がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダムOO 2nd #06「傷痕」
 刹那とサーシェスが再会!さぁどうなる!とか思ってたら普通にキングクリムゾンが発動して微妙な結果に…。このアニメ1話またぐとすごい時間飛ぶんだよなぁ。結局のところ「この輸送機じゃガンダムには勝てねぇ!逃げるに限る!」ってすぐ引き返したってことか。
 そして普通にカタロン基地に戻ってるサジ君。子供はやっぱり死んでませんでした。ティエリアはまっとうに責めていたけど、難しいところだよな。軍人に連れ込まれてしらを突き通せるほど、カタロンにもソレスタルビーイングにも思い入れがなかったってことか。

 それにしても、完全にキャラクタードラマになってますね。マネキン大佐がかつてスメラギさんと同僚の戦術予報士だったとか、ルイスに惚れる熊息子とか、次回2人だけの戦争になる予定のアレルヤとソーマとか、互いに銃口を向け合うルイスとサジとか、ブシドー相手に禁止のトランザムをもう使っちゃう刹那とか、面白いけど完全に別のアニメになったなという感覚を覚えました。いや面白いからいいんだけどさ。

 光学迷彩の描写は面白かったですね。ガンダムは丸々隠せてもトレミーは隠し切れないのか。いや、隠しながら飛ぶにはあれが限界ということかな?あれは昔のアニメには出来ない表現だよなぁ。

 そしてアザディスタンが滅んだ理由も未だよくわからず、ついでに言えば話の展開的にあそこでアザディスタンに行った意味もよくわかりません。ああしないと、マリナをその場に留めておく説得力がないということなのかな。今回は序盤から結構詰め込んでるんですね。

 アロウズは第一話・二話のザコぶりが嘘のようにガンダムに比肩し得る腕と性能を見せ付けてますね。ロックオンの本気モードってのは今まで手を抜いてた証拠か。誰がその違和感に気づくかって所ですが。立場的にティエリアかな。
 でもよくよく考えると、ダブルオーはブシドーに、アリオスはソーマに絡まれてるわけですから、残りの機体を全部セラヴィーとケルディムで引き受けてるんですよね。互角というほどではないのか。まぁ、ルイス機と熊息子(だよね)機を食い止められなかったあたり、やっぱり精一杯だったんだろうけど。

 それにしても魅せますねぇ、引きにしろドラマにしろ。マネキンが予報士だったってのは物凄く後付けくさいんですけど、「どうせこの後スメラギさんが起きて逆転するんだろ?」という期待も抱かせながら、トランザムつかっちゃったダブルオーと、すでに中破したくさいアリオスと、そしてサジルイスと3つも山場を残して次に繋ぐんですからね。
 これだけのものが出来るなら、初めからキャラクタードラマとして制作された別の作品を、水島黒田コンビでそのうち作って欲しいですね。ガンダムの枠に入れておくのはもったいない作品だと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
絵コンテちがうせいかキャラの顔がすこしキツかったですね(荒熊とか)
熊息子はなんだかしっかりとした死亡フラグ。 なんかSBが圧倒的てふうには ならないから、これからどうなるやら 刹那はヒロシとあんな間近でキングクリムゾンは(笑)ました
2008/11/09 (日) 21:14:59 | URL | ロウ #IiDXMSpQ[ 編集 ]
マネキン大佐が戦術予報士と言うのは小説版のガンダムろ獲作戦の指揮の時に説明がありましたね。自分としては、スメラギがAEUに所属していたのに驚きました。ビリーとの関係上、ユニオンに所属していたと思っていたのでマネキン大佐と関係していたと考えていませんでした。
2008/11/09 (日) 21:39:29 | URL | 飛竜 #-[ 編集 ]
ネタバレなのか伏線はりの回なのか自分にはよくわからない感じでしたが、いいところで終わったという感じで次回が楽しみです。
2008/11/09 (日) 23:05:19 | URL | アサキム #-[ 編集 ]
来週はセルゲイが死ぬんですかねぇ・・・・。

予告のナレーションに泣けた(T_T)
2008/11/10 (月) 08:32:07 | URL | rinrin #01U6dI1Q[ 編集 ]
キングクリムゾン(笑)
若しくはザ・ワールド



「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
『刹那は奴の前で飛行していたと思ったら、いつの間にか戻ってきていた』。
な…何を言っているのかわからねーと思うが、
俺も何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…催眠術だとか超スピードだとか、
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」

こんなかんじですよね。
2008/11/10 (月) 15:46:06 | URL | スウ #-[ 編集 ]
戦術予報士
これってCB独自の職種じゃないわけね……まさか大規模フレンドリーファイヤーを起こし、恋人まで失っていたとは……これにはスメラギさんが酒に手を出すのも納得です。
問題がこれは何年前の話かと言う事になるんですよ……。


 ここでOOFやOOPまでもチェックしている方は回想シーンで飛行していたヘリオンが何年型か……92年型なら太陽光紛争の際に投入された機体と言う事になりますがスメラギさんの年齢が合わない(2290年代のAEUに置ける任官される年齢がどうなっているか不明です)可能性もありヘリオン00年型(2300年に配備開始?)かヘリオン05年型(2305年に配備開始?)に絞られます。ここら辺の謎はOOPセカンドで明かされるかもしれませんね……。

カティは扱いずらい茸ヘアーの褒め殺しでその事を思い出し、それがきっかけでガンダムの戦術を見ると同僚であったスメラギのやり方に似ているとピンときましたね。スメラギって偽名じゃなくって本名?



アンドレイ、ルイスに一目ぼれ……その瞬間に何人のファンが殺意を抱いたのか……私はズッコケましたよ。

娑慈がトリガーに手を掛ける、ターゲットロックされたジンクスⅢにはルイスが乗っている……はたしてどうなるって言う時に……。


そう言えばアリーが載っていた機体はやはりガンダムでした……スローネMK-Ⅱと言った感じに見えますが……何となく変形しそうですね。ネーナが載っている機体も同じ機種かもしれません。

OOVにスローネ専用GNアームズと言うべき”トゥルブレンツ”って言うのがあるんです。イメージとしてはW外伝で出て来たジュミナスのL.Oブースターに近いです。
2008/11/10 (月) 18:45:15 | URL | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo[ 編集 ]
せっかく出たのにひろしとせっさん特に何もせず終わりだったのは少し残念でした
戦わない(戦えない)にしても、もう一言二言あってもよかったのに
むしろ戦闘になってブシドーのブシッドが乱入してきたら面白そうだと思ってたり
「待ちたまえ!!一部始終…しかとこの目で見させてもらったぞ」
「なんだぁ、このKYでバカは!!調子くれてんのか、あぁ?」
「その通りだ…私はKY、つまり空気が読めず、すこぶる調子に乗っている。なおかつ我慢弱く、人の話を聞こうともしない。俗に言う嫌われ者だ。しかし、そんな私でも吐き気のするような悪は分かる」
「自分に酔ってんじゃねえ、このナル野郎が!!鏡見た事あんのか!!」
「ガンダム以外眼中にない!!」
みたいな感じで

小熊が荒熊と同じ台詞出したのは吹くと同時になんだかんだ言って親子なんだなぁと
垂れ流される死亡フラグが色々気になります
2008/11/10 (月) 19:41:28 | URL | わんこ #2DdjN05.[ 編集 ]
マネキン大佐が戦術予報士というのは第一期からあった設定ですね。
00世界ではかなりメジャーな職業らしく、軍人もいればフリーもいるし、TVとかに出る評論家のような人もいるんだとか。

アリーのガンダムはツヴァイのカスタム機って公式設定が雑誌で判明しましたが全然原型留めてませんねw
スローネってGNドライヴに手足くっつけた感じだったので大規模改修が割と簡単に行える機体だっただろうかと推測。
2008/11/10 (月) 22:18:27 | URL | 山さん #JnoDGgPo[ 編集 ]
唐突ですが
前回は沙慈擁護だったんですけど、
今回のティエリアの「無自覚の悪意」という言葉に、目から鱗が落ちる感覚を味わいました。
で、その「無自覚の悪意」とやらを深く考察してみました。

「悪意」の定義はくだけて言えば「招く結果が分かっていること」であり、沙慈の行動は定義的に「善意に基づくもの」です。
ところが、招いた結果が甚大である時、それは「善意」だろうが「悪意」だろうが関係ありません。
咎はないかもしれませんが、結果論から言えば充分過失にあたります。その過失は「軽はずみ」が原因であり、ティエリアの言う「無自覚」に直結します。
ティエリアの言う「無自覚」とは、置かれた状況を一切考慮せず、勝手な行動に出ることを言います。...と、次々につながっていきました、私の中で。
長文すいませんでした~。
2008/11/11 (火) 00:23:20 | URL | ハル #BAaEV7E6[ 編集 ]
来週予想
ルイスに惚れた小熊が 「ハレビィ准尉っ!」
と、庇い死ぬか重症
で、荒熊が怒りMSに
さじが何かしらの方法でルイスがアロウズにいることを知り奪い返すためにオーライザに乗るみたいな感じかな。来週はマリーとアレルヤ中心みたいだからね 楽しみ
2008/11/11 (火) 01:03:14 | URL | ロウ #-[ 編集 ]
書き忘れた
冒頭 刹那が何ごともなく帰ってきたのは
フォンが助けたとかじゃないかな SEEDのときも ロウが地球でキラ助けて翌週いきなり宇宙にキラいたりしたのも説明なしでアストレイ読んでない人は意味不明でしたからね
2008/11/11 (火) 01:11:44 | URL | ロウ #-[ 編集 ]
>ロウさん
小熊はさすがにまだ死なないと思いますが、
ルイスと結ばれるとはとても思えないですねぇ。

無意味な空白が外伝に使われるのは確かに常套手段なので、
何らかの埋め合わせはあるかもしれませんね。

>飛竜さん
マネキンさんの設定はすでにあったんですね。それは知りませんでした。
スメラギさんとの関係がすごくこじつけっぽいんですよね。

>アサキムさん
このキャラはこういうキャラですよ、という説明があざとかったですね。
これだけ乱発されると、ちょっとくどい気はしました。

>rinrinさん
さすがに息子との話も半端なまま死ぬとは思えないので、
個人的にはソーマの方がマリーの記憶が目覚めて、
当初の人格を失ってしまうのではないか、と思っています。
それこそアレルヤとハレルヤみたいに。

>スウさん
まさにそんな感じですね(笑)
シナリオ上省略しないと尺に収まらなかったのか、
単純に声優のスケジュールの都合だったりするのか、
あれだけの引きをやっておいて何も無しというのはちょっと理解しかねるところです。

>YF-19kさん
過去話は基本的に外伝の領分なんで、
何かしら触れてくるかもしれませんね。

トゥルブレンツの延長線上は確かにあるかもしれませんね。
アリー機かネーナ機かはわかりませんが。

>わんこさん
ブシドー「勘違いするなよ少年。貴様を倒すのはこの私だ」
ですね。わかります。

>山さん
戦術予報士の説明ってそういえばあんまりないですよねぇ。
その辺もう少し設定資料で解説が欲しい気はします。

スローネひろしのデザイン公開されましたか。
まぁツヴァイ自体がボロボロだったでしょうから、
事実上の新規生産みたいなものなんでしょうね。

>ハルさん
無自覚の悪意というと、ちょっと事例は違いますが、
差別しているつもりはないけど相手には差別的な表現だととられてしまった、
みたいなパターンが典型かなと思います。

その言葉でどういう結果を招くかの想像が足りないだけでなく、
相手に対する理解が足りない時に起こるものなのかなと思います。
サジは、相手が何を考えているか分からない軍人であるという意識が足りなかったのかなと。
相手が優しいおっさんだったから余計だったんでしょうけどね。
2008/11/11 (火) 19:31:38 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
博士「千鶴さん、懐かしいなぁ・・・」 助手「最早適当の領域www」
2008/11/09(日) 20:40:08 | 電撃JAP
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.