がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ガンダムヒストリカ1巻
 今更ヒストリカ。目当てはもちろん、「複数のプロトタイプガンダムのイラスト」です。
IMG_0479.jpg

 自分「プロトタイプカラーが4機、ロールアウトカラーが4機」と勘違いして覚えていたんですが、どうも3機ずつだったようです。しかも、画像上確認できるのはあくまで4機なので、最低4機が同時に存在していた、ということしかわかりません。

 これが6機であるなら、ここにあるのはおそらく3~8号機ということになります。1,2号機は先にサイド7に運ばれ、後から3号機がサイド7に運ばれたそうなので、この画像は1,2号機が打ち上げられ、3号機が打ち上げられるまでの間に撮影されたものと捉えることが出来ます。
 5機であるなら、4~8号機で間違いないでしょう。単純にセカンドロットがロールアウトした際に撮影されたものと考えられます。
 4機だった場合は、1~4号機というのはあまり考えられませんので、4~7、あるいは5~8号機であったということになります。5~8だったのであれば、4号機=アレックスとし、5~8号機がその後の4~7号機にナンバリングをずらされた、という解釈が現実味を帯びてくるのですが…この辺、物議を醸し出すためにわざと4機しか見えるようにしなかったんでしょうねぇ(苦笑)。

 画像内でのヒントと言えば、テム・レイが描かれていることくらいでしょうか。彼はホワイトベースと共にサイド7にやってきている(劇中のホワイトベースは、テストを兼ねて地球からV作戦のMSを回収しに来たという設定)ので、それまでのサイド7でのテストには参加していなかった可能性があります。
 ただ、かといってガンダムが完成してから劇中第一話まで、一度もサイド7の土を踏んでいないとは考えにくいものがあります。元々サイド7に家を構えているわけですし、公式かどうかは微妙なところですが、ガンダムマガジンに掲載されたコミック「RX-78誕生秘話」では、テムがサイド7でガンダムのテストを行っていますので、これを考慮するとテムはガンダム1,2号機と共にサイド7に上がっている可能性が極めて高いです。
 となると、テムは1,2号機のテストに参加したのちに一度地球に降り、セカンドロットを確認してから再びホワイトベースでサイド7に上がった、と考えられます。その間に3号機と共に上がって降りてきている可能性もありますが、いずれにせよ最後にホワイトベースで上がってきた時に3号機を搭載していたとは思えませんので、3号機が打ち上げられた後にテムが地球にいたことは間違いありません。

 というわけで、この画像は4号機~7号機(あるいは8号機)を映したものと考えるべきなのかな?と思うのですが、これは「1~3号機の打ち上げが4~8号機のロールアウトより先だった」という前提条件の下の解釈なので、ここが証明できないことには確定にはなりません。
 以前、MIAプロトタイプガンダムのデータシートの記述から、1/144プロトタイプガンダムのボックスアートに描かれているガンダムは3号機と8号機である、としました。このことから、3号機の打ち上げ前に8号機がロールアウトしていたことは確定しています。そのため、少なくとも、3号機の打ち上げよりもセカンドロットのロールアウトが早かったことは間違いありません。
 …ということは、今回の画像には3号機が含まれている可能性もあるわけです。そうであるなら、テムは1,2号機と共にサイド7に行った後地球に戻り、その後3号機が打ち上げられたということになります。3号機と共にもう一度サイド7に上がったのか、ホワイトベース完成まで地球に留まっていたかはわかりませんが。
 ということで、もしこの画像にガンダムが6機あるのであれば、それは間違いなく3号機を含むわけですから、それで問題ないと言う結論になります。4機ないし5機であるなら、3号機を含んでいるか、いないかは判別できません。

 結論。ガンダムヒストリカ1巻のプロトタイプガンダム勢ぞろいの画像に映っているガンダムは、6機同時に存在していたのであれば3~8号機であると考えられる。4~5機だった場合、3号機~7号機だったのか、4~8号機だったのかは判別できない。以上。
スポンサーサイト
コメント
コメント
1~8号機論争はなかなか難しいテーマではありますが、ラポート『1年戦争サーガ』の”01~03ナンバリングハンガー”のガンダムがソレ系のネタとしては面白いですよ。
2008/10/16 (木) 20:16:53 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
久々に覗かせていただいております。今回ネタに上がっているプロトタイプガンダムですが、その昔、「テレビマガジン」に「プロトタイプガンダムVSゾゴック」なんてイラストがありましたョ。
2008/10/16 (木) 22:31:13 | URL | 花柳氷輪 #-[ 編集 ]
このイラスト、ホント物議を醸し出しそうなシロモノですね(笑)

ガンダムは果たして一気に8機を完成体として作ったんでしょうか?

オレ的には8機分のパーツが作られたものの、ファーストロットとして組み上げられたのは3機で、あとはコアファイターのない状態で交換用パーツかなにかに使われた後に、セカンドロットの部品に流用されたと考えたほうが、曖昧になる部分が増えて、今後出てくるであろう新設定にも対応できる気がします。仕様の違うパーツがゴロゴロしていたってコトにすると、陸ガンの部品問題も解消しやすいし。

オレ達、オフィシャル側にいないい者が設定をでっち上げるには、このほうが後々まで普遍性を確保できるんじゃないかと。

そんな気がしました。
2008/10/16 (木) 23:19:39 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
拝見して思ったことなどを久しぶりにm(__)m。


>4機だった場合は、1~4号機というのはあまり考えられませんので~
センチュリーにおける「(前略)~八機のプロトタイプのうち二機をルナツーに運び~(中略)~プロトタイプの腰周りには出力強化用の補助システムを収納するケース~(後略)」という記述を有りとして、「補助システムを収納するケース」が例の黄色いヘリウムコントロールコアだとするならば、1&2号機が含まれているとは考えにくいですね。

ちなみにこれ、どういう状況なんでしょかね(--)。ジャブローはジオン軍がやっきになって入口を探していた様な基地ですんで、周りに木が見当たらず、空が開けている場所って・・・。GMの母体としては用済み(^^;)になってどこかへ送られるとこなのでしょか?



>これは「1~3号機の打ち上げが4~8号機のロールアウトより先だった」という前提条件の下の解釈なので~
これも先のセンチュリーの記述を有りとするならばですが、この写真の機体にはヘリウムコントロールコアが追加されていますね。ということはこの写真は時期的には1&2号機がルナツーで改修を受けた後とも考えられるますね。




>1/144プロトタイプガンダムのボックスアートに描かれているガンダムは3号機と8号機である
これについてルロイさんがお書きになった以前の記事も、MIAのデータシートの記述も目にしておりませんが、ネックとなるのがボックスアートで胸部にある「G-01」のマーキングと思われます。んですがG-01を仕様とする手もあります。

ボックスアートの場所として考えられるのは「ジャブロー」「ルナツー」「サイド7」の3つだと思われますが、ケーブルが床に落ちていることから重力のある場所ということになり、ルナツーの工廠が重力ブロックである必要が薄そうなのでルナツーの可能性は低そう。

MSVハンドブック3においてこの機体が「ロールアウト直後のRX-78-1の最終号機」と記されています。つまり胸部の「G-01」は仕様ということになりますね。先のセンチュリーの記述との関連を考えるとここでいう「ロールアウト」は「G-01仕様からの改修完了」と考えた方が良いかもしれません。

ここで1/144プロトタイプガンダムのインストラクションで「1~3号機はサイド7へ、残り5機は~(中略)~ほぼ素体のままで種々の冷却システムを持たぬままRGM-79の母体となった」とあります。

センチュリーでは先のルナツーでの改修箇所として「膝の部分に冷却ユニットが追加された」とあり、(他のページにあるGMに酷似したガンダムのイラストと合わせて)この改修によってガンダムとGMの膝形状の差が出来たと仮定した場合、上記の「ほぼ素体のまま~RGM-79の母体となった」と合わせて考えると、これがボックスアートがジャブローだとすると「GMの母体としての役割が終わって改修を受けた」後であるということに?

とすると3号機がその時点までジャブローに残っているのはどうなのか?ということになりそうですが、これが微妙でなんとも言えませんね(^^;)。ガンダムがロールアウトしてからGMがロールアウトするまで一か月位らしいのですが、先のルナツーでの改修は1月掛った(センチュリー)との記述もあるんで、可能性として有り得なくはないですし。逆にボックスアートがサイド7である可能性もあり得なくはなさそう・・・結論がでませんでした(^^;)>。


長々と書いた割には結論が出ませんでしたが、考察を深める材料にでもなれば(なるのか?)幸いですm(__)m。
2008/10/17 (金) 00:47:04 | URL | だっちん #TojGNFVY[ 編集 ]
このイラストでも肩アーマーとかに」「V-01(P-01でもいいですけど)」「V-02」とかナンバリングしてたらわかりやすいんですけどね…

てゆーか、普通はナンバーをマーキングするだろう…と。
まぁ、安易にそういうイラスト描いちゃうと、考証派の格好の餌食になってしまうわけですがw
2008/10/17 (金) 01:41:22 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
>とっぱさん
一年戦争サーガですか。チェックしてみますね。
情報ありがとうございます。

>花柳氷輪さん
テレビマガジンネタはなかなか正史に組み込みづらいネタが多いですよねぇ(笑)
今であれば、スピリッツオブジオンに出てくるプロトタイプガンダムinジャブローなんかがピッタリ合いそうですね。

>叡天さん
ただ4号機以降はGMの母体となったってのが元々の設定ですからねぇ。
現実的にはそこで留めておくべきだったのかなと思います。

自分としてはガンダムは初期生産型が20機くらい組み上げられる予定だったけど、
その中で飛びぬけてスペックの高い3機だけが先に完成して、
その後次点5機が組み上げられて、
残りの部品は陸戦型に流用、という解釈でいます。今は。

>だっちんさん
前回の考察をコメントURLに貼っておきましたので、ご参照ください。
ほとんどの答えになっていると思います。

画像の場所に関してはなんとも言えないですねぇ。
基本的には4号機以降はジャブローから外に出ていないはずですので、
ジャブローである可能性が高い、とは思っていますが。
それ以外の可能性としてはオーガスタくらいしか思いつきません。

>コンラッドさん
マーキングはまぁ、省略されているという解釈でいいと思います。
機体の色とか形状よりもはるかに正確な代物なので、
まさに描いてしまうとそれが「正解」になってしまう恐れがありますからね~。
Ver.Kaみたいにアレンジですと銘打ってからのマーキングなら文句もつきにくいんですけどね。
2008/10/18 (土) 21:55:19 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
マドロックとか 閃光の果て?の4号5号とか
ああいうガンダムはまた別にいたんですかね? 昔ガチャポンでガンダム8号機くらいまで普通にいたけどみんな姿形が微妙に違ってた気が
あいつらはなんなんでしょう?
2008/10/19 (日) 04:23:10 | URL | ロウ #-[ 編集 ]
現在の設定では、元は普通のガンダムだったけど、星一号作戦投入のためにフルチューンされたってことになってるようです。
その際にアレックス系のパーツを使用してるみたいですね。
2008/10/19 (日) 22:21:27 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.