がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
今月の模型誌09.03
 今月は電撃ホビーマガジンが付録つきだったのですが、何故か立ち読みできたのでラッキーでした。まぁ、こじ開け具って微妙に役立ちそうだしちょっと買ってもいいかと思ってしまいましたけど。

>>続きを読む
スポンサーサイト
機動戦士ガンダムOO 2nd #25「再生」
 とうとう最終回を迎えました。とはいえ、劇場版に続くんでまだ終わってないんですけどね。でも劇場版が無かったら完全にこれは「俺たちの戦いはこれからだ!」エンドだったよなぁ…。
 なんというか、第一期の最初の頃にアストレイっぽいっていう感想を何度か述べたことがあるんですが、終わり方は実にアストレイっぽかったです(苦笑)あれもまともに話を閉じられたのってXアストレイくらいだもんな。

>>続きを読む
魂ネイション 2009
 秋葉原で行われたこのイベントに行ってきました。バンダイコレクター事業部のイベントです。来場者全員にMINI FIGのFAガンダムクリアーバージョンが配布されました。全身透明でもな…クリアカラーで塗装すればいいんだろうか。

魂ネイション

>>続きを読む
別冊アニメディア 機動戦士ガンダムZZ PART.1、2
 ようやくZZの別冊をゲットしたのでご紹介。PART1はいつも異常な高値が付いてるんだけど何がそんなにプレミアなのだろうか?

 このシリーズはとにかく企画書とか初期稿とかが豊富なんですが、今回はそれほどでもなかった印象がありました。

>>続きを読む
サイコミュに関する資料の記述を考察する
 何かと妄想に頼りがちなサイコミュの設定ですが、実は資料をしっかり読み込んだ方が答えを絞れるのではないかと思い、様々な資料を参考にしてみることにしました。あ、小説版は抜きで…矛盾が多いし何より関連の文章を探す手間が半端ないので(笑)

 とりあえず、まずは原点であろうガンダム・センチュリーの記述をピックアップして始めます。

・これはニュータイプの持つ鋭い感応波を増幅し、コンピューター言語に翻訳するシステムである。
・ニュータイプの「感応波」は、ミノフスキー粒子下の電波通信に生ずる規則的な変調によって発見された。
・砲塔のコントロールには、感応波の司令をレーザー信号に変換しライトケーブルによって有線誘導する方式が用いられた。(ブラウ・ブロの解説)
・ミノフスキー通信とは、ニュータイプの感応波がミノフスキー粒子の立方格子を振動させ、その振動波が伝播する性質を応用したものである。(エルメスの解説)
・増幅された感応波は敵軍のニュータイプにも受信が可能で、両者の間に感応現象を引き起こしビットの誘導が不可能となる(エルメスの解説)

 これ読んでてエルメスの機体上部に脱出装置があることを知りました。ちょうどその辺にサーベルを受けたからララァは脱出できなかったのかな。

>>続きを読む
アクシズって他に拠点持ってなかったの?
 アクシズって、いわゆる「小惑星アクシズ」以外の拠点が劇中に登場してないんですよね。せいぜい、ZZ終盤のサイド3くらいでしょうか。
 しかし、アクシズは他にも拠点を持っていたはずなんです。何故なら、ゼダンの門をぶっ壊す時に、一度本拠地であるアクシズを放棄しているからです。
 Zガンダムの作中だけで考えるのであれば、グワダンやグワンバンなどの大型艦でもたせていたとも考えられますが、ZZまで考えると、エンドラ級や新型MSをたくさんそろえていたはずですので、それらはどこにいたのよ?という話になります。どう考えても、他に複数の艦隊が停泊できるレベルの拠点があったと考えないと説明がつかないんです。

 ならば、それはどこだったのか?という話です。

>>続きを読む
GUNDAM LEGACY 2巻
 いつの間にか出ていた2巻目。これって「至高のガンダム戦場漫画」だったんですね…。近藤和久に喧嘩売ってるよなこの文句。
 とりあえず、これはどうも外伝コラボ漫画とマイナー設定満載シリアス漫画を同時にやろうという企画みたいです。前者で人気とって後者が本当にやりたい企画とみた。

 でもなんかツボが違うんだよなぁ。ガンダムで戦場漫画やりたいなら、もっとメカニック描写に力入れないと。せっかくメカ描ける夏元氏使ってるのにもったいないなぁ。

>>続きを読む
機動戦士ガンダムOO 2nd #24「BEYOND」
 ガンダムOOって、MSの設定という意味で他のガンダムと比較した場合、何が一番独得かって「GNドライヴ」っていう設定なんですよね。過去のガンダムって、基本的に動力源は核か電池だったわけですよ。例外はGガンダムと∀ガンダムくらいなものでしょう(WとXはそもそも動力源の設定がないですけど)。それに対し、OOは完全に架空のエネルギー源なわけです。基本的に、動力源が架空のエネルギーってスーパーロボットの定義の範疇に入るものだと思うんですよね。光子力とかゲッター線とか。
 まぁつまり、OOってスーパーロボットアニメだったわけですよ。うん。

 でも…まさかシナリオまでGNドライヴで解決させてしまうとは…(汗)

>>続きを読む
RGMナンバーが意味する連邦軍のMS運用思想
 連邦軍の形式番号は、基本的に「R+機体の愛称」であるといくつかの資料で明言されています。これはすなわち、機種の数だけ形式番号が存在するということになります。

 現在明らかになっているのは以下の通りですね。
RGM:GM
RGC:GMキャノン
 RB:ボール
RAG:アクアGM
RAS:アッシマー?

 その他にも公式度は極めて微妙ですが、
RGD:GD
RGT:ガンタンク
 というものもあります。RGZやRGXというのもあるのですが、これは機種の略称かは微妙なところです。とくにRGZはリファイン・ガンダム・ゼータの略である可能性が高く、連邦軍の法則とは微妙に異なる番号と言えます。まぁ、R+ガンダムゼータでもいいんですけど。

>>続きを読む
PS2 機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V その6
 129ターン経過。前回の教訓をもとに、戦力の拡充に努め続けて数ターン。生産してはターンを送るを繰り返してきましたが、あるターンでグリプス2の戦闘画面が切り替わらない事態に。お?と思って気づいたんですが、委任戦闘で始めてしまった…(汗)1機だけが残っている状態のバーザムやマラサイを、ジムカスタムとジムキャノンIIの部隊が蹴散らしていき、戦闘終了。ティターンズは滅亡しました。
 ここまでノーセーブだったんで、今更やり直す気にもなれず、なし崩し的にアクシズとの戦闘に移行していくことになりました。まさに「魔封波ぬきでやってやるぜ…」な気分。

>>続きを読む
オーブとジャンク屋ギルドの形式番号
 今更ですがSEED設定の考察。どうしても気になることがありまして。

 オーブのMSであるアストレイの形式番号に、MBFというナンバーがあります。これはストライクルージュの形式番号ともなっており、意味は"Main Battle Figure"と設定されており、意訳すれば主力戦闘人型機動兵器ということになります。
 また、同様にオーブ軍の量産型MSであるムラサメには、MVFというナンバーが与えられており、MBFのネーミング法則から考えて、おそらくは"Main Variable Figure"の略であると考えられます。

 ここまでは良いのです。問題は、同様の法則に乗っ取ったMSが他にもあるということです。それが、レイスタやシビリアンアストレイに与えられているMWFナンバーと、ターンデルタに与えられているMMFナンバーです。MWFのWはWorksであることが明らかになっていますし、MMFナンバーはMの意味は不明ですがFはFreeという意味が込められているとされています。
 問題は、MWFナンバーの機体はオーブ軍のMSではないし、MMFナンバーにいたってはロウ・ギュールが自分で勝手につけた形式番号である、ということです。

 オーブ軍の制式兵器と、ジャンク屋が独自に開発したMSが、何故同じ法則の形式番号を使用しているのでしょうか。

>>続きを読む
もしもレビルが死んでなかったら
 もしも、レビルが一年戦争を生き残っていたら…という話。ギレンの野望だと普通に生き残るんで、本来どうあるべきなのかなと。

 この手のIFを考える時は、その前提条件が何故揃ったのか、というのは基本的に無視するものなんですよね。ただレビルの生還条件というのは、基本的には「ソーラ・レイが発射されなかった場合」か「デギンとの和平の場がなくなった場合」のいずれかになるわけですが。

>>続きを読む
ガンダムウォーのマイナー機画像
 とりあえず画像化してみたガンダムウォーのマイナー機を紹介してみます。

 色々調べてるんですが、まだカード化していない機体も結構あるみたいですね。Hi-νとか出てないみたいだし。その割にやけにマイナーなのがカード化されてたりして、基準がよくわからんですわ。

>>続きを読む
機動戦士ガンダムOO 2nd #23「命の華」
 というわけで更新します。更新前拍手ありがとうございます。

 なんというか…とうとう作品としての完成をあきらめてネタ路線に走ってしまったのだろうか…としか思えない回でした。いや、見るべきところが無かったわけではないのですが…全体的に「お前ら突っ込むなよ!絶対突っ込むなよ!」っていうダチョウ倶楽部的な雰囲気が漂っておりまして…。なんというか、突っ込んだら負けなのか?とさえ思ってしまいました。

 それでも、ドラゴンボール好きとしてはこれだけは言っておかなければいけないですね、やっぱり。

 「 ま る で ト ラ ン ザ ム の バ ー ゲ ン セ ー ル だ な … 」

>>続きを読む
ガンダムウォー
 超マイナーな機体のイラストが新規書き下ろしで記載されてたりするので、ちょっとだけ集め始めてみました。映像作品に登場しない宇宙世紀の機体を片っ端から集めています。
 マイナーなMSはそんなにレアなカードでもないんで、中古ショップで1枚100円レベルで投げ売りされてるレベルですから集めるのにもそんなに苦労しないんですよね。

>>続きを読む
PS2 機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V その5
 105ターン経過。ティターンズを生殺しにしているので結構経過しています。本当はもう少し進めていたのですが…。

>>続きを読む
ネオ・ジオンMS名鑑(3) AMX-103 ハンマ・ハンマ
 型番の番号通り、今回はハンマ・ハンマです。しかしこの機体は設定が少ない…(汗)

>>続きを読む
機動戦士ガンダムOO #22「未来のために」
 物凄いフラグ立ち続けの話でしたね。列挙するだけでも…

・グラハム最終戦助太刀フラグ
・Oガンダム強奪フラグ
・ラッセ死亡フラグ
・フェルト×刹那フラグ(?)
・ティエリア×ミレイナフラグ(?)
・セシリーの花フラグ
・ソーマ人格統合フラグ
・リボンズ量産フラグ
・愛・おぼえてますかフラグ

 それとは別に、戦闘もなかなか面白かったです。アンチ粒子とかあるならもっと早く使えよという気もしますが。

>>続きを読む
シャアのネオ・ジオンのサイコミュ搭載機を整理する
 シャアのネオ・ジオンは、サイコミュを扱えるパイロットが少ない割にサイコミュ搭載機のバリエーションがかなり広い印象があります。一体これらは何のために開発されたのか?ということを、1機種ずつ整理していくことで考察してみようと思います。

>>続きを読む
裏MS辞典復活
 CGI設置用に借りたサーバーが自然消滅してしまったために使用できなくなってしまった裏MS辞典ですが、この度新たなサーバー(ちゃんとしたやつなのでもう消えることはないでしょう)にて復活させました。
 とはいえデータは残っていないので、ゼロからのスタートとなりますが、どうぞご利用いただければと思います。

 http://homepage3.nifty.com/listento/
PS2 機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V その4
 エゥーゴ編ノーマル79ターン経過。ちょっと忙しいのでペースが落ちていますが、今のところ全く歯ごたえがない状態です。こっちが攻撃しやすいように敵が突っ込んできてくれるんですよねぇ。全然消耗しないんですよね。
 というかせっかくのグリプス戦役なのにティターンズ・アクシズとの三つ巴がないってのは正直どうかと思います。

>>続きを読む
クワトロ大尉とカミーユの宇宙世紀兵器開発史講座11「V作戦の兵器」
クワトロでは、V作戦により開発された兵器について語ろう。

カミーユまずはガンタンクですね!

クワトロいや…違うな
>>続きを読む
機動戦士ガンダムOO 2nd #21「革新の扉」
 結果だけ見れば人員整理の回でした。つーか前にネーナが思いっきり王兄妹にビームかましてたのはフェイク演出の類なのか?あのシーンぶっちゃけほとんどいらなかったと思うんだけど。今回また同じことやってるだけだし。
 さんざん釘を刺されてたリジェネが結局思うがままに動いてるのは完全にリボンズに泳がされてるんだよね。ネーナは監視されててリジェネは監視されてないとかあり得ないし。つーかリジェネは少しはリボンズ対策とかしてないのかよ。

>>続きを読む
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.