がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
MIA 高機動型ザクII エリオット・レム専用機
エリオットザク
 いつぞやの電撃ホビーマガジン限定通販だった商品。1700円(送料込み)で買っちゃいました。目的は多分現状唯一の立体化であるMS-06R-2P用試作ビームライフル。カードビルダー0083でジオンのスターターパックから始めたことのある人であれば、おなじみの武器です。
 元々、R-2P用のライフルというのは設定されていなかったので、このライフルのデザインはPS2のギレンの野望が初出?なのかな?
 ちなみにこれ、ジオノグラフィのR-2P用ライフルってハイザックのライフルになってるんですよね。アクトザクが一年戦争中に使っているため問題はないんですが、これを踏まえるとR-2Pは複数のビームライフルのテストをしていた可能性があります。
 にしても、ジオンはゲルググでやっとビームライフルを実用化したという設定の割に、実にたくさんの種類のビームライフルがあります。

・R-2P用ビームライフル
・R-3S用ビームライフル
・ゲルググ用ビームライフル
・アクトザク用ビームライフル
・ゲルググ用試作ビームライフル(MGガトゲル、戦記版陸ゲル)
・ゲルググ用大型試作ビームライフル(ソロモン撤退時のガトゲル)
・ゲルググM用ビームライフル

 上三つは初期試作→量産試作→量産という過程なのかもしれませんが、それ以外は…複数のメーカーに競作でもさせてたんでしょうかねぇ…。
 ちなみに、アクトザク用ビームライフルは、カードビルダーの記述によるとハイザックのライフルとは違いEパック式ではなく、エネルギーCAP部分をEパックの位置に移動させたことで短銃身化したというだけの設定になっています。でも、ゲームの仕様上はEパック対応という矛盾(苦笑)

 ちなみにこのMIA、一応R-2Pと銘打ってはあるんですが、実際はジョニーライデン機の色替えでしかないので、普通にR-2だったりします。
 ただ、MSV1/100ジョニザクのインストによると、エリオット・レムがR-2型に搭乗してグラナダで公開テストを行ったとされているので、R-2P型をR-2型に改修した後も、エリオットがテストパイロットを務めていたと考えられ、この色のR-2型があっても問題はないと思います。ビームライフルは使えないと思うけど。でも、MS-11用のジェネレーターに換装された後のR-2なら、一応使えたのかな?
 MS-06R-2Pには、通常のザクカラーの画稿と、ギレンの野望設定であるRP色と同じオレンジ色のカラーがありますが、これを時期差と考えるのであれば、ザクカラーR-2P→RPカラーR-2P→RPカラーR-2→R-3型という変遷をたどったのかもしれません。

 それにしても、R-2型はカッコいいなぁ~。アンテナの色だけ違うというのも新鮮ですね。この色でMGのVer2.0を塗ってみたくなります。

 MIAといえば、E-MIAでカスペンゲルググが出るみたいですね。ジョニゲルの高機動パックとIGLOO版の高機動パックが同フォーマットで立体化されるのは初めてだと思うので、ちょっと揃えたくなります。どうせならキャノンも、そして量産型も…なんて言ってると見事にバンダイの罠にはまっている気がしてきました。うーん、やっぱり買うのはやめておこうか…。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ぶっちゃけ、R-2Pで左肩スパイクが大きいと少し違和感ありますかも…
…というのは差し引いて、やっぱりR-2はカッコ良いですよね!僕も大好きです。
MGに手を出すのは相変わらず怖いんで買ってないんですが。

ちなみに、いつだったか某量販店でGFF眺めてた時に、背後の知らない女の子達が「この青いの可愛いー」とジオノR-2セットのギリアム機に言ってたのはなかなか衝撃的でした。
…確かにハザード機よりは可愛いかもしれません…けど…。

>R-2Pの色
確かRPのオレンジは「本塗装前の錆び止め塗装の色」だったとかいうのをドコかで見た記憶があるので、順序的にはコレが最初にくるのが自然かなと思うのですが。
でも通常ザクカラーのR-1Aの1機を改修して、その後塗り替えた…というのも在り得ますかね。

>ビームライフル
少なくともジオニックとMIPは競作してたんですよ!とか言い張ってみます。
しかし、実用化が遅れた割には連邦より種類が多…くはないですね…。
(自分で数えるつもりが、GMスナイパー系列のを数え落としてて有耶無耶に…;)

しかし、アクトザクにハイザックのビームライフル持たせたまま1年戦争にも出しちゃったのは、制作側が素直にミスだと認めた方が良いような気がしてなりません…。


私信になりますが、いろいろ遅れてまして申し訳ないです。
ちと最近立て込んでまして…もう少しお待ちいただければ幸いです。

……ウチの相方が絵描くの遅いのが最大の元凶なんですが!!!(責任転嫁
2008/10/03 (金) 03:39:27 | URL | 闇鍋影人 #-[ 編集 ]
>R-2P型

他にも「オレンジ系塗装」(SDガシャシール)とか
「未塗装銀」(HJ作例ガンポン未掲載)とか
「緑系でも警戒色にオレンジを多用したモノ」(HJ作例ガンポン掲載)
とか時期差は多い。

特に未塗装銀R-2Pの外観はR-2準拠仕様ですが、R-1の肩ブロックと腰フロントアーマーな為、R-2P仕様に改装される前のいわば”プロトR-2P”なのかもしれません。
2008/10/03 (金) 05:54:48 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>これを踏まえるとR-2Pは複数のビームライフルのテストをしていた可能性があります。
HJのMGMS-06R-2(Ver1.0)特集において、R-2Pの作例でゲルググのビームライフルっぽいのを持たせてましたよね


そういや、エースパイロット列伝で
エリオット・レムが本国でテストしてた試作機…ってR-3ですよね?

しかし、緑にオレンジ…というと日本軍の試作機に見えちゃうなぁ…(烈風や、景雲、キ-94Ⅱとか…)
2008/10/03 (金) 19:38:54 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
>闇鍋影人
スパイク大きいのはジョニー機だけですからねぇ。ロバート機、ギャビー機も普通のサイズですし。
ロバート機の配色は確かに綺麗ではありますが、それを「可愛い」と表現するのは面白いですね。
ピンクのザクより水色のザクのほうが人気があったりして。

RPの塗装についてはちょっと記憶がないですね~。
シャア専用R-2が塗装前の下地ってのは知ってますけど。

アクトザクは「閃光」に出してカードビルダー化しちゃった時点で、
もうミスと認める気はなさそうですね(苦笑)

こちらは急かすつもりは全くありませんので、
出来る時にご自分のペースで、とお伝えくださいませ。

>とっぱさん
塗装に関しては時期差でよくても、形状が違うのは結構問題ですね。
形状差異は生産地域の違いですから、
別地域のパーツを一時的に使用していた時期があったのかもしれませんね。

>コンラッドさん
エースパイロット列伝の最後のザクは、
文脈上はR-3しかないんですが、
R-3は実機が完成しているはずなんですよね~…。
R-3の更なる発展型で、後のハイザックのベース機になった機体だったりするのかもしれません。
2008/10/04 (土) 13:35:16 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.