がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
月初のガンダム以外の話「新聞がこの先生きのこるには」
 前回は本の話でしたが、今回は新聞の話。これも別に業界を知っているわけでも何でもありませんでしたが、思うことを。

 新聞というメディアは、近い将来に何らかの変革が必要なものの1つだと思います。発行部数が減っていますし、読者の平均年齢もどんどん上がっているはずです。それは、なんで?という話。あ、ちなみに自分は一応新聞とってますし、読んでますよ。

 結局のところ、問題点というのは若者が読まなくなっているということに尽きるのではないかと思います。それがなんでか、ということになるんですが…。

 1つは、単純に新聞を読むという習慣が身についていないということが挙げられると思います。普通、大人が新聞を読む時間というのは大抵「朝、家を出るまで」「通勤中」「昼休みや休憩中」「帰宅時」「夕飯前後」くらいかなと思うんですが、子供を含む若者というのは、これらの時間に新聞などほとんど読んでいないはずです。テレビを見ているか、携帯をいじっているか、誰かと話しているか…そんなところでしょう。そもそも新聞を読むために時間を割く、という感覚がないとのではないでしょうか。少なくとも自分が学生時代に新聞を読んだのは、テレビ番組を確認するときと、何かスポーツの記事で気になることがあった時くらいです。

 もう1つは、結局のところ新聞でなくても情報は仕入れることが出来る、ということです。テレビでもネットでも、必要最低限の情報であれば事足ります。そして何より、テレビもネットもタダです(NHKは受信料が必要、ってのは抜きで・笑)。新聞は読むにもかさばりますし、読み終えたら処分の手間もかかる。コストパフォーマンスでテレビやネットに勝るとは、とてもいえません。これは、若者だけの問題ではないですが、年長者ほど(NHK以外の)テレビは合わない、ネットは使えないという関係で相対的に新聞の価値が高いので、感覚としては若者中心ということになると思います。

 いずれにしても、「新聞の必要性を感じていない」ということが共通しています。つまり、若者に新聞を読ませたいのであれば、若者が新聞を読まなければならないだけの何かを作らなければいけない、ということです。

 となると、新聞の価値はどこにあるのか、という話になってくるんですが、よく言われるところでは「保存性」と「網羅性」というのが挙げられると思います。保存の手間やスペースにおいては電子媒体の方が上回りますが、電子媒体は電子媒体を通して出しか情報を取り出せないという欠点があり、いつでもどこでも加工できるという点でも、単純な耐用年数においても、紙媒体の方が上回っています。また、定期的に不特定多数のジャンルの情報を同時に得られるという意味では、新聞に勝るものはありません。テレビは口に出して情報を伝えるという意味で、時間当たりに与えられる情報量に限界がありますし、ネットは自分で見る情報を選べるがために、逆に知識が自分の知りたい情報だけに偏ってしまうということがあります。
 ただ、これは新聞でなければならない理由にはならないんですね。全ての情報に保存性が必要なわけではないですし、恒常的に不特定多数の情報を仕入れなければならない絶対的な理由などありません。

 結局は、新聞でなければならないもの、というのは中身に求めるしかないんですよ。テレビの内容はどんどん軽薄になっていますし、ネットの情報というのはその大半が素人の書いた文章です。それに比べれば、新聞は、報道のプロが深い内容の情報を提供してくれる、という点に価値があるはず、なんです。
 そもそも、ネット上の情報というのはほとんどが新聞記事がベースですし、新聞記事は時事通信や共同通信の記事をベースにしているものが多いとはいえ、独自の取材による記事というのもたくさんあります。時にはテレビが新聞より先に情報を伝えることもありますが、映像としての情報は先に伝えられても、情報の事実関係や前後関係などの詳細な内容は、やはりテレビカメラを持っての取材では限界があります。そういう意味で、新聞こそが最も情報の真相に近いメディアと言えるのです。

 しかし、新聞が本当に真相を伝えているかどうか、本当に深い情報を伝えているかどうか、というと、疑問に感じる人が多いのではないかと思います。
 1つは、各新聞にはそれぞれの編集方針があり、それに合うように情報は恣意的に捻じ曲げられている、という事実があります。これが必ずしも悪いわけではないのですが(みんな同じ内容だったら新聞社は1つでいいのです)、あまりにも誘導的であり、また結論ありきの記事になっていて全く理屈の通っていない文章になっていたりすることが多く、情報源として信頼できない部分があるのが問題です。情報の意味づけは各新聞社で異なるにしても、都合の悪い情報を意図的に隠蔽したり、あるいは捏造に近いほど加工してしまったりということがあるのは困ります。
 またもう1つは、かなり記者の個人的価値観があまりにも偏っている、ということがあります。特に、古いステレオタイプな考え方に汚染されているタイプの記事は非常に多いです。事実を伝えているはずの記者が、一番事実を理解していなかったりすることがあります(少年犯罪とか、最近の流行の記事なんかに多い)。一般的な新聞記者の価値観が、非常に狭くなっているように感じることがありますね。というかむしろ、新聞が扱う話題が昔よりも広くなっただけなのかもしれませんが、そういう時代の変化に対応できていないと感じることは多々あります。

 これは、新聞業界において思考の硬直化が進んでいるということなのではないでしょうか。新聞自体が老人化しているようにも思います。これでは、若者に受けるはずがありません。もっとも高齢化のおかげで、読むか分からない若者よりも確実に読んでくれる高齢者にターゲットを絞っているというだけなのかもしれませんが、それは未来の自分の首を絞める行為です。
 個人的には、新聞業界はもっと多様な価値観に対応した、質の高い記者を育成する必要があるのではないかと思います。読む人間の価値観が多様化しているのに、書く人間が特定の方針や価値観に固執しているようでは、読者はどんどん離れていくでしょうから。
 映像を伴って手っ取り早く情報を得たいならテレビ、自分が欲しい情報を探したり一般市民の反応を知りたいのであればネット、詳細な情報をじっくり確認したいときは新聞、という住み分けになるには、今の新聞は少々頼りないです。

 ところで、これは個人的な感覚なのですが、あの新聞のサイズとレイアウトってどうにかならないでしょうか。広げて読むのはあまりにも不便だし、記事もごちゃごちゃしていて読みづらいですし。とはいえサイズを小さくすればページ数が増えますし、レイアウトを整理すると1ページあたりの情報量も減るのは分かるんですけどね。そもそもあんなに情報量が必要なのか、というのも疑問に思うことがあります。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>電子媒体は電子媒体を通してでしか情報を取り出せないという欠点があり、いつでもどこでも加工できるという点でも、単純な耐用年数においても、紙媒体の方が上回ってます。

確かにそうですよね。
ヤフーニュースのトピックスで記事形式のニュースが掲載されますが、ある程度時間が経つとバックナンバーの方で掲載されますね。そして一定期間を過ぎてしまうと、ページが削除されてしまう。
確かにこの時点で新聞は「保存性」において勝ってますよね~。
しかも定期的に情報を得られますし、当然プロの情報・文章ですから、内容も濃いですしね。
そう考えたら、新聞の方が良いのかも知れません。
長文&駄文失礼しました。
2008/09/03 (水) 01:37:21 | URL | ハル #-[ 編集 ]
新聞は…TV欄しかみないです(笑)
ニュースはmixi、TVで…(爆)

多分、親が子供の前で読むという朝の風景がなくなったから…なんでしょうね。
私なんかは父親不在で母が新聞嫌いだったために未だに新聞を読む習慣がないです。

読んだのは受験のために天声人語をチェックする必要に迫られた時だけでした(笑)<しかも小学生のとき

子供のためにも新聞読む習慣をつけなきゃいけませんねぇ(笑)
2008/09/03 (水) 01:50:02 | URL | 陰鏡 #nL6A2.tM[ 編集 ]
「この先生きのこ」(笑)
↑タイトル


新聞…家ではとってますが僕はほとんど読みませんね。

出来事等はウェブでほとんど見ちゃいますしね

新聞が全て真実を語ってるわけでもなく彼らの都合のよいことしか書いてないものに過ぎないので
わざわざ読みにくい形態のものをお金払って見る価値が無いんですよね。

2008/09/03 (水) 13:11:45 | URL | スウ #-[ 編集 ]
この先生きのこる?先生、キノコる??
そう見えました(笑

わたしは断然要らない派ですね。
タバコなどと同じく嗜好品だと思います。
2008/09/03 (水) 22:45:47 | URL | カセクシス #-[ 編集 ]
言われてみれば、最近新聞の文字が大きくなったのも高齢者対策なんでしょうかね。
その癖小学生向けなのか、漢字をあまり使っていないので新聞は読みにくくて不快です。
「小学生ら致される」
こんな風に書かれたら読める物も読めません。
2008/09/03 (水) 23:53:56 | URL | アルキメデス #-[ 編集 ]
結構前に学校で新聞を読んでいる人のアンケートをとったら私を含めクラスに数人しかいませんでした。やっぱり若者には「新聞を読む」という習慣がないようです。。
それに加えて「手軽」という点ではネットやテレビにかなわないのは否めませんし。

私の家は新聞をとっているのでよく読みます。
新聞のいい所は保存においても電子媒体選りすぐれている、あとトイレットペーパーに交換できる所でしょうかw
私が読む理由はテレビやネットだとどうしても旬な話題しか報道しないんですよね。
例えば先日の五輪では毎日五輪関連の報道がほとんどでしたし。こういうことは困ります。

その点、新聞ならその辺の心配はあまりないように思えます。
普段でも報道されないようなニュースがちっちゃく載ってたりしますし。「えっ」と驚くような記事なんですよねw

あとは「読みにくい」という所でしょうか。それでもアレを変えたら変えたでまた大変そうですね(汗
大昔からこのレイアウトですから結局このままが一番なのかもしれません・・・読みにくいことは換わりませんが(苦笑
2008/09/04 (木) 12:27:06 | URL | クレア #I4t1ZHtI[ 編集 ]
私は新聞は特に何をすることもなく、当分生き残れると思っています。

まだまだ「報道の主役=新聞」という幻想が多分に残ってるんじゃないかなと感じることが一つと、
それにまぁ一応信頼できる情報ソースですよね。(=存在価値)
ネットなんかは一々裏を取るのがメンドいと言えばメンドいですし。

だから、案外TVの方が廃れ具合は今後酷いことになるんじゃないかと大胆予想してみます。2011年には全面地デジとかアホなこと抜かしてますし。

↓ 以下愚痴

それにしても、報道の人間全体に言えるんですけど、新聞とかって権威ぶってて何様やねんって感じです。
先日首相が発言をして物議を醸し出した
「あなたと違って私は客観的に自分を見れる」
っていう言葉は、元首相の逆切れ以外の何物でもないことも事実ですが、報道の人間が自分の「程度」をわきまえずに失礼且つアホな質問を「報道の正義」の名の下に平気でする傲慢はホント・・・福田センセの言いたいことも分かりますよ(笑)
2008/09/04 (木) 20:52:11 | URL | R.M #-[ 編集 ]
>ハルさん
まぁ新聞も一長一短で、
自分の見たい記事だけを探すのが面倒とか、
あとはやはり値段と処分の手間というのが最大のネックです。
どこに価値を見出すか、ですね。

>陰鏡さん
そういえば、自分の両親は新聞をよく読むタイプでした。
今の自分は社会面とスポーツ面くらいしか見ていませんが、
それでも読んでいる、というのは親の影響が強いのかもしれません。

>スウさん
ほんと、そうなんですよね。
新聞記事はかなり情報が歪められているのが問題です。
そういうのが明らかになってきたのも、
ネット上で複数の新聞記事を楽に読み比べられるようになったからなんですよね。
一家に一種類しか新聞がないのが当たり前だった時代に、その新聞だけを情報源にしていた時代があったと考えると…
ほとんど洗脳ですよねぇ。

>カセクシスさん
嗜好品とはまた、正義の新聞記者が卒倒しそうなご意見ですね(笑)
でも、表現としては分かります。
肺にニコチンが回るように、新聞の論調に自分の思考が侵されていくんでしょうね、毎日読んでいると。

>アルキメデスさん
むしろこれまでの新聞が高齢者が読むことを前提としていなかったんでしょうね。
当初は社会の中核の世代に向けていたはずが、その世代がそのまま歳を重ねたからそれに対応したってことでしょう。
漢字の表現は常用漢字がちょくちょく変わってるからじゃないかと思います。
公に使っちゃいけない漢字って最近増えてるんですよね。

>クレアさん
情報の偏りというと、地方の情報の偏りも結構凄いんですよね。
NHKでさえローカルニュース一色だったりしますし。
そうなると世間の動きの情報源は、新聞に頼らざるを得ないんだろうなと思います。

レイアウトは、あの形だから切り抜きも小さく収まるというのもありますしね~。

>R.Mさん
新聞幻想は団塊世代が日本人の平均寿命に近づく頃までは続くかなと思いますね。
テレビは確かにやばいですね。メディアそのものの問題よりも、番組の劣化が…

新聞はマスコミの重鎮中の重鎮ですから、相当根深いと思います。
自分達が情報の発信源だから、自分達に都合が悪い情報は簡単に隠せてしまうんですよね。
テレビ局の不祥事は他局が嬉々として叩くのに、
先日の毎日新聞の英語サイトの件をどの新聞社も、どのテレビ局もほとんど扱わなかったというのは、
どれだけ新聞社の圧力が巨大かというのを物語っていると思います。

自分が権力の監視者だと正義ぶってるのも相当に痛いですよね。
自分を絶対の正義だと思ってる人にろくなのは居ませんが…。
お前は正義の味方じゃなくてただのアンチ権力だと言ってやりたいですが。
今後は権力の監視者の監視者が必要になるかと思います。すでにネットがそうなりつつありますが。
2008/09/04 (木) 21:56:38 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
どんな情報もモノの見方も、発信者や流通経路によって必然的に「偏る」のは致し方ないのですが…

その「偏り」に対する自覚の薄さ、あるいは自ら率先して「偏らせる」行為の危うさ、さらにその「偏った」情報を「公正中立」と称してしまえる欺瞞、そのへんはまさに皆様が指摘する通りですよね。
そのへん割り引いて見てやれば、社説なんかは時々ちょっと爆笑しながら読めたりもするんですが、割り引かないで頭から信じ込んじゃってそーな御年配の方々は本気で怖いです。

そういえば「公正中立」って、日本の大手メディア独特のお題目らしくて、英米なんかではそれぞれの新聞がそれぞれ違う立場から違った意見を並べていくのが当然、みたいなんですけどねー。
誰もが偏って当然なんだから、中立を謳う必要がそもそもないという考え方で。
読む側もその中から好きに選べばいいだけで…というかそもそも、宅配制度ってのがありませんし。

欧米の新聞もインターネットの台頭に対して危機感は抱いてるハズなんですが、たぶんソレは単純なメディア自体の問題、つまりネットの速さと情報量にどう太刀打ちするかとゆう問題のよーな印象なんですよね。
コレはやはりルロイさんの仰る通り、綿密に取材されて念入りに推敲された記事の質にしか、新聞が生き残る道はないのだろーと思います。
その質を維持すれば、今更読むヒトが増えはしなくても、メディア自体がなくなるコトはないのではないかと。
そういった情報を必要とする層も、少なからず存在してますし。

でも日本では、報道に対する姿勢そのものが問われてるんですよね…
……偉いヒトにはソレが分からんのでしょーけど!(ベタ過ぎ
2008/09/05 (金) 02:40:18 | URL | 闇鍋影人 #-[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/05 (金) 02:45:33 | | #[ 編集 ]
自分達はこういうスタンスで報道している、ということを明言した上での偏った思想ならともかく、
それが公正中立の情報だと装って偏向報道してるのが相当に根深いんですよね。
そこがわからないのかな、と思うんですが、実際分かってなくて(汗)
書いてる本人が公正だと思って書いてることも多々ありますからね…
ものの考え方、価値観まで偏っている状態を脱するのは、変な宗教にはまった人の目を覚まさせるくらい大変なことだと思います。
そういう人って、「記事の質を上げよう」と思うと更に偏った記事を書きそうですからねぇ…。

若い世代になるにつれてそういう偏向がおかしいと気づいている人が増えているので、
ある程度は時間が解決してくれるとは思うんですけどね。
2008/09/07 (日) 13:35:07 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
日本の新聞の場合
スタンスを明確にしようとしないんですよね。
まあ自称中道だの中立だのがそうなのかもしれませんが。
そもそも人間が中立であることは不可能ごとです、例えば人間が殺されればニュースになりますが牧場で牛が殺されてもニュースになりません、これは明らかに「人間は牛より尊い」というバイアスがかかってます。
このように人間は偏らなければ食事もできません。
というわけで人間が作る以上全てのメディアが偏っているわけです。
というわけで中立だの中道だのは確実にうそです。
まあそれくらいは各新聞を比較すればわかることですが。
で、各新聞社は偏っている癖に偏っていないというために何をやっているかというと、右寄りの新聞なら右で一番大きい主張を、左寄りなら左側で一番大きい主張を自分のスタンスにしてしまってるわけです。
これならそれぞれの読者には「中立、中道」ぽく見えるので、
その意味では「中道」とはいい得て妙です、確かに読者視点で真ん中の道になるように記事を書けばいいんですから。
しかしこういうのは政治団体のファンクラブのやることであってジャーナリストのやることではないんですけどね。








2008/12/17 (水) 00:07:54 | URL | DN #mQop/nM.[ 編集 ]
スタンスをはっきり打ち出さないから、
みんな新聞の言うことは正しいと思っちゃうんですよね。

実際のスタンスも、都合のいいことは良く、都合の悪いことは悪く報道するだけで、
一貫した主張というのも必ずしもないし。
ほんと、政治団体のファンクラブというか…。
特定の団体のための広告代理店みたいなものですね、あれは。
テレビ番組が事実上スポンサーの宣伝番組であることが多いのと同じで。
2008/12/20 (土) 22:05:53 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
しかし
なんでこんなに大騒ぎするんでしょうね?
別に誰かが全裸になったから、TV買い換えないという人は少数派だとおもうんですが?
私の何代か前のおじいちゃんとおばあちゃんなんてリンゴ食って前をかくしたらメッチャ怒られたのに。

2009/04/29 (水) 23:24:25 | URL | DN #mQop/nM.[ 編集 ]
結局のところ、メディアがさわぐ対象というのは、
「メディア(あるいはその裏にいる誰か)が潰したいもの/持ち上げたいもの」か
「注目度が高く扱うだけで視聴率がとれるもの」か
でしかないのかなと思います。

この二つが絡むと、メディアはどうしても盲目的になりますね…。
2009/04/30 (木) 22:05:39 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.