がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
小説版「コロニーの落ちた地で…」
 ジオフロに続いて読破完了。同じ作者なので似たようなノリでしたが、こっちのほうがはるかに面白かったです。理由はたぶん、オーストラリア戦線という既存設定にない世界を描いていたからでしょう。メカ描写とかキャラ描写とか以前に、世界設定を読むだけで面白かったですね。
 あとは、元々ゲーム自体にシナリオ性が希薄なので、それをうまい具合に補完していること、ゲームにいないキャラがいい味を出していることが挙げられると思います。でも、ジオフロと戦記はその辺がいまいちだったんだよなぁ。なんだろ、作者以外に誰かアイデアを出した人がいたのかな。たぶんジオフロと戦記はファーストと同じ世界観を共有しているけど、コロ落ちはほとんど無関係だったのが良かったんだろうとは思う。
 というわけで少し内容を。

>>続きを読む
スポンサーサイト
気が付いたら10万HITを越えていた
 ブログの方のカウンターはあまりチェックしていないのですが、気づいたら10万超えてて驚きました。しかも地味に本店に追いつきそうなペースだったり。
ブログの場合は末端記事に直リンでもカウンターが回るのが大きいですよね。いっそのことMS辞典もWiki化してしまおうかなぁなんて考えてみたりもします。手間を考えると夢物語ですけど。

 小説の方ではWEB拍手いただけてとても励みになっています。リアルロボットと言っていただけるとありがたいです。CEはリアル路線でやらないと勿体無いと思ってます。特にシンケル編は。それと絵師、募集したいですね。わんこさんがいくつか描いてくださっていますが、全キャラ全メカとはいかないでしょうし、腕に覚えのある方もない方もとりあえず掲示板に投稿してみてくだせえ。ってか、まずは絵を描きたくなるほど魅力的な内容にしなければいけませんね。頑張ります。

 MGフルクロスにビームシールドがついてると知って激しく欲しくなった今日この頃。しかし作る暇すらない。せっかくストライクIWSP買ったのに。そうか、パーツ請ky
THE EVOLUTION OF GUNDAM ガンダム進化論・ZZへの道
 ポルノビッチ氏提供の補給物資の中の一つ、小林氏の超絶俺設定ネタを今ごろ扱ってみます。サイコガンダム→プロトエプシィ→ZZガンダムというとんでもなネタなんですが、よく読んでみるとそれほどでもないのかもしれません。以下に内容を要約してみます。

・アナハイムプラントIにおいて、フランクリン・ビダンがガンダムMk-IIを開発。ハイザックはその先行試作機。
・ナガノ主任を中心とする開発グループは零式試作機を開発。機体形状の相対関係を関節モーターによって短時間に移動させ、より機動的な機体形状に移行できる機能を持っていた。
・アナハイムプラントIIの技術陣は、ガンダムMk-IIと同時期にシグマガンダムを開発していた。この機体はミノフスキークラフトを改良したシステムを揚力強化に使用している。
・シグマガンダムの可変技術はギャプランに受け継がれた。
・アナハイムプラントIIの開発部はムラサメ研究所に移されて縮小されたが、ミノフスキー技術を応用してサイコガンダムが完成した。
・ムラサメ研の技術部はサイコガンダムMk-V(Mk-IIIとIVは試作のみ、らしい)としてプロトエプシィガンダムを開発した。28m級だが出力はサイコガンダムと同等、機体各部を切り離してのオールレンジ攻撃が可能だった。
・ZZは最強。これ以上の機体は物理的に不可能。

>>続きを読む
GUNDAM EVOLVE../A
 イボルブがとうとう完結(?)しました。ジャケットを前2作と並べるとアムロの3つの時代が並ぶので、なかなか綺麗ですね。
 メカのCGはさらに進歩した気がしますが、キャラの方があまりにも酷い。数年前のプレステのゲームでももう少しましなポリゴンだったぜよ。バンダイナムコなんだからせめてナムコの技術を吸収してこいと言いたい。
 しかしガンダムのアレンジにはビックリしました。あれはマウンテンサイクルから発掘された、ナノマシンによる復元型のガンダムですよね?(笑)

>>続きを読む
ルロイ中尉とシャア大佐の「今月の模型誌 07.01」
シャア「最近カードビルダーの出番がないんだが」
ルロイ「連邦の方が楽しくて、ジオンほとんどやってないっす」
シャア「しかも何故か部隊のエースがニムバスになっているではないか」
ルロイ「なんか強いんですもん。大丈夫ですよ、そろそろシャア隊の宇宙デッキが完成しますから」
シャア「ほぅ…それは楽しみにしておこう」

ルロイ「というわけでレビュー行きましょうよ」
シャア「今回は新製品情報がやけに濃かったな」
ルロイ「そうですね。シャア専用ブログがなくなってしまったので、必然的に模型誌頼りになりますし」
シャア「うむ。さすがに更新に疲れてな。我慢してくれ」
ルロイ「え?何言ってるんですか大佐」
シャア「ん?何かおかしいか?」
ルロイ「もしかしてシャア専用ブログの管理人だったんですか?」
シャア「そうでなければ"シャア専用"など名乗るまい」
ルロイ「えぇ~…そりゃそうですけど」
シャア「もし私以外の者がそう名乗っていたならば、それは偽証罪だ。訴えさせてもらう」
ルロイ「どこの裁判所にですか」
シャア「…ザンスカール帝国」
ルロイ「ギロチンかよ!管理人さん逃げてー!」

>>続きを読む
昨日はブログがおかしかったです
 管理者ページに入れないしコメントも書き込めないしで散々でした。

 掲示板が一つスパムで潰されたので、現在の小説感想掲示板を通常の掲示板としました。とはいえ、特に何も変わらないでしょう。ブログのコメント機能があるとBBSって要らなくなりますよねぇ。

 それとWEB拍手でコメントくれた方、ありがとうございました。期待に応えられるよう頑張ります。というか拍手の位置を小説のページに変えてから拍手量が飛躍的に増加しました。つーかトップページに張ること自体が間違ってたよなぁ。ともあれ拍手いただけるのはとてもモチベーションになります。そろそろ次のステージに入るので、これからもよろしくお願いします。

 あとブログ右のランキング、とうとう答えが出たので別のに変更します。ゲルググキャノンとは意外でしたねぇ。量産型も当たりといえば当たりなんですけど。つーか何色なんだろう…。
 投票数を振り返ると、量産型はダントツですが、次がリゲルグというのがちょっと意外でした。割と人気あるんですね。そしてゲルググキャノンを当てた7名の方おめでとうございます。ガトー機と並んで不人気でしたが、先見の明がある方とお見受けします。名乗り出た方にはカードビルダーのゲルググキャノンとブレニフ・オグスをプレゼントします(笑)
 それにしても投票数が従来のアンケートに比べてだいぶ多かったですね。やっぱり質問の内容は重要なようです。次回は外伝人気投票にしました。他にもデビルガンダムに相応しい女性キャラ投票とか考えたんですが、まぁ無難に。
 そういえば密かにHGUCゲルググバリエーションの投票数をバンダイの中の人が参考にしないかと思ってたりもしていたんですが、一番投票数の多い量産型と一番少ないキャノンのコンパチにしたあたり、なんかツンデレっぽい(爆)
エンブレム「ブルーボーン」
20070122225949.jpg


MSVで設定された部隊マークの一つです。GジェネSEEDに出てくるらしいので、割と知ってる人も多いかもしれません。
これ、「ブルーボーン隊」という部隊のマークらしいんですが、その部隊の解説が「北米で唯一のドム隊」だそうなんですよ。つーか北米ってこの部隊にしかドム配属されてないのか!?と思っちゃいますが、それはそれで思い当たる節が。

>>続きを読む
今更ながらようつべにハマる
昔見たネタがちゃんとあって再び笑う。

http://www.youtube.com/watch?v=awITBjO8irM
アレンビーが絶妙すぎる。

http://www.youtube.com/watch?v=pV-39d_tB9c
SEEDのOP系ではこれが一番完成度高いと思う。

http://www.youtube.com/watch?v=sm1tib_k0Lc
最高傑作。15年ぶりの襲来らしいぞ。ガンダムじゃないけど。

http://www.youtube.com/watch?v=wQzR8z75dRE
この手の対決ものは多いけど、これは違和感がなさ過ぎる…

以後、新たに発見した物。
http://www.youtube.com/watch?v=XTr41Gm6f8M
爆笑した。でもディアッカがその中にいるのは抵抗がある(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=fRsQ0JuzsAE
師匠…(最後のまとめ方が気に入らない)

http://www.youtube.com/watch?v=DEM-GLnTrH0
こうして見るとジオン軍ってやっぱり「悪の軍団」に見えるよなぁ…


つーかクライマックスUCの音楽使った凄い動画を探してたらいろいろ見つけただけなんだけどね。種デスOPに別の曲を重ねるネタが多すぎる。しかも知らない曲ばっかだし。
シャルス編序章完結
 遅れましたが2週分の内容となりました。もう一話分けた方がよかったかなとも思ったんですが、いい加減シンケル編と同じ時間軸に移行したかったので(笑)
 元々最初は実験的な意味で最初の一話だけCE72で行こうと思ってたんですが、色々アイデアを頂けましたし、2つの主人公の話の時間軸をずらした方が最初はわかりやすいかなと思ったんで(アストレイのメディア分散手法はとても分かり辛いのであまり好きではないのです。年表わかんねー)、そのまま続けてみることにしました。結果、伏線にも利用できたしよかったのかなと。
 つーかスターゲイザーと微妙に被ってますが、一応ネタは見る前から思いついてたのですよ。

 小説の文章自体をWikiに移植する手も考えてるんですが、どうしようかなぁ。
クライマックスUCのオープニングは神
http://www.youtube.com/watch?v=t4GYTY388Uw

ゲームやったことない人もこれはチェックしておくべき。
この方向性の編集を他のガンダムでもやって欲しいな。
SEEDとか絶対カッコよくなるぞ。

何がいいって、音楽もいいけど背景がかぶさるのがいいんだよな。
ZとかZZはもう少し他に選ぶ場所なかったのかと思うけど。
ホワイト・ディンゴ隊のカードビルダー戦記3「ついにレアが…」
20070106211953.jpg
「こちらファング1、任務完了。総員帰投せよ」

20070106211929.jpg
「ファング3、了解!帰ってビールでも飲みましょうぜ」

20070106212028.jpg
「お疲れ様です!先程補給部隊から新たな機体が届きましたよ」

>>続きを読む
「プランのみ」で終わったMS/MA
○ヘビーガンダム
○ガンダム7号機(フルアーマー及び重装フルアーマー含む)
○ガンダムGP04G
○ガンダムMk-III(フルアーマー含む)
○ZII
○メタス改(カラバでの実戦参加説あり)
○ゼク・ドライ
○タイタニア
○ジオングMSN-03
○ギガン(少数生産説あり)
○アッグ(近藤版では実戦参加)
○ジュアッグ
○量産型ビグ・ザム
○量産型ハンマ・ハンマ
○量産型ゾディ・アック
○β・アジール

あと何かありましたっけ。
ガンダムSEEDカードビルダーを妄想する(キャラクター編)
 以前妄想したカードビルダー。前回はシステムを妄想しましたが、今回はキャラクターを。つーかこれやったら普通に女性ファンが増えそうだなぁ。

>>続きを読む
ジオニックフロント小説版
 ちまちま読み始めてようやく読み終わりました。ゲーム同様シナリオもへったくれもありませんでした。基本的に戦略戦術の話の羅列という感じです。
 MSの描写も無に等しいので、ドムフュンフがどうこうとかは期待してはいけません。つーかこれのグフはザクマシンガンを持ってたっぽいけど、A型だったんだろうか…ヒートロッドやフィンガーバルカンを使うこともなかったし。そういうのも全然描かれてないんですよ。

>>続きを読む
百式のネーミングの意味
 百式はM・ナガノ博士が「100年後も通用するように願いを込めて」そう名付けられたと言われます。そのままの仕様で100年通用するという意味ではなく、基礎設計がという意味でしょう。例えばジェガンは30年間現役だった機体ですが、その後継機であるヘビーガン、ジェムズガン、ジャベリンもほとんど同じ設計だったようですので、実質的には60年以上通用した機体ということになります。
 百式の後継機はその後せいぜい百式改くらいしかなく、結局100年通用することはありまセんでした。ジェガン改という機体もありますが、後のジェガンにそれが受け継がれているようにも見えませんし。
 まぁそれはそれとして、どうしてM・ナガノ博士はこの百式という機体に「100年もってほしい」というほど思い入れを持ったのでしょうか?だってあれ、所詮は「Zガンダムの没案」でしかないじゃないですか。

>>続きを読む
ホワイト・ディンゴ隊のカードビルダー戦記2
20070106211929.jpg
「こちらファング1、これより敵部隊に攻撃をかける」

20070106211939.jpg
「ファング2、了解」

20070106211945.jpg
「ファング3、了解!」

>>続きを読む
ガンキャノンのキャノン砲
 マイブームがゲルググからガンキャノンに完全に移行しました。というわけでガンキャノンの話。

 今更気づいたんですが、ガンキャノン重装型とガンキャノンIIってバックパックの形が同じなんですよね。つまり違うのはキャノン砲だけなんです。
 ガンキャノンのキャノン砲の砲弾は、バックパックには収納されていません。ノーマルのガンキャノンのバックパックを見ればすぐわかる話です。そのため、近藤版ではアレンジされてたりしますが、MG化された際に、背中を通して胴体に弾薬が収納されているという設定になりました。元デザインを尊重した上で弾が入っていることを前提とすると、そういう構造にするしかないようです。
 同様に、重装型の実体弾も胴体に入っていると思われます。ビームキャノン装備の重装型はその分のスペースが空き、その分ビーム用のバイパスに用いられていると考えられるのです。つまり、実体弾とビームキャノンの換装は極めて容易であると言えます。砲身と給弾機構しか違いがないわけですから。まぁ、ゲルググキャノンのように簡単に取り替えるというわけにはいかないでしょうけど。
>>続きを読む
最近のカードビルダー状況
 正直レアカードを全く引けないのでアイナ様やシャア少佐の出番がないのです。代わりにアンコモンで微妙に使えるの引きまくってるけど。

・連邦はホワイトディンゴで固定。0083になるとテンションが上がりにくくなるらしいので、テンションMAXの回数で攻撃力が上がるテネスは不要になってしまった。その上格闘攻撃の命中率も下がるようなのでジムコマンド戦法も使えないし。さらばテネス。
・カレンはなかなか使いやすいいいパイロットだったので、封印するのはちょっと惜しい。というかジム頭もガンキャノンも相当強かった。
・ジオンはシャア少佐の宇宙デッキを作成中。リックドムIIを手に入れたのでリリアを迎え入れる準備は完璧なのだが…0083には出ないらしいとの噂が…
・コンスコン隊は現在ニムバスに乗っ取られている。つーかニムバスまじつえー。ありえない。マシンガンが全弾当たる。ちなみに相棒はマ・クベ。
・そろそろレアカードをください。でも半壊ガンダムはマジ勘弁。
小説作品(その他)
○ガンダム・センチネル アリスの懺悔
○機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー
○機動戦士ガンダム THE BLUE DESTINY

なんかまだあったような気がしなくもない。

>>続きを読む
ガンキャノンの装甲パターン
 量産型ガンキャノンの形式番号RX-77DのDが何を意味しているのか、いまいちわかりません。というかそもそもガンキャノンに末尾のアルファベット付きの型番ってないんですよね。と思ったらRX-77-1Aがあるじゃんと。
 ガンキャノンAはRX-77-1の装甲パターンを変更した機体だといわれています。見た目的に重装型に近い装甲になっているので、この機体をベースにRX-77-3、77-4と発展していったのだと思われます。
 つーことは、末尾のアルファベットって装甲パターンを指すんじゃないの?という話。

>>続きを読む
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
 や~っと見ることができました。ネット配信されるとうちの低スペックPCでは全然楽しめんとですよ。結構映像綺麗だったし、やっぱりDVDで見たいよね。

 んで、外伝物としてはこれは宇宙世紀よりも楽しかった気がします。というか別にこれが宇宙世紀の話だと言われてもそんなに違和感がない(メカ以外)くらい、クールな内容でしたね。1話の雰囲気とか、こういう路線で今後のSEEDもやって欲しいなぁと思うくらい。まぁキラとかがいる限り本編じゃ無理でしょうけど、今後もこういう外伝は作って欲しいです。アストレイはどうしても漫画っぽい路線になっちゃうんで、もっとシリアスな話を見たいですね。
 釈…じゃなくて尺が短いのは、所詮実験作品だから仕方ないのかなぁという気はします。ただ、新訳Zもそうでしたが、最近は映像作品は短い方がいいという流れになりつつあるのかなぁと。確かにあんまり長い間映像に拘束されるのは好ましくないですしねぇ。現代はやることいっぱいありますから。種デスのスペシャルエディションが4部に分けられたのも、3部じゃ1回が長いってことなのかもしれません。この傾向が必ずしもいいというわけではありませんが、足りない説明は設定資料集なり漫画なり小説なりでフォローすればいいやという、メディアミックス時代ならではのやり方なんだろうなと思います。もしかしてロード・オブ・ザ・リングが長すぎるという批判が多かったんだろうか。

 んでは内容のネタバレ感想を。

>>続きを読む
ホワイト・ディンゴ隊のカードビルダー戦記
20070106212017.jpg
「やあみんな!今日から俺たちホワイト・ディンゴ隊の戦いが始まるぜ!」

20070106212039.jpg
「気が付いたら機体共々いつの間にか部隊に配備されていたから密かに結成されたというのは内緒だぞ、マイク」

20070106212017.jpg
「言っちゃってるじゃないですか!それよりレオンがいませんよ、あいつがいないと真のホワイトディンゴ隊じゃないっすよ」

20070106212039.jpg
「ジオンの系譜でも彼はあとから配属される。問題ない。それまでファング2には代理を置くことにした」

20070106212017.jpg
「マジっすか!どんな奴だろ?」

>>続きを読む
M-MSVを語れ!「MSM-02 水中実験機」編
 今回はあえてマイナーかつ無視されがちな機体をチョイス。この機体は元々MSVの時点で設定があり、どういう武器をどこに装備するかまで文字設定で言及されており、それをしっかりイラスト化したのがM-MSVという流れになっています。ただM-MSVであるが故に無駄にディテール過多なので、これをファースト風にアレンジしてくれる絵師が現れないかと密かに思っていたりします。

 それはそれとして、今回気になった記述は一つ。「水中実験機のジェネレータは、ドムに搭載予定だったものにさらに手を加え出力を上げたものを使用している」というもの。よくわからないんですが、ジェネレーターとエンジンってほぼ同義ですよね?別物だとしてもほとんどセットみたいですし。で、ドムのエンジンといえば土星エンジンなわけですよ。それをさらに強化したものなわけだから…天王星エンジン?(笑)
 というわけで、MSM-02のエンジンはウラヌス・エンジンと仮称することにしました。いいじゃん、カッコいいし。

 でも同じツィマッド製のプロトタイプゴッグにはそういう記述がないとなると、やっぱり水陸両用機には別のエンジンが必要になったってことなのかな。

>>続きを読む
月初のガンダム以外の話「ガンダム以外のアニメ」
 ガンダム好きは少なからず他のアニメも結構好きな人が多いかと思いますが、自分はほとんどアニメを見ない人間です。小さい頃はドラえもんとかサザエさんとか見てましたが、本当にそういう大衆的なアニメしか見ていませんでした。勇者シリーズを見ていたのも最初の数作で、土曜の午後にスイミングスクールに通うようになってからは全然見なくなってしまいましたね。
 ドラゴンボールを見始めたのもギニュー特戦隊が出たあたりからで、その後ジャンプを読むようになって、スラムダンクとかるろうに剣心とかを見るようになりましたが、さすがに最近のワンピースとかナルトとかは見てないです。アニメをまともに見ていたのは中学生までだったと思います。
 ただ、スパロボをやるようになってから、ガンダムを片っ端から見始めて、ガンダム以外の参戦作品を見るようになりました。

>>続きを読む
今年二回目の更新
 Z-MSV原典(Bクラブ4~8、20・22号)情報を追加。結構色々と発見があります。やっぱり設定は原典が一番大事です。変更されている部分が多いとしても、何故変更されたのか、その変更が妥当なものなのかを考えることができますしね。

 というわけで思ったことメモ。この後もう少し考察していきたいテーマです。

>>続きを読む
RX-77-1とRX-77-2の関係について
 以前のガンキャノンネタからだいぶ間が空いてしまいましたが、続きです。結局RX-77-1とRX-77-2って何が違うのよ、という話。そのためにはまず、RX-77-1とは何かを確定しなければなりません。

 ちなみにEBのMS大図鑑においてガンキャノンがRX-77-1とされている件は、特に考察するに当たっては問題なさそうです。たいした記述もなく、ただガンキャノンの解説のところで型番がそうなってるだけなので。ただ、1型と2型に外見上の差異はないという根拠にはなりそうですね。
 ただ戦略戦術大図鑑の記述はちょっと微妙な問題で、というのもジャブロー戦に参加していたガンキャノンがRX-77-1となっているので、少なくともこの時点でカイが搭乗していたガンキャノンは1型ということになるのです。それ以前のガンキャノンを明確にRX-77-2と表記している資料が存在していれば、このジャブロー戦でのカイ機は当初からホワイトベースに配備されていた機体ではなく、ジャブロー基地に残っていた別のガンキャノンだったと解釈する必要が出てきますが、果たして?

>>続きを読む
今年最初の更新
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

 …ということで、更新しました。非公式MSの「長谷川裕一作品」と、第二期MSのさくいん追加、及び「歴代ガンダム徹底比較」にクロスボーンガンダムのスペックを追加しました。クロボンがどうこうというよりRX-F91のスペックの高さにびっくりです。

 とりあえず第二期MSの更新は一旦これで終了。あとはクロボンを今後逐次更新できればというところですね。
 とにかくガンダムマガジンとかSDクラブとかBクラブとか更新するネタはたくさんあるのですよ…。念願のトミノメモ原典も入手したし。フライルーのネタも加えないと…うーん。
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.