がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
データコレクション 機動戦士ガンダムSEED外伝
 いつの間にか発売されていたので即ゲット。一緒に∀も出ていたのでこちらも購入しましたが、こちらは記事にしてまで語る内容ではなさそうです。もっともメカデータが膨大だったり、文字設定の部分までフォローされているので、決して資料として悪いものではないですが。

 ただSEED外伝の方は、それ以上に凄いものでした。何が凄いって、アストレイRにしか登場していないカスタムメカが設定画つきで載ってるから(笑)チョイ役の海賊の専用ジンの設定画…わざわざ起こしたんだろうか。
 既存メカについても、メディアワークス関連のものだけでなく、ホビージャパン発のSEED-MSVも載っていたので非常に良心的でした。メディアワークス系でも、ブルーフレームのコンプリートセンサーやハイスピードブースターの設定画は初めて見た気がします。

>>続きを読む
スポンサーサイト
ルロイ中尉とシャア大佐の「今月の模型誌07.07」
シャア「今月はなんと言っても私のゲルググだな」
ルロイ「そうですね。大佐的にはいかがですか?」
シャア「私にとってMSは自分に使いやすいかどうかという点以外に興味はない」
ルロイ「またまた…赤くなくてもいいんですか?」
シャア「私が何故赤いMSに乗るか知っているか?」
ルロイ「え、さぁ…下地の色がそのままとか」
シャア「…さっさと撃墜されたいからさ」
ルロイ「それは長谷川ジョニーさんだよ!」

>>続きを読む
ロマンアルバムエクストラ35 機動戦士ガンダム
 今週は全く更新が出来ませんでした。忙しかったのもありましたが、弟が大学のレポートに追われていてPCを完全に占領されていたのです(苦笑)
 忙しかったのは事実で、未だに模型誌の立ち読みすら出来ていなかったりするのですが…。

 ところで、先日ガンダムのロマンアルバムを購入しました。「放映終了後」の大河原デザインオリジナルメカが目当てだったんですが、その他にもアニメの設定画がかなり正確な形で掲載されていたので思わぬ収穫となりました。ガンダム・ガンキャノン・ガンタンクの内部画稿って公式の設定画だったんですね。当然、今のMGのフレームとは全く違うものですが…。

 他には、プロトタイプグフの元になったグフの初期稿まで載っていました。そしてもう一つ、「ザクの後継機」のデザイン案の一つとして没になった画稿が掲載されていました。これを「MS-11初期案(アクトザクの原型)」と考えることは出来ないだろうか…?
>>続きを読む
ヘビーガンダムの存在意義
 ヘビーガンダムは「フルアーマーガンダムの別案」という設定であるというのが一般的だと思うんですが、「ガンプラジェネレーション」を改めて読んでみたところ、「FSWSが極秘裏に進行した末に完成した機体」と書いてあることに気づきました。

 これは、「FAガンダムはプランのみで終わった機体とされていたけど」という前提の文章なんですが、やっぱりヘビーガンダムって「フルアーマーガンダムのデータを元に開発される予定だった後継機」だったんじゃないかなぁって思ったんですよ。

>>続きを読む
ゲルググとアクトザクの関係
 ゲルググは当初MS-11の型番で開発されていました。これは元々当初の設定ではMS-11だったことに由来しています。おそらくは間に別の設定をはさむためにMS-14に変えたのでしょう。SEEDにおいて、プロヴィデンスが当初X11だったものが、後にX13に変更されていたのと同じケースであると思われます。
 そして、ゲルググの代わりにMS-11の型番を得たのが、アクトザクという機体です。設定上は、ゲルググの型番が変更されたため、その空き番を充てるという形でアクトザクがMS-11になったと言えます。MS-Xの設定自体が、「情報撹乱のために空き番を使用した」という設定ですから、それで問題ないように思えます。

 しかし、この解釈では辻褄の合わない記述が、いくつか存在しています。今回はそれについて考察してみようと思います。

>>続きを読む
設定資料集
○機動戦士ガンダム 記録全集5
○機動戦士ガンダム TV版ストーリーブック2
○機動戦士ガンダム TV版ストーリーブック3
○機動戦士ガンダム大事典
○機動戦士ガンダム大事典 Part2

○機動戦士Zガンダム大事典
○ガンダムZZ&Z 保存版設定資料集
○機動戦士ガンダム外伝 設定資料集
○機動戦士ガンダム ハチゼロ/ハチサン/ゼロハチ
○機動戦士ガンダム MS IGLOO 完全設定資料集


 アニメやゲームなど、単体の作品の設定資料集です。アニメなんかは腐るほどあるんですが、アニメの資料集ほど当たり外れの大きいものはないので、基本的にはチェックしていません。たまたま古本屋で見かけたり、レアな記述があるらしいものだけをピックアップしています。
 今度イボルブのも出るみたいですが、それはそれで入手したら追記します。
>>続きを読む
ホワイト・ディンゴ隊のカードビルダー戦記0083 第5話
20070106212039.jpg
「ロンの小隊は戦力として有効のようだな。ではこちらも試作1号機のテストを行う」

20070404204756.jpg
「コストが厳しいので、ビームガンに小型シールドでやってみます」

20070404204806.jpg
「結局俺はガンキャノンかぁ」

20070215222614.jpg
「ガンキャノンもいい機体ですよ?火力はトップクラスです」

20070106212039.jpg
「その通りだ。今回は俺とレオンで前衛を務めることになる。援護はお前だけに任せるぞ」

20070404204806.jpg
「そうか、よし!2人の背後は俺が守るから、安心して戦ってくれ!」

>>続きを読む
ちょっと多忙なのです
 小説含め、ちょっと更新が滞りそうです。来週までしばしお待ちください。
 そういえばMS辞典の方はあまり反応がないようなので、宇宙世紀編に武器データを追加することなく、非公式MSあたりを更新していこうと思います。

 HGUCでブルー1号機出ちゃいましたね。イフリート改は真鍮線刺しながら仮組みを始めているんですが、市販のジョイントパーツを使っても関節強度の確保は難しそうです。最近の強靭な関節を持つキットから流用した方が早いかなぁ。
 ブルー1号機は、2号機よりも頭部が大きめになってバランスが良くなったように見えました。イフリートが完成したら購入して並べてやろう。

 最近カードビルダーの排出カードがかなり悪くなったように思えます。1日2クレしかやってないのに3日連続でザクキャノンってどういうことですか。バージョンアップしたらカードはグレードダウンしたようです。

 スパロボは現在OG2中盤。最初の追加シナリオにはぶったまげました。
ヒートロッドと海ヘビ
 ガンダム世界が誇る2大電撃兵器、ヒートロッドと海ヘビ。この存在意義についてちょっと考えてみます。

 まず、これらの武装が対MS用兵器であることは疑うべくもありません。戦艦にはちょっと電撃流したくらいじゃダメージを与えられないでしょうし、戦車や戦闘機に近接攻撃としてこのような攻撃手段をとるのはさすがに非効率的です。

 これらの電撃兵器は、機体を壊さずに内部からダメージを与えられるというのがポイントです。また、パイロット自身にもダメージを与えられるというのも特徴の一つです。これらの特徴に対MS兵器であるということを踏まえると、一つの推測が可能となります。

>>続きを読む
アストレイ年表(先行試作型)
http://members.jcom.home.ne.jp/0911502801/astray.htm

 日曜はアストレイ関連の書物に総動員をかけて、一日かけてこんなものを作っていました。現在はあくまで無印SEEDの時点でのものです。Dアストレイはまだ全部持っていないので。
 「終わらない明日へ」のロウと劾のミッションがどの時期に当たるかご存知の方がいましたら、教えてください。ゲーム持ってないんですよね。ロウのがプロモアニメと同じ内容というのは知っているんですが、そもそもそれがいつなのかが分からんのです。フライトユニットを装備していて地上なんで、キラを助けて以降、宇宙に上がるまでというのは分かるんですけどね。劾がソキウスと戦っていたあたりかなぁ。

 MSV関連も一緒にまとめようかとも思いましたが、死にそうなのでやめておきます。アストレイとかぶっている部分のみにしておきました。
 本当はきっちり公式年表に当てはめようとも思ったんですが、まったくもってはまりませんでした。アストレイは時系列が複雑に入り組んでいることもあって、公式年表との整合性は最低限に留められているようです。というか、本編の矛盾を後から補正するのがアストレイの役目の一つですし(苦笑)、正確に決めておくと都合が悪いのでしょう。
 それを利用してか、結構アストレイは時系列の隙間に無理矢理はめ込んだようなエピソードがありますね。特にアストレイBはめちゃくちゃです。

 しかし、これにDアストレイ以降を加えるとなると気が遠くなりますな。テスタメントが奪取されたのいつだよ…。リジェネレイト外出中だったってことだから、ゴールドフレームと接触したあたりの頃か?
黒歴史における、ラグランジュポイントの変遷
 最近、黒歴史の研究を始めています。宇宙世紀とそれ以外の暦の関係、及び変遷を考察しているのですが、その中で、ほぼ唯一絶対の指針であろうラグランジュポイントに注目してみます。

 ラグランジュポイントとは要するにコロニーを設置できる宙域のことですから、すなわち各時代のコロニーの位置を把握するということです。

>>続きを読む
ZガンダムとGディフェンサー
 某所でZガンダムにGディフェンサーを合体させた画像があって、なんかウェイブライダー形態がZIIっぽいぞと思ったのです。ということはメタスにも似ているはず。
 Gディフェンサーとメタス&ZIIのMA形態を見比べてみると、「両サイドに縦に重なったユニットがくっついている」という構造が共通していることが分かります。メタス&ZIIでは脚部となっている部分が、Gディフェンサーだと青い部分(ミサイルポッド兼推進器?)になっていると言えます。
 更に、Zガンダムの初期稿の中に、Gディフェンサーにそっくりな形状のウェイブライダーがあることに気づきました。Gディフェンサーは、Zガンダムの没案から派生した機体なのではないでしょうか?

 そう考えると、GディフェンサーってZガンダムの変形機構を通常のMSに持たせるための実験機とも言えるのではないでしょうか?つまり、GディフェンサーはBWSのご先祖様だったと…。
 ZプラスR型のBWSって、リ・ガズィのBWSとGディフェンサーの中間みたいな形状なんじゃないでしょうか?

 ついでにGディフェンサーとメタスが構造的に似ていることを利用すると、前者がリ・ガズィ、後者がリゼルへと発展したことになります。違いは非可変機か、可変機かというだけであって、これはMSZ-007/008の相違点とも同じと言えるのではないかと思います。007と008は、Zガンダムの非可変量産案と可変量産案と言えるのかもしれませんね。そうなると、近藤版Zガンダムは008であって欲しかったなぁ、という気もします。いや、意外と近藤版Zガンダムは背中にBWSに近いものを背負ってるだけなのかも…なんて。
ガンダム関連の企画本
○ガンプラジェネレーション
○ガンダム者――ガンダムを創った男たち
○ガンダムと第二次世界大戦――かくしてジオン軍、ドイツ軍は戦い、敗れた
○カトキハジメデザインアンドプロダクツ アプルーブドガンダム
○マスターピース ゼータガンダム
○機動戦士ガンダム 一年戦争全史

いわゆる非公式のムック本というやつですね。
「僕たちの好きなガンダム」以降似たような本が急増した気がしますが、
外れも多そうなのでほとんどチェックしていません。

>>続きを読む
MS辞典コズミックイラ編更新
 ひっさびさにMS辞典のCE編を更新しました。デルタアストレイの登場メカが主ですが、それ以上に全ての機体の武装データを追加したことが大きな変更点です。更新作業自体は2ヶ月前くらいから少しずつやってました。小説書きながらなんでなかなか時間を取れないんですよね~。
 MSの武装を固定武装と携行武装に分けてリストアップしたのはカードビルダーの影響ですが、実際どの機体でも持ち替えられる装備とその機体固有の装備は区別した方が分かりやすいかなと思って、そのようにしてみました。
 コズミックイラの武装は設定が明確なのでやりやすかったんですが、名前が長すぎて困りました(苦笑)とりあえず形式番号はオミットしてあります。同名の武器(ビームライフルなど)は形式番号も記してよかったのかなとは思うんですが、形式番号のない武器もあるので。
 なお、武器の「商品名」と「種別名」は明確に区別した方がいいと思うので、引用符で区切るようにしています。
 武装一覧には、基本的にシールドを入れていないんですが、入れた方がいいのかな?
 その他、文章についても細かく変更している個所がいくつかあります。というか、半分以上の文章を書き直しています。

 正直なところ、宇宙世紀の方も同じようにしようかは迷っています。というのも宇宙世紀は武装についての設定がかなり曖昧ですし、レイアウトが崩れるかなとも思うので。
 このまま宇宙世紀編も武器欄を追加してほしい、という方は拍手をください。その数で実際に更新するか考えます。

 あ、ダブルオーのMS辞典を作るかは今のところ未定です。大々的にMSVのような企画をやるとなると、考えなければいけないかなという感じですが、基本的には自分が作りたいと思うか否か(設定の整理の必要性を感じるか)で決めたいと思います。現在進行形でMS辞典を作るのは難しいということはSEEDでよくわかったんで、あまり前向きではないですけど。
月初のガンダム以外の話「スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONS」
 今週の更新がまばらなのも、小説が更新されてないのも、全部このゲームのせいです。
 最近すっかりスパロボはご無沙汰なんですが、オリジェネは好きなので買っちゃいました。オリジナルだけの方が、シナリオに大きな破綻はないし(不満は色々あるんですけどね)、何より知らないキャラがいないというのが非常に大きいです。
 最近の版権もののスパロボは、どうも知らないロボットアニメがたくさん出てくるし、しかもそれらの原作再現シナリオが結構多かったりするんで、段々つまらなくなってくるんですよ。昔はそれでもそれをきっかけにそのアニメを見たりしてたんですが、流石に興味をもてなくなってしまいました。なんせ、本当に人気があって誰でも知ってるようなアニメはすでにほとんど出し尽くしてますから、あとはマイナーなものか、最近の新しいアニメしかないわけで、すると両方とも見ていないんで正直どうでもいいんですよね。SEEDの冷遇ぶりはひどいし。

 オリジナルジェネレーションは、過去のスパロボをやったことがある人のためにあるようなゲームですし、世界観が統一されているが故に武器の付け替えができたり乗換えがし放題だったりとゲーム的な自由度が高いですし、そういう意味で個人的にはツボでした。
 というわけで、現時点でのプレイ雑感などを、興味ない人にとってはどうでもいい内容ですが垂れ流したいと思います。当然ネタバレです。

>>続きを読む
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.