がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ゲルググキャノンの正式塗装
 ゲルググキャノンの正式塗装というと、長らく小豆色というかグレーというか、
この色の仕様だと思っていたんですが、

 MSVのキットインストを読んだら、こんなことが書いてありました。

「MS-14Cの塗装は初期生産型24機中で、特殊部隊に配備された物が正式塗装で、全体的にザクを継承するグリーンでまとめられていた」

 なんとっ!?ゲルググキャノンの正式塗装はザク色とな!?って思ったわけです。「特殊部隊に配備された物」ってのがよくわからないんですが。キマイラ隊のことだとは思うんですが、それなら24機が全機配備されているはずだし、キマイラ隊の中の特殊部隊、ということなのかなぁとか思ってしまいます。

 で、ゲルググキャノンのボックスアートに、こんな色の機体が描かれてるんですね。

緑ゲルググ
 これが、「ザクを継承するグリーンでまとめられていた」カラーなのかなと思うんですが、見れば分かるようにこれはC型ではなくB型なんですねぇ。まぁ、BとCはバックパックと頭を取り替えるだけの違いでしかありませんし、たまたまこの画像ではB型だったけど、本来はC型として使用されていたって可能性もあるわけで。
 とまぁ、実はゲルググキャノンの正式カラーはこの色らしいですよ、という話でした。正面や下半身がどういう塗装になっているかは分かりませんが、基本的には小豆色のゲルググキャノンの、小豆色のところを緑に、白いところを薄緑(あるいは白のまま)に塗ればOKなのかなと思います。たぶん。
 実はA型と同じ普通のゲルググ色で、HGUCのカラーが正しいのだ、という可能性もないわけではないですが、あれを「ザクを継承するグリーン」と呼べるのかというと微妙です。ギレンの野望とかGジェネだと、ゲルググ(特に高機動型)の色がかなり緑がかっているんですけどね。

 ところで、このボックスアートの機体、角飾りがついています。僚機のゲルググキャノンにはありませんので(といっても、そもそも公式イラストで角飾りつきのゲルググキャノンって存在しないんですけどね)、この緑の高機動型ゲルググが、ゲルググキャノン部隊を指揮していた…のかもしれません。

 ついでに、このボックスアートは、ポケット百科MSV2では「ア・バオア・クー戦で拿捕されたキマイラから押収された写真」としており、「コレヒドール暗礁宙域でマゼラン1隻、サラミス2隻撃破」というコメントがありながら、連邦軍の作戦行動記録や喪失艦リストなどには、その写真の日付に撃破されたと思われる艦艇の記録はなかったという解説がつけられています。

 キットインスト読むと、キマイラ隊のパイロットは全部で31名だったそうです。キマイラに配備されたのはゲルググだけではありませんから、24人以上いても問題ないのですが、ザンジバル1隻で31人は多すぎないか…?まぁ、僚艦がいたんでしょうけど。
スポンサーサイト
コメント
コメント
「HJ83年9月号」には、所謂ザクグリーン(濃)を基調とした14Cが確認出来ます。肩に一部スプリットパターン有りで、ソールがスチールのザク塗装。
MS-14C”重武装仕様”と呼ばれ、両腕にロケット砲を装備した機体で、クルツ中尉機の時期差塗装の様です。

ちなみに、このエース部隊の指揮官機がジョニー14B(レッド・フォックス)で、恐らくはカラーリングの初出かと推測されます。

14Bバックパック画稿(シャア塗装)→ゲルキャボックスアートの赤い機体を小田氏に相談して再現→増尾画稿
の流れのようです。
2008/09/22 (月) 07:26:09 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
ホビージャパンですかぁ…それはさすがにチェックしようがないですな。
ジョニゲルの初出もその号なのですか?
どうにかして手に入れたいものですが、MSV時代のホビージャパンは見かけたことがないので、難しそうですね。
2008/09/22 (月) 20:54:12 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.