がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダムOO 2nd #02「ツインドライヴ」
 これぞロボットアニメ!という燃える展開でした。ファーストシーズン前半に最も足りなかった要素ですね。これは「OOかっけぇぇぇぇ!」と叫ばざるを得ない。やっぱりエンターテイメントはこうでないとね。
 正直なところ、前回の予告とそのタイトルを見た時点で、また前回の話の作り方から、こういうベタな展開になることを予想してはいたんですが、以前「セブンソード」の時にセブンソードを装備しただけでまともにエクシアが活躍しなかった例があったので、今回もそうならないかビクビクしていました(笑)
 しかし、今回は盛り上げるところはしっかり盛り上げてきますね。まぁファーストシーズンの後半もそんなノリでしたけど、これがセカンドシーズンなんだなとよくわかる展開だったと思います。

 しかし起動スイッチにトランザムを使うとは意外でした。「きっとしばらくは通常のOOで戦い、後になって土壇場でトランザムが可能となるんだろう」なんて思ってたので。つーことは出撃したOOってトランザム使用後の性能低下状態なんですよね。それであの性能とは。ドライヴ自体がビームバリアになるってのもちょっと予想外でした。そしてあっという間にかませ犬に成り下がったジンクスIIIが泣けてきます。

 キャラクター面でも描写にぬかりなし。もうロックオンとスメラギさんを連れてくる展開になるとは思いませんでしたが。時間経過が良くわからなくなりますね。誰の情報で刹那は2人の居場所と情報を知ったのだろうか(トレミーの面々がロックオン弟を知らなかったということは、刹那の行動は彼らの指示ではない)。やっぱり王留美さんなのかな。つーかネーナのあの態度は洗脳されてるってことなんだろうか(苦笑)
 正直いきなりロックオン連れてきてすぐガンダムに乗れるのかなと思ったんですが、そんな時系列なんで、次にはもう訓練ばっちりな状態になっててもおかしくないですね。つーかそもそもまだケルディム完成してないんだよね、あれ見る限り。アジトで作ってるんだろうか。

 刹那はビリーの目の前で正体明かしてよかったのかなぁ。あれはブシドー仮面と一緒にツインGNフラッグ作るフラグになるんだろうけど。なんにせよスメラギさんを持て余してるビリーに同情の念を感じながら笑ってしまいました。
 アロウズの司令官はビリーの親父っぽいですね。今回急に親子関係増えたよなぁ。息子熊とかクリスの後釜の娘さんとか。この展開でコーラサワーの肉親を期待していいですか?(笑)

 今回少しだけ世界情勢もわかる描写がありましたね。連邦に参加していない国というのは少なくないようで。マリナさんが捕まったってことはアザディスタンも参加していないのか?なんにせよ、宇宙世紀の成立当初もこんな感じだったんでしょうね。
 ちょっと思ったのが、サジ君のポジションってZガンダムに例えるとカミーユなのかな、ということ。巻き込まれて連れて来られたのと、自らの意志で参加したのではだいぶ違いますが、ちょっとそういう視点でも見ていこうかなと思っています。つーことは刹那がシャアになるのか(笑)

 今回は、世界を変えようとしても上手く変わらなかったことに対する、けじめをつける物語という感じですね。「世界をもう一度変える」ことよりも「世界を歪ませている元凶を正す」方が目的に感じるので(前回の歪みは世界の、ではなくて、ソレスタルビーイングの、だったからな…世界の視点で見れば、ソレスタルビーイング側の内乱で崩れたようなもので、ザビ家とかと末路が変わらんわけで)、あんまり世界視点にはやっぱりならないのかな、と感じました。
 1クールは同じ路線で来ると思うので、このまま基本的にはベタな展開を基本に据えていくのだと思いますが、どこまでベタで、どこで捻ってくるか、というさじ加減に注目していきたいですね。今のところバランスがおかしい、とは感じていませんが、ガンダムって元々ベタなものに対するアンチテーゼを含んだ作品でしたから(全てが、ではありませんが)、何かしら型を外した展開を用意してるんじゃないかなぁ、なんて期待を含めた読みをしているんですが。

 しかし、今回の「俺たちのガンダム」って台詞、ソレスタルビーイングみんなの、という意味じゃなくて、「俺とOガンダムのガンダム」って意味に聞こえちゃったんだけど間違いかな(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメント
今月のニュータイプに高野ゆんのコミックがあるそうで、その中に19話のやり取りの後、ロックオンが弟の話をする回想シーンがあり、放浪する刹那がその弟に会いに行く話があるそうです。
2008/10/12 (日) 20:06:44 | URL | 飛竜 #-[ 編集 ]
いきなり最終回!?
みたいなテンション。

なんだろう、基本オレは宇宙世紀原理主義者のはずなのに、OOは単一の作品として見て、とても魅力的です。同じ非宇宙世紀ガンダムである種には感じなかったオーラです。
まあ、原理主義っても、「宇宙世紀じゃなきゃナニやってもイイよ」っていう宇宙世紀無干渉作品寛容派っていう派閥なんですけど・・・今作りました。

人間関係はスッキリ分かりやすくするつもりですね。
ロックオンの正体もアッサリとバラしちゃうし、カタギリさんとこの息子さんも、スメラギさんがCBだって知っちゃうし。
もう、公然の秘密組織化しようってんでしょうか?

ホント、どうゆう展開になるか予想つきませんね。序盤のサービス良すぎて、尻すぼみにならないコトを願います。
2008/10/13 (月) 00:14:05 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/13 (月) 01:43:09 | | #[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/13 (月) 01:46:19 | | #[ 編集 ]
ダブルオー起動は今週一番の燃えどころでしたね。
HGのインストによると「エクシアとOのドライヴでようやく起動した状態」らしいので完全稼働には至ってないようです……完全稼働した時にはどれだけの動きを見せてくれるのか楽しみです。

ジンクスⅢは前作で言うフラッグやイナクトのポジになってしまったので噛ませになるのは残念ですが……初代ジンクスも初登場以降はバカスカ堕ちていったのでこんな物かとも思ったり……w 汎用性では勝るけど各ガンダムの特化部分では劣るって設定のようですし(性能自体に差は全く無いんだとか)

あと、アロウズのカタギリ司令はアニメ誌にて「ビリーの伯父(叔父?)」と表記されていました。
2008/10/13 (月) 10:49:48 | URL | 山さん #JnoDGgPo[ 編集 ]
O(オー)ガンダムって聞くとο(オミクロン)ガンダムを思い出します。相変わらずオミクロン影薄いですねw

今回も「ガンダム」って感じの熱い展開でしたね。
後は艦隊戦をやってもらえれば言うことないんですが「巨大組織」VS「反連邦勢力」ではこれはちょっと難しそうです。。

サジはカミーユよりカツに近い気が・・・隕石にぶつからないように祈りますw
2008/10/13 (月) 15:35:45 | URL | クレア #I4t1ZHtI[ 編集 ]
相変わらずマリナ姫の出番が(ギギギ
敵に捕らわれるなんてヒロインの役目と信じろ自分
ゴツイ武器を持った敵を武器ごと真っ二つってのは個人的にカッコイイなと
乱発されたらクドイけど
ジンクスⅢはHGのインストで連邦が太陽炉独占しているで圧倒的能力、例外としてガンダム
数において敵を圧倒しうる戦力だそうで。
1話のエクシア圧倒時の台詞がジンクスにも当てはまる所ですかね

めがっさ場違いなブシドー、アロウズの面々はアレをどう思っているのだろう
自己紹介で「ミスターブシドーのグラハム・エーカーである」とか言い出さないないか心配だ
2008/10/13 (月) 15:44:16 | URL | わんこ #WGv/JGO2[ 編集 ]
>どこまでベタで、どこまで捻ってくるか、というさじ加減に注目していきたいですね 

言うまでもなく、富野氏が種デスを反省していればいいですが・・・。
2008/10/13 (月) 15:49:48 | URL | 気手 #-[ 編集 ]
ティエリアの「違う、あの男は彼じゃない」というセリフ、かなり大きな意味を成すんじゃないかと思うんですよね。
2008/10/13 (月) 16:15:41 | URL | ハル #-[ 編集 ]
ツインドライブの起動時のビームの跳ね返しに、V2ガンダムの「光の翼」を感じ、その熱い演出に燃えました。
2008/10/13 (月) 21:48:37 | URL | アサキム #-[ 編集 ]
いつも楽しく拝見させていただいてます。お久しぶりです。
一期ではハルの名前でコメントを付けさせて頂いていたのですが、同じ名前の方が書き込まれているので、以降はHALの名でコメントの方を付けさせて頂きたいと思います。

一期の初期の進め方も好きだったんですが、そうするとガンダムマイスターをはじめとするキャラクターがどうしても浮いてしまうのが欠点だったと感じます。
それを避けるためには、よほど上手くやらないと、キャラクターは「IGLOO」的な地味めな人物像が限界かなとも思います。
そのため、一期後半以降からのあの流れとノリは、ある意味では正しい流れなのかなと感じます。

結局何が言いたいかというと、第二期は素直に面白いです(笑)。

ただ残念なのは、ガンダムのデザインが、線が減って書き易くなったのは良いとして、OOが持っていた独自のラインがことごとく減り、微妙に大河原さんテイストが加わっているのが気になります。
2008/10/13 (月) 21:50:14 | URL | HAL #mQop/nM.[ 編集 ]
セカンドシーズン面白いですね!。
新しいガンダム達の活躍にも期待大です。

HALさん
>ただ残念なのは、ガンダムのデザインが、線が減って書き易くなったのは良いとして、OOが持っていた独自のラインがことごとく減り、微妙に大河原さんテイストが加わっているのが気になります。

そうなんですよね。
今回のガンダムはダブルオー以外はどこにGNドライブが搭載されているのかも分からないですし、第1期のデザインにあったメカニカル感に欠ける気がどうしてもします。
ただ監督のコメントによると、GNドライブ関連の隠しギミックが色々仕込まれているようなので、今後の展開次第では大化けする可能性もあるのでは、と期待しています。
2008/10/16 (木) 19:57:38 | URL | rinrin #0I10gAlQ[ 編集 ]
>飛竜さん
ということは、刹那だけがライルを知っていたわけですか。
更にライルをガンダムマイスターにスカウトするというのも彼の独断であると。
それでいいのか、という気はしますねぇ。

>叡天さん
今までの非宇宙世紀ガンダムって、ファーストシーズンを含めどこか宇宙世紀に遠慮してあえて変化球を投げていた印象があるんですが、
今回は直球で宇宙世紀的世界観を狙ってきたのかなと思ったりしました。
世界観こそ引き継いでいますが、作風としてはまさに「これがガンダムだ」という路線で来ている気がします。

>ロウさん
また管理者のみになっちゃいましたね。システム的な問題だと思います。

確かにビリーは刹那と会ったことがあるんですが、
動揺のあまり覚えていなかったのかもしれませんね。
サジ君は一目ですぐ分かったんですが(笑)

アロウズの艦長は確かにデザイン的に浮いているところがありますねぇ。
一人だけ別のアニメの登場人物に見えます。

セラヴィーが龍神丸みたいな体型に変形したら面白いですね。
まさか…いや、そんなことは…

>山さん
稼働率も安定領域に入っただけで、100%ではなかったですしね。
きっと刹那とOガンダムとエクシアのシンクロ率なんでしょう(笑)

ジンクスはあのためにランスを持っていたのか!と素直に思っちゃいました。
1話でちゃんと描いてのかませ化なので不満はないんですけどね。

カタギリ司令は叔父ですか。微妙な血縁関係ですね、それは…。

>クレアさん
オミクロンガンダムはどっかの雑誌で一度出ただけの公式かどうかもわからない設定ですからねぇ。

艦隊戦は最終的にはやってくれると信じたいです。そのための艦船の登場であると。
正規軍がアロウズに反乱を起こせば問題ないです。

サジは支援メカ要員であるなら確かにカツですねぇ。
ルイスをサラの如く殺してしまわないように祈るばかりです。

>わんこさん
ダブルオーは圧倒的だとしても、他の3機はどうなのってのが気になるところですね。
太陽炉1つであるなら、結局トランザム使わないとアドバンテージを取れないのでは…と思うのですが。

ブシドーさんはどう思われてるんでしょうねぇ。
やっぱりみんな見て見ぬ振りなのか…

>気手さん
富野監督はOOには全く関わっていないですよ。
クレジットされているのはガンダムの生みの親だからという理由だけです。
種デスの反省は踏まえていると信じたいですね。前期は種を意識しながらもあえて違うことをやっているという意図が見えましたし。

>ハルさん
「あの人は私の愛した男じゃない」ということですね(違)
実際どのくらい違うのか、というのはとても気になるところですね~。

>アサキムさん
そうか、確かにV2のあれっぽいといえばそうですね。
ドライブが前にガシャッと動く演出のせいであまり気になりませんでしたが。
結局GNドライヴってミノドラが元ネタなんでしょうね、やっぱり。

>HALさん
どもです、これからもよろしくお願いします。

確かに、前期の序盤のガンダムマイスターには存在感がありませんでしたね。
ただの必殺仕事人(刹那だけいつも貧乏くじ)というだけでしたし。
個人的には、せっかくの世界観なんだからそこの雰囲気は残して欲しい、ということだけ思いました。
なんか外伝でそっち方面での補完は期待できなそうなので。

新ガンダム、特にOO以外の3機の線の減りはちょっと酷いですよね。
あれは種→種デスのデザインラインの変化に近いがっかり感がありました。
量産機だってなら、まだわかるんですけどね~。
2008/10/16 (木) 20:08:33 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>rinrinさん
コメントが入れ違いになった用で見逃してしまいました。申し訳ありません。

デザインラインに関しては確実に作画の負担を減らすためでもあると思うのですが、
今のところはその成果が見られるほどに動きと演出でカバーしているようにも感じました。
設定画で線が少ない=劇中作画でアレンジが利く、というのはSEEDでも証明されていますしね。
2008/10/19 (日) 22:25:13 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.