がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
RGMナンバーが意味する連邦軍のMS運用思想
 連邦軍の形式番号は、基本的に「R+機体の愛称」であるといくつかの資料で明言されています。これはすなわち、機種の数だけ形式番号が存在するということになります。

 現在明らかになっているのは以下の通りですね。
RGM:GM
RGC:GMキャノン
 RB:ボール
RAG:アクアGM
RAS:アッシマー?

 その他にも公式度は極めて微妙ですが、
RGD:GD
RGT:ガンタンク
 というものもあります。RGZやRGXというのもあるのですが、これは機種の略称かは微妙なところです。とくにRGZはリファイン・ガンダム・ゼータの略である可能性が高く、連邦軍の法則とは微妙に異なる番号と言えます。まぁ、R+ガンダムゼータでもいいんですけど。

 ジオン軍がザクでもグフでもドムでも同じ「MS」ナンバーであるのに対し、連邦軍が機種ごとに形式が異なるというのは、両軍のMSの運用思想をそのまま表現しているといえます。

 つまり、ジオン軍はどんな機種でも「MS」という一つのカテゴリでしか括られないのに対し、連邦軍は機種ごとに明確に役割が分けられているのだろう、ということです。
 たとえば、米軍の戦闘機がF=戦闘機、B=爆撃機などというようにして分けられているのと同じ感覚で、連邦軍はMSをカテゴリ分けしているということです。
 そう考えれば、GMという名前を受け継いでいないジェガン以降のRGMシリーズが、なぜ同じ形式番号の延長線上にあるのかという理由も腑に落ちます。RGMの形式番号は、「ジム」という名前のMSを指すのではなく、「白兵戦用MS」を意味しているのであろう、ということです。もしかしたら、RAG-79とRGM-79Uは同じアクアジムであっても、用途が違うのかもしれません。前者は対潜水艦用、後者は対水陸両用MS用なのかも。
 逆にいえばジオン軍としては、どのようなMSであろうと一つの運用思想しか想定していない可能性があります。複数の機種の連携運用というのは基本的にあまり考えていないということですね。もちろん連携運用が全くなかったわけではありませんが、基本的にそういう用途分けは武装の使い分けやバリエーション機で対応しているイメージがあります。明確に連携運用が想定されていると思われる機種って、「リックドム+ガッシャ」とか「ガルスJ+ズサ」くらいでしょうか。

 となると、RXという番号は、単純なXナンバーであると考えることができ、「制式に独立機種として認められていない段階での試作機」という意味になるのだと考えられます。逆に機種は明らかな場合の試作機は、RGM-88Xや96Xのように末尾にXがつくのでしょう。
 こう考えると、RGC-90とRGM-90が同一機であってもいいのかな、という気もします。同じ機体でも用途が違うというだけであると。ちょっと苦しいことは否めませんが。

 では、RMSとは何なのか…ということになるのですが、これは「MS」ですから、基本的にジオン軍と同じ分類方法であるということになります。戦後、連邦軍がジオンのMSも自軍の戦力として運用していたことを考えると、単純に「ジオン軍のMSの発展型に与えられる番号」としたいところなのですが、RMS-179という機体があるのでそう考えることはできません。
 ひとつ考えられるのが、複数の機種の使いわけではなく、総合的に使用される(白兵戦だけでも、砲撃戦だけでもない、オールラウンダーとしての)MSという意味ですが、そもそもRMSナンバーには競作のための拠点番号を含めた三桁番号という意味が付随することを考えると、やはり以前考察したように、「既存の機種にとらわれない自由な発想でのMSの開発・生産を奨励するため」という線が強いのかなと思います。
 一年戦争後の連邦軍は、ジム系を配備している部隊とザク系を配備している部隊とがあり、基本的に全軍での武装統一が不可能な状況だったようです。おそらくはその流れがしばらく続いており、それ故にRMSナンバーが与えられた複数の量産型MSが各地で採用・生産されていたのでしょう。なんせジオン系のMSは戦後に生産中止されたのではなく、アナハイム社を中心に継続して一定数生産されていたようですからね。いわばRMSナンバーは、全軍の武装統一がままならず、複数の異なる機種を同時運用せざるを得ない期間に採用・量産された機種のために設定された番号だと言うことができるのではないでしょうか。

 さて、実は連邦軍のMSについては、頭にRがつかない場合の番号があります。TGM-79という番号がいい例です。この場合、頭のTはトレーナーという意味でしょうから、頭のRは「トレーナータイプではない」という意味が込められている可能性が高いと言えます。単純に考えれば戦闘用という意味が思いつきますが、他の例がないので断定はちょっとできないですね。ただ、ガンダムの前身の機体にX-78という番号がありますが、これはRもTもつかない、純粋な技術実験機を示しているのかもしれませんね。
 もう一つ、FAというナンバーがあります。これがRFAではなくFAである意味は何なのか、ちょっと判断しにくい部分があります。ただ、FSWSが「ガンダムの戦闘力を戦艦並みに引き上げる」というコンセプトであったことを考えると、これはすでにMSの枠を超えた、戦艦と同等の運用が可能な人型兵器としてのカテゴリなのかもしれません。そう考えるとデンドロビウムもFAで良さそうな気がしますが…まぁFSWS計画とは無関係ということなのでしょう。
 こう考えると、グスタフ・カールの番号であるFDもFAと関連付けられそうな気がしないでもないのですが、そもそもFDナンバーの場合数字部分が年号という法則を満たしていないので、根本的に違う種類のナンバーなんでしょう。

 とりあえず、連邦軍は機種ごとに用途分けをしているが、ジオン軍は装備や改修で用途分けをしている、という考え方はできるんじゃないかと思います。
 ジオン軍の場合、末尾のアルファベットが複数機種で共通である場合がありますので(D、K、Sなど)、全てではないにしてもいくつかのアルファベットには共通の用途としての意味が与えられているのではないでしょうか。このあたり、もう少し掘り下げられそうです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
このあたりは連邦とジオンのMSの運用原則が見えてきますね。

機種に対し末尾のコードで装備の形式を示すということが逆説的には一機種のMSの運用範囲が非常に広いということになるのでしょう。

つまりジオンのMSの運用法はとにかくザクをあらゆるシュチュエーションで使用するということだと。(実際には戦争の経過によって専業機種に依存し始めるのだが・・)

水陸両用タイプなんていう発想もそこから来るのでしょう。

RMSナンバーについてはこうしたジオン系列の機体やそこからさらに発展させた機体群への便宜的なあてがいナンバーだったと考えてよさそうですね。
2009/03/21 (土) 22:09:24 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
>RAG-79とRGM-79Uは同じアクアジムであっても、用途が違う

RAGは水陸両用MS
79Uは可潜MS
と言った感じでは?
(潜水能力の違い)
2009/03/21 (土) 23:48:32 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>ドクトルKさん
まさに仰るとおりですね。
ジオンは当初ザクだけを運用することしか考えていなかったんでしょうね。
ザクで補いきれない部分だけカバーするためにグフやドム、MSM系を作った感じで。
ゲルググに関しては完全にザクの後継扱いで、またゲルググだけで全部済ませるつもりだったんでしょう。
ただその機種転換がうまくいかなくて、場繋ぎのリックドムも含めて同時運用をせざるを得なかったから、
統合整備計画を発動させた…というところでしょうか。
RMSナンバーも、次期主力機が定まらない中で場つなぎ的に同時運用する際の番号だったと。

>とっぱさん
RAG-79も記述としては水陸両用機に対抗するためというものがありますし、
確かにそのように考えた方がいいかも知れませんね。
運用領域の違いというか、地上メインか水中でも同等レベルで動けるかとか。
2009/03/22 (日) 21:47:14 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>たとえば、米軍の戦闘機がF=戦闘機、B=爆撃機などというようにして分けられているのと同じ感覚で

しかし、米陸軍は戦車であろうと、自走砲であろうと、歩兵戦闘車であろうと歩兵用小銃であろうと
ほとんど全て「M※※※(MはModelの略)」で清ましているという現実…w

これ、MS開発以前の連邦陸軍にもいえるんですけど、結局MS開発計画が4軍統合の全く新しいプロジェクトだったから
新たな型式番号制度を導入した…って事なんでしょうねぇ

でも現実に米運のロボット兵器計画で試作されてるヤツの型番が「XM1217」だったりするんですが、やっぱ米陸軍は全く新しい兵器でも「M※※※」表記でいくのね…と感心
2009/03/23 (月) 09:32:06 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
なんでもMが付くっていうのは、
連邦になんでもRが付くのと実は同じなんじゃないか?とか思ったりもしました。
Mがモデルなら、Rも割と単純な単語で当てはめられそうな気がします。
2009/03/23 (月) 21:28:55 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>Mがモデルなら、Rも割と単純な単語で当てはめられそうな気がします。

RXの「R」って「Robotの略でもある」…というのをどこかで読んだ気が…
思い出せませんが、非公式設定であるにしろ、そういう記述が何かに書かれてた気がします
2009/03/23 (月) 22:47:07 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
確かラポートの「一年戦争 大事典編」ですね。
テムが作ったんだからロボットだろっていう感じの文です。
ただRがロボットならジムトレーナーでRが取れる理由にならないと思うんで、
個人的には違う理由があった方が合理的だと今は思っています。
2009/03/23 (月) 23:24:28 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
T=Trainerなら、R=Regular(標準)もありかな?とw
2009/03/25 (水) 15:12:10 | URL | 陰鏡 #nL6A2.tM[ 編集 ]
RGM=標準型白兵戦用MSってことですね。
Rで始まる単語はかなり多いんで、いくらでも考えられちゃいますよねぇ。
2009/03/25 (水) 23:32:49 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.