がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
模型誌別冊(その他)
○ガンダムウォーズ プロジェクトZ
○ガンダムウォーズII ミッションZZ
○ガンダムウォーズIII ガンダムセンチネル
○ガンダムセンチネルRPG

○ガンプラマニュアル2 ギレンの野望 ジオンの系譜編
○アドバンス・オブ・Z

そういやシークレットウェポンズは持ってないなぁ。

>>続きを読む
スポンサーサイト
MSVコレクションファイル地上編
 ようやくゲットしました。結果的に宇宙編と合わせると1万円使ったことになります(苦笑)比較的新しい物だから再販しそうで恐いけど、まぁいいや。内容は結構あるし、後悔はしてません。
 それにしても表紙がプロトタイプドムって相当な冒険だよなぁ。

 では革命的な記述の数々をどうぞ。

>>続きを読む
アドバンスド・ヘイズル・ラー・アウスラ?
20061127224357.jpg


 とりあえず付けてみた。「何者なんだ、こいつは!?」って感じです。フルドド予備機(使い道はないけどとりあえずキープしておいた物)も一緒に装着して付録フル装備。もうジムクゥエルのパーツがほとんど残っていませんよこれ。
 ちなみに次世代量産機の肩アーマーは一つしかついていないので、2個買いがデフォとなっております。

>>続きを読む
連邦カードビルダー日記3「ジムコマンド強し!」
 連邦編で先日入手したガンダム(マグネットコーティング仕様)を使ってみました。アクトザクよりも攻撃がかなり当たりました。うーん、やはりガンダムはガンダムということなのか。しかもゲームがバージョンアップしてマグネットコーティングのデメリットが減り、更に使える機体になりそうです。でもコストがきついんだよなぁ。というか、つくづくアクトザクを手離さなければよかったなぁと思ってしまいます。まぁいいや、どうせ性能を生かす武器持ってないし。

>>続きを読む
実はサポでした
横浜FCが昇格して頭が真っ白になってしまったので、
今日の更新はお休みします。申し訳ない。

夜中にMS辞典のプリムローズ関連とネモ系、ゲルググ系を更新しました。
ただしプリムローズの部分はまた直すと思います。とりあえずフライルー待ち。
ルロイ中尉とシャア大佐の「今月の模型誌 06.11」
シャア「君と話すのも久しぶりだな」
ルロイ「カードビルダーばっかりですもんね」
シャア「司令官の名前を君の名前にしなかったからそうなる」
ルロイ「途中で変えられないんですよ、アレ…」
シャア「司令官はどういう名前なのだ?」
ルロイ「ベン・ウッダーです」
シャア「…連邦軍だろ彼は(汗)」
ルロイ「とっさに思いついたのがそれだったんです(汗)」
シャア「まぁ、人望もあったしいい人間だったようではあるが…」
ルロイ「というわけで、東京在住の方、ゲーセンでジオンなのにベン・ウッダーの名前の人を見つけたら手加減してやってくださいね~」
シャア「それは私からも頼みたいな…」


>>続きを読む
カウンターリセット
 本店のカウンターを借りていたサイトがカウンターのレンタルを無断中止しやがったので(たぶんそういうこともあると規約にあったので仕方ないんですが)、慌てて修正をかけました。が、カウント数を覚えてないので適当です。もし覚えてる方がいらっしゃったら教えてくださいm(_ _)m

 カウンターってキャッシュでも拾えないんですね…。
プラモデル キットインスト
○MSV
○機動戦士Zガンダム(Z-MSV)
○機動戦士ガンダムZZ
○機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
○機動戦士ガンダム0080
○シルエット・フォーミュラ
○機動戦士ガンダムSEEDシリーズ
○マスターグレード
○ハイグレードユニバーサルセンチュリー
○MOBILESUIT IN ACTION!!
○GUNDAM FIX FIGURATION
○ZEONOGRAPHY

>>続きを読む
シャア少佐のカードビルダー戦記4
<あらすじ>
 コンスコン隊はアプサラスIIIがテストにてこずっている間、シャア隊は高機動型ゲルググの配備により快進撃を続けていた。そんなシャア隊に、新たにイアン・グレーデン中尉が加入したのだった。

>>続きを読む
ガンキャノンの生産数の設定の変遷を追う
 現在、ガンキャノンはV作戦の機体の中で、最も生産数の多い機体として知られています。が、当初はガンダムやガンタンク同様、試作機でしかありませんでした。それが何故増えていったのか、ちょっと自分でもわからないので調べてみることにしました。

>>続きを読む
キャリフォルニアベースの謎・連邦編
 以前のキャリフォルニアベースの連邦編を考えていたのですが、そこからちょっと違う話に発展してしまいました。
 とりあえずキャリフォルニアベースでどうやってジムを生産したのかを考えていたのですが、北米と言えばオーガスタ基地があります。ということはキャリフォルニア製のジムはジムコマンドなのかな~なんて漠然と思ってたんです。そこでジムを開発していたのはどういう企業なのか?という疑問にぶち当たりました。設定上は何故か存在していないのです。
 ジムやガンダムはブロック構造が徹底化されているので、おそらく部位ごとに別々の企業が生産していて、どこ製だなんて言えないんだろうなと思ってたんですが、よくよく考えると、ジムは生産地域ごとに別々のラインで作ってたじゃないですか。ということは、ジムは地域ごとに違う企業が開発していたのではないか?という結論に辿り着きました。

>>続きを読む
連邦カードビルダー日記2
 前回はちょっと嫌な話でしたが今回はちょっとだけいい話を。前回言ったようにテネス+ガンダムで特攻してきました。連邦は始めたばかりで部隊コストが少ないので、

「ガンダム(背部シールド装備)」「ビームライフル(レア)」「ガンダムシールド」「精鋭部隊(敵より配備数が少ないとパワーアップ)」

 という仕様で単機特攻。すると、「敵部隊接近」の文字が。その時プレイしていたのは自分を含めた3人。うち1人は別の戦場で戦っていました(強そうなので避けた)。ということはもう一人、自分の真後ろにいるプレイヤーが乱入してきたことになります。このゲームの悩ましいところは、後ろの台にいると前の台の使用カードが丸見えだということで、対戦ではそれ故に後ろにいる人の方が有利になったりします。フェアじゃない気がしますが、逆に相手に合わせていい戦いをできるようにデッキを編成することもできるので、あながち一方的に悪いということではありません。
 向こうはこちらがガンダム1機であることがわかっているはず。どんな編成で来るのだろうと思ったら、「高機動型ゲルググ(エース仕様)」にシャアという単機編成。なるほど、「精鋭部隊」の効果を無効にしてきたというわけです。しかし、そうだとしても、あえてタイマン勝負を仕掛けてきたのだから、男として引き下がるにはいきません。正直かなり燃えました。とはいえ、相手の総戦闘回数はこちらの3倍程。勝てるとは思えませんが、あえて正面からぶつかっていきました。
 結果としては、もろに腕の差が出ることになります。相手は確実に盾で防御し格闘攻撃を当ててくるのに対し、こちらは盾で防いでも攻撃を当てることが出来ません。レンジ外に逃げるのが上手いのです。こちらは盾を2枚装備しているから有利だと言うのに、結局は完敗。やはりプレイヤーの腕は重要ですね。

 負けたとはいえ、こういう勝負だとすがすがしい気分になります。1対1は初めてだったので戦い方にも戸惑いがあったのですが、火力と数がものを言うゲームでこういう勝負もたまには面白いですね。またガンダムで出ようかなぁ…とも思いつつ、結局コストが増えるまではジムで頑張ろうとも思ったりするのでした。

 ちなみにこの日のカードの引きは散々でした。ただ、いらないカードを捨てていくボックス(どの店にも必ずあるのです)に大量にカードが投下されていて、グフをゲットできたのはかなり大きかったです。連邦的には180mmキャノンがいい収穫でしたね。まだまだ飽きずに遊べそうです。
シャア少佐のカードビルダー戦記3
<あらすじ>
 アプサラスIIIの評価実験中に、シャア隊に新たな母艦が配属された。その艦長を務めているのは、名将コンスコンであった。彼はシャアからアプサラスIIIを奪い、自ら運用実験を開始するのであった。

>>続きを読む
小説更新
 久々にこっちでも告知してみる。ライカとシャルスを戦わせてみました。それと、シンケル編4話後編の一部を修正してあります。キーアイテムを変えました。理由はネタを思いついたからです。
 ついでに、web拍手を小説ページに移動させてみました。というのも、データベースサイトで拍手することもねぇだろと思ったので(笑)いや、ちょくちょく拍手は頂いてるんですけどね。実質的にこのブログ自体が拍手代わりになっているようなものなんで。

 それにしてもAmazonのリンクに出る商品がことごとくキヤノンの製品で笑ってしまった。ドムキャノンで検索してくる方が多いんでしょうね(笑)
MG 量産型ガンダムF91
20061119204659.jpg

 パッケージにもしっかり「量産型」と書かれており、とうとう量産型F91が試作機と完全に区別される日がやってきました。
 早速インストをチェックすると、量産型の相違点は「最大稼動モードをオミット」とのこと。頭部からの排熱機構も削除されているようです。また、生産数は少数のようです。でなきゃ困りますが。
 更にハリソン機は「増加試作機の改修型」だそうで、こちらは最大稼動モードが健在のようです。ただし、MEPEは起こらないようになってるとのこと。

 というわけで、長らく詳細な設定が謎であった量産機の設定がある程度固まったわけです。どうせなら量産機ならではの愛称とかあったらよかったんだけど、それはキットインストではなくクロボン7本編に期待することですかね。

 ところで、このキットを買ったのはインスト目的の他に、シルエットガンダムの芯にするという目的があったんですが…意外とハリソンカラーカッコいいんだなぁ。GFFの時は全くそんな風に思わなかったのに、何が原因なんでしょうか。色調の問題かな。普通に木星戦役仕様(全身青)で組みたい気分になってきましたよ。MGのF91はアレンジがマイナスに働きすぎているので好きではなかったんですが、この際量産型はこういう仕様だったと脳内補完すれば認められそうです。
テンプレート変えてみました
 なんか右側がやたら長くなってきたので、左右に分けてみました。色調も自分好みに変更、だいぶ落ち着いて個人的にはいい感じです。なにか見難い部分等ありましたら対応しますので、教えていただければと思います。
 ついでにAmazonのおまかせリンクなるものを導入してみました。そのサイトに最適な商品を表示するらしいんですが、うちのブログだと何が表示されるか
気になるので(笑)

 それとMS辞典をちょくちょく更新してみました。ネモ系ネロ系あたりと量産型F91、スローターダガー&バクゥハウンドなどを。あとはMSVを少しずつ更新してます。
連邦カードビルダー日記
 もうこっちは普通に書きます。そんなにネタに走るわけにもいかんので(笑)

 早速マドロック未完成型を使ってきました。まぁ、機動性の高いガンキャノンですね。ビームサーベルも使えますし、オールマイティに戦えるいい機体です。ただキャノンの射程が長く狭くで当てにくいかなぁと。これはキャノン系全般に言えることなんですけどね。
 それとジムキャノン・ホワイトディンゴ仕様が出たので早速使用。でも近づかれるとどうにもならんのですこの機体。マイク(というとこのゲームでは07小隊の人になってしまうので、マクシミリアンの方)が出たので乗せてみましたが、うーんいまいち。ホワイトディンゴ仕様はシールド標準装備なんで使いやすいんですが、射程が狭い…。長いのはいいんですけどね。ワイドレンジスコープが必要かな。
 あと手に入れたのは陸戦型ジムスナイパー。基本装備は陸戦型ジムと同じなんですが、ロングレンジ標準装備なので射程が長いです。ジムキャノン系より機動性が高いので、連邦の射撃戦はこちらの方がいいですね。スナイパーカスタムやスナイパーIIが出ればなおいいんですが、今はコストの関係上これで十分です。

 しかし上級者とばかりぶつかると萎えます…。根本的に部隊コストが違うから出撃数が全然違うんですよね。5対2とか勝てねぇよ。正直何も出来ずに負けた時は金返せって思いました。あんたらほど金も時間もこのゲームにかけてねぇんだよってね。たまたまぶつかるならまだしも、意図的に乱入してくるからかなりうざいです。

<今日の戦果>
「トレイル・フォーメーション」(4枚目…)
「陸戦型ザクII」(3枚目…)
「ミサイルランチャー(陸戦型ガンダム用)」
「精鋭部隊」
「高機動型ゲルググエース部隊仕様」

 レアこそ出なかったものの、引きはよさげだったのが救いでした。オクで買ったガンダム用ビームライフルも届いたし、やはりガンダム+テネスでブイブイ言わせますかね。
機動戦士ガンダム0083 星屑の英雄
 松浦版0083です。ブックオフで100円だったので地球編・宇宙編共に購入。松浦フリークとしてはチェックしておくべき作品だったんですが、コミカライズにはあまり魅力を感じなかったんですよねぇ。
 シナリオはジオンの残光をベースにしているのか、ヴァルヴァロ戦もバニング大尉が死ぬシーンもカットでした(けどキンバライト戦は残ってるんだな)。つーか不死身の第四小隊自体が空気。キースすら空気です。完全にコウ・ガトー・ニナの3人の話として再構成されてる感じがしますね。
 アウトラインは同じですが、色々な意味でアニメ版とは全く違う内容になっていると思います。ガンダム観が根本的に違うというか。あとはOVAの作画が神レベルなので、落差を凄く感じてしまうかもしれません。まぁ、個人的にはニナは松浦版の方が可愛いと思うけど(笑)

>>続きを読む
シャア少佐のカードビルダー戦記2
<あらすじ>
 アクトザクの評価試験を終え、火力中心の部隊編成で快進撃を続けていたシャア隊。近接攻撃に無力であるという弱点を抱え、格闘が得意な機体の配備を望んでいたが、補充されてきた機体はアプサラスIIIであった…。

>>続きを読む
ガンダムエーススペシャル ゲーム特集号
 最近忙しくてカードビルダーできません。はやくマドロック使いたいよぅ。ということでマドロック目当てで買ったダムA別冊のレビューです。つーかこれゲームエースとはまた違うのな。

 これの最大の価値は「ターゲットインサイト」のMS画像が載ってることかも…。さすがにPS3の画質は半端じゃないね。というか、ファーストのMSのハゲチョロ風ポリゴンは全く違和感がないけど、0080のMSだととんでもない違和感だなぁ。つーかドムキャノン腰は素ドムのまんまじゃないか。やはり先行量産機か。

>>続きを読む
雑誌(現在刊行中)
○ホビージャパン
○電撃ホビーマガジン
○モデルグラフィックス
○ガンダムファクトファイル
○ガンダムエース
○グレートメカニクス
>>続きを読む
宇宙世紀におけるアメリカ人の受難
 ふと思ったんですけど、宇宙世紀の北米大陸ってえらい目にあってますよね。コロニーの破片は落ちてくるわ、ジオンに占領されるわ、星の屑が落ちてくるわ…。歴代のガンダムスタッフはアメリカに何か恨みでもあるんでしょうか(笑)

 でも、これって冷静に考えると凄いことだと思うんですよ。だってアメリカが潰れたら世界がどうなるかって話ですよ?地球連邦政府になって、アメリカという国も今とはだいぶ違ってるのかも知れないですけど、それでも世界における影響力はやはり大きかったのだと思います。コズミックイラじゃアメリカはかなり大きな影響力をもってますよね。なんせホワイトハウスが大西洋連邦の大統領府なわけですから。
 そう考えると、宇宙世紀において、アメリカ人は実はほとんど絶滅危惧種だったんじゃないだろうかと思ったりします。

 あ、管理人はアメリカにあんまり詳しくないので、ちょっと認識間違ってるかもしれません。

>>続きを読む
コミック版「機動戦士ガンダム0080」/ガンダムマガジン名作集
 なんかこの手の復刊シリーズって滅多に本屋で見かけません。普通の本屋じゃ仕入れてないような感じがしますね…。というわけでやっと手に入れました。

 このシリーズの表紙は必ず映像作品の主役機なんですが、今のところアナザーガンダムはコンプリート、宇宙世紀はZZ、ν、陸ガン(ガンダム短編集)、GP01(ガンダム短編集2)、アレックス、F91(ガンダムマガジン名作集)と揃いました。残りはファースト、Z、Vですね。なんかあったかなぁ。

 とりあえず全編ネタバレ感想いきましょう。思ったより見どころが多かったです。

>>続きを読む
シャア少佐のカードビルダー戦記1
シャア「今日からカードビルダー関連は私がピンで行うことになる。カードビルダーにルロイというキャラクターはいないからな」
ララァ「では相方は私が務めさせていただきますわ、大佐」
シャア「ララァ、私はこのゲームでは大佐ではないのだ」
ララァ「そうでしたね、管理人がレアカードを引かない限り少佐のままでした」
シャア「うむ。場合によっては本名を名乗ることになるかもしれん」
ララァ「それでも私は階級で呼ばせていただきます」
シャア「ララァは冷たいな…」
ララァ「少佐にとって、名前は意味のあるものではないでしょう?」
シャア「確かにな。私は何度も名前を変えている」
ララァ「だから、私は名前で呼ばないのです」
シャア「ララァは賢いな」
ララァ「その言い方は嫌いと言いました」
シャア「む、そうだったな。とにかく我々の戦いを振り返るとしよう」
ララァ(忘れっぽいのよねぇこの人…)
>>続きを読む
クライマックスUC 紡がれし血統 1巻
 結局買ってしまいました。でも普通に面白いわ。こういうの好きかも。2代目主人公を敵味方に分けて使うってのが意外でいい感じ。でも俺が選んだ主人公は選外ですかそうですか(泣)
 親子の繋がりをテーマの一つに持ってきたのは非常に参考になるし、モチベーションになりますね。観艦式で親父が死んじゃうってのもサイドストーリーらしくてナイス。しかし、外伝の外伝が作られる時代になったか…。

>>続きを読む
アメトーク
・音楽とか完璧で、さすが元放映局。
・「あえて言おう!カスであると!」
・ガンダムの良さをかなり真剣に語ってるなぁと思ったら(後述)
・土田の部屋は作りすぎ。テレビの前に箱置くかよ。でもGセイバーまで触れたのは賞賛に値する
・嫁ストリームアタック
・次はノーマルスーツを着てください。(フォーマルスーツはちょっと滑りすぎ)
・アムロの人は頑張っているが…名台詞のはさみ方は「ガンダムマン」の方が上かな。
・土田の1/4はSEED?嘘でしょ?
・結局DVD-BOXの宣伝だったようです。

 だんだんただの痛いガキになってきてしまったのがちょっと微妙。でもTBSのSEEDもしっかりやったところが好感持てました。西川君も出てきたし。でもGacktは出なかったな…
ルロイ中尉とシャア大佐の「ガンダムカードビルダー0079」
シャア「今日は何の話だ?」
ルロイ「カードビルダーにまたハマってきたのです」
シャア「なんだそれは」
ルロイ「バージョン2になったんで、連邦編で改めて始めたのです」
シャア「そういえば君は最近連邦系のMSVにハマっていたな。MSVのプラモまで買い込んで…」
ルロイ「それはまた別の機会にネタにするんで触れんといてください」
シャア「で、私に何をすればいいのだ」
ルロイ「これまでのカードビルダー戦史を振り返るのです」
シャア「面白いのか?」
ルロイ「1年戦争の好きなメカに好きなキャラを乗せて好きな武器を持たせて戦う。これだけで十分面白いじゃないですか」
シャア「しかも結構マイナーな機体やキャラもあるようだな」
ルロイ「最近のバージョン2も含めると、ギレンの野望に登場したキャラ・メカはほぼフォローしていますね。「ジオフロ」「戦記」「閃光」も入ってますし」
シャア「しかし、1プレイ300円は高すぎないか?」
ルロイ「そうです、それが最大の欠点です。しかも1プレイ1枚しかカードが手に入らないので、結局ヤフオクか中古ショップに行かないとまともに戦力を整えられません。まぁ、現有戦力で頑張るのも楽しいんですけどね」
シャア「ターゲットは完全に大人なのだな」
ルロイ「ですね…」
シャア「いいカードが出ない時期が続いたら飽きそうだな。あまり興味が沸かん」
ルロイ「でも最初に当たったカード、「シャア少佐」だったんですよ」
シャア「それを早く言いたまえ」
ルロイ(食いつき早っ…)

>>続きを読む
雑誌(現在廃刊)
○模型情報(MJ)
○B-CLUB
○SDクラブ
○ガンダムマガジン
○キャラクターモデル
○ガンダムヒストリカ/Zガンダムヒストリカ


>>続きを読む
参考文献レビューでもはじめようかと
 本店の参考文献一覧、実際はもっとたくさんの資料を使ってます。しかし、もう列挙するのも面倒なくらいになってしまったので(苦笑)こっちで少しずつ更新していこうかなと思います。つまり、本店のページにここのリンクを張るということですね。
 しかしブログという形式を取ると新しい物が上に行きますので、最初はマイナーな資料から始めていこうと思います(笑)
 というわけで、週一くらいのペースでいければと思うので、どうぞお付き合いください。
キャリフォルニアベースの謎
 ゲルググ→ザクキャノンときて今回はキャリフォルニアベースのお話です。この基地は元々連邦軍のものでしたが、一年戦争の第二次降下作戦の際にジオンがほぼ無傷で制圧し、以後地球上最大の拠点として使用したという設定です。このあたりは「ジオニックフロント」や「ギレンの野望」をプレイしたことのある方にとってはおなじみでしょう。
 ところで、ゲームだと制圧した拠点ですぐ自軍の兵器を生産できたりしますが、現実はそう簡単にいくはずないですよね。いくら生産設備があっても、それに対応する部品を揃え、組み上げる工程が必要になるはずですから。特に連邦軍は当時MSを持っていなかったわけですから、ジオンのMSを生産することなどほとんど出来ないと思えます(かといって、連邦の兵器を生産したという話も、潜水艦以外にはないですねぇ)。自動車工場で飛行機が作るようなものですね。しかし、実際のところ「キャリフォルニア製」のMSって結構存在するんですよ。

>>続きを読む
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.