がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
アクシズ、ネオジオンへの対応から考える連邦政府の思惑
 テーマはタイトルの通りです。まぁこのあたりはガンダムUC読めばだいたいわかることなんですが、要するに連邦はある程度わざとアクシズ・ネオジオンを放置していた、ということなんですね。そのあたりを時系列に沿って掘り下げてみようかなと。

>>続きを読む
スポンサーサイト
連邦軍におけるMSの戦艦的運用について
 フルアーマーガンダムは、1機あたりの攻撃能力を戦艦クラスに引き上げるために開発された機体だと旧キットのインストに記されています。一見無茶であるように思えますが、「攻撃能力」に限るのであれば、あながちありえない事ではありません。
 そもそも宇宙戦艦を攻撃能力のみで見た場合、その役割は艦砲射撃による敵艦の撃墜です。連邦軍は大艦巨砲主義により戦艦の砲撃に依存した戦術を取っており、それ故にミノフスキー粒子を用いたジオンのMS中心の戦術に全く対抗できなかったという過去があります。
 連邦軍がMSを運用するようになってからも、決して戦艦中心の戦略が変わったわけではありませんでした。

>>続きを読む
グリプス戦役時代のMSを「対アナハイム」の視点で見る
 グリプス戦役時代のMSは急激に技術が進歩した部分がありますが、その呼び水となったのはアナハイムが新型MSを積極的にエゥーゴに供給したことではないかと思います。
 そして、そのエゥーゴのMSにティターンズ側が対抗することで、競争が生まれて技術の進歩が促進されたのではないか、と思い至りました。

 実際に、対エゥーゴ、対アナハイムをコンセプトに開発されたMSがあったのか、検証してみたいと思います。

>>続きを読む
月初のガンダム以外の話「戦闘力のコントロールとはどういうことか」
 またドラゴンボールの話です。スカウターで戦闘力を測っていた頃のドラゴンボールでは、「戦闘力=気のコントロールができる」ということが主人公側の一つのメリットとなっていました。
 しかし、コントロールができない敵側でも、本気で戦う時に力を込めたりしているなど、必ずしもコントロールしていないようには見えないように描写されていたように思います(初戦闘時のナッパやベジータなど)。
 そもそも漫画なんだから、という問題であるような気もしますが、敵側と味方側で戦闘力のコントロールについてどう違うのか、少し考察してみたいと思います。

>>続きを読む
陸戦型ガンダムは何故生産されたのか・その2
 以前、陸戦型ガンダムは何故生産されたのかというタイトルで記事を書きました。結論から言えば、陸戦型ガンダムの存在意義は「MSの運用・保守ノウハウを得るための暫定量産機」というものでした。
 あえて言うならば、全領域汎用機であるガンダムの運用環境を限定し、パーツの交換・換装や仕様の変更を最小限に留めることで保守性の向上した機体を局地的に配備し、いずれ運用されるであろう量産型MSのリハーサルを行うことを目的に開発されたのが、陸戦型ガンダムに代表される先行配備機だったということです。

 しかし、これだけは陸戦型GMでも十分対応できるものであったと思われます。あえて陸戦型「ガンダム」であった必然は、ないように思えるのです。当初はGMではなくガンダムをそのまま量産する予定だったから、と解釈する事も出来ますが、それにしても配備されていた時期はすでにGMの配備が決定していた頃でした(RGM-79(E)型の方が先に出てたし…)。
 陸戦型ガンダムは、何故「ガンダム」である必要があったのか、が今回のテーマです。

>>続きを読む
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.