がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ディジェ=ディアス偽装機説
 もはやタイトルの通りなのですが、リックディアスの系譜のくせに全然リックディアスに似てない(そうデザインされていないので当たり前なのですが)ディジェがあんな外見なのは、単純に偽装だからなんじゃね?という話。
 元々アナハイムがリックディアスをアクシズに流すために(かつてガーベラ・テトラでやったように)外観の異なる「チャイカ」として設計した機体が、何らかの理由で開発中止になり、残った試作機を手直ししてカラバに流したのがディジェ、という妄想です。

 しかし、それに関わりそうな記述がないかなと資料をあさってみたら、もう少し違う結論が出ました。それももっと現実的な形で。

 放映当時の資料を参照してみると、大抵のもので「リックディアスを元にカラバが独自に開発したMS」という解説されています。
 ただし、キットインスト等では、「アムロ・レイが乗る試作機は(リックディアスの)ムーバブル・フレームなど内部アビオニクスを流用することで、短期間内で開発に成功している」という記述があり、あたかもアムロ機のみがリックディアスのパーツを流用しているというような解説になっています。これは、つまりはアムロ機だけがリックディアス系列の機体であり、本来のディジェは(構造上の参考、共通規格品の流用はあったにしても)実はリックディアス系の機体ではなかったのではないか…という推測ができます。
 コミック「デイアフタートゥモロー」では、「量産機と違いこのアムロ機は提供していただいたリック・ディアスをそのまま流用していますので」という台詞があり、上述の設定を意識した内容になっています。
 また、EBのMS大図鑑グリプス戦争編では、ディジェを「RMS-099を地球での運用に対応するように改修した機体」とあり、ディアスベースの新型機ではなく、あくまで改修機という表現をしていますが、これはアムロが乗っていたリックディアスの部品を大幅に流用したのであろう、上述のアムロ機のことを示していると言えます。

 以上のことから、ディジェがリックディアス系列とされるのはあくまでアムロ機についてのみの話であり、そのアムロ機は、いわば「本来のディジェ」と同じ仕様を、できるだけリックディアスの部品を流用することで短期間で完成させた機体、と考えるべきなのではないか、と思います。

 では、その「本来のディジェ」とは一体どんなものだったか、という話になるのですが、現時点で劇中でのアムロ機以外のディジェ系MSは限られています。

○ディジェSR型(ジオンの星)
 ホビージャパンの企画に登場したディジェのカスタムタイプ。基本的にはアムロ機の肩アーマーを「チャイカ」と同じような形状のものに変更し、バインダーをプロペラントタンクに換装しただけの機体で、あとは模型的なディテールアップと形状修正が行われているだけのものです。ネモのシールドを持ってました。
 ポイントなのは装甲材がガンダリウムαと明言されていること。
ディジェSR型

○ディジェ宇宙用(IRON HEART)
 Bクラブに掲載された藤田氏によるコミック(例のティターンズ製と思しきMk-IIIが出てくる奴)に登場する機体。細部は判別できないのですが、頭部がガンダムタイプっぽくなっている以外は、肩アーマーの変更とプロペラントタンクの装備という意味で、上述のSR型に近い仕様に見える機体です。
 なお、ガンダムタイプの頭部については、「デイアフタートゥモロー」でのアムロ機が本来そうなる予定だった、ということになっています。
 作中では3機のディジェタイプが戦場にいたことになっていますが、1機しか登場せず、他の2機が同じ仕様だったか(頭部とか)は不明です。
宇宙用ディジェ

○ディジェSE-R(Z-MSV)
 おそらくはタイラント・ソードにてディジェ・ソードとして登場する予定だったのではないかと思われる機体。外見上は全くの別物ですし、設定的にも辻褄を合わせるならディジェにSEドライブを組み込んだ実験機というところでしょう。

○チャイカ(コミック版Zガンダム)
 近藤氏のコミック版においてガザCの代わりに登場するアクシズの量産型MS。頭部と肩アーマー以外はほとんどディジェと同じデザインです。ただ、外観上コクピットが頭部になさそうですが。
チャイカ

 実は、ディジェSE-R以外の3機種は、どれも肩アーマーが似ており、また基本的な外装は頭部以外ほとんどアムロ機と同じという共通点があります。となると、このあたりの「本来のディジェ」のヒントがあるということになります。

 「デイアフタートゥモロー」では、「たまたま別口で進行していたデザインが依頼内容の外観に近かったことが幸いして急な変更要請にも何とか対応できた」という台詞があるのですが、この変更というのが頭部のデザインであったことを考えると、「たまたま別口で進行していたデザイン」というのがチャイカのものであり、その頭部デザインを流用したのが単眼のアムロ機であると解釈することが出来ます。
 このコミック内では、ディジェを開発したのはキャリフォルニアベースのアナハイムであり、担当者は元ジオニック社で現在もジオン残党と強いパイプを持った人物であったということになっています。ということは、チャイカ自体がこの「ジオン残党と強いパイプを持った」アナハイムの部局が開発したものであり、その設計を流用して開発したのがディジェであるという可能性が高いと言えます。

 チャイカとガンダムヘッドのディジェはどちらも宇宙で使用されていますが、一般にいうディジェの解説は「リックディアスをベースにした地上用のMS」なわけですから、実質的にはチャイカの重力下仕様がディジェであり、チャイカをカラバ仕様に設計変更した(チャイカの頭部を、本来予定されていたディジェの頭部に換装した)のがガンダムヘッドのディジェということになるのかなと思います。チャイカとガンダムヘッドのディジェはどちらもコクピットが頭部になさそうですし。
 SR型は地上用ディジェの量産型といところですかね。装甲がガンダリウムαであるあたりがそれっぽいです。ネモ同様にγの技術を流用したαってやつなんでしょうね。もっとも、アムロ機がγであるという証拠もないので必ずしも量産型だからα、とは言えないのですが、リックディアスを直接流用した機体なのだからアムロ機はγであると思いたいですね。

 つまり、このような順序で開発の系譜が繋がっていると推測できます。

(1)チャイカ:AEキャリフォルニアがジオン残党用に設計したMS
(2)ディジェ(劇中アムロ機):リックディアスの実機とチャイカの設計を大幅に流用して急遽組み上げた重力下用の試作機
(3)ディジェSR型:リックディアスの実機を経由しない、ディジェの量産型
(3)ディジェ(ガンダムヘッド型):チャイカの頭部を、当初予定されていたディジェの頭部に変更し、改修を加えたもの

 コミック版Zガンダムに登場するチャイカは、アクシズに提供して実際に量産されたというIF設定のもので、実際は開発中止になってディジェとして完成した(取引先がアクシズからカラバに変わった)というのが設定的な落としどころなのかなと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
そういえば、MG誌のミッションZZでさらりと背中の放熱板を「スローイングバスター」とか飛び道具にしちゃってますけど、ゲームとかでは再現されてませんよね…。こういう兵器は多分にジオン系(ゾゴックのワイドカッターとか)なんですが…。
あと、SR型の足首がまんま「1/100ZZガンダム」の流用というのは宇宙世紀的にどうなんでしょう?w
マスターピースではリック・ディアスとディジェのパーツを一部共通化してましたけど

「RGM-80三号機」のパイロットは一年戦争当時、連邦軍で頑張ってたクレイマン大尉だと妄想したりすると楽しい…
(一年戦争でテグナー中尉を半殺しにしたのはアムロだろうけど)
2009/02/02 (月) 23:38:29 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
つ、つらい・・・解釈だ。
ああ、設定矛盾の整合性をとるのに、どーしてこんなに苦労しなきゃならんのでしょう!

だがそれがいい。

オレは、「ディジェ」って名前が、リックディアスの改修機全般に付けられた名前とかコジツケしてました。
2009/02/03 (火) 00:34:46 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
>AEキャリフォルニアがジオン残党用に設計したMS

ほとんど異論はないのですが、「たまたま別口で進行していたデザイン」は、必ずしも”キャリフルニア支局”と断定する必要はないと思う。明言されてないし。
オイラは”グラナダ支局製”と妄想してるんですが、型式番号的に。
それにチャイカを空間戦用(もっとも、ガザと同様地上でも運用できるかもしれないが)と解釈すると、わざわざ地上で開発する理由に乏しいし。

<アナハイム提供疑惑MS>
 MS-106 ハイザック
(MS-107 未確認)
 MS-108 マラサイ
 MS-109 スツーカ/ゴブリン
 MS-110 チャイカ

バンザーイ!!

ただ、連邦軍の法則からは外れちゃうのが説得力に欠ける罠。
グラナダ支局10番目だと本来【○○-100】なんですわ。
アクシズ提供MSは、単純に106から連番に振ってあるってことでダメ?
でも、そうなるとグラナダ支局である必要はないよなぁ・・・・

しかし、先越されちゃったなぁ(w
2009/02/03 (火) 07:51:38 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
ディジェは量産ってイメージがわかない自分がいる
そういえば三国伝の呂蒙ディジェはマスクを外すとリックディアスっぽい顔だった

ディジェはカッコイイですよ?
2009/02/03 (火) 21:12:13 | URL | わんこ #KnHW2vQ.[ 編集 ]
>コンラッドさん
まぁリックディアスのバインダーも武器になりますし、その程度のものだと思いますけどね~。

個人的にもほとんどディアスのままの形状のディジェというのは考えたことはあるんですけどね。
今回の考察だとむしろディアスに似なくてもいいのかと思ったりもしました。

>叡天さん
ディジェは「デイアフタートゥモロー」だと仮名扱いなんですよね。
単純にコードネームでしかない可能性はあると思います。

>とっぱさん
確かにチャイカがキャリフォルニア製であると断言する理由はないですね。

MS-1○○の形式番号は、個人的にはネオジオン地上軍独自の番号なんじゃないかと思っていました。
スツーカ/ゴブリンが戦後に地上で独自に開発された機体っぽいので…。
となるとチャイカも地上用だったということになっちゃうんですけどね。
コミック版Zのあれはリック・チャイカだったと…(爆)

>わんこさん
ディジェの設定画にも、しっかりモノアイはディアスと同じって書いてあるんですよね…。
サイズが全然違う気がするのですが。

デザイン的には腕がザク、胴体ゲルググ、脚はガルバルディ?みたいなカオスなラインなんですよね。
だがそれがいい。
2009/02/03 (火) 22:05:17 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>スツーカ/ゴブリン

UCネタだと地上でしか確認出来ませんが、実はこの機体、汎用(もしくは互換機)の可能性が高い。
「サイドZ」では月面で運用。
「ゴブリン」ガレキ解説では、空間戦塗装の記述があります。

そないな訳で”MS-106”以降のモデルは、全て汎用(もしくは互換機)でグラナダ工場のネオ・ジオン向け仕様だったと疑っています(w
106~109はザク系(ハイザック系)ライン
110は・・・ゲルググもしくはドム(ディアス系?)のライン
の有効利用機だとすると収まりはイイのですが、アナハイムはどんどん黒くなります(w
2009/02/04 (水) 07:26:56 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
なるほど、空間戦闘ができる可能性は示唆されているわけですね。

個人的に、RMS-109として本来連邦軍用に開発された機体だったんじゃないかと考えたこともあるのですが、
そうなるとチャイカがガブスレイの量産型ということになっちゃいますし、
やはりマラサイ以後は連番になっているだけだと思いたいところです。
アナハイム製かどうかはまた別として。
2009/02/05 (木) 21:45:52 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.