がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
「ケンプファー」「イェーガー」から考えるジオン軍のMSネーミング
 ジオンのMSの中には、「ザク」のように擬音が元ネタのものと、意味のある単語が元ネタであるものがあります。後者はだいたい非富野作品のMSなんですが、その中でも特にドイツ語のネーミングに対しては、古参のファンほど違和感を覚える傾向にあるようです。
 実際のところ、ジーク・ジオンという言葉もあるように、ジオン国内でドイツ語が使われていないわけではないと思うのですが、MSVのバリエーション機などは基本的に英語が使われる傾向が強い(マリンタイプ、デザートタイプなど)のに、0080や0083のMSになると急にドイツ語が使われるので(ツヴァイ、トローペンなど)、統一感に欠けるという側面があるのだと思います。

 その中で、特に既存MSのバリエーション機のネーミングではなく、単体のネーミングとして存在している「ケンプファー」を軸に、ドイツ語のMS名について考察してみようと思います。

>>続きを読む
スポンサーサイト
何故、ネオジオンはゲルググの直系後継機を作らなかったのか
 MS-14ゲルググは、一年戦争中におけるジオン軍最後の量産機です。しかし、ジオン軍残党であるアクシズは、多数のMSを開発しているにも関わらず、そのゲルググの直系と言える後継機を開発していません。ジオンのMS研究をそのまま引き継ぐのであれば、まずはゲルググからスタートするのが筋のような気がしますが、何故そうならなかったのでしょうか。

>>続きを読む
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.