FC2ブログ
がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
アナハイム製MSの生産ラインを考察する
 年の瀬ですが普通に更新します。今年の秋以降は仕事もプライベートもいろいろありすぎてろくに更新できませんでした。年末年始は貴重です。

 アナハイム・エレクトロニクスと言えば、どちらかと言うと試作機をたくさん作っているイメージの方が強い(大体Z計画絡みとそのMSVのせい)ですが、もちろん量産機も多く作っています。そもそもジオニック社を吸収合併しているので、旧ジオニック系MSの生産はパーツ含めて生産しているはずですし。
 一方で、そもそもエゥーゴ向けのGMタイプ、ネモとかネロとかそっち系の機体が、そもそも「生産ライン」と言えるほどの体制を構築していたかというと、なかなか怪しいものであったりします。この辺含めて、アナハイム社の「生産ライン」というのはどんな感じだったのか、考察してみたいと思います。

>>続きを読む
スポンサーサイト



0080のMSが一年戦争後に開発されたものだと考えてみる
 0080のMSは、元々ファーストガンダムのデザインを逆シャア当時の時代のデザインラインにリメイクするという意図でデザインされたものであるため、一年戦争時代のMSの中ではかなり異色のラインになってしまっています。
 その0080のメカデザイナーである出渕氏は、逆シャアのメインデザイナーでもあり、ZZの前半メカのクリンナップを務めてもいます。そう考えると、0080のMSはむしろZZ~逆シャア時代のメカと考えた方がよほどそれらしいのではないか?と思いました。
 というわけで、0080のメカがもしグリプス戦役以降のメカだったらどんな設定だったか、妄想してみようと思います。

>>続きを読む
ティターンズにとっての「ガンダム」の位置付け
 ティターンズと言えば、ガンダムMk-IIを開発した組織ですが、そのMk-IIが奪われて以降、目立った後継機の配備を行っていないという特徴があります。そのMk-IIに関しても、F91以降のようにガンダムが伝説的な象徴として扱われているわけではなく、また性能的にもコスト度外視の高性能試作機というわけでもなく、どこかガンダムらしくありません。
 ティターンズにとって、一体ガンダムとはどういうものだったのか、考えてみたいと思います。

>>続きを読む
copyright © 2020 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.