がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
RX-78・2号機の改修過程
 アムロガンダムことガンダム2号機が、作中でどのような改修が行われていったかを想像してみます。どうも、MGガンダム2.0は、今後ジャブロー仕様とマグネットコーティング仕様を出し、ガンダムの改修状態には時期差があったということを準公式設定にしたいようですから。
 作中以前は今回はとりあえずスルーで。まぁセンチュリープロト→MSVプロト→78-2という過程を踏んだり、銀白→銀赤→赤白→トリコロールというカラーの変遷があったりしたのでしょうけど。

 まず、アムロが最初に乗った時点でのガンダムはどのような仕様だったのか、ということなのですが、他の機体共々サイド7の内部でトレーラーに乗せられ、ホワイトベースに積み込もうかというところだったと思うので、それまではコロニー内での運用実験を行っていたものと思われます。
 また、当初の予定ではホワイトベースに乗せてジャブローに運ぶ予定だったので、万が一の場合はその間の戦闘に対応できるよう、空間戦にも地上戦にも対応できるようになっていたのだと思います。余裕があれば、大気圏突入時にガンダムの再突入テストを行う予定もあったのかもしれません。
 つまり、この時点では、それこそあらゆる状況に対応できるよう、全環境型の仕様になっていたのではないか、と思います。

 次にガンダムが改修された可能性があったとすれば、それはマチルダの補給部隊と合流した時でしょう。それまで寄せ集めの素人で動かしていたホワイトベース以下のメカニックに、本場の軍人が接触できる唯一のチャンスが補給時だったと思いますし。この際に純粋な重力下仕様に換装されていた可能性はありますね。
 何度目の補給のときかは分かりませんが、ガンダムは一時砂漠仕様に改修されていたのではないかと思います。宇宙でも使える全環境型の仕様では、ランバ・ラル隊と死闘を繰り広げた砂漠の環境には対応しきれないかなと思うので。もっとも、基本的には砂が入り込まないようにしていただけという程度のものでしょうけどね。

 その後、オデッサ前あたりでガンダムのカラーがリアルタイプに塗り替えられたとか何とか…これは諸説あるので割愛。これさ、実は回収される直前か直後のG-3だったりして。乗ってるのもアムロじゃないとか。

 で、その後。ベルファストでは水中戦に対応できるようになったのではないか、と思います。ガンダムが水の中にざぶんと入っちゃったのはベルファストに着いてからですし、その後ジャブローまではためらいなく水中戦やってますし。
 ガンダムは比重的に水には沈まない、という解釈がありますが、この時点でバラストタンクとかを内装していた可能性もありますね。2chの模型板のどこかでそんな解釈をしている人がいました。このときの運用データを元に、アクアジムが開発されたとか。となると、推進系もまるまる換装とかされてそうです。

 そしてジャブロー。もしここまで水中戦仕様になっていたのなら、ここで完全に内装を新規パーツに全交換とかされてそうです。そして、宇宙戦に特化した仕様になっていたとも考えられます。今後、地上戦はまず考えられていなかったでしょうし。

 最後がマグネットコーティング。型番はRX-78-2のままであるというのが公式サイドの見解のようなので、G-3と違い反応炉の換装などは行われていないものと思われます。
 また、ガンダムにマグネットコーティングを施すアトラクションである富士急ハイランドの「ガンダムクライシス」におけるガンダムのマーキングには、ホワイトベースの型番である「SCV-70」が描かれているので、この時点でもペガサス級の艦種番号がSCVであることは間違いありません。

 以上、最大で「全環境型」→「陸戦型」→「砂漠型」→「水陸両用型」→「空間戦型」→「マグネットコーティング」という改修過程を踏んでいた可能性があるのがアムロのガンダム、という話でした。
 これをザクで再現しようとすると、F型→J型→D型→M型→S型→アクトザクくらいの改修を踏まなければいけないんですね。それを、外見をほぼそのままに対応できたという意味では、ガンダムの汎用性は間違いなくザクよりも上、ということになるのでしょう。ザクの場合、基礎フレーム以外は全とっかえなんてこともあり得るものを、ガンダムは最小限のセッティングとパーツ交換だけで済むように設計されていると。
 そう考えると、連邦があえて汎用性に劣るザクを参考にハイザックを開発したというのは、純粋な戦力供給上の理由ではなかったのかな、なんて思うんですが、それはまた別の機会に。
スポンサーサイト
コメント
コメント
非常に面白い考察です。
オレも、実験機であるガンダムには、様々なパーツが用意されいて、テストされるはずだったという解釈をしています。

最後はカトキ版になるように・・・
2008/11/08 (土) 19:46:58 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
ガンダムの開発と平行して進んでいた素ジムに対し、
ガンダムの運用データをフィードバックして設計されたのが後期型ジムなのかなぁ、
なんていう考えも漠然と浮かんできてたりします。
サイド7のコロニー内でのデータを元にジムコマンドコロニー用が作られた、とか。
素ジムはソフト面でのフィードバックしか出来ていないけど、
後期型はハード面でもフィードバックされているのかなと。

カトキ版準拠で考えるなら、旧HGガンダムのインストのカトキイラストは外せないですよね。サイド7時点のとかあるし。
2008/11/09 (日) 19:39:49 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.