がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
クワトロ大尉とカミーユの宇宙世紀兵器開発史講座9「大戦中期の陸戦兵器・連邦編」
クワトロでは今回は、大戦中期の地上戦兵器の変遷を、連邦軍を中心に解説することにする

カミーユミノフスキー粒子を活用したドップとガウを中心とした戦術に、連邦軍は対抗できなかったんですよね

クワトロ当初はな。想定外の戦術による電撃戦だったために、成す術無く連邦軍は北米大陸・中央アジア・アフリカをほぼ完全に制圧されてしまった。だが、この後の展開は宇宙に似ている

カミーユ宇宙では…確かある程度対ミノフスキー粒子、対モビルスーツの戦術が確立されて、また防衛一方であったために連邦軍も十分戦線を維持できたんですよね

クワトロその通りだ。地上においても同様だ。相手の手がわかれば、対策は出来る。拠点は対空砲を強化し、また空軍戦力もドッグファイト中心の戦術と装備に切り替えた。

カミーユでも、地上だと宇宙みたいに、ルナツーとその航路を守っていればいいという状況ではなかったですよね?

クワトロそうだ。よくわかっているな。だが、地上におけるジオン軍の戦力には限界があった。決して地球全土を制圧できるわけではない以上、どこかで侵攻の限界がくる。元々、ジオンの地球侵攻は地球上の資源の入手が主目的であって、制圧や殲滅が目的ではなかったしな

カミーユジオンはジャブローを攻める気はなかったんですか?

クワトロもちろんその気はあったが、ルナツーにさえ割く余力が無いというのに、ジャブローを攻め落とす準備など無かった。まずは資源を確保し、長期生産体制を整える必要があったのさ。ジャブローの攻略はその後でよかった

カミーユとなると、ジオンの電撃的な侵攻は弱まったんですね

クワトロそういうことになる。この時点で、ジオン軍は侵攻よりも確保した拠点の防衛にリソースを割くことになる。そして守勢に回ったときに、ジオン地上軍の脆さが現れた

カミーユ脆さ、ですか

クワトロそうだ。ジオン地上軍は電撃戦を前提とした部隊だった。制空権を確保しての上空からの降下と、それに伴う陸上からの攻撃。これはあくまで攻勢に回っていることが前提の戦術だ。防衛戦、迎撃戦に優れた兵器というものが、ジオンにはなかった

カミーユ確かに…ガウは拠点防衛に向いた兵器とは言えませんし、ドップは迎撃機としては速度に難がありますね

クワトロそうだ。それに、連邦軍の航空戦力は質も量もジオンを上回っている。守勢に回った際の、制空権の確保はジオンには困難だった。また、虎の子のMSも、以前述べたように空からの攻撃には非常に弱い。連邦軍は、空軍を中心に反撃の狼煙を上げた。

カミーユ連邦軍は、航空機のバリエーションが豊富ですもんね

クワトロもっとも活躍したフライマンタ戦闘爆撃機や、デプロッグ重爆撃機、マングース対地攻撃機。それに対ドップにおいて大きな戦果を挙げたTINコッド局地戦闘機あたりが主力だな。フライダーツ高高度迎撃機も宇宙からの降下してくる増援部隊の迎撃に活躍している

カミーユそれに比べて、陸軍は61式戦車くらいしか戦力がありませんね

クワトロいいところに気がついたな。連邦軍は航空戦力に関しては大きくジオン軍を上回っていた。だが、戦闘機では拠点の制圧は出来ない。掃討戦の場合、最後は陸軍の仕事となることが多いが、この陸軍がなかなかジオン軍に手こずった。

カミーユでも、ジオンも迎撃戦であれば、MSの機動性を生かせないし、地の利のある連邦軍に対して有利とも思えないんですけど

クワトロ確かにMSの機動性は生かせない。しかし、MSの高い車高による高い索敵能力と射程の長さは脅威だった。高台にあるトーチカが戦車並みのスピードで自走して砲撃してくるようなものだからな。ジオンが攻めてくる場合は、MSが自分から近づいてきてくれるから接近戦で勝負できたが、逆の場合、戦車でMSに向かっていかなければならない。

カミーユそれは…ちょっとツラいですね。対MS地雷もこちらが攻める場合だと使えませんし、やはり空軍の支援がないと陸軍は戦えなかったんでしょうか

クワトロ基本的にはな。一年戦争で最も勝利に貢献したのは空軍だったとも言われている。だからか、戦後の新戦力も航空戦力を中心に配備されている。

カミーユガルダ級にSFS、可変MAと、確かに航空戦力が多いですね

クワトロしかし、陸軍とていつまでも空軍を当てにしているわけにもいかない。そのために、陸軍が出した回答は…MSの配備だった

カミーユや、やっと連邦軍のMSの名前が…!

クワトロとはいえ、最初のMSはガンタンクだったがな。これは元々開発されていた新型戦車にコアブロックシステムを組み込んだだけの兵器だったが、特筆すべきはその火力と射程にある。これは、ザクのそれを上回ることを念頭において装備されたものだ。

カミーユ61式戦車では、射程も火力もザクに対抗するには頼りなかったからですか?

クワトロそうだな。それに、戦いの基本はアウトレンジ攻撃だ。敵の射程の外から攻撃することこそが、反撃の危険性が無く最もリスクの低い戦術だからな。だから、ガンタンクには長大な射程をもつキャノン砲が装備された。

カミーユなるほど…。でも、ガンタンクってV作戦で開発された機体であって、別に陸軍の兵器ではないですよね?

クワトロコアブロックを搭載した試作機はそうだが、その後陸軍は独自にコアブロックを廃したガンタンクを量産している。更に、その後純粋な戦闘車両として再設計されたガンタンクIIは、陸軍の兵器だ。V作戦においては事実上の失敗作だったガンタンクは、陸軍を通して制式兵器となっているのさ

カミーユそういえば、ジャブローにガンタンクIIいましたね

クワトロまた、陸軍は全軍に先駆けて、白兵戦用MSの実戦配備も行った。連邦軍で最初にMSを必要としたのは、陸軍だったのさ

カミーユ陸戦型ガンダムとかってやつですね

クワトロそう。この陸戦型ガンダムも含むRXシリーズのMSを開発する連邦軍の計画…RX計画から、次回は入っていこうと思う

カミーユRX計画に、V作戦ですね。やっと…10回目にしてやっとガンダムに触れることができる…!

クワトロ(果たして、ガンダムまでいくかどうか…)
スポンサーサイト
コメント
コメント
アウトレンジ攻撃・・・いい響きだぁw
何故ガンタンクを作ったのかと思いましたがこう考えると当然の流れだったのですね!

ちなみにガンタンクⅡはユニコーンでダカールに配備されてましたね。
MSとしては駄作でも戦車としてみれば結構優秀だったのかもしれません・・・それにしてもUC90年代になってもガンタンクが配備されている連邦軍って・・・
2008/11/22 (土) 11:54:55 | URL | クレア #I4t1ZHtI[ 編集 ]
カミーユと同じ気持ちです。
やっとガンダムという名詞が・・・w
2008/11/22 (土) 15:03:27 | URL | 配達人 #-[ 編集 ]
>UC90年代になってもガンタンクが配備されている連邦軍

UC090年頃のアフリカ戦線ではIIが未だ割と主力(w
というか79タイプのGMも主力(ww
出典:リターン・オブ・ジオン

そのあたりのロートル機の配備(トリントン基地のGMIIやネモなど)がユニコーンは上手いですよね。
2008/11/22 (土) 15:03:50 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>クレアさん
ガンタンクは劇中でも拠点攻撃にはかなりの戦果を挙げてますしね。
MS戦前提であれば、そんなに悪い兵器ではないと思います。

>配達人さん
こんなに長くなるとは思って無かったです(苦笑)

>とっぱさん
ガンタンクIIIとかガンタンクホバーもありますしねぇ。
あれ好きなんでメジャー化してほしいものです。

兵器の耐用年数を考えれば、ユニコーン時代にロートル機が存在していてもおかしくないんですよね。
Z、ZZ、逆シャアと一部の精鋭部隊に部隊が絞られた話だから最新鋭の機体ばかり出てきたというだけで。
2008/11/22 (土) 17:07:40 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ミノフスキー粒子撒布下では通常兵器は役に立たないという設定ですが
戦車も仰角45度(もっとも放物線で飛ぶ角度)にするなどすれば
ザメルやヒルドブルやガンタンクほどとは行かないまでも、射程5kmなども可能ですよ。
MSは18mの高さの視界で射程が1kmほど延びるらしいですが。
現代の戦車は3kmほど、自走砲で30kmほどだそうですけど。
2009/10/11 (日) 13:38:37 | URL | #-[ 編集 ]
理論的に撃てるかどうかと、高速で移動しながら撃てるかどうかは別問題ですからね。
2009/10/13 (火) 23:08:59 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
F91にも博物館のガンタンクが動くなんて描写が。ヤツは変形するR44ってヤツらしいですが。
どことなくヒルドルブの変形に似てて素敵。
2010/01/24 (日) 19:51:49 | URL | #SFo5/nok[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.