躍!って場面にはついぞ拝めなかったのが残念ですねー。一期終盤のテンションはいったいどこに行ってしまったのか。
サーシェスもグラハム(はまだわからないけど)も物語的にいる意味がよくわからなかったまま退場してしまったし、二期は「刹那がイノベイターになったよ!」ってぐらいしか記憶に残ってないかも・・・
2009/03/22 (日) 23:14:08 | URL | s2 #-[ 編集 ]
まさか人間関係のネタまでGN粒子で解決するとは思わなかった
ラッセの後遺症(?)も何か治ってるし
正直GN粒子を万能にしすぎてる上に、何かあれば粒子でってのは流石にどうかと
せっかくトリコロールカラーになったOガンダムが単なる砲台だったのもなんだかなぁ

リボンズのGNガンキャノンはキャプで見たら、後頭部からVアンテナらしき物があるっぽいのでガンキャノンとガンダムのリバーシブルだったりして
2009/03/23 (月) 00:46:54 | URL | わんこ #WGv/JGO2[ 編集 ]
最終回前はだいたい死にまくるのでそうじゃないのはよかったけど みんな粒子で解決?あんだけ引っ張ってサーシェスあれで終わり??小熊の父と同様の不器用さに何故か泣きました。
2009/03/23 (月) 01:39:31 | URL | ロウ #-[ 編集 ]
なんていうかアレですね
初恋の人に再会したら物凄い不細工になってて
さらにその後会うごとに醜さに磨きがかかって行ってるような心境です
一期は細かい不満や疑問は数あれど十分面白いと言えたんだけどなー


刹那の「業を背負いつつも、理想に殉じる」というある種の悲壮な覚悟が00の魅力でありつつも危ういところで、その危うさにどう決着を付けるんだろうという部分が話のキモだったと思うんですよね
少なくとも一期はそういう話だったし、そこが好きでした
二期に入ってからは刹那に覚悟や信念が感じられなくなったのが一番悲しい部分です
「俺がガンダムだ」はテーマ的にもネタ的にも名言でした
今はただ、お前は変革とかいいからテロリストとしての業を背負って死ねよと

まあとにかく、最終回を前にしてなんというかため息が出るばかりです
2009/03/23 (月) 04:52:53 | URL | ばしょう #tiVURSHc[ 編集 ]
「なぜ」、こうなったか考えるのは今後のガンダムのためにも重要だと思いました。
2009/03/23 (月) 09:43:50 | URL | アサキム #-[ 編集 ]
ルイスっていつの間に?(orどうやって?)刹那やサジに助けられたんですかね?
描写が無くて知らぬ間にガンダムの手のひらの上って。。。
わざわざ刹那とサジの二人がかり(or一人?)でガンダムから降りて、ルイスを運び出して来てまた、コックピットに戻ったんですかね?
その後、サジが外に出て行きますが、それなら最初からコックピットに戻る意味ないし、めちゃくちゃ違和感ありました。
そもそも、そんな救出やっている間にヒリングとかの攻撃受けたりしないんですかね。。。
戦闘中にコックピット脱出してもいいんですかね?
2009/03/23 (月) 09:45:27 | URL | ほへひゃぁー #-[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/23 (月) 10:46:54 | | #[ 編集 ]
今回も不満点はいくらでも出せてしまうので、あえて徹底的に好意的に解釈して見ますと。

今回和解した連中は全員ほんの少しの会話が出来ればそれで終わるのに、意固地になって相手を否定していたからこそ、
「本音対話強制装置」発動で終わりなのかなと。
本当にその争いは必要なのか?って感じのテーマなんでしょうか。

それで居て本音で対話できたとしても、分かり合えていたとしても、
「その程度ではイオリアが思っていた通りに紛争がなくなったりはしない」と示すためのロックオン周りなのかなと、
アニューとは(作中での表現では分かりにく過ぎですが)分かり合っていた上で殺し合い、
アリーとは強制本音対話空間内でも殺し合い、
その上で「和解した連中」の後に持ってきてますから。
この辺を製作側が重要と思っておらず、分かり合えれば戦争終了と思ってたとすると、
どうしてもそれと矛盾してしまうアリー射殺はごまかすためにも粒子拡散前に終わらせるはずなんですよね。
さすがに考えなしで後ろに持ってきたとは思いたくないですし。

最終話にイオリア計画を全肯定したりせずに、しっかりテロリスト連中が咎を受けて見せればある程度はまだ巻き返せるのではないかなーと思うのですがどうでしょう?


>>ほへひゃぁーさん
1、電撃打ち込んでる状態でダブルオーライザーに抱きついたことでルイスにも電撃が流れる。
2、そこにガガ命中、三機全部命中したなら撃墜するのに十分な威力だったものの、一機だけだったので威力不足で撃墜にはならず。(しかもこの場合、抱きついたルイス機が00に対してクッションの役割を果たしてしまった)
3、ガガ命中の衝撃で電撃になれてないサジとルイスは気絶、もしくは刹那も気絶したかもしれないが慣れの分すばやく復帰、
4、刹那、すかさず動かないルイス機のコクピットを引っぺがして中からルイスを引っ張り出す(おそらくコクピットから降りたりせずダブルオーライザーの「手」を使って
5、刹那がサジを起こすシーンへ

って流れじゃないでしょうか。
2009/03/23 (月) 17:44:33 | URL | 東風 #GCA3nAmE[ 編集 ]
赤くてでっかいは
ジムでなくてガンキャノンだったか。
9割方ネタでいったんですけど。
とりあえずマネキンさんはGNオーロラに感動してないでそこのジンクスⅢの下半身をひろっとけと。

トーリ・スガリーノさん
>骨折り損の
まああのオッサンも頭が太陽炉に近い状態になるまで考えてるんですからきっとあたってるんですよ。
・・・ガンタンクで攻めてくるのかなあ?
せめてザクレロでお願いします。


ビリーの演説の中「いやトップがアレってのはかなり問題が・・・というかあいつそもそも優れてないじゃん。」っと思わず突っ込みそうになりました。




2009/03/23 (月) 20:59:57 | URL | DN #V/QOQXGg[ 編集 ]
もう24話・・・・ついに刹那以外のマイスターがたいした活躍もしないままここまで来てしまった・・・・。
アレルヤなんて機体壊しに戦場に出てたもんじゃないか

トランザム発現から力のインフレが始まり、ダブルオーライザーの出現でインフレの極みに到達。お前はどこぞの少年漫画か!とツッコミたい。
戦闘では刹那しか活躍せず、その上爽快な勝利が皆無。視聴者がカタルシスを感じるような話しの持っていき方が下手だったような気がします。

残り1話、ラストバトルにも関わらず唯一活躍の無いアレルヤは活躍してくれるのか?ヒリング、リヴァイブが残ってるのはアレルヤのためなのだろうか?
ま、それも仮面のブシドーが持っていっちゃうかもしれないけど
2009/03/23 (月) 21:44:32 | URL | タカヒロ #du4oNlYw[ 編集 ]
>トーリ・スガリーノさん
いやはや…素晴らしい家族をお持ちですね(笑)
逆に言えばイオリアは地球外生命体の確実な存在を感知していたと思いたいところでもあります。
というかスパロボのために作ったような設定ですよねこれ…。

>ドクトルKさん
一歩引いた視点の人間がいないっていうのはだいぶまずいですよね。
ほんと、刹那教とリボンズ教のどちらかしかないっていう感じです。

>s2さん
宇宙世紀は生身の人間の力としてやっているものを、こっちは機械の力でやってるってのが違いですね。
これって似てるようで全然意味が違う気がします。

2期でOO以外の活躍というと、対アニューでのケルディムですかねぇ。
あの動きはカッコよかったです。

正直1期で「死んだかと思ったが生きていた」系のキャラはみんな死んでた方が良かった気がします…。

>わんこさん
Oガンダムって何のためにファーストをパロってるのか意味わからないですよね。
あそこまで狙ったデザインならもう少し重要なポジションでもいい気がします。

GNガンキャノンはビックリドッキリメカでしょうね…間違いなく。

>ロウさん
サーシェスって刹那の宿敵だったはずなのに、
いつの間にかディランディ家の個人的な敵になっちゃいましたよね…。
1期の無双ぶりは何だったのだろう。

>ばしょうさん
んー、再会した時点では相当綺麗になってたんじゃなかって思ったんですけどね(笑)
中身を知ったら昔との落差に幻滅、みたいな感じでしょうか。

結局最後まで二期に足りない部分は補完されませんでしたね。
作り手が気づかなかったのか、投げてしまったのか。

>アサキムさん
一つはっきりしてるのは、調子に乗ってフラグ立てればいいってものじゃないってことですね(苦笑)

>ほへひゃぁーさん
基本的には東風さんの仰るような流れだったんだと思います。
なんかルイス機にガガが思いっきり当たってましたし。
ただそういうところをことごとく省略するのが第二期後半の悪い癖であったと思います。
視聴者が全員そんなに何度も見直して考察してると思うなよって感じです。

>東風さん
んー、なかなか好意的に見るのは難しいですね。
分かり合うことは大事でも、許せないものは許せないってのがロックオンだったのかなとは思いましたけど。
強制対話装置が発動してもイノベイター側とは対話できないですし、
結局仲間が一番大切だよねってことにしかなっていないような気がします。

>DNさん
伝説巨砲とでも呼びましょうかね、あれ。
ビリーはイノベイターに協調するキャラには見えませんでしたよねぇ。
研究できる場所があればどこでもいいってものかと。
あの台詞は誰かに言わせたいだけで誰でも良かったのかなという気がします。

>タカヒロさん
トランザムライザーの描き方はストライクフリーダムなんかよりずっと酷かったですよね。
話の盛り上げ方が分からなくなってしまった印象もあります。
最初に飛ばしすぎてペースの落とし方を見誤った感じもありますし。

アリオスは…何なんでしょうね。スタッフにアレルヤが嫌いな人がいたとしか思えないです。監督かな。
2009/03/23 (月) 23:14:46 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
あのぉ・・・マジでブシドー最終回に出るんですよね?
カッコ良く登場して華々しく散るんですよね?
いや、確認です確認。


え?作品としての評価?
そんなもんどーでもいい!
ジャンプ黄金期を知ってりゃ、これくらいの展開で驚くワケもなし!
2009/03/24 (火) 00:24:21 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
>刹那
当時、コノ人が唯一、オーガンダムのGN粒子を浴びていたことによる副作用とかでイノベイターになったのかな??
リボンズも言ってたようにオーガンダムを見た人は必ず殺してるみたいなことを言ってましたし。
もしそうならリボンズの気まぐれが自分の首を絞める結果になって面白いですね。
2009/03/24 (火) 21:49:31 | URL | カセクシス #CkdVqA2Q[ 編集 ]
>叡天さん
たぶんかめはめ波合戦になって注意を引く役目になりますよ、ブシドーさんは(笑)
ジャンプだと打ち切りパターンですよね、これ…。

>カセクシスさん
Oガンダムがきっかけなのであれば、確かにリボンズ自身の責任ということになりますね。
そうなると、GN粒子はとんでもなく潜伏期間が長いってことになりますが(笑)
2009/03/24 (火) 22:41:17 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
リボンズ教の信者が
一人か二人くらいしかかいなそうにに見えるんですが。
一応カタギリの父も恒久平和といっておりましたが、リボンズにとっては利用するだけの人材っぽいし。
というかリボンズって基本的に表舞台に立たずに陰でこそこそ動いてばかりですし。
まあそれがリスクが少ない方法なんでしょうけど。
ただリスクが少ないってのは理屈ではわかるけど「陰からヴェーダで」
しか手段がないってのはなあ。
人を騙すことはできてもひきつけることはできない人ですね、リボンズは。
カタギリ父も中心部には関わってなさそうですしこの宇宙船にいないって時点で。
というか腹心の部下0のラスボスってこいつくらいか?
せめて一人くらいはプランの魅力と人間力でひきつけろよと。

演説者がビリーって時点でなんかもう全てが終わりすぎてて。


2009/03/24 (火) 23:09:57 | URL | DN #mQop/nM.[ 編集 ]
リボンズの行動に疑問を呈さない、反論しないという意味では、
基本的にアロウズ側のほぼ全員がリボンズ教と言えるのかなと。
とりあえず反リボンズ親刹那か、親リボンズ反刹那しかいないというのが良くなかったです。
物語を引っ掻き回すキャラがいないんですよね。
リジェネのそれは裏舞台の話でしかありませんでしたし。
第一期だと、刹那なりティエリアなりがトラブルメーカーとして機能していましたし、
トリニティという第三者もいたのですが。
2009/03/25 (水) 23:12:07 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.