がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
今月の模型誌10.05
 今月は両誌ともに作例も少なく、新商品情報もホビーショー以上のものはほとんどなく。作例については電ホビのシルヴァ・バレトと黒い三連星の06Sという設定ネタ、ホビージャパンのケンタウロスジンクスとセイラマスオFA3号機というお遊びネタと少ないながら両極端の方向性が垣間見えていました。

 とりあえず語ることも少ないので、ホビーショーには出品されていなかったROBOT魂の話でも。

>>続きを読む
スポンサーサイト
ジェダとジェガンの違いを考える
 ジェガンの前身となった機体とされるRGM-88X「ジェダ」は、どのような機体なのかはっきりしていません。しかし、コストはジェガンの方が低いということがBクラブ29号で記されている反面、小説「ハイ・ストリーマー」ではジェガンの方が後継機で高性能であるように描かれています。
 そのまま解釈すると、ジェガンはジェダよりもコストパフォーマンスも性能も優れている事になりますが、実際のところはどのような点が異なるのか、少ない情報から推察してみる事にします。

RGM-88X.jpg
>>続きを読む
ガザEって何載せるつもりだったの?
 AMX-007ガザEは、リゼルと同様にサブフライトシステムとしても運用できるという設定になっている機体です。しかし、リゼルであれば載せるのはジェガンですが、ガザEは実際にSFSとして運用された形跡がなく、何を載せていたのか定かではありません。それを推測してみようという話です。

>>続きを読む
連邦軍がザクキャノンを運用した理由
 「Zガンダム」劇中において、連邦軍仕様のザクキャノンが登場します。しかも、本来陸戦用の機体にも関わらず、宇宙に配備されていました。
 ザクキャノンは生産数が多い機体でもなく(どうも最近はたくさんいたことになってるっぽいですが)、あえて宇宙用に改修してまで連邦軍が運用するメリットが見出せにくい機体です。支援機ならGMキャノンやボールで事足りるのではないかと思うのですが、その理由を考えてみました。

>>続きを読む
アニメ版機動戦士ガンダムUC 第1話「ユニコーンの日」
 友人にDVDを借りてやっと見ることが出来ました。今まで、「動画」として最も優れたガンダム作品は0083だと思っていたのですが、これはそれを上回る勢いがありますね。さすが時間をかけているだけはあると思いました。

 シナリオ自体は小説と大きく変わりませんので、小説との比較から見るガンダムUCという作品についてと、新作アニメとしての映像を見ての感想を書こうと思います。

>>続きを読む
第49回 静岡ホビーショー
 2年ぶりに行ってきました。すでに情報は出尽くしている感がありますし、レビューは他のサイトでも数多くやっておりますので、画像をそこそこに個人的な感想を。

IMG_0569.jpg

>>続きを読む
こんな夢を見た
 あまりにも鮮明に記憶に残る、インパクトのある夢を見たので書き記しておきます。起きる間際だったから余計に覚えてるんだよな。

 それは夢の中、何かのゲーム雑誌(多分Vジャンプだと思う…FF8が出た頃以来読んでないのに)を読んでいると、新作のSDガンダムのゲームが出るという記事が。

>>続きを読む
一週間戦争とブッホ・コンツェルン
 クロスボーン・バンガードを設立した企業であるブッホ・コンツェルンは、元は廃品回収業、ジャンク屋として始まった企業でした。そんな企業が急激にのし上がったのは、それだけジャンク屋という仕事が引く手数多だったことを意味しています。それは何故か。
 結論を言えば、戦争があったからです。最も宇宙にジャンクを撒き散らした戦争は、一年戦争。そのうちでも、最初の一週間戦争こそが、人類史上で最もスペース・デブリを生み出した戦闘であったと言えます。なぜならば、この一週間で、サイド1,2,4の3つを壊滅させてしまったからです。
 極端に言えば、このジオン公国の急襲が、後のクロスボーン・バンガードを生み出す伏線にさえ、なっていたということになります。

>>続きを読む
クワトロ大尉とアムロ大尉とカミーユの宇宙世紀兵器開発史講座21「ガンダリウムγとアナハイム」
クワトロ縮小ではまた私が講義を行なうとしよう

カツ縮小…僕の名前がない

カミーユ縮小あれ?アムロさんはどこに?


クワトロ縮小今回からアムロは生徒側だ。エゥーゴのMSについて勉強してもらう立場だからな

アムロ縮小そういうわけだ、よろしく


カツ縮小そ、そんなー!
>>続きを読む
RX-80~RS-82あたりを全肯定してみる
 真っ黒な非公式設定の中には、RX-80以降の形式番号を持つMSが設定されていたりします。これらのMSも、「終戦時に白紙に戻された計画案」ということにしとけば割と肯定できるんじゃないか?とか思ったので、ちょっと考えてみました。

>>続きを読む
月初のガンダム以外の話「マスコミがネットを嫌う本当の理由」
 マスコミはインターネットを使った犯罪が起きるとことさらインターネットの危険性を訴えます。また新聞、テレビの地位が低下していることについてインターネットの普及を要因のように語ることがよくあります。

 しかし、一方でインターネットの情報ソースはほとんど新聞記事ですし、テレビ番組の実況をインターネットで行うということもよく行われています。これは結果的に、新聞を読まないような層に新聞記事を読ませることにもなっていますし、テレビをその場にいる家族など以外とも共有できる楽しみを提供している側面もあります。
 つまるところ、インターネットは決してマスコミにとって害悪ではなく、むしろ相互補完の関係にさえなり得るものでもあると言えます。

 なのに何故、マスコミはインターネットを敵視するのでしょうか。

>>続きを読む
アムロがサイコミュを使うようになった過程を考える
 「逆襲のシャア」のアムロは、初めてサイコミュ兵器を使用した主人公です。それも、物語開始当初から当たり前のように、自分で設計したνガンダムにフィン・ファンネルを組み込んでいました。サイコフレームの採用も予定外のものでしたし、アムロは最初からサイコフレームの補助なしでファンネルを使用する気満々だったことが伺えます。

 しかし、これまでアムロがサイコミュの類を搭載した機体に乗ったことは、公式設定の上では一度もありません。また、それ以外のファンネルを搭載した機体に乗ったパイロットは、多かれ少なかれ、何らかの施設出身、または何らかの強化措置が施された人間に限られていました。それが、何の抵抗もなくファンネルを搭載して実戦で使用している…となると、「Zガンダム」と「逆襲のシャア」の空白期間に、アムロはサイコミュを使用した経験があるのではないか、と考えました。あ、メガゼータはダメですよ(笑)

>>続きを読む
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.