がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
PS2 機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V その6
 129ターン経過。前回の教訓をもとに、戦力の拡充に努め続けて数ターン。生産してはターンを送るを繰り返してきましたが、あるターンでグリプス2の戦闘画面が切り替わらない事態に。お?と思って気づいたんですが、委任戦闘で始めてしまった…(汗)1機だけが残っている状態のバーザムやマラサイを、ジムカスタムとジムキャノンIIの部隊が蹴散らしていき、戦闘終了。ティターンズは滅亡しました。
 ここまでノーセーブだったんで、今更やり直す気にもなれず、なし崩し的にアクシズとの戦闘に移行していくことになりました。まさに「魔封波ぬきでやってやるぜ…」な気分。

 とりあえず、前回の経験から打つべき手を決めます。グラナダには部隊を侵入させないよう2部隊に分けてサイド3、ア・バオア・クー方面へ進出すること。グリプス2とルナツーの駐留部隊は大したことないので主力を差し向けないこと。エースパイロットはグラナダとサイド5に振り向けること。これだけの対策をとって対アクシズ戦に臨みました。

 特にグラナダは取られたらゲームオーバーなので、モルモット小隊にZガンダムとZプラスを与えてメタス改を僚機にして全力で敵部隊を撃滅に向かいました。すると、さすがのガルスJ部隊もそう苦労せずに対抗でいるようになりました。やはり、このゲームはエースの乗った高性能機に高級機の護衛をつけさせればあまり苦労しないようです。
 グラナダ隣接のもう一つの宙域は余りもの部隊で侵入と撤退を繰り返して時間を稼ぎ、モルモット小隊が片方の宙域を制圧し終えたところで部隊交換。しかしこちらの宙域に敵戦力が偏っており、数が40部隊を超えていたので百式のメガバズーカランチャー装備を生産して対抗してみることに。結果的には、百式の生産を待っている間に侵入を繰り返していたら徐々に敵戦力が別宙域に行ってしまったので、あまり苦労しませんでしたが。

 そして、その別宙域というのがサイド5。ここは激戦区でした。当初は初期配置のジム改・ジムカスタムを片っ端から改造したジムキャノンII部隊と、カミーユのZガンダム&ファのZプラスで攻め込んだのですが、敵戦力が多くて(というかエンドラが7隻くらいあった)さすがに苦戦。拠点に陣取ってカミーユ無双していたのですが、さすがのカミーユも回復が追いつかなくなるほどダメージ受け始め、護衛戦力も減ってきたので一時はもうダメかと思いました。倒しても倒しても増援が侵入してくるし。
 とりあえず途中で別宙域を制圧してきたエマの百式改を投入して敵部隊の注意をひきつけ、その間に瀕死のファを撤退させるなどして態勢を立て直したのですが、エマは善戦空しく撃破されてしまいました。ありがとうエマ中尉。
 結局カミーユがボロボロになりながらもランクSまで成長し昇格するほどの撃墜数を稼ぎ、どうにかサイド5の宙域制圧に成功したのでした。

 一方、ハマーンのキュベレイがいる宙域は、ずっと侵入と撤退を繰り返して時間を稼ぎ、そのうちトリアーエズでも生産して囲んでやろうと思っていたのですが、いつの間にか別宙域に移動していました。次にどこに出てくるか分からないってのはなかなか心臓に悪いですな。

 ルナツーとグリプス2を奪回したらアクシズが地上に進出をはじめ、オデッサ、マドラス、キリマンジャロと周辺地域が制圧されてしまいました。正直地上にはまともな人材を回していなかったのでどうしようかと思ったんですが、戦力自体はディジェSE-RとネモIIの小隊を相当数残していたので、あまり苦労はしませんでした。なんか敵に名前つきパイロットがほとんどいないし、戦力自体がドワッジ中心で大したこと無かったので。
 地上の奪回は容易で、その間にグラナダ周辺とサイド5の勝利、ア・バオア・クー宙域の制圧もほぼ同じ頃に完了し、ようやくソロモンとサイド1に攻め込む攻略作戦が発動したのでした。とりあえず今回はここまで。

 機体の運用状況は、とにかくZ系にはメタス改をつけ、その他の部隊にはネモIIを配備することを基本としていますが、遠距離支援部隊としてネモIIIやシュツルム・ディアスなども生産している感じです。あとジムIIIを生産可能になったので、現有のジムIIを改造したいところなのですが、資源が足りずまだ全機機種転換には至っていない状況です。
 開発状況としては、ZIIとZZガンダムをようやく開発したという段階。つーかジュドーとか加わらんのか。

 戦力として使ってみた感想としては、メタス改は遠距離攻撃でガルスJ部隊を壊滅状態に追い込めるほど強力です。格闘戦能力はいまいちですが、それでもサーベルを3回振ってくれますし、索敵Bだったりとなかなか優良なユニットですね。移動力や可変能力を考えると、やはりZ系と組ませるべきでしょう。特にZプラスやZIIは同様に2マス攻撃ができますし、相性がいいのかなと。
 あとはやはりジムIIIが強力ですね。耐久が高いのもいい感じです。移動力が低いので侵攻用にはあまり使えなそうですが。
 ネモIIとネモIIIは移動力も同等なので、パイロット搭乗機+ネモII+ネモIIIの3スタックで運用するとなかなかいい感じです。もっともこれではネモIIIの射程を生かせないですけど。
 リックディアス改とガンキャノンディテクターはコストが高くてちょっとまだ使う機会がない感じです。

 このゲームの基本戦術は、「名前つきパイロットに強力な機体を乗せて護衛にもそこそこ強力な機体をつけて少数精鋭で運用(味方が多いと敵も多く投入してくるから)」、「名前つきパイロットのいない部隊は遠距離攻撃に徹する」ということなのかな、と思いました。射程の長い機体が増えましたよね、今回。基本的にバズーカは射程2だし。

 しかし、敵の動きを知ってるのと知らないとではずいぶん難易度が違うものですな…。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.