がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
「キャリアとノンキャリア」的視点でティターンズを考える
 ティターンズはよく「エリート部隊」と言われますが、果たしてどのあたりがエリートなんだろうか、と思い始めたことからの考察です。だって、作中のティターンズの人たち、どうみてもエリート軍人に見えません(笑)。
 「キャリアとノンキャリア」というのは、いわゆる官僚用語であり、主に国家公務員のI種とII種(今は総合職と一般職になってるそうで)の区別を意味するんですが、今回の話では、「エリート層の中での主流派と非主流派」みたいな意味に捉えていただければと思います。軍人においても、幹部候補かそうでないかで扱いや出世速度に差があったりしますが、地球連邦軍の軍制ははっきりしていないので、そこにはあまり踏み込まないつもりでいます。


>>続きを読む
スポンサーサイト
ギャンエーオースから考える量産型ギャンのコンセプト
 MSV-Rでいつの間にか設定されていた、YMS-15Eギャンエーオース。ギャンの試作機のうち2機を突撃機動軍旗艦直衛機として改修したという設定の機体ですが、こいつはバックパックが「高機動型ゲルググと同型」ということになっています。つまり、ギャンがゲルググのバックパックを装備しているということになるのです。
 試作機なので無理矢理くっつけただけという可能性ももちろんありますが、ここはあえて、「ギャンとゲルググのバックパックには互換性があった」と考えたいところ。そう考えた場合、2通りの可能性を見出すことができます。

(1)ギャンとゲルググは当初からバックパックに互換性があった=どちらが採用されていても同じバックパックが運用される予定だった
(2)ゲルググのバックパックは、元々はギャン用のバックパックとして開発されていた

 この2つの観点から、もしギャンが量産されていたら、どんなバックパックが装備されるはずだったのかということを考えてみたいと思います。

>>続きを読む
月初のガンダム以外の話「シン・ゴジラ」

 どうもこの夏は忙しくて全然ブログを更新できませんでした。でもこれだけは書いておかねば、と思いゴジラの話をします。もちろんネタバレ全開で。

 なお自分ゴジラは実はほとんど見たことありません。テレビでやってたのをちょっと見たことあるくらいで、最初から最後まで通してみたゴジラシリーズは一つもなかったりします。知識としては初代ゴジラがどういう話だったかとかはなんとなく知ってるんですが。
 それでも見たくなったのは、庵野監督がかなり頑張って作ったっぽいという話が聞こえてきたからですね。エヴァQの後病んでしまったようで、Vガンダムの後の富野監督みたいになってしまっていたようですから、そこからどう立ち直ったのかはやはり気になりました。

>>続きを読む
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.