がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
PHESE18「ローエングリンを討て!」
 今日はかなり良かったんじゃないでしょーか?やっぱり全編戦闘じゃなくて、ちゃんと前振りがないと話として完結しないよ。うん。というか、一話完結で話が描かれたのって種初なんじゃないのか?
 なんか今回なんか凄くゲームに出来そうな話だったよね。データ通りに飛んで時間内に辿り着いて目標を破壊するとか。砲台が収納されちゃいそうなところとか、シンが目の前の敵に目を奪われて目的を逃がしてしまうって話なのかと思った。まさかダガーLを投げるとは、やるもんだね。
 シンがいい感じになってきた。今までの文句担当から、ちょっと(あくまでちょっとね)富野アニメの主人公を彷彿させるような皮肉ぶりが見られるようになったし、今風の男の子って感じになってた。士官学校時代もだいぶ教官にたてつく悪ガキだったそうですが、その設定はもう少し前に明かしておくべきだったんじゃないですかにゃー。
 アスランも、頑張って兄貴分になろうとしてる感じが伝わってきていい感じ。シンとの対比もしっかり決まってたね。虐殺しながら民衆の歓声に応えるシンと、不殺を貫いて黒い部分を見つめるアスラン。勝てば官軍な虐殺描写も必要分で、変にグロいわけじゃなかったと思うしいいんじゃないっすか?ああいう一方的な価値観に囚われないようにする描写は好きだな。種デスのテーマが垣間見えた感じ。
 メカ描写はそこまで派手派手じゃなかったけど、インパルスのシルエットなし初めて見たので新鮮だった。ゲルズゲーって飛べないのかよ。あえてけちをつけるなら、無駄に長く発進シーン描くよりはもっとザクやバクゥの描写が欲しかったかもしれないなぁ。

 印象的だったというか、連合の人がミネルバとかを補足したと頃の描写を見ると、「ギレンの野望」で自軍エリアにめっちゃ強い機体(ジオングinシャアとか)が出てきたときを思い出した(笑)。あ、ミネルバの飛び方ってどうなのよ。航空力学的に問題ありだと思うんだけど。
 今回一番良かったのはルナマリアの「予防線張られた?」だと思います。こんな台詞が種から出てくるとはね。ルナマリアって最後までアスランに片想いするだけのキャラなのかなぁ。種だけに他にも色々出て来そうだけど。やっぱり最終決戦前に告白するんだろうか。

 次回はグフとミーア用ザクがついに登場です。戦闘なさそうなんでまた萌えアニメでしょう。シン達を見つめる議長の目がペットを見るかのようだったよ。
 ガンプラCM今回短かったのは何故何だろう。女の子また体型戻ってた。子供は台詞がほとんどなかった。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.