がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ガンダムMk-IIが奪取された本当の理由
 エゥーゴがガンダムMk-IIを奪取した目的は、主にZガンダムの開発のためだと思っていました。Mk-IIの奪取により生み出されたのは、間違いなくZガンダムであるからです。
 しかし、アナハイムがガンダムMk-IIを入手した結果生み出したものは、Zガンダムだけではない、ということに気づきました。GMIII、そしてジェガンという量産型MSも、Mk-IIの延長線上にある機体だからです。

>>続きを読む
スポンサーサイト
「スナイパー」と「キャノン」の違い
 スナイパー系MSと、キャノン系MSは、両方とも遠距離からの攻撃を主体とする機体ですが、その違いはどこにあるのか、という話。
 そんなの「狙撃」と「砲撃」の違いに決まってるだろというのはその通りです。相手の察知範囲外から確実に攻撃を命中させ、極力一撃で仕留めるのが狙撃であれば、遠方から攻撃を行い、必ずしも命中させるのが目的ではなく、回避や警戒をさせることで相手の進撃を妨害したり、近距離で戦っている味方への注意を逸らすなどの牽制が主なのが砲撃、ということになります。
 MSの特徴で言うのであれば、射程の他にスナイパー系に特に求められるのは命中率=センサーの精度、キャノン系に特に求められるのは手数=装弾数の多さ、ということになります。

 これは、あくまで単体スペックを見ての話。実際に部隊に配備して運用するときに、どういう差が生じるのか、というのが今回のテーマです。

>>続きを読む
今月の模型誌10.03
 今回もホビージャパンはほとんど新情報で終わり。何かマイナーネタを貯め込んでいるのでしょうか。一方の電ホビは割と頑張っている印象があります。

>>続きを読む
サイコガンダム亜種の発展の系譜
 ガンダム世界でも異色のメカであるサイコガンダムには、技術を継承した派生機がいくつかあります。そのそれぞれがどのようなコンセプトでどの部分を受け継ぎ発展したのか、というのを考えてみたいと思います。

>>続きを読む
アナハイム・ガンダムの量産機
 アナハイム・エレクトロニクス社がエゥーゴのために開発したガンダムタイプのMSには、ほとんど例外なくその量産型が存在しています。
 これは、以前「試作機にかけた莫大な費用の元を取るために余剰パーツを流用して開発した廉価版」であり、「少数精鋭での戦闘が基本だった時期に、軍制式の量産機より少しでも高性能な機体を求めているエゥーゴに供給された」のではないかと言ったことがあります。

 で、実際にどういう量産機があったのか、機種ごとに少し分析してみたいと思います。

>>続きを読む
リックディアスとサザビー、百式とギラ・ドーガ
 リック・ディアスとサザビーは、頭部にコクピットがあるという点で共通しています。また、百式とギラ・ドーガは、脛のフレームが露出しているという点で共通しています。どちらも、他のMSにはあまり見られない共通点です。
 また、リック・ディアスと百式、サザビーとギラ・ドーガはサイズは違えど共通の意匠をもつ機体であり、これら4機種は全てアナハイムで生産されています。
 このことから、リック・ディアス及び百式と、サザビー及びギラ・ドーガには、開発系譜上の接点があるのではないか、と考えました。

>>続きを読む
RMS-179とRGM-86
 要するにGMIIとGMIIIの話です。以前、RMS-179はRGM-86として連邦軍に制式採用され、その改良型がRGM-86Rなのではないか、と考えた事があります。
 これは、そもそもRMSナンバーの拠点番号制が採用された理由が各拠点で競作を行うためであるとされていること、だとすればその結果制式採用される機体があるはずだということからの発想で、故にRMSナンバーが連邦軍の制式主力機に選定される事で、RGMナンバーが与えられるのだという結論になったのです。

 で、それはさておき、RGM-86Rという機体は、「何故いきなりR型なのか?」という疑問が未だに解消されないMSです。そのヒントはおそらく、このRMS-179という、GMIIのグリプス仕様が握っているのではないか、と考えたのです。

>>続きを読む
ゲームブック 機動戦士ガンダムZZ
表紙
 ねんがんの ヘルメス三部作を てにいれたぞ!!

>>続きを読む
エゥーゴのMS生産ライン
 エゥーゴが運用していたMSは試作機ばかりというイメージがありますが、実際のところ生産ラインが稼動していたような機体はどれくらいあったのか、というのを考えてみようと思います。
 実際にはエゥーゴ用に供給されていたアナハイム製MSの、ということになりますが。

>>続きを読む
ネオジオンMS名鑑(6) AMX-109 カプール
 AMX-100番台もこれで佳境。AMX-010という誤記っぽい型番もあるんですが、触れません。ザクIIIもAMX-110と表記される場合がありますが、今では011で統一されてますし。
 つーか、カプールってそういえばプラモになってなかったんですね。あのキットインストがないと情報量が少なくて厳しいです。

>>続きを読む
クワトロ大尉とカミーユとカツの宇宙世紀兵器開発史講座19「戦後のジオン製技術の研究」
クワトロ縮小では、今回も引き続きアムロに講義をお願いしよう

アムロ縮小いつまで続くんだ、これ…

カミーユ縮小今僕たちがいる時代までじゃないですか?ていうかなんか僕ら小さくなってません?


カツ縮小気のせいじゃないか?画質がばらばらなのは前からですけど
>>続きを読む
陸戦型ガンダムは何故生産されたのか
 RX-79(G)陸戦型ガンダムは、RX-78の余剰パーツを流用した限定生産機であることなど、どのようにして開発されたかの設定はありますが、何故そのような機体が必要とされたのか、ということに触れられる事はあまりありません。
 もちろん、単純に一刻も早いMSの配備が必要だったということもあるでしょうし、その中でも性能の高い機体をということであれば、RX-78のパーツを流用したものがよいということでもあったのだと思いますが、それにしてもRX-78やRGM-79とはずいぶん違う外見です。
 おそらくOVAリリース当時より疑問が多く持たれたであろうその答えは、劇場版「ミラーズ・リポート」のパンフレットにありました。


>>続きを読む
月初のガンダム以外の話「教育費が高いってどういうこと?」
 近頃よく教育費が高い、という報道を目にします。しかし、別に公立の学校の費用が上がっているわけではないようですし、何をもって高いと表現しているのかいまいち理解できませんでした(自分に子どもがいるわけでもないし当たり前なのですが)。
 しかし、どうも調べてみると、私立の学校でかかる費用や、学校以外の教育費(要するに習い事、塾)が昔に比べ増えているようです。

 私立の学校に通うかどうかはその家庭の自由ですし、習い事も同様です。一番大きいのは塾なのではないでしょうか。昔、塾に通うのは上位校への進学を狙う一部の好成績者でした。頭がいい人が通っていた、という印象があります。しかし、今ではほとんどの生徒が塾に通っている印象があります。特に大学受験を目指す高校生では入っていない人の方が珍しいでしょう。
 しかし、「教育費が高いから国が補助しろ」という論調は、変換すると「塾が高いから国が補助しろ」になってしまいます。いくら塾が高いからって国が塾に行く費用を出すというのもおかしな話です。何故、そんなことになってしまっているのか、少し考えてみました。

>>続きを読む
ジオン軍の形式番号の末尾の意味を考える
 MS-06RなどのジオンのMSの形式番号の末尾のアルファベットは、複数の機種で共通の意味として仕様されていると思われるものと、そうでないものがあります。これらを比較してみる事で、どのような意味で形式番号のアルファベットが割り振られているかを推測してみようと思います。

>>続きを読む
先月の模型誌10.02
 忙しくて本屋寄れなくて出先の本屋に寄ったら電ホビしかなかったという罠。というわけでホビージャパンも読んだら月が変わってしまいました。
 でもどっちも新商品のレビューばっかりで大した作例がなかったなぁ。それもネタ切れだからじゃなくて新商品だけでページが埋まっちゃったような印象でしたけど。
 しかしホビージャパンはセイラマスオ氏のデュエルレッドウォーリア、電ホビはまさかのノブッシのフルスクラッチという作例が待ち受けていたわけですが。

>>続きを読む
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.