FC2ブログ
がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
フランクリン・ビダンとエゥーゴの関係を考える
 カミーユの父であるフランクリン・ビダンと言えば、ガンダムMk-IIの開発者で、リック・ディアスに興味を持ち、奪取してティターンズに戻ろうとしたところ流れ弾に当たって死亡したキャラ、というのがTV版・劇場版共通の描かれ方でした。
 TV版では、エゥーゴに寝返りたいエマに連れ出されて一緒にアーガマに亡命しますが、ティターンズ側の立場でリック・ディアスを研究したい一心でエゥーゴから離反するという行動を取ります。おそらくはその先に愛人がいるからではあると思いますが、エゥーゴの技術者になることよりも、ティターンズでの立場を重視していました。
 劇場版では、エマとともに作戦としてアーガマに潜入し、妻ヒルダが人質にされている間にどさくさに紛れてリック・ディアスを奪取して逃亡しようとしたことから、当初よりティターンズ側の命令でアーガマからリック・ディアスを奪ってくることを目的としていたように描かれていました。この場合、フランクリンにはエゥーゴ側に寝返るという選択肢はなかったように思います。

 このように、いずれにせよフランクリンは最初から最後までティターンズ側の人間であり、エゥーゴに味方する気は一切なかったと思われますが、そこであえて、エゥーゴと接点があったのではないかという想定をしてみたいと思います。

>>続きを読む
スポンサーサイト



Zガンダムのメカ設定をリメイクする・ガルバルディ編
 Zガンダムの設定をより説得力の高いものとしつつ、過去の設定と併存させる企画の第2弾です。

 「Zガンダム」発表時の一番最初に公開されたMSは、ガンダムMk-II、ハイザック、リック・ディアス、ガルバルディβであったようです。前者2体が大河原的ラインを継承したMSで、後者2体が永野氏による新しいラインのMSでした。設定上はハイザックと同じ連邦製MS(しかもよりによって連邦宇宙軍本部であるルナツー製)であるガルバルディβは、同時期に永野氏によってデザインされたが故に、リック・ディアスと共通する意匠が含まれており、MS-Xのガルバルディのリメイク機でありながら、異質なデザインになっていました。

>>続きを読む
月初のガンダム以外の話「ドラクエIIIの世界の旅の扉と各国家の関係」
 ネタができたのでドラクエ考察です。そろそろドラクエ考察も別ブログにしたほうがいいのかもしれませんねぇ。

 ドラクエIIIでは、アリアハンがかつて世界全土を支配していたという、直接ストーリーにはあまり関係ない裏設定があります。ただ国家間で戦争が起こり、その後国交が断絶したことによって、各地の旅の扉が最後の鍵でしか開かない扉で封鎖されているという設定になっていて、それが自由に世界を移動できない理由にされてはいます。
 なぜそのようなことになったのか、そうなる前は各国家はどのように交流していたのかなどを考察してみたいと思います。

>>続きを読む

テーマ:ドラゴンクエストシリーズ - ジャンル:ゲーム

copyright © 2019 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.