がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
サイコミュで機体を操作するとはどういうことか
 サイコミュといえば、ビットやファンネルのような遠隔誘導兵器を稼動させるためのデバイスとしての印象が強いです。実際、富野監督的にも「NTの感応波を増幅して(ミノフスキー粒子下においても)無線通信を行うためのデバイス」というような説明をされています。
 しかし、実際にはエルメス、キュベレイ、サイコガンダムなど、機体の制御にもサイコミュを用いているケースがあります。が、サイコミュを「無線通信のためのデバイス」であると解釈した場合、それが何故機体の制御の役に立つのか、疑問に感じてしまいます。

 サイコミュによる機体制御は、いわゆるマンマシーンインターフェイスの一種であると解釈される場合が多いのですが、ニュータイプの感応波だけでそれだけの制御ができるかというと、かなり疑問なのです。
 単純にレバーやペダルを使用せず機体を操作するということであれば、エヴァのような神経接続か、Gガンダムのようなモーションダイレクトの類でなければ完全には不可能だと思いますし、サイコミュはそういう「機械的な操作をせずに機体を動かす」ためのシステムではないように思えます。ニュータイプの思念は曖昧すぎて、機械の動きに変換できるようには見えませんし。

 ならば、サイコミュによる機体操作というのは、一体どのようなメカニズムであるのか、ということを少し考えてみました。

 まず考えたのが、バイオ・センサーというものです。これの具体的な機能はほとんど語られていないのですが、唯一小説版Zガンダムにおいて、バイオセンサーがカミーユの意思に反応し、自動的にバルカンを発射するという描写がされています。
 これで思ったのですが、サイコミュによる機体操作というのは、基本的に「特定のアクション」を思考で制御するというレベルのものなのではないでしょうか?

 分かりやすく考えると、ゲームの操作をする際、Aボタンは攻撃、Bボタンはジャンプなどというようにボタンごとに動作が設定されていますが、このいずれかのボタン操作を「サイコミュ」に割り当てられるというようなものなのかなと。ゲームにおいて特定の操作だけでも思考で制御できると、結構違うものなのかなと思ったのです。
 こう考えると、小説版Zの描写は「バルカンの発射」という動作をバイオセンサーに割り当てていたということであり、またサイコガンダムやプルツーのキュベレイMk-IIに使用されていたサイココントロールシステムによる遠隔操縦は、「機体の移動(ゲーム的に言えば十字キー)」という動作をサイコミュに割り当てていたということになるのかなと思います。サイコフレームによる追従性の向上というのも、機体の移動にサイコミュ操作が割り振られている状態に近いのかなと。
 で、優れたニュータイプは1つだけではなく2つ3つとサイコミュによる操作に割り当てることが出来るのかもしれません。攻撃、回避、防御みたいな感じで使い分けるとか。

 そもそも、サイコミュはサイコ・コミュニケーターの略であり、感応波を機械語に変換する、いわば入力装置の一種であると言えます。元々は、この「特定操作の代替」のために開発された技術であったということなのでしょう。
 ビットの制御に関してもそうで、ブラウ・ブロやジオングのような有線メガ粒子砲はサイコミュによって「端末の移動」や「ビームの発射」の指示入力を行っていると考えられます。
 無線ビットやファンネルの場合、複数の端末を同時に動かしているため、かなり複数の操作をサイコミュで行っている可能性があります。実際、エルメスにしてもキュベレイにしても、オールレンジ攻撃中は本体の制御がおろそかになる傾向があるようなので、より高い集中力が必要となるのでしょう。
 ただ、そうだとしてもあれだけの数を同時に動かすというのはやや無理があり、実際は移動に関してはある程度自動操縦によるランダム機動が設定されていて、サイコミュによる操作は「ターゲットの選定」と「ビームの発射」に限られるのではないかという気もします。

 というように本来入力装置として開発されたサイコミュですが、実はニュータイプの感応波自体がミノフスキー粒子を媒介として空間を跳躍する特性を備えていたために、通信装置としても使われるようになったのだと考えられます。
 それに対し、有線サイコミュというのは入力装置に特化したサイコミュ兵器であると言うことができます。有線であると言うことはミノフスキー通信ではないということであり、感応波は通信電波としてではなく入力信号として使われていると考えられます。要するに、無線サイコミュの場合は感応波を直接飛ばして、ビットに到着した時点で入力信号に変わるのに対し、有線サイコミュの場合は本体の時点ですでに入力信号に変換されており、それを有線で攻撃端末に送っているということです。
 有線サイコミュがそのようなシステムである場合、別にサイコミュでなくても良くね?という話になります。それはその通りで、だからこそインコムという兵器が登場したのだと考えられます。じゃあ、インコムと有線サイコミュの違いは何かというと、結局は操作の割り当ての問題になってくるのではないでしょうか。
 またゲームのコントローラーに例えますが、通常はコントローラーのボタンをフルに使うことで機体を操作しているとすれば、その上で有線端末の制御を行うのは困難です。しかし、サイコミュ制御による入力を割り当てることが出来れば、コントローラーで機体を動かし、サイコミュで端末を動かすということが可能となります。これが有線サイコミュなのでしょう。インコムの場合はやはりコントローラーの操作を割くことが出来ないので、ほとんどフルオートでの制御になるということなのかなと。これをセミオートで制御するのがノイエ・ジールやドーベンウルフの有線ビーム砲なのかもしれません。
 そう考えると、ファンネルを装備したMSを使いこなすには、高いパイロット能力と高いニュータイプ能力の両方が必要になるということがよくわかりますね。
 逆に言えば、パイロットを2人用意して操縦者と端末制御者に分担することが出来れば、別にサイコミュでなくてもある程度のオールレンジ攻撃が可能になると考えられます。実際、ブラウ・ブロは複数人で操作すればオールドタイプでも運用できましたし、もしかしたらバウやハンマ・ハンマの分離型(ラジャスタン)というのもそれを目的に分離機能が付与されていたのかもしれません。
 無論、オールドタイプの人為的な制御よりも、ニュータイプのサイコミュによる制御の方がより柔軟で複雑な制御が可能であったことは間違いないでしょう。全てのコントローラーの操作をビットに振り向けた場合、ボタンだけで制御するよりもボタン+サイコミュで制御する方がより多彩な操作が可能になるでしょうからね。

 さて、そのように考えていくと、そもそものサイコミュシステムというものは、「感応波増幅装置」「感応波発信装置」「感応波変換(受信)装置」の3段構えで構成されていたのではないかと考えることが出来ます。有線サイコミュの場合は、「感応波発信装置」が抜けているのではないかと。
 また、バイオ・センサーというのも、「感応波発信装置」を抜いているという意味で簡易サイコミュといわれるのかなと思ったりもします。発信装置がないのに増幅されすぎて、ちゃんとした出口が与えられない感応波が暴走してしまうのが、いわゆるオーバーロード状態なのかな、とか。
 バイオ・センサーと有線サイコミュの違いは、そのサイコミュにより「専用端末を制御」するのか、「通常の機体操縦を制御」するのかという点なのでしょう。あくまでサイコミュを利用することを前提の遠距離攻撃用兵器の運用のためだけに使用するのか、単純に普通のMSを動かすための補助として使用するのかの違いということですね。有線サイコミュの機体はトリッキーな武装を装備する反面機体性能自体は凡庸ですが、バイオセンサー搭載機は通常のMSと同様の運用しか出来ない反面、その基本性能自体が桁違いにアップするというところでしょう。

 この考え方をサイコミュを搭載した機体に当てはめると、以下のようになるのではないでしょうか。

ブラウ・ブロ:有線サイコミュの実験機。複数のパイロットが乗れば通常パイロットでも制御は可能。

エルメス:無線サイコミュの実験機。ビットの制御に特化しているため、本体は複雑な機動を行うことが出来ない。

ジオング:有線サイコミュ搭載型のMS。MSであるが故にブラウ・ブロやエルメスに比べ本体の複雑な機動を行うことが可能であり、高いパイロット能力が必要となる。

キュベレイ:無線サイコミュ搭載型のMS。無線であるためにジオングよりも高いニュータイプ能力を必要とし、MSであるため同時に高いパイロット能力も要する。

サイコガンダム:サイコミュ制御のビーム砲の実験機。ビットのような小型端末の制御にサイコミュを使用するのではなく、機体に備えられた複数のビーム砲をサイコミュで制御する。オールレンジ攻撃ではなくフルバースト的な攻撃に特化している。

Zガンダム:バイオセンサーの実験機。サイコミュに特化した武装を装備するのではなく、通常のMS操縦動作の中にサイコミュ制御を組み込んでいる。そのため高いニュータイプ能力を持ったパイロットであれば、多少パイロット能力が低くともトップエースレベルの動きが可能となる。

 こう考えると、劇中のいわゆる「ニュータイプ同士の感応現象」というのは、感応波発信装置をもつ無線サイコミュ搭載機によって発生している場合が多いのではないか、と推測することが出来ます。
 実際、ファーストにおいてアムロが感応したのはエルメスに乗るララァだけでした。シャリアとは明確な感応はありませんでしたし、シャアのジオングとも肉薄するまで感応はありませんでした。Zにおいても感応が起きたのはキュベレイとZガンダムの戦闘のケースのみでした。
 絶対ではないでしょうが(ヤザンとレコアとかね)、基本的には感応波を外にむけて放射するシステムを持った機体は、感応が発生する確率が高いのではないかと思います。

 この考え方で、サイコミュ系のシステムの違いを列挙してみます。
○サイコ・フレーム
 極小のサイコミュデバイスを大量にフレーム内に内臓することで、従来のサイコミュに比べ「増幅装置」としての機能が遥かに向上しているものであると考えられます。それ故に多少ニュータイプ能力が低いパイロットでもファンネルを制御できるようになったり、周囲の人間の感応波まで増幅してしまって超常現象を巻き起こしたのだと考えられます。

○NT-D
 まだ詳細がはっきりしていない部分があるのですが、フルサイコフレームと機体からの強制により、パイロットのニュータイプ能力を極限まで引き出すことで可能な限りの制動をサイコミュで行えるようにするということと、敵機のサイコミュの波長と同調させ、乗っ取るだけの強烈な感応波を発信することができるシステムなのではないでしょうか。

○ネオ・サイコミュ
 パイロットと機体を直接接続していますので、ほとんど神経接続に近い状態なのではないかと思います。

○バイオ・コンピューター
 バイオコンピューターは厳密にはサイコミュではないのですが、比較のために原理を考えると、サイコミュを「入力装置」と捉えるのであれば、バイオコンピューターは「予測変換装置」とでも言えるのではないかと思います。サイコミュがあくまでパイロットの意思を機体に伝える装置なのに対し、バイオコンピューターは装置自体がパイロットの意思を読み取って機体に反映させるという意味で違うのかなと。だから「システムとの相性」というものが発生するんですね。

○EXAMシステム
 これを後に持ってきたことには意味があるんですが、実は厳密にはバイオコンピューターに近いシステムだったのではないかと考えられます。というのも、バイオコンピューターのCPU部分がマリオンに変わっただけのシステムなんじゃないかと。
 実際、小説版ブルーなんかだとマリオンの意思が敵の位置を伝えるような描写になっていますし、予測変換的な機能をシステム自体が持っていることによって、通常のパイロットでもニュータイプ並の戦闘力を得ることが出来たのかなと思います。


 以上はほとんど自説なのですが、今度は設定資料の記述に沿った考察もしてみたいですね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
後半の各機体ごとの分析は非常に納得なのですが、
前半がちょっと引っかかりました。

> ただ、そうだとしてもあれだけの数を同時に動かすというのはやや無理があり、

無理がある、と言い切れる根拠があるのかな、と。
劇中で、ニュータイプの能力でどこまで可能なのかというのは
結局はっきりしていないわけで、
我々の感覚ではいかにも無理そうでも、
憶測だけで「無理そう」で考察を進めてしまって良いのかどうか。
ちょっと引っかかったりしたのでした。
一応ミノフスキー粒子の不可測挙動がどうこうと
いろいろ説明されているとはいえ、
気合いでビームをはね返す人たちなんですし(笑)。
2009/02/13 (金) 14:18:52 | URL | zsphere #mgsj5vwc[ 編集 ]
ご指摘の通りかもしれません。
正直件の一文は削ってしまっても良かったと思っているのですが、
ニュータイプ能力と複数の情報の同時処理能力は違うのかなと思ったので、
そこはコンピューターの方で補助しているのかなと考えました。

もしビット一つ一つを自分の意思で動かせるのであれば、
ビットを全て撃破したアムロはララァを圧倒的に上回るニュータイプ能力を持っていることになってしまうのかなと。

ただ、憶測でしかないことは確かです。
2009/02/14 (土) 19:35:49 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
エヴァやGガンダム世界の様に、「NT適応者がおらず」、「サイコミュ」が存在し無い世界では、「神経接続」や、「モーションダイレクト」の類でなければ機体の完全コントロールは不可能なのでしょうが、富野-ガンダム系では、「NTが存在」し、直接接続の必要な「神経接続」や、「モーションダイレクト」よりも、無線接続可能(特に、ニュー香港でのフォウ)で、20機近くのファンネル・ビット+MS本体を”同時に”相互認知と制御可能という便利で格上の規格「サイコミュ」技術があるので、それよりも劣る技術を使う必要性が無いというだけなのではないでしょうか?

サイコミュですが、オフィのP305には、「サイコミュは、この感応波を受信し、機械語に翻訳するインターフェイスである。」「このシステムの実用化により、人間と機械の間の単位時間あたりの情報伝達量は従来の操作系によるものを遥かに上回った。 例えば、サイコミュを媒介として砲塔を制御するなら、一人の砲手が多数の砲台を同時に操ることができた。」とあります。
ここまでは(現在主流かどうかは別として)既存の準公式設定。

車でブレーキを使う場合を例にあげると、空走距離(ドライバーが危機を認識してから実際にブレーキを踏み込むまでに車が進む距離)と制動距離(実際にブレーキが踏まれてから車が完全に静止するまでに進む距離)がありますが、サイコミュによる機体制御は、この場合の、空走距離の劇的な短縮(ほぼ0、理由は脳から直接・瞬時に車側にブレーキ操作指示が飛ぶので)を実現出来るメリットがあると言えるでしょう。
走行中にあらかじめ決められた場所でブレーキを踏むのと、急な信号の点灯を認識してブレーキを踏むのでは、後者の方が7~10mも「空走距離」が伸びるといわれており、これを今回の考察に当てはめると、機体性能が互角、同程度の実力のMSパイロットの機体同士でもサイコミュ機体制御機の方が、各機体操作・機動で、「空走距離」にあたる部分の時間だけ制御・機動が早く行なえる為、圧倒的に有位な訳です。
2009/02/14 (土) 19:41:54 | URL | nemo #VtGGODes[ 編集 ]
初投稿です
前々からの疑問なんですが、MSのマニピュレーター操作、つまり手で何か物を掴んだり放したりする動作はどのように行っているのでしょうか?出し抜けにすみません。
2009/02/14 (土) 21:22:26 | URL | 初心者 #BAaEV7E6[ 編集 ]
>nemoさん
サイコミュによる機体の完全操作は、不可能ではないかも知れませんがパイロットが限られる上に相当な負荷を強いる点で、
他の技術の代替とは言えないのではないかと。

ブレーキの話は非常に分かりやすいです。
「空走距離」を縮めるのがバイオセンサーで、「制動距離」を縮めるのがマグネットコーティングであったと。
これは素晴らしい例えだと思います。

>初心者さん
予めライフルを握る動作などがインプットされていて、
特定の操作をすれば勝手に掴むようになっているのだと思います。
ただ、予定されていない動作をどうするか、というのはちょっと特定できないですね。
握るだけなら握力をコントロールできるのだと思いますが。
2009/02/15 (日) 21:42:52 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
これで撃てまい⇒甘いな!
最初から(以下妄想)↓

ビットの制御方法ですけど、キュベレイなんかの場合「大雑把モード」と「精密動作モード」の2種類は少なくともある気がします。
大雑把モードは、パイロットが敵とビットとの大体の相対的な位置を頭で思い描くと、その位置にビットが配置されるモード。
この時レーダーの役目を果たすのはサイコミュを介してパイロット自身です。パイロットが感じ取っている敵の位置をコンピュータが解釈してそれを元にして計算。
敵が動いてもコンピューターが頑張って、当初の予定に近い位置関係を保つように制御する。
精密動作モードは、本当に一つ一つのビットをラジコンの感覚で動かすモード。

ビットからビームを発射することの制御に関しても、いくつかのモードがありそうです。時間で発射(何秒後に発射)、指定した位置に着き次第発射、(複数出した場合などで)ランダムにタイミングをずらして発射、などの条件付けがいくつかあるんですよ。多分(笑)デフォルトでは位置に着き次第発射とか。あとはこちらに関しても、本当にラジコンの感覚で制御するモードもあるでしょうね。

NT能力が高いほど多くのモードを使い分けられるんじゃないでしょうか。敵の座標もよりクリアに感じられるんでしょうし。
(妄想終わり)↑

マニピュレータ操作はビットの「モード」じゃないですけど、場面場面で操作方法が違うんだと思います。
まさかビームサービルを抜刀するのに複雑な操作が要求されたらイヤですし。
∀でロランは逃げる人を掴み損ねて怒られたり、(カカシの手の)「間接がロックされてるので平気だと思いました」と意味深な発言をしたり、荷物をこっちからあっちにやるのにプログラミングで自動的にこなしたりとかしてましたね。
2009/02/15 (日) 23:55:12 | URL | R.M #-[ 編集 ]
確かに、一律ではなく数段階のコントロールは可能である可能性が高いですね。
ビットなんかはモノアイがついていたりするので、
単なる攻撃端末というだけでなく、パイロットの視界を広げる効果もあったのかもしれません。

∀はマニピュレーターの操作について詳細な描写が多かったですね。
宇宙世紀よりは確実に技術が進んでいたでしょうから、
ザクでは同じようにはいかなかったでしょうけど。
2009/02/17 (火) 20:09:29 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
有線と無線については、パイロットの感応波の強弱もあるかもしれませんねぇ。
感応波が強ければ無線でコントロール可能だけれど、弱いとコントロールが不完全になるとか。
2009/02/24 (火) 13:47:43 | URL | 陰鏡 #nL6A2.tM[ 編集 ]
個人の適性には強弱も含まれるんでしょうね。
「サイコフレーム無しでファンネルを操れるニュータイプ」という言葉がありますし、
無線サイコミュは一定レベル以上のニュータイプじゃないと操れないんでしょうね。
2009/02/24 (火) 22:49:07 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.