がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダムOO 2nd #04「戦う理由」
 インターミッション的な話でしたが、そこでも戦闘をしっかり描いて見せてくれるのがファーストシーズンとの決定的な違い。これが半年空けた成果なのでしょうか。

 マリナと刹那が恋人ではないと口をそろえて否定するのは、漫画的だけどわかりやすくて良いですねぇ。ラブコメだとそこで息がピッタリとか何とか突っ込まれて2人で赤くなったりするんだけど、そういう路線ではないようで(笑)、戦いにしか存在意義を見出せない男と、戦いを避けるために尽力する女という対比はガンダムWのそれとほとんど同じなんですが、そこに年の差というのがあるだけでずいぶん印象も違うものですねぇ。いややってることもだいぶ違いますけど。
 今作はカップリングサービスもファーストシーズンから改善されてる点の一つなのか、ロックオン×フェルトとかアレルヤ×スメラギとか、あるいはソーマやビリーとの因縁とか、ちょっと男女のつながり的な要素が増えてきた気がしますね。つーか今回のロックオン結構好きなんですけど。兄貴と違うってことを分からせるためにあえて憎まれるってのがいいですね。兄貴に似て陽気そうに見えて、裏表があるというのが違いのようです。つーか彼が兄貴をどう思ってたのかっていうところがまだ全く見えないのが気になるところです。瓜二つの兄弟がどうして別の道を進んだのか、というところとも繋がりますが。
 アレルヤとスメラギの関係って面白いですよねぇ。他にも飲めそうな人はいるのに、なんでアレルヤなんだろうか、という。性格的に似てる部分があるのかなぁ。脆いし。スメラギさんも中二病のまま大人になっちゃった感じのところあるもんねぇ。

 水中戦闘は斬新でなかなか面白かったです。水中用MAもファーストシーズンとは格段の演出の違いというか、ホワイトベースも潜水できればグラブロ戦がもっと面白くなったのかもなぁと思わせるような出来でした。注水してくれたおかげですぐ出れる、とかね。
 つーか今回は本当に、OO以外は「トランザムを使ってやっと優位に戦える」展開なんですね。それだと数的不利を覆せない気がするんですが、そこでのカタロンとの合流ということになるのかな。
 しかしアレルヤは劣化してるのな。トランザム使用後ではソーマにはまるで歯が立たないと。で、キュリオスとアリオスの違いは結局何なんだろうか。セラヴィーとケルディムは中近距離にも対応できるようになったという進歩が見られるようなんだけど。
 そしてミスターブシドー…本当にその名前なのか。マスターアジアより酷い名前だぞ。仮面かぶってもまるで自分を隠す気はないようだし。その仮面も生き恥を晒さないため、なのか。

 ところで、今回の指揮官のダメだったところって、結局MAの性能を過信しすぎたってことになるんだろうか。想定外の展開への対応というのもあるんだろうけど、それって結局マネキン大佐が負け慣れてるってだけだもんなぁ。いやそれも経験のうちに入るといえばその通りなんだけど。つまりは引き出しが少ないというか、複数のパターンを想定できない人ってことになるのか。スメラギさんの足元にも及ばないのね。

 しかし本当に、無駄なカットが一切ないというか、だれるシーンがないんだよなぁ。この点に関しては歴代ガンダムを見ても完全にトップであると思います。半年の貯金が切れてくるであろう2クール目もそれが続くかだな。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ブシドーww
このままのペースで行って欲しい物ですなあ、とりあえずちゃんと3クール目やってて安心。
このまま30周年記念作品に気持ち良くバトンを渡してほしいものです。

グラ…いやブシドー程のインパクトを残せるキャラは中々。
自分にとって00のキャラは皆印象が強いところが好きな所です。

2008/10/26 (日) 23:28:46 | URL | 大虎 #9wIXYclI[ 編集 ]
引き続きヒロインしてますねマリナ姫
引き続き囚人服ですねマリナ姫
00はやっぱり戦闘シーンが面白いです
今回セラヴィがトランザムでやっとなのは特化型のMA相手だからじゃないかと思ってます
相手の得意分野で勝負なんですから分が悪くても仕方ないかなぁ と
前回「なんて粒子量だ」みたいな事言ってましたから、GNコンデンサーとか部分的な技術は上回ってるんじゃないですかね
でもやっぱり数的な事もありますから優位とは言えないですよね
2008/10/27 (月) 00:30:45 | URL | わんこ #2DdjN05.[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/27 (月) 03:50:58 | | #[ 編集 ]
OOはあんまみないんだが…

個人的な感想は
水中なのにむちゃくちゃ機動性よすぎ(笑

スーパーキャビテーション現象を利用してないのにあんなにヒラヒラ回避運動されると水圧感が感じられないな

推力部からキャビテーションが起きないんだろうか
2008/10/27 (月) 06:07:23 | URL | 鍋 #-[ 編集 ]
ビリーの顔かなり怒りに満ちてて怖かった。
ガンダム作りそうだなぁ
アレルヤはあの雰囲気からどうやって
漂流になったんだろ
失敗作には見えないけど
性格分裂したからなのかな?
でも分裂した人格が一体化した時の方がマリーを凌駕してたし謎です
2008/10/27 (月) 12:31:08 | URL | ロウ #-[ 編集 ]
ファーストシーズンでも毎回どこかで戦闘するガンダムのカットはあったので、そこの尺を長くしたって感じでしょうか?
毎回戦闘シーン入ってるガンダムって結構珍しいようなww

冒頭のアレルヤの回想から見るに、超兵ってマリーをベースにしてソーマ・ピーリスという人間を造り出す計画で他の披見体は脳量子波などの能力を付属させる為の実験体だったって事でしょうかね……それならアレルヤが漂流していた理由も「用済みで廃棄」として辻褄があいますし。

個人的にライルは多少なりとも兄を意識してるように見えますね。先週の「兄さんは撃つ時に何か言ってたか?」ってハロへの問いはその良い例かなと。一人の男、戦士として目標であり越えたい存在であると同時に劣等感を抱いてるとかそんな感じと推測します。ライルのテーマがあるとすれば「兄貴超え」でしょうか?
2008/10/27 (月) 17:49:47 | URL | 山さん #JnoDGgPo[ 編集 ]
ビリー・カタギリの逆恨み魔改造に期待していますwww
2008/10/28 (火) 07:00:08 | URL | 通行人あらため配達人 #-[ 編集 ]
>大虎さん
敵キャラが光ってるって重要ですよね。
単にネタとしてだけでなく、しっかりやることをやってるところも好印象です。

>わんこさん
今回は太陽炉搭載のMAでしたから、
確かにトランザムを使うのは当然ですね。
ただここぞという時の奥の手ではなく、
戦術上トランザム前提で行動しているというのが、
ファーストシーズンとの違いなのかなと。

>鍋さん
GNドライヴは万能推進器ですから!
重力も無視しますから水流も無視します!
…と考えるしかないですたぶん。

>ロウさん
ビリー謹製ツイン擬似ドライヴガンダムですね。
当然スメラギさんを意識してドライヴは両胸に…

アレルヤはマリーを覚醒させるためのダシだったのかもしれませんね。
アレルヤの接触は研究者の計算通りだったみたいですし。

>山さん
富野アニメは必ず戦闘シーンを入れる、というのを継承していたのがファーストシーズンだったのですが、
本当にただ入れただけで、序盤はカット数にしてもアクションにしても酷いものでした。
セカンドシーズンは戦闘シーンの時間こそそんなに変わっていないと思いますが、
カット量にしろ作画の質にしろ桁違いに上がっていると思います。

超兵の唯一の完成体がソーマだということを考えると、
アレルヤはまさにそのための一ピースでしかなかったように思えますね。

ライルは確かに兄貴への尊敬は感じますね。
比較されるのは嫌でも、劣るとも思われたくないという感じに見えます。

>配達人さん
エイフマン教授の後任というのが死亡フラグにならなければいいのですが…
2008/10/28 (火) 21:45:23 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
あのMAは擬似太陽炉3個積んでるそうです。
トランザムは機械的なパワーアップなのでこういう戦術的な使い方ができるのがいいですね。

アロウズには優秀な指揮官というのは余りいそうにはないですね。
基本的に全ての戦いは圧勝でしょうから優秀な指揮官が育つ機会はなさそうです。


2008/10/29 (水) 00:03:01 | URL | DN #mQop/nM.[ 編集 ]
スメラギさん
失った恋人?の名前呼んでたね
エミリオ て
2008/10/30 (木) 21:15:44 | URL | ロウ #-[ 編集 ]
>DNさん
3個ですか~。トランザムの3倍と互角ということですかねぇ。

そもそもOO世界ではMSによる侵攻自体ほとんどなかったはずなので、
対ガンダムに関わってない人では経験も浅いでしょうね。

>ロウさん
自分のミスで死なせた人に間違いないでしょうね。
外伝の誰かだったりするんですかねぇ。
2008/10/30 (木) 22:18:54 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.