がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
分離型MSの存在意義
 分離型MSは可変型に比べ、あまり存在意義を考察されることが少ないので、それを考えてみようかという話。
 まぁ、分離型MS自体が少ないというのと、元々それなりの設定があるからなんですけどね。

 公式設定上の分離型MS(一部が分離するような機体ではなく、分離したパーツが全て独立機動可能な機体)というと、基本的には以下の機体に絞られると思います。
・ZZガンダム、Sガンダム系列のZ計画機
・バウ
・Vガンダム系
・ゾロ

 このうち、もっとも明確かつ異色な設定なのがVガンダム系で、これは劇中の設定から察するに、インパルスガンダムのように「半身が破壊されてもパーツ換装ですぐに戦線復帰可能」というコンセプトであったと思われます。少なくとも、分離形態をとる戦術的理由はあまりない機体です。

 それに対し、分離形態に明確な存在理由があるのがゾロという機体で、これは分離することで戦闘ヘリと爆撃機として運用できるものです。そして、ザンスカールの地球侵攻用に開発されたことからもわかるように、この分離形態の方がむしろメインであったと思われます。
 ゾロはトップターミナルがボトムのコントロール兼対地対人攻撃機、ボトムリムが対地対施設爆撃機として運用され、MS戦にはMS形態として投入するというコンセプトだったのでしょう。

 バウは、おそらくはゾロに近い運用法を想定していたものと思われます。ただ、この時代ではまだミノフスキーコントロール技術が確立されていなかったために、そのコンセプトで採用されることはありませんでした。

 このゾロやバウのようなコンセプトの機体は、分離形態に明確な存在理由があり、またおそらくは戦闘中の分離合体はあまり想定されていなかったと思われます。MS形態と分離形態では前提となる戦局が異なるからです。
 それなら合体可能になどせず、MSはMSで、攻撃機は攻撃機で別々にシンプルな構造の機体を量産すればいいじゃないかという気がしますが、分離式の場合、格納庫のスペースを節約できるというメリットがあります。また、MSと分離形態が同時に必要となる戦場を想定しないのであれば、いずれの運用も可能な機体があれば、必要ないときに遊ばせておかずに済みます。これが、分離型MSの一つの存在意義なのではないかと思います。
 これは可変MSでも同様のことが言える気がするのですが、可変MSの場合、戦闘中での変形も前提になっている機体が多いです。一方分離型の場合、戦闘中に片方が撃破されたらMSになれなくなってしまうわけですから、戦闘中での分離合体は基本的には考慮に入っていないはず、なのです。

 それに対し、Z計画系列の分離合体式のMSは、(プロトZZを除くと)「GアーマーとMSの融合」というコンセプトから始まっており、そもそもGアーマーのコンセプトとは何だったのか、ということから考える必要があります。
 Gアーマーは、ひとつにガンダムの空輸メカという側面があります。これはGフォートレス、Gクルーザーという形で継承されています。もう一つが、分離することでGブル・Gスカイとして運用できることですが、これは戦闘車両と航空機という、およそ同時運用ができそうにない機体に分離することから、戦闘中の分離合体は、やはり想定されていないように思えます。
 となると、これもバウやゾロのように、「MSが必要ない局面において、分離した状態で運用することが可能な機体」というコンセプトを秘めていたのではないか、と考えられます。ZZガンダムは分離するとコアトップとコアベースで大きな出力差が生じるため、同時の連携運用が難しいと言われますが、元々そんなことは考慮されていなかったのかもしれません。当初はGアーマーに倣って、一方は陸戦用の車両に変形するプランだったようですしね。逆に同時運用を可能なように設計されていたのがGアタッカーとGボマーに分離するSガンダムであったと。
 ただ、ZZガンダムの場合は出力7000kw超の通常サイズのMSというコンセプトが先にあり、Sガンダムもそれに対抗する意味で開発されているために、基本的にはMS形態の運用が先にあって、その付加価値として(そんなMSは本当に戦略上理由があるときしか真価を発揮しないでしょうし)分離状態での運用も可能となった、というところがバウやゾロとの違いなのではないかと思います。

 というわけで、Vガンダム系を除く分離型MSというのは基本的に「MS形態、Aパーツ、Bパーツの3種類の運用パターンを1機で使い分けられる」というコンセプトだったのではないか、という話でした。そして可変MSとの違いは、「戦闘中の形態変化を前提としているかいないか」という点だったのではないか、ということです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
Vガンダムって、ハンガー、ブーツ、コアファイターそれぞれが独立した「戦闘機」として運用できますよね。
これって、センチネルの時に劇中でペガサスⅢの艦載機が一気に激減してしまった際に、Sガンダムを3機に分離、一時的に艦載機を増やして攻撃力を上げる…という描写がカトキ氏の頭の中に残ってた名残ではないかと…
Vガンダム自体もリガミリティアというゲリラ組織が運用するために秘匿性を考慮して分離合体機構が採用されているわけですし、いざとなれば少ない戦力で多用途任務に従事できるように…という為なのかも知れません。単に「RX-78がこういう構造だったから」というだけかも知れませんがw

実際には、バウやVガンダムの遠い祖先に「ミステル」というのがあるんですが…
それを考案した人が「バウムバッハ」という名前で
「あぁ、バウの名前の由来ってここからかぁ…」と(違
2008/11/06 (木) 23:16:31 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
Vガンダムのハンガーとブーツは、コアファイターと合体しないと運用できない点がSガンダムと異なる点ですね。
トップファイターは腕をそのまま使えたりしますし、
ボトムファイターもマウントラッチにライフル等を装着できますから、
全く分離状態での運用を前提にしていないわけではなかったんでしょうね。
ゾロを迎撃する際なんかは分離状態のほうが良かったのかもしれません。

ミステル…調べてみたら確かにバウですね、これは。
これを量産しちゃったネオジオンって一体…。
2008/11/07 (金) 21:19:02 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.