がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダムOO 2nd #23「命の華」
 というわけで更新します。更新前拍手ありがとうございます。

 なんというか…とうとう作品としての完成をあきらめてネタ路線に走ってしまったのだろうか…としか思えない回でした。いや、見るべきところが無かったわけではないのですが…全体的に「お前ら突っ込むなよ!絶対突っ込むなよ!」っていうダチョウ倶楽部的な雰囲気が漂っておりまして…。なんというか、突っ込んだら負けなのか?とさえ思ってしまいました。

 それでも、ドラゴンボール好きとしてはこれだけは言っておかなければいけないですね、やっぱり。

 「 ま る で ト ラ ン ザ ム の バ ー ゲ ン セ ー ル だ な … 」

 適度なツッコミを交えながら内容をふりかえってみます。

 まずリジェネ。正直これで死んだとは思いたくない感じでした。「フッ…僕も君と同じなんだよ、リボンズ」とか言って意気揚々とリボンズに殺されそうになったティエリアを助けてもらいたいところです。というかそれくらいしないとEDクレジットでリボンズと同枠の位置にいるキャラとは思えないのですが。
 コーラサワーもどうせ死んでないでしょうし(?)、今回のタイトルの意味はコロニーレーザーで消滅する(主にアロウズの)皆さんとか特攻マシーンの皆さんのことだったのかなという気がしないでもなく。いや、「ソレスタルビーイング」の形状が華っぽかったからそっち?とりあえず「消える命 咲く命」みたいなイメージはミスリードだった模様です。

 そして惑星間航行船ソレスタルビーイング。今回のアロウズを巻き込む使い方を見るに、アロウズ、カタロン、トレミーの全てを一宙域に集めて一掃するというのがリボンズの目的だったように思えますね。初めからアロウズも使い捨てるつもりで作った組織であると。当初のソレスタルビーイングと同じですね。ただ、かつての目的は人類の統一だったのですが、今回アロウズもカタロンもトレミーも排除した世界で、リボンズが人類にどうなってほしいのか、というところはまだ見えてきません。かつてリジェネが言っていたイオリアの目的の第二段階「人類意志の統一」は全くできていないように思うのですが。
 しかし擬似GNドライヴを利用した巨大レーザーについては、原理はともかく結局ジェネシスと発想が変わらないじゃんかと思わざるを得ませんでした。まぁ、コロニーレーザーではなく小惑星レーザーであることが新しいと言えば新しいですが。

 目標が明確になってスメラギさんのラストミッション宣言。それはそれとして、お前はいつプランを練ったんだと思ってしまいました。目標がでかいと分かった時点ですでに立案して配布しておいたんだろうか。開始当初は「さすがスメラギさんのプランは的確だ」みたいな台詞を言わせまくって計画に沿った行動という点を強調していたのに、今やそれがすっかり抜け落ちてしまったのが気になります。描写を省略していたんでしょうけど、せめて何らかの形で「スメラギがちゃんとプランを作っていた」とわかる演出があってよかったのかなと。

 そして量産イノベイターのトランザムですが、これは今までトランザム=超パワーアップ形態という認識だったために安売り状態であることに強烈な違和感を感じますが(トランザムを使ってやっと敵機を上回れるという演出だったのに、その敵機が全員トランザム可能になっても味方が勝ててしまうのはご都合主義でしかありませんよね)、あまりにも脆すぎるので基本的にあれは耐久性を考慮していないGNトランザムミサイルだったのだろうなと。それがMSだったり人が乗ってたりする理由があるのかという話になりますが、単なるミサイルより被撃墜率が下がるよねというレベルのものでしかないのでしょう。トランザムなんで弾速と威力が3倍のマニュアル誘導GNミサイルと言えます。
 結局のところ、問題となるのは擬似太陽炉やイノベイターをあれだけ揃えられるってどういうことなんだという点のみなんじゃないでしょうか。これは正直演出としか言い様がない気がします。あれだけの数を撃ってトレミー一隻沈められないのはギャグでしかないですよ。しかも全部撃墜されてるんじゃなくて当たってるのに沈められないとか。正直ZZのミサイルが無限とかナタクの腕が際限なく伸びるとかと同レベルの話で、リアルに考えればあんなに数は無くて、一発の威力ももっと高くあるべきなんだと思います。
 ただまぁ、イノベイターが鉄砲玉でしかないという事実は敵の品位を下げる極みでもありますね。誘導ミサイルのCPUがアロウズのライセンサーだったということですから。

 いつの間にかビリーがリボンズについていたので、イノベイター機は全てトランザム可能となっていました。そのことについてリボンズがどう思ってるのか真剣に気になります。散々見下してた一般人類が自分ではたどり着けなかった境地に達しているってどうよ。ていうかそれをやるなら教授を殺すなよって感じではあります。まぁ時期が違ったんでしょうけど。
 とりあえずトランザムガラッゾはトランザムガンダムを上回るということはちゃんと貫いてくれたのですが、確実に止めを刺さない迂闊さはイノベイターがイノベイターたる所以ですな。彼らにはPDCAサイクルのCheck、確認作業という概念が植えつけられていないのでしょう。というかDoの機能しか与えられてないAIなんだよなこいつら。
 まだセラフィムシステムという伏線が残っているはずなので、放置されているように見えてセラヴィーにはもう一度出番がある…と思いたいです。

 トレミー内部侵入後のOガンダムが今後どう活躍するのかは激しく謎ですね。もしリボンズに奪われないのであれば、プラモ化するためだけに出たきたことが確定します。というかせめてOガンダムに感慨を抱く刹那の図とか欲しかったですけど。
 そしてトレミーのトランザムに関してはもうわけがわかりません。一応辻褄あわせの設定はあとで公開されるんでしょうけど、辻褄合わせれば何でもやっていいわけじゃないよなと正直言って思います。

 母艦侵入後は分かりやすい個々の対決の構図に。刹那サジVSルイス小熊、ロックオンVSサーシェス、ティエリアVSリボンズ、アレルヤソーマVS…あれ?小熊?残りのイノベイターかな?あ、スメラギVSビリーもありましたね。
 それぞれになんとなく死亡フラグが立っていますが、とりあえずロックオンには勝ち目がない気がするのは気のせいでしょうか。トランザムライザーが発動して精神世界でアニューと兄貴が現れて「俺の身体をみんなに貸すぞ!」くらいやらないと普通に殺されそうですライル君。

 なんかもう作品としてのテーマもあったもんじゃない流れなのが凄く気がかりです。このまま適当にルイスとサジの決着がついて、グラハムが美味しいところで出てきて終わっちゃうのかなぁ。
 とりあえず最後の切り札である「イオリアの真の目的」とか「ヴェーダの正体」とか、その辺にしか期待できないですよねもう。というかそれは当初から決めてあった伏線なんでしょうし、結局セカンドシーズンから作られた伏線に大した意味がなかったということにさえなってしまいます。せいぜいサジルイスくらいか。別にソーマがマリーになって味方に加わる意味とかほとんどなかったよね。

 おかしいなぁ。OOは「今までのガンダムとはちょっと違う」「特にSEEDとはだいぶ違う」というのが一つの売りだったように思っていたんですが、なんだか結局SEEDとたいして変わらなくね?と思ってしまうのでした。

 あっ…イオリアって木星じいさんですよね。ソレスタルビーイングはダンディ・ライオンの発展型だったんだ!
スポンサーサイト
コメント
コメント
二期に入ってからキャラ同士の因縁を中心に話を進めてますが、それにしては各キャラの書き込みが全然足りないですよね
ロックオンとか、わざわざ弟を二代目にするならもうちょっとドラマらしいドラマを作ってもよさそうなもんですが
出てるキャラのほとんどが何を考えてるかわからないまま最終決戦に突入してしまった今、もう最後にリボンズが何に乗ってくるかくらいしか興味が無くなってしまいました
ジオングっぽい機体に乗ってきてくれるといいなぁ

なんというか
水島監督が放映前に言ってた「西暦を採用したのは現実の地続きであるということを強調するため」とか「00が今世界で起こってる紛争などに興味を持つきっかけになってほしい」みたいな話って、結局なんだったんですかね
最近は「二期の展開はおおむね当初考えていた通りに進んでる」みたいな発言も聞けますし、イオリアよろしく嘘の大義名文を掲げて視聴者をケムに巻いていたのでしょうか
いっそのこと上層部の横槍で無茶苦茶にされましたとか言ってくれたほうがまだスッキリする気がします……
2009/03/16 (月) 19:51:39 | URL | ばしょう #-[ 編集 ]
>コーラはどうせ死んでない
 同感。

>セラヴィーはまだ終わってない?
 個人的願望としては、「これで終わりとかありえないよね?」って感じです。

Oガンダムはラッセさんの死亡フラグにみんなを巻き込まないようにし

つつ、ラストシューティングのパロディでもやってくれる・・とか?(笑)

バーゲンミサイルに関しては、さすがに「トランザム+イノベの使い方としてこれはないでしょ」
とマジレスせずにはいられませんね。無粋で結構マジレス上等って感じですわ。。。
雑魚に格下げされたデストロイとか、これに比べたらかわいいものですw


ここからは更に個人的な感想ですが、
OO(特に2期)はトレミーがその場その場の事態への対応に終始して、
そのまま最後まできちゃった感じで、終盤だというのに見ていてどうもノッてきませんねぇ。
あと今回特に、余計な台詞が多くないか?と感じました。もう少し作画上の演技とか、反射的な声、しぐさ、行動に振り向けて欲しいんだけどなぁ。
2009/03/16 (月) 20:20:50 | URL | ネイ #y4YySG7s[ 編集 ]
なんだか大手掲示板の噂によれば、劇場版、或いはOVAへ話は持ち越しとなったことが製作側のネタバレで判明したとか・・・。
これが本当ならば、イオリアの真の目的は劇場版かOVAへ持ち越しなのかなと感じてしまいますね。
放映前の雑誌のインタビューで散々SEEDを扱き下ろしていたくせに、そのSEEDと同じ道を辿ることになるとは・・・。

ちなみに、水島監督は自分の手がけたハガレンが、原作準拠の新シリーズの製作によって、完全に黒歴史にされたことについてはどう思っているのか、非常に気になりますね。
2009/03/16 (月) 21:00:58 | URL | トーリ・スガリーノ #-[ 編集 ]
擬似GNドライブはトランザムすると壊れるので、ああいう使い方したのか(ということはあの二人もw)
てかなんで見ただけでわかった。

リボンズさんは結局ヴェーダしか取り得がないみたいですね。
個人で見せた能力はOガンダムでのMSいじめとハッキングだけになってしまいますよこのままでは。
あと美少年LOVE疑惑と。
換えのボディが出てきたときしっかり着替えてましたが、いかにもめんどくさそうな服でしたね、あれ。
とすると短時間で着替えるのは無理っぽいです。
となるとリボンズさんが等身大自分フィギアの着せ替えしてる光景が脳裏に浮かぶんですがw
もうだれもみてないんだしジャージ姿とかでもいいじゃないか、本当に筋金いりのナルシストですね。
そんなことしてる閑があるなら「孫子の兵法」でも読んでろと、ヴェーデのデーターベースにあるだろうし。
あともうそこにいるポニテ男にはもう突っ込みきれんw
スメラギさんそこは戦術予報でなんとかしましょう。
いや脱げば簡単に「イエス・マイ・ハニー!」とかいって忠実な下僕になりそうな気がしますが。
2009/03/16 (月) 23:46:32 | URL | DN #mQop/nM.[ 編集 ]
まさか本当にソーラレイっぽいものが有るとは…
トランザム連発については本当にサイヤ人さまさまな感じですね…
話の流れ的にも、辻褄の合わない事が多いなぁと感じます
トランザムを超えたトランザムとか、スーパートランザムとか普通に出てくるかもしれませんね。
2009/03/16 (月) 23:51:13 | URL | うまのめ #-[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/17 (火) 00:10:02 | | #[ 編集 ]
量産型イノベイター、EDだと「イノベイト」だそうである意味物扱いですね。

ガガは感覚的には有機物で作った高性能AIを乗せてAMBAC用の腕をつけた速度と命中率がすごいだけのミサイルなんじゃないでしょうか。

鋼の錬金術師曰く、人間一人分の構成成分は子供の小遣いで買えちまう。
とある科学の禁書目録曰く、超能力者の軍用クローンである妹達は一体18万円。

てな訳で、材料費で考えるとイノベイトのほうがハロより安い可能性もあります。
中身はイノベにしろハロにしろベーダから引っ張りだすんで大差ないですしね。

さらにあれ、擬似太陽路すら積んでない可能性もあります、
見直してみると背中のコーン部分からは粒子が出てないっぽいんですよね、実はコーンは見かけだけでコンデンサのみなのかも。
コンデンサだけでも一応トランザム可能なのは今回トレミーもやって見せてますし。
粒子量的に擬似でのトランザムより危険なので、トレミーは一瞬のみでしたが。


腕はAMBAC用であると同時に、コマ送りで見てみるとコーラ機相手にしがみついてたりしますし。
より確実にダメージを与えるためについていると考えるといいのかも。

そして腕の間接ですが、手首まではあるように見えるんですが指はついてないように見えるんですよね。
コスト削減を徹底して最初からMSとしては使う気なかったってことじゃないでしょうか。

先にそういうミサイルとして作っていたところに、後付けでビリー提供の擬似トランザムを載せたとすると、
あの威力の低さも分かるかもしれません、爆発用の粒子まで使っちゃってるという意味で。

それでも数があるから速度優先したんだと解釈すれば…
2009/03/17 (火) 01:39:16 | URL | 東風 #GCA3nAmE[ 編集 ]
スメラギさん台詞の量が多いですね
マイスター4人合わせても届かないだろうし・・・
2009/03/17 (火) 11:26:05 | URL | カリウス・オットットー #-[ 編集 ]
いやぁ、このままネタをまき散らしながら最終回までなりふり構わずに行くみたいですね、このアニメ。
ネタの一つ一つは面白いのに、ろくに掘り下げることもせずに次々とネタの投入。
この方が売り上げが上がるというスポンサーの判断なんでしょうかねぇ(それにしてもケルディムの新装備はあっさりやられたな)。

あと、結構以前から「CB発足の動機となったイオリアの計画とは何?」と言う疑問があったのですが、コロニー型外宇宙航行母艦の登場でちょっとだけ納得しました。
いや、戦争根絶だけではそんなに人は集まらないと思うんですよ。なので技術者や出資者に対してもっと魅力的な実利を伴う計画があったはずだと思ってたんですね。
それが外宇宙へ移住だくらいの風呂敷があったのなら、なんとか納得できるかな、と。
ただ、これだけの規模の宇宙船(というかコロニー)を建造するのにはそれこそ天文学的なお金が必要なわけで、これを全て監視者の方々が献金しただけで賄えたのかな、と。プロジェクトだけでも超国家的な規模になるでしょうし。
いや、ぶっちゃけ詐欺でもしないと無理なような気がするわけですよ(それこそ全世界を騙して相当な富をかすめ取るような)。
きっと、CNNが調査を続けていたら、お金がブラックホールのように消えていった事実が明らかになったり、それが世界不況を巻き起こしてたりとか想像してしまいますね。
またそんなことをこの不況下に考えていると、どんな理念を掲げようと「CB許すまじ」とか思ったり(笑)。


>東風さん

なるほど、一見荒唐無稽かつ単なるネタかと思われたガガも、ある程度は肯定的には考えられそうですね。
でも、一瞬でネタになってしまったのが悲しい限りです(ケルディムのライフルビットも)


ホント、SEEDと違うのは仕事の速さだけかも(企業的にはそこはとても重要ですが)。
2009/03/17 (火) 15:54:17 | URL | rinrin #mQop/nM.[ 編集 ]
次回作、
宇宙海賊クロス0ガンダムの木星大冒険
を、お楽しみに!

ってワケではないでしょうけど
あの人間魚雷はさすがにどうかとね

某ウルドさんみたく
沢山に分けすぎたら形骸が保てなくなるのか?的な能力の著しい低下が見られましたね
やっぱ絵もコピペばっかしてチャ駄目ってことですね
2009/03/17 (火) 16:39:25 | URL | スウ #-[ 編集 ]
旧日本軍も(いろんな意味で)真っ青な特攻兵器、GN回天、登場!w
もっとまともな兵器考えt(ry

キャラはもっと絞って描いた方が。
どれも平等に取り上げてるから結果みんな中途半端になっている現状。

残り二話で大丈夫か?
模型誌で残りは補完、とかなる予感。





2009/03/17 (火) 17:43:09 | URL | クレア #I4t1ZHtI[ 編集 ]
ルイス説得中にまた小熊が乱入してきそうで
そろそろ馬にでも蹴られてしまえと

ガガはいつ頃から用意してたのか気になる所で
特攻野郎Aチームも含めてアレだけの数用意するとなると相当な時間が必要でしょうし
ほんと東風さんの仰るように後付けトランザムで破壊力に回す粒子まで消費してるのかも…
あとアーチャーとアリオス、並んでビーム撃ってるだけなんだし、粒子を送るケーブルでもつないでおけばよかったのに
2009/03/17 (火) 21:09:00 | URL | わんこ #WGv/JGO2[ 編集 ]
>ばしょうさん
広く浅くをやりすぎてキャラの深みが完全に死んじゃいましたね。
第一期後半はキャラが生き生きとしていたんですが…。

なんかネットの評判に過敏になってるみたいなんですよね。
脊髄反射にいちいち反応してたらきりがないと思うのですが。

>ネイさん
本当に、主役側に明確な意思が見られないのが辛いところですね。
第一期だと、戦争根絶を大義に任務を遂行する味方側と、
軍人としての役目を全うすることに命を賭ける敵側という構図がはっきりしていて、
筋が一本通っていたのですが…。

台詞も芝居にも説明にもなっていない呟きみたいなのばかりで、
物語がどんどん浅くなってしまっていますね。
なんか、無印種やコードギアスなどに見られた、作り手のエネルギーみたいなものを感じないのが気がかりです。
製作側もあまり楽しんで作っていないように見えます。

>トーリ・スガリーノさん
んー、更なる続編が決定しているなら、
尚更もう少しそれぞれのキャラを掘り下げる余地が増えるようにも思うんですけどね…。
ZZが決定した後のZ、逆シャアが決定した後のZZがつまらなくなったわけでもないですし、
もう少し頑張って欲しいです。

今度のハガレンは水島監督じゃないんですね。まさか1年ぶっ続けなのかと思ってしまいました。
その辺がモチベーションを下げてたりするんですかねぇ…。

>DNさん
リボンズはOガンダムに乗ってたくらいなんでパイロット能力もありそうなものなんですけどねぇ。
一度顔見せで出撃でもすればもう少し印象が変わったような気もするのですが。

>うまのめさん
完全に覚醒したイノベイターはトランザムの壁を越えられるとか普通にやりそうで困ります。
それなりの設定や伏線を散りばめているのに、
それを使わずに適当に済ませているところに凄く雑な仕事振りを感じますね。

>東風さん
なるほど、イノベイターの量産コストは安く、
ガガ本体は太陽炉は積んでいないからこちらも安いと。
しかし爆発のエネルギーも推進力にしちゃうってのもアレですね。
そこまで弾速が必要なのかと。

>カリウス・オットットーさん
というかマイスターが全然喋ってないんですよね。
ほとんどビームを撃ってるシーンしか出番が無かったりしますし。

>rinrinさん
イオリアには太陽炉があるので光熱費がタダだったんですよきっと(笑)
資源は月とか小惑星で集め放題だったんでしょうし。

キャラ重視路線じゃSEEDに勝てないのに、
そっちを狙いにいって本来の良さまで消しちゃったんじゃ世話ないなって感じですね。

>スウさん
性能が3倍になるトランザムを使った大量の機体が蚊トンボ以下の扱いで落ちていく絵はもはやシュールでしたね。
ガガの性能はジンクスあたりの3分の1以下ってことでしょうかねぇ。

>クレアさん
ほんと、色々中途半端になっちゃってますよね。
序盤に期待していた堀り下げが何一つ成されていないのが切ないです。

>わんこさん
まぁ軌道エレベーターを修復している間にせかせか量産してたんじゃないですかね…。
擬似太陽炉が30基しかなかった時代が懐かしいです。

アーチャーはMS形態で合体できないって結構致命的な弱点のような気がしないでもないですね。
2009/03/17 (火) 22:40:59 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
妙な表現をするならば、衣のサックリ感も出汁の風味も、ご飯の炊き具合も文句無いのに、なぜか中身の海老が見当たらない天丼のような感じ。

話の中心軸が見えてこないから一体どこを基準で見ればいいかが分らない。

それぞれの対決も実は本筋にほとんど絡んでいないんですよね。全員が好き勝手に自分の戦いをしているだけだとも。

ここで本当にイオリアが顔を出さないとまとまらないような。
2009/03/17 (火) 23:28:45 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
脱線話題ですが
>ルロイさん
水島監督はほかの作品で二コ動ネタをやったりしていました。
その辺を意識するメリットって、何もない気がします。ネットで好きに感想言っておいてなんですが。
>トーリ・スガリーノさん
種をこき下ろしていたのですか・・・
その挙句人の事を笑えないようになるところは、ギアスの谷口監督とまったく同じで残念です。

やはり前ハガレンは黒歴史というのが一般の解釈なんでしょうか・・・
前シリーズはシャンバラまでやりきって完結。ストックができたから仕切りなおし、
程度に思っていました(似たケースで黒歴史を上書きした原作付きアニメもありましたが)。

個人的には未完&非週刊の原作付きという条件できれいに纏め上げたところがすごいと思っていて(だからOOもつい期待して厳しくみてしまうくらい)
劇場版が作られたり、ビデオゲーム版や新TVシリーズにキャストが流用されるあたり
広く且つ肯定的に認知されている作品だと思っていましたが・・・(悲)
2009/03/18 (水) 04:33:23 | URL | ネイ #-[ 編集 ]
>ネイさん
SEEDを扱き下ろしていたのは水島監督ではなく、サンライズのプロデューサーと、00の製作スタッフの一人である小黒裕一郎氏であります。

水島監督はこの二人の発言に乗っかっていただけです。

ちなみに、小黒裕一郎氏は00ファーストシーズンの後半頃に、「俗・さよなら絶望先生」のストーリー構成を担当していて、その時に絶望先生のアニメの中に00のパロディを至る所に散りばめていました。
今思えば、他アニメを使っての宣伝だったのかと感じてしまいます・・・。(絶望先生の主人公である糸色望のCVを担当していたのは、ティエリア役の神谷浩史さんでしたし)
2009/03/18 (水) 10:38:54 | URL | トーリ・スガリーノ #-[ 編集 ]
>ドクトルKさん
そうなんですよね。話の主軸というのがないのが実にまずいです。
刹那とマリナの話もいつも半端に終わりますし、
サジとルイスの話も個人レベルにしかなっていないし。
第一期ではアレハンドロという全てを操っていた黒幕が纏めてくれましたが、
第二期のリボンズは初めからそういうポジションなんで、別に纏め上げる存在となれば、やはりイオリアしかいないですよね。

>ネイさん
ネット上にもいい意見はたくさんあるのでしょうけど、
どうでもいい意見の方が遥かに多いのは、
アマゾンのレビューなんかをみてもわかりますしね。
そのあたりのバランス感覚はこれからの制作者に必要な気がします。

ハガレンは水島版も結果を出していたわけですし、
どちらかというともう少しハガレンで儲けたいという意志の表れのように感じますね。
遊戯王がカードゲームに特化して原作者の手を離れて今も続いているように。
2009/03/18 (水) 20:50:29 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.