がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
今月の模型誌08.10
 今回はモデグラの06R-2作例が意欲的でしたね。まさか当時の作例を作った人を起用するとは…。当時の事情が分かって面白かったです。背面画が出来る前に作例を作り始めて、後から背面画を描いたから、06R-2のランドセル(あえてバックパックと言わない)が微妙にR-1と違うデザインになったんですね~。バンダイ的には背面画は非公式なのかもしれないなぁ(笑)
 ジョニザクのマーキング「RB」がレッドバロンであるということも普通に明らかにしてましたね。もっとも、今の設定ではレッドブリッツ…なんですよね?あれ。
 単純な作例としてのカッコよさでは、正直先月のホビージャパンの方が上だった気がしますが、個人的には腰の隙間の処理をフロントアーマーの幅延長ではなく、サイドアーマーの幅延長で行っていたことが素晴らしいなと思いました。元々のザクのデザインがそうなってますもんね。
 他誌ではここまで突き詰めるのは難しいと思うので、モデグラにはこういうMSV懐古路線を期待したいですね~。

 ホビージャパンではセカンドステージOOVの目玉としてダブルオーセブンソードが発表。ダブルオーは元々はエクシアの純粋後継機として開発されたわけではない(と思いたい)ので、それをエクシアに近づけるためのカスタマイズということでしょうか。刹那カスタムとも言うべき機体ですね。
 これはなかなかいいアイデアだと思います。後半主役機が前半主役機とは異なる系列の機体である場合に、後半主役機を前半主役機に近い仕様にカスタマイズするという発想ですね。例えばストライカーパック対応型フリーダムとか(ストライクフリーダムと言ってはいけない)。ウイングゼロも、実は元々のガンダム・ゼロをウイングに近いように改装した機体だったかもしれないじゃないですか。いやあれはヒイロじゃなくてカトルが作ったからダメか…。

 今回のセイラマスオ氏の作例はオーバーフラッグでしたが、ブレイズウィザードをほぼそのまま付けるというアイデアがすごいですねぇ。しかも変形すると結構カッコいいし。フラッグの変形状態はいまいちカッコよくないなぁと思ってたんですが、足りないのはバックパックだったのか。

 あと作例で目を引いたのはガンダムVer.2.0仕様のジム。キット化されたらほとんどこのままなんだろうなという出来でしたが、顔だけちょっと気になりました。実際にキット化される際も、この顔の形状というのが肝になりそうです。
 そういえば、MGジムの頭部は、スナイパーカスタムへの流用を想定して細めに設計されていたそうですね。そこまでやってスナカスは改造パーツですら出なかったな…。2.0では是非出して欲しいです。

 新商品情報としては、やはり目玉はMGシナンジュでしょうか。正直ユニコーンよりもこっちの方が好きだったりします。しかし、顔をガンダムタイプに挿げ替えたら普通にガンダムに見えそうですね。アストレアタイプFなんかの顔と交換してみるとどうだろう。
 HGUCギラ・ドーガは、やはり試作品よりはましな体型になりましたが、結局ヤクト準拠のプロポーションになっていましたね。これはこれでカッコいいんだけど、うーん。やっぱり近藤版を作るためのキットということか。
 ガンダムMk-II2.0のスペシャルバージョンはグロスコーティング仕様なんですねぇ。どうもブルーレイ版Zガンダムの販促の一環らしいですが…どうせならヘイズル改カラーのロールアウト仕様とかにすればいいのになぁ。
 GFFのレッドウォーリアは思ったよりカッコいいですね。これでパーフェクトガンダム、パーフェクトガンダムII(というか青いFAガンダム)と揃えれば白・青・赤と綺麗に狂四郎ガンダムが揃うわけですね。あ、あとはFAMk-IIの装甲をガンダムに装着させたやつも揃えれば完璧か(つけられるか知らんけど)。

 ユニコーンのザクマリナーとガルスKの画像も掲載されてました。ガルスKは個人的にデザインとしてはアリです。ちゃんと肩関節の間に設置されたミサイルポッドの換装だし、フィンガーランチャーを排除しているのがナイス(量産型ガルスJの腕部は簡略されていたと信じたい)。そして肩アーマーが変更されているのもいいですね。あのガルスJの無意味にGNツインドライヴみたいな形になってる肩アーマーは、とてもジオンらしくないですから。

 電撃ホビーマガジンでは、次の付録のGNセファーが面白いです。すべてのガンダムに使える支援メカというのがいいアイデアだと思いますね。これは一つ買っておこうかな…と思ったら、自分OOのプラモはほとんど持ってないことに気づき、じゃあなんか買うか…となるとまさに思う壺というわけか。
 このアイデアをSEEDの頃からやってたら面白かったんですけどね。ストライカーパックとか、使えるネタは結構あるわけだし。アストレイのパーツとか、ザフト系の強化パーツとかでもよかったと思います。ちゃんとキットが出てたアストレイズでも付録で引っ張る方法はあったと思うのですが、まぁキットの付録はバンダイの協力がないと出来ないことだし、バンダイにやる気がないとだめなんだもんな。
 いずれにしても、ヘイズルの強化パーツの例が成功したからこその企画なんでしょうね。初期5機に対応したパーツだし、本当はファーストシーズンの頃に出るべきだったと思うんですが、単純にスケジュールが遅れていたのかな?

 あと、電撃ガンプラ王の中にあったズゴック飛行試験型エアーマンってのに壮大に吹きました。あれを立体化しちゃうのがすげぇ。自分が審査員だったら何らかの賞をあげていたと思います(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメント
>ズゴック飛行試験型エアーマン
ニコ動に製作過程があがってました
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm2857363

ラジエル&セファーは楽しみです
この二つのおかげか、本薄くなってますねぇ
さて何冊買おう(ぁ
そういえばダムAでジンクスⅡが出てました
外見はジンクスとⅢの中間って感じなのに武装がえらく豪華なのはテスト機か何かなのだろうか?
2008/10/28 (火) 22:49:05 | URL | わんこ #WGv/JGO2[ 編集 ]
ニコ動にすでにあったとは…
ていうか技術半端ないっすねこれ…

電ホビが薄いのは紙質が変わったせいらしいですね。
いずれにしても経費節減には変わりないようで。

アドヴァンスドジンクスじゃなくてジンクスIIが出ましたか。
アドヴァンスドの時点でかなり装備過多な感じでしたねぇ。
2008/10/30 (木) 22:15:41 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.