がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ハマったガンゲーベスト5
 ジオンの系譜に散々ハマった身でありながら、その続編たる「アクシズの脅威」に全く触れてこなかったのですが、それも全て「どうせPS2に移植されるに決まっている…!」と決め込んだからであります。
 そしてとうとう、目的のブツの発売が明らかになったわけで。これは「我々は1年待ったのだ…!」と言わざるを得ません。もう買うしかないじゃないか!

 …というわけで、発売を記念して「自分が最もハマったガンダムゲームベスト5」でもやってみようかなと。ただしプレステ以降です。それ以前はガンダムにそんなに興味なかったので…。

5位:SDガンダムGセンチュリー(S)
 Gジェネの一作前の、ガチャポンウォーズを除くと対戦型SLGの最新作となるゲーム。PS版の無印と、SS版のSがあります。自分で所持しているのはSの方なんですが、友達との対戦では無印をやっていました。
 これはなんといっても対戦がアツいです。強力なユニットはとことん強力なのですが、相応のコストと生産ターンがあるため、収入源がちゃんと確保されないと戦力は揃えられないというバランスがいいですね。戦闘がアクションであるため、純粋に戦略の勝負とはなりませんが。
 反面、CPUがバカすぎるため一人プレイでは自慰行為的な遊び方しか出来ない一面もあります。基地は制圧するけど都市は制圧しないからいつまでも金がたまらないし、TECレベルが高くても安いユニットしか作らないし、金があっても戦艦ばっかり作るし…。なんでこんな思考なんでしょうね。
 とりあえずPS版はゲルググ最強でしたねこれ。あとフルバーニアンとR・ジャジャ、そしてステイメンの生産ターン1ってのが反則でした。無論エピオンこそ究極のユニットですが。

4位:機動戦士ガンダム戦記
 ギャルゲー要素が反感を買った作品ですが、インターフェイスが良好で、ゲームとしてのバランスは非常に良いです。ブルーとコロ落ちのいいとこ取りのようなゲームで、使用できる機体が多いのも嬉しい。2Pカラーに設定を意識したものが多いのもガノタ的にはポイント高いですね。
 この作品のいいところは、なんといっても量産機メインなところではないでしょうか。ジム寒冷地仕様とかドムトローペンとか、なかなかアクションゲームでは自機で操作できない機体が数多く登場するのが魅力。ガンダムタイプは基本的に特別な条件を満たさないと使えないのもそれっぽくて良し。
 これの宇宙編が「めぐりあい宇宙」の後に出ると思ったんですが…結局「閃光の果てに」がそれだったってことになるのかなぁ、やっぱり。

3位:機動戦士ガンダム 連邦VSジオンDX
 VSシリーズからはこちらがランクイン。やっぱり最初のが一番面白いですね。元々カプコンの人もガンダムゲームをやらせてもらえるのはこれが最初で最後だろう、という気持ちで作ったそうなので、気合の入り方が違います。グラフィックも操作性もゲームバランスも、そしてアニメそのままのサウンドも完璧です。
 PS2版ではやはりミッションモードが良かった。一年戦争を仮想体験しているような気になれて、何度もプレイしましたね。難易度も適度だし(終盤は結構鬼畜だったけど)。このモードをやると、本当にMSVのユニットが欲しかったと思うようになります。スナイパーカスタムや高機動型ザクを駆って架空のエースパイロットごっこができたら、素晴らしいじゃないですか。

2位:SDガンダム GジェネレーションF
 Gジェネはやっぱりこれでしょう。MSオタにはたまらんユニット数に、クロボンや閃ハサなどの非映像作品の映像化。このゲームの功績は非常に大きいですね。
 メカのプロフィールモードを埋めるために結構頑張ったんですが、未だに埋まってなかったりもします。マイナーかつ開発経路が限定されてる機体は育てるのも大変です。
 これだけユニット数が多く、また改造すればどんな弱小ユニットでも強化できることから、好きな部隊を好きなように編成できる自由度の高さも魅力です。

1位:機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜
 まぁ、当然ですかね。詳しいことは過去に色々書いたので参照いただくとして、基本的に生産の自由度が高いところが一番面白いのかな、と思います。あとは単にシナリオがIFになるだけでなく、そのIFの先にある軍やメカが新設定で登場するのも面白いですよね。

 …というわけで、PSP版では痒いところに届いてなかった部分が届いているように、今回のVには期待したいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>機動戦士ガンダム 連邦VSジオンDX

これについては全く同感です。
ザクキャノンとかGMキャノン、スナイパーなど欲しかったです。
フルアーマーガンダムなんかもほしかったなぁ。
陸GMがビームライフルを持っているのは納得いきませんでしたが。

後の作品になってくると、1stガンダムvsハンブラビ なんてのがよくあって、見た目おかしいぞ? と思ってしまいます。
2008/12/05 (金) 05:09:12 | URL | 配達人 #-[ 編集 ]
初のネットゲームであった「ガンダムバトルオンライン」
DCソフトゆえか非常に認知度が低いですが、艦隊運用ゲームとしては非常にユニークなシステムで好きでした。個人的にはリメイクを希望したいんですが…。グリプス戦役辺りを題材にした「ガンダムバトルオンライン2」とか…。
あの頃にネット対応というのはやはり「早すぎた」感がありましたね。
いまだとGCBやGNOの影響もありネットでのガンダムゲームというのもすんなりと受け入れられると思うんですよね。GWのようにデッキとしてユニットを編成、艦隊を組み上げて運用する…とか面白そうなんですが。

このゲーム、登場人物が皆他のゲームでスルーなのが可愛そうではあります。
(ランゲル少将だけは閃光の果てに…に登場したおかげでGジェネ魂にも登場してますけどね)

あと気になるのが、連邦側の主人公の階級が「少尉」になってますが、これって「誤植」ですよねぇ…。
2008/12/05 (金) 14:32:35 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
>配達人
ゲーム上のデザインがいかにも大河原ラインだったので、
余計MSVが欲しくなりましたね~。
陸ジムは設定上ビームライフルを使えるとする資料もありますから、錯綜してたんでしょうね。

エゥティタになってからも一年戦争のMSが使えるのは変だなと思いましたね。
それならZに出てきたMSVの方が…とか。

>コンラッドさん
確かにバトルオンラインは早すぎた感じですね。
今度のバトラインというカードを使うネトゲがある意味それに近いのかな?という気もします。
あれはカードビルダーのネトゲ化なんだと思うんですけど、武器カードがない時点でビルダーではないです。

少尉で指揮官はさすがに…少佐の間違いと思いたいですね。
2008/12/05 (金) 22:16:52 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.