FC2ブログ
がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
小田雅弘著 ガンダムデイズ
 小田雅弘氏の連載コラムを単行本化した「ガンダムデイズ」を購入しました。これはMSV好きとしてハードカバーを定価で買っても惜しくないと確信したからです。そして、その選択は間違っていませんでした。

 個人的に、初代MSVはファーストガンダムと同じくらい「原典」と呼んでいいものだと思っています。それくらい世界観が完成されていて、かつ隙間が適度に空いている内容だと思うからです。一年戦争の外伝ものが、ファーストガンダムの隙間を埋める作品であるのであれば、初代MSV後のMSV的企画は、初代MSVの隙間を埋める企画であると言えます。初代MSVがなければ、その後の設定遊びは(たとえZ以降のガンダムシリーズがそのまま作られていても)何ひとつできなかったと言って過言ではないと思っています。そしてその設定をほぼ一人で作ったのが、小田雅弘という人間です。故に、自分にとって小田雅弘氏は、富野監督と同等レベルの存在です。そんな小田設定をリスペクトしているが故に、このようなサイトも作ったわけです。
 しかしファーストガンダムのスタッフたちのコラムやエッセイ、自伝等は多く見る機会があるのに対し、小田氏の文章というのはほとんど日の目に当たりませんでしたので、そういう書籍が出るのであれば是非読みたい、そしてどのようにしてMSVの設定を作っていったのか、それを知りたいと思いました。その願いは完全に満たされても良いと言っていいと思います。
 そしてただ人となりを知るだけでなく、MSV発表当時は未解明だった設定・解釈の一部も明かされ、考察の余地まで大きく広がることになりました。これは大変ありがたいことで、とにかくこの書籍から受けたインスピレーションを、以下にまとめておこうと思います。

>>続きを読む
スポンサーサイト
連邦軍のMSのカラーリングの意味を考える
 タイトルの通りの考察です。連邦軍はジオン系よりはMSのカラーに意味がありそうなのと、正規軍なので制式量産機にはそれなりに意味があるのだろうということで、考察してみようと思います。

>>続きを読む
Gレコに足りなかったもの
 さて、劇場版の公開も決定した「Gレコ」ですが、この作品はガンダムシリーズとしては完全に失敗してしまった作品ということになると思います。商業的にももちろん結果が出ていませんが、同じく商業的に振るわなかった∀ガンダムと異なり、作品としての評価も良いとは言えないからです。その理由を考えてみました。願わくば、劇場版ではそれらの欠点が解消されていることを。

>>続きを読む
機動戦士ガンダムNT 感想
 見てきました。事前にホビージャパンの福井氏インタビュー記事を読んでいたので、福井氏がニュータイプをどのように解釈していたか知っていたため、それを踏まえた上で見ることが出来た分、割とニュートラルに見ることができたのかなぁと思います。

 というわけでネタバレ前提の感想いきます。


>>続きを読む
copyright © 2019 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.