がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線 第1話「あの死神を撃て」
 今更ながらようやく見ました。前作は「奇天烈な兵器に乗った奇天烈な漢の散り際を描くドラマ」でしたが、今回は普通の戦争映画って感じですね。タイトルロゴからしてもう雰囲気すげぇ。

 それにしても渋い。こういう作品が映像化される時代になったかとつくづく思いました。これ原作:近藤和久じゃないよな?って本気で思いましたもん(笑)この路線が受けるのであれば、「ジオンの再興」の映像化もそう遠くないですね!(そうか?)

 しかし最初に度肝を抜かれたのは降下してきたHLVのとんでもない着地の仕方でした。なんだあの機動性は。UFOにしか見えないぞ。
 そしてオカルトじみた謎の美女は間違ってファイナルファンタジーを借りてきてしまったのかと思うような演出でした。あれ必要なのかな。女性が登場しないからそこでフォローするってこと?

 序盤は正直相変わらずジオン主役の物語なのかなというくらいジオンの描写ばかりでしたね。せっかく連邦側が主人公なんだから、開戦後の連邦軍の状況の描写があってほしかったなぁとも思いました。キシリアの演説とか違うだろっていう。今西監督って絶対ジオン派だよな。前作だと連邦軍=チンピラだったのに今回のジオン軍は普通の人だったし。

 これは物語というか戦場の雰囲気を味わう作品だと思うので、話がどうこうってのは前作以上にないですね。むしろよくぞここまで地上戦の雰囲気を表現したなぁと思います。ガンダムには戦場のリアリティが必要だと思ってる人には是非見て欲しい映像です。自分は詳しくないのでここがこう、みたいなことが言えないのが歯がゆいですが。
 個人的に一番ヒットだったのはザクマシンガンの描写ですかねぇ。あれ最強兵器だろ。あの威力の砲弾をあの連射って反則ですがな。そしてあれが効かないガンダムはもっと最強!…ってこの作品はジムすらまともに出てこなそうだけど。

 まぁそんな感じで、このレベルの映像をもっと見てみたい、と思わせる内容でした。人物のCGも前作に比べて格段にリアルになってましたね。見た目はともかく動きは完全に人間のものになっていました。モーションキャプチャーが進歩したのかな。ザクはVer.2.0そのままのデザインなので逆にちょっとおもちゃっぽかったですけど。正直Ver.1.0ベースの前作のザクのほうが良かったかも。

 映像特典のPVを見る限り、これはオデッサ戦までの話なんですかね。まぁ重力戦線っていうんだから最後まで地上戦なんでしょうし。となると最後はオデッサに限定投入された前期型のジムが出てきて終わりかなぁ。
 なんにせよ、ジオン側だと変な試作機、連邦側だと既存兵器の延長線上ってのが実にそれらしいですね。歩兵→戦車ときたら次はなんでしょう。戦闘機?でもUCハードグラフとのタイアップだと陸上兵器になるのかな。

 とりあえず最後のザクはなんで隠れてたのか、とかザクは頭部を潰すと勝てるのか?とかいう疑問がありました。後者は頭じゃなくてその下にあるコクピットとか動力系が潰れたってことなのかなぁ。なんか怪獣の頭を吹っ飛ばすのと同じノリだったんで少し違和感を感じました。
スポンサーサイト
コメント
コメント
タイトルが
Vol1「あの死神を撃て」
Vol2「陸の王者、前へ!」
と、どちらも戦時中の軍歌から歌詞のフレーズを持ってきている辺り
「知っている人はここでニヤリとしてね」というのが見え見えで…w

>そしてオカルトじみた謎の美女は間違ってファイナルファンタジーを借りてきてしまったのかと思うような演出でした。
あれはもう、松本作品へのオマージュ(「スタンレーの魔女」や「悪魔伝の七騎士」など)ですから、あれでいいと思いますけどね。出てきたとき、まんま絵面がスタンレーの魔女で「ちょっ!」と吹きました。
2009/01/06 (火) 21:44:10 | URL | コンラッド #-[ 編集 ]
>映像特典のPVを見る限り、これはオデッサ戦までの話なんですかね。まぁ重力戦線っていうんだから最後まで地上戦なんでしょうし。

前イグルーと同じく、重力戦線で一旦区切って
いわゆる「2期」的な感じで宇宙編もあるんじゃないでしょうか?

しかし、重力戦線になって、ますます「狙いがピンポイントすぎね?」ってなってきてますね。
単純に「一年戦争を舞台にしたガンダムのCGアニメ」として観てたら相当つまんないですよね、コレ
2009/01/06 (火) 21:48:37 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
コンラッド様
>しかし、重力戦線になって、ますます「狙いがピンポイントすぎね?」ってなってきてますね。
>単純に「一年戦争を舞台にしたガンダムのCGアニメ」として観てたら相当つまんないですよね、コレ

 自分も同じような感想ですね。
初代はレギュラーメンバーの視点を通して一年戦争全体を俯瞰出来る構造でしたが、今回は1回でみんな入れ替わっちゃうのがなんとも。
あの魔女さんが最後に総括してくれるのかもしれませんが、ああいった人外よりも、主人公を従軍カメラマンにでもして(ベタですが)戦地を転々としながら様々な戦いを見せてくれる方がよかったかもです。

 まぁピンポイントだからこそ掘り下げられるネタというのもあると思うので、ここは是非ガンダムの中で足りない空中戦成分を補っていただきたいですね。

B17をモチーフにしたデブロック爆撃機の話とか、モチーフにしたTINコッド対ドップのトンデモ軽戦同士の戦いとか、フライマンタでユーコンを狙うとか・・・・・。

ひょっとしたら空は完全にスルーして陸上よりももっと泥臭い潜水艦ものとかやりそうで怖いですね(笑)。
2009/01/07 (水) 07:53:33 | URL | rinrin #SQjZUv.Y[ 編集 ]
>コンラッドさん
あぁ、ほとんど全部パロディなんですね。
分かる人にはそれだけなのかも知れませんが、
分からない人には割と新鮮に感じられて面白いです。

とはいえ、それ以外に何もないことも事実なんですよね。
設定とか戦史とかで一石を投じるわけでもないし。
結局はUCハードグラフのプロモ作品でしかないのかもしれませんね。

宇宙編が第2部というのはかなりあり得る展開ですが、
それならパロディ路線も控えめになりそうですね。

>rinrinさん
1つの部隊がずっと生き残り続けられたのは実験部隊だったからで、
普通の部隊は普通に死ぬぞってことなんでしょうけどね。
連続性を考えるといまいちですね。

空中戦は、たぶんやりすぎるとマクロスになっちゃうってのがあるんでしょうね。
潜水艦ものは普通に来そうで怖いです…。
割と漫画でも良くあったネタですしねぇ。
2009/01/07 (水) 23:55:46 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
うーん、オレは人間だけじゃなく、MSにまで「不気味の谷」を感じるようになりました。
オレの中ではまだまだ「リアル」な宇宙世紀の描写じゃないかも。
2009/01/08 (木) 23:00:06 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
あぁ、確かにMSはちょっと微妙だったかも知れません。
かなり趣味でやってるのかなぁという印象はありましたね。
2009/01/10 (土) 22:07:11 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.