がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
Gパーツを量産するなら
 ほとんど妄想に近い代物なので考察のカテゴリに入れないことにしました。Gパーツを、真面目に兵器として量産するのであれば、どのようなものになるのか、という話です。

 …といっても、結局Gスカイの量産型がコアブースターじゃないのかってことで終わっちゃいそうな雰囲気ではあります。Gブルとかガンタンクと何が違うんだって話にもなるし。いやビームか実弾かっていう決定的な違いはありますが。

 ところがぎっちょん、Gパーツの存在意義というのを考えると、それで済む話ではないのです。Gパーツの何が特徴かって、ガンダムのAパーツBパーツと合体できるってことなんですよ。ここが重要なんです。ガンダムに搭載しているジェネレーターや武装を流用できるってのがポイントです。

 以前分離型MSの存在意義で触れた通り、Gパーツには「Gアーマーとしてのガンダムの空輸(+GファイターによるガンダムのSFS)」と、「ガンダム不要時のGスカイ・Gブルとしての運用」というコンセプトがあると考えられます。

 このうち空輸と言う意味では、コルベットブースターやライトライナーがある意味ではコンセプトを受け継いでいると言えます。近藤版Gファイターはまさにそんな感じの機体でしたし。

 一方のGスカイ、Gブルについてですが、Gスカイなんかはガンダムの下半身が入ってようとなかろうと武装はコアファイター部分のみですし、はっきり言って存在意義はガンダムのSFSでしかないのではないか、と思います。そういう意味では、後のベースジャバーやゲターの原型となったのかも知れません。もう一つ言うなら、Gスカイはガンダムの脚部を推進器として接続しているっぽいので、そういう意味ではギャプランのブースターが直系の後継機なのではないかとも思います。
 Gブルの方は、ガンダムの腕をそのまま使えるというのがある意味では利点と言えるのかも知れません。戦車と言うよりは陸戦用MAと言ったほうが正しいのかも知れませんね。ただこちらは後継と見られる機種が出てこないので、あんまり有用性は確認できなかったんでしょう。

 …ここまでが、現状の設定を最大限尊重した普通の考察。ここはもう少し原型機を尊重した、「MSの半身が収まる航空機&戦車」というコンセプトでの量産型Gパーツを妄想してみます。

 といっても、いちいちMSの半身を合体させたり分離させたりというのはちょっと非効率的で、例えばGM用のGパーツなんてのはちょっと考えにくいものがあります。むしろ、単純に「MSと同じ部品を用いることで生産ラインを共有した通常兵器」というイメージなのではないかなと思います。

○量産型Gスカイ
 コアブースター同様に機首部分にコアファイターを流用している大型航空機。MSの脚部と同様の推進器を内蔵しており、ダム機構も持っているため一時的に爆発的な加速を得ることが可能。MSの腰部ジェネレーターと同型のものを搭載しており、試作機には無かった強力なビーム砲を備えている。
 コアブースターがセイバーフィッシュの、ジェットコアブースターがフライマンタの後継機として配備されている中、こちらは高高度迎撃機フライダーツの後継機として配備される予定。

○量産型Gブル
 MSの動力炉と同型のタキム式エンジンを搭載した61式戦車の後継機種。主砲はビーム砲に換装することも可能で、車高が低い分ガンタンクIIよりも小回りが利くのが特徴。
 MSの「腕」にあたるユニットを有しており、さまざまな武装をオプションとして装備することが可能なユニークな兵器である。

 こんな感じでいかがでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
コメント
 Gパーツの量産モデル。
実は自分も同じような妄想をしていました。
自分の疑問は「MSはそんなに万能なのか?」ということですよね。
空中戦で言えば、同じ技術で作られている限り、戦闘機の方がMSより有利なのではと思います。
MSのような汎用性を持たない代わりに、MSが苦手とする局面で活躍できる存在。
つまりはMAなんですよね。

 いや、ガンダムUCの最新刊の中で、敵襲を受けたダカールに急行するラーカイラムから偵察用のMSをブースター付きのSFSで打ち出すシーンがあるんですよ。
作中では一分一秒でも早い情報を手に入れることが戦局を左右する、なんて書かれてるんですが、こういうシビアな局面でMSが使われることに激しい違和感を感じるんです。重いし、空気抵抗多いし。
戦場についても、通常の戦闘機であればたちどころに餌食になるから、というのも分かるんですが、それならばMS並の火力と装甲を持った空中戦用MAを作ればいいのに、と。

 MSと同じ技術を使うわけですから、リニアシートにガンダリウム合金の装甲とジェネレーターで相当強力かつ高機動な戦闘機が作れそうですよ。
仮にコストがMSと同じになったとしても、支援用兵器として十分な存在理由があるんじゃないかと思うんですよね。
大体、可変MSなんて化け物を作る技術があるんですから、変形機構やロボットとしての各種機能を取り外すことで形状を洗練できるし、かなりの軽量化も可能な筈なんです。MSと同等の火力とそこそこの装甲を持ちながら、メイブ雪風もかくやというような高機動な機体が出来てもおかしくないですよ。
いや、実はMSを空輸出来るほどの推力をもったSFSがその任に当たっているのかもしれませんが、どう考えてもあれは輸送機であり、戦闘に使われても爆撃機とか攻撃機としてであって、決して戦闘機として使われてないんじゃと思うんですね。

 ムーバブルフレームで支えられた可動式の高出力熱核ジェットエンジンにより、地面すれすれのホバリングから高空での超音速飛行まで、あらゆるレンジでの圧倒的な運動性能。
可動式のビームキャノンやガンダリウム合金による「空飛ぶ戦車」と呼ばれるにふさわしい火力と装甲。
MSを空輸できるほどの豊かなペイロードを生かした、豊富な兵装と偵察機材などのオプション装備。
機体の重心位置に設置された回転式のリニアシートにより、どのような体勢であってもパイロットへのGを軽減可能。
そんな機体が、従来のSFSにMSの技術を転用することで容易に開発できるのでは?と妄想したわけです。

Gパーツの発想は決して悪くないと思うんですよ。管理人さんの考えるように同じ技術を使ってMSの行動をサポートし、MSの苦手な局面での穴埋め役として攻撃や偵察を行う。
アッシマーの改良品を作るぐらいだったら、こういう機体を量産した方がコストも安いだろうし、地球上では圧倒的に有利ななんじゃないかと、Gパーツ量産化妄想に刺激されて吐き出させて貰いました(笑)。

 まぁ、そんな機体を出したらぶっちゃけマクロスみたいになって作品バランスを大きく崩すのかなと言う気もしますが、非MSな堅実な兵器が脇を固めることで戦闘をシリアスに表現できるのでは、とか思うしだいです。
2008/12/09 (火) 23:36:52 | URL | rinrin #SQjZUv.Y[ 編集 ]
>量産型Gスカイ
何かもの凄くVガンブーツ臭い(w

量産機ではないけど、ある意味この方向で正当進化を遂げたのが、空軍G-4計画機ではありますね。

08小隊陸ガン改修機+コアブースターというトンデモ機体もあるにはあるが(w
2008/12/10 (水) 07:51:57 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>ムーバブルフレームで支えられた可動式の高出力熱核ジェットエンジンにより、地面すれすれのホバリングから高空での超音速飛行まで、あらゆるレンジでの圧倒的な運動性能。

MSの技術をフィードバックした航空機といえば「FF-08-GB/WR ワイバーン」や「FXA-08GB-Bst Gコアブースター」がありますが、テールスタビレーターが付いててAMBACを行う純粋な航空機は後にも先にもコイツだけでしょう。
まぁ、センチネル設定では「コアファイターの予想以上の成功により、小型化の方向に向きすぎた航空技術のブレイクスルー」としてワイバーンが存在しているワケですが…
あくまでもこれらは「支援機」であって主役は可変MSやSFSに搭乗したMS
そもそも、MS登場後の宇宙世紀において航空機対航空機の戦闘にどれほどの戦術的な意味があったのか…というところです。

結局、あさの(まさひこ)氏の言うところの
「対MSに最適なのはもちろんMS」といった事なんでしょうネ
2008/12/10 (水) 22:43:25 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
コンラッド様
>結局、あさの(まさひこ)氏の言うところの
>「対MSに最適なのはもちろんMS」といった事なんでしょうネ

ガンダム世界ではそうなんでしょうね。
実際、技術が十分に進めば現在の航空機の形状にこだわる必要はなくなるわけで、自分の妄想も技術の進んだガンダム世界ではかなり偏った発想なのかなとも思います。

結局のところ、見た目よりもMS+SFSの機動性は高いのでは、と思うしかないですね。
(そのあたりの定量的なデータがないので、自分勝手な分析をついしてしまいますが)。

イグルー2当たりで、「ドップ対TINコッド」、「ザク対フライマンタ」とかやって欲しいですね。
2008/12/11 (木) 09:08:36 | URL | rinrin #R9FelWv2[ 編集 ]
>結局のところ、見た目よりも>MS+SFSの機動性は高いのでは、と思うしかないですね。
グレートメカニックで「MS+SFS」の有用性について考察してましたが、結局は通常航空機よりもそれらの方が使い易いというのはあるんでしょうね
可変MS全盛期の時代はガルダ級を基幹とした航空艦隊構想とかあったそうですし…
一年戦争以後は完全にインフラが「MSありき」にシフトしてますから、その辺りも関係してるんでしょうねぇ…
2008/12/11 (木) 21:51:32 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
>rinrinさん
ご指摘の点はもっともだと思います。
どんなにMSが優れていても、構造上複雑かつ高コストなのは明らかなわけで、
相当なブレイクスルーがないと通常兵器を完全に駆逐するとは思えないんですよね。

個人的には、やはりMS戦だからMSしか出てこないだけで、
見えないところでは従来兵器が存在しているのだと思います。
あとは、M粒子影響下による有視界のドッグファイトだと、
攻撃方向が自在であるMS+SFSの方が決定的に有利なのかなと。

>とっぱさん
GT-FOURはコアブースター背負ったガンダムですから、
ライトライナーに近い機体ではありますね。
Ez8ブースターは…陸ガン系もコアブロックがある証明だったりして…(笑)

>コンラッドさん
センチ発のメカが次々に市民権を得ている中、
ワイバーンは一向に無視されてますよね(笑)
0083でそれらしいメカが出てれば良かったのかも知れませんが、
やはり必要とされる戦局がなかった…ということなのでしょうね。
2008/12/13 (土) 13:29:02 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>ワイバーンは一向に無視

”タングラム練習機”が唯一の砦か?
当時のファミソフスタッフって、本当にマニアです(w

でも、アドOP1面はタングラム練習機で、ブレッダを足止めするという鬼シナリオな罠(w
2008/12/14 (日) 00:19:02 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
あれが唯一っぽいですね。
近藤作品ベースでセンチネルも含むってのが相当にディープですよね。
設定が残らなかったのが実に惜しい作品です。
2008/12/14 (日) 22:29:45 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.