がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
田中マコ離脱の件
 当ブログで応援することを約束したサッカー日本代表・田中誠選手が怪我で代表から外れてしまいました(汗)なんてこったぁ!
 まぁ怪我が治ってコンディションが戻った坪井に普通にスタメン奪われてたしどっちにしろ出られそうも無かったんだけどね…。むしろ加地のほうが心配だ。そして代わりに召集された茂庭は代表落ちしてそうとうへこんでたらしいからがんばってほしいですね。紅白戦で。
 ドイツ戦は高原の爆発と福西の動きが最高でしたね。ワールドカップも期待できそうです。

 ところでHGUCギャンがどこにも売ってません。再販予定ないかなぁ。ヅダと並べたいのよ~。
スポンサーサイト
今だからMSVを語れ!「MS-06R 高機動型ザク」編
 はやくもMSVの実質主役機こと06Rを。この機体に関して今更語ることもさほどないんですが、とりあえずざっと設定をおさらいしましょう。

・MS-06RP
 ジオニック社がエリオット・レム少佐を主任に迎え、MS-06Fの「後期生産型」をベースに開発した機体。性能は問題なかったが、強化しているうちに結局全面再設計した方が早いと言う結論に達したとかなんとか。

・MS-06R-1
 というわけで全面再設計して少数が生産されたタイプ。性能は要求通りだったが、燃料の補給に手間がかかる上練度の低いパイロットが乗るとすぐ推進剤を使いきってしまうというデメリットがあり、しかも推進器の品質が悪いと、ぶっちゃけ不良品だったらしい。

・MS-06R-1A
 そんなわけで欠点を改修したのがこのタイプ。推進器はツィマッド製の性能のいい物に取り替え、補給を簡略化するために脚部の燃料タンクをカートリッジ式にしたもの。パイロットも使いこなせそうな優秀な人に限定して配備したため戦果もばっちり。ただ生産数は他の機体に比べれば少ないので、「連邦の戦艦を沈めるよりR型を手に入れるほうが難しい」という名言ができたくらい。

・MS-06R-2P
 R-1A型の成功に気を良くしたジオニック社が調子に乗ってビーム兵器を搭載しちゃったタイプ。ゲルググを一生懸命作ってた頃に何をやってるのかなこの人たちはという話です。当然実用に耐えられるものにはなりませんでした。

・MS-06R-2
 ゲルググの開発が遅れに遅れて焦ったジオニック社が間に合わせで作った新型機。R-1A型を更に上回る性能を持つが、陸戦用に開発されたはずのドムに敗れてしまうという屈辱を味わう。性能は高いので試作機はエースパイロットに使わせ、プロパガンダに活用されたとか。しかしR-2に乗った人たちは何故R-1Aを受け取れなかったんだろうか。くじ運が悪かったというなら、残り物には福があると言うことなのか。
 試作機が4期開発されただけというのが通説ですが、ゲームブック「最期の赤い彗星」では5機目が追加生産されたことになっています。

・MS-06R-2S
 ドズル専用に開発された機体と言われています。ソロモンにあったようですが、ドズルはビグザムに乗ったので使用されずに終わったそうで、データがグワジンに送られただけだったということです。実機がどうなったかは不明ですが、明らかに4機のR-2型とは別機体なので、もしかしたら「最期の赤い彗星」の5号機もこの機体なのかもしれません。S型はシャア専用機のトレードマークだし。

・MS-06R-3(R-3S)
 ゲルググの実験用に改良されたR-2型。すでにザクの原形を留めていないので開発者からはザクIIIと呼ばれていたそうだ。なお、後にF90IIという良く似た設定の機体が登場する。

 こんなものですね。ではR型の知られざる事実を語っていきましょうか。
>>続きを読む
追悼設定考察企画「MSM-01はツィマッド製だった!」
 まず初めに語っておかなければならないのは、ザクの「太腿」は丸みを帯びているが、一部のザクバリエーションは角張っている、ということである。MS-06系で言えば「ザク強行偵察型(ザクフリッパー)」「ザクキャノン」「ザクマリンタイプ」の3機種がそうだ。
 これについてはすでに研究が進んでいるが、「角張った太腿(以下角腿)はその機種に合わせた合理的な形状ではなく、生産工廠の違いによるローカルバリエーションである」という点で概ね一致しているようだ。筆者もこの点には異論は無い。3機種はそれぞれ宇宙/陸上/水中での運用を前提にしているなど、共通点が無い。開発系譜上つながりのある機体ではないのだ。特に、ザクマリンタイプは本来水の抵抗を考えて流線型の装甲にすべきなのだが、あえて角腿を採用しているのである。前段階であるMS-06M-1(RMS-192M)が丸型であるにもかかわらず、だ。
 以上のことを踏まえて、持論を展開していこうと思う。
>>続きを読む
lost genetics EpisodeA-2
 何とか力技で終わらせました。書いてるうちに連合とシャルスが戦う理由がないことに気づき、無理矢理サーペントテールを割り込ませて対応。傭兵部隊が三つ絡む複雑な内容になってしまいました。

 専用掲示板を作成したので現行の掲示板は以前のように雑談オンリーという形にしようと思います。今後参加型小説専用ページを作成する予定ですが、レイアウトの考案等あるのでもう少し今のサイト形式で我慢してください~。
哀悼
 当サイトからもリンクを貼らせて頂いているZAKU PAGE管理人バル(walfisch)さんの実兄であるnuts氏がお亡くなりになられたそうです。
 自分自身ネット上で交流があったわけではありませんが、掲示板の過去ログ等で得た氏の研究成果は当サイトの運営にも大きく役立っておりました。

 心よりご冥福をお祈り致します。
フルアーマーマドロック
 そういえばHGUCアレックスのチョバムアーマーってはまるんじゃね?と思って付けてみた。
20060527232435.jpg

>>続きを読む
SUPER MJ 機動戦士ガンダム 最新MS造型資料集
 F91の設定を収集するために購入しました。平成4年(当時小学4年だよ…)刊行の書物です。ちょうど、0083が終わろうかとしている時期のもので、最大の目玉は1/550デンドロビウムという感じのムックですね。
 まぁ、実際F91の設定で有用なのは1ページ分だけなんですが(汗)いわゆるF50系とかF80系という文字設定がある資料なので貴重なのです。
 他にも、F90IIVタイプとかHGガンダムベースの78-1と78-3の設定画とか、なんか珍しい物がちらほら。

 というか、何故かF91、0083の他にZガンダム全キットレビューが載っていて、資料的価値という意味ではこっちの方が高かったのが驚きでした。
 以下、気になる記述。
>>続きを読む
ルロイ中尉とシャア大佐の「今月の模型誌06.05」
シャア「今月はどちらもギャンだな」
ルロイ「出来いいみたいですしね~。大佐もギャンに乗ればよかったのに」
シャア「推力が低いからダメだ。通常の3倍で動けん」
ルロイ「まぁ確かに、ゲルググに比べるとバーニアの数ははるかに少ないですね」
シャア「私はサザビーのようなボリュームのあるMSのほうが好きなのだよ」
ルロイ「じゃあ百式は嫌々乗ってたんですね」
シャア「本当は灰色のエプシィなんとかという奴に乗るはずだったんだが、アーガマに搬入されたら金ぴかになっていて困ったな…」
ルロイ「金色詐欺ですか」
シャア「あのでかいバインダーが好みだったのにただの翼になってしまったしな」
ルロイ「バインダー詐欺ですか」
シャア「エゥーゴを詐欺師の集団みたいに言わないでくれたまえ」
ルロイ「新リーダーは道化だったじゃないですか」
シャア「…クワトロ・バジーナなどという男は知らないな」
ルロイ「全世界にシャアだってカミングアウトしたくせに」
シャア「何のことだ?私はブレックス准将が暗殺された後は一度も地球に降りていない」
ルロイ「自分の都合で旧訳と新訳を使い分けないで下さい」
シャア「エマ中尉のようなことをいうのだな、君は」
ルロイ「もういいっす。じゃあ今月もホビージャパンから」
>>続きを読む
人類全てがニュータイプになったらどうなるか・その1
 というわけで企画物いきます。ちょっと「話し手」と「聞き手」の責任はどちらが大きいかということを考えた時に派生したネタです。
>>続きを読む
キャラクターの髪の色
 ファーストガンダムははっちゃけた髪の色のキャラが皆無のアニメです。まぁ当時のアニメはだいたいそうだったんでしょうが、今のピンクやら水色やら黄緑やらが当たり前の時代から見ると、だいぶリアリティがあるように思えます。
 が、Zガンダムになると突然変な髪の色のキャラが現れます。そもそも主人公のカミーユからして青色だし。紫のシロッコやロザミア、緑のフォウやマウアー、そしてピンクのサラとハマーンと、かなり無茶してます。が、これらのキャラには一つ共通点があります。みんな電波系のニュータイプ/強化人間だと言うことです(笑)あ、マウアーはちょっと違うか。あれは黒っぽいし自然な方なのかな?
 何が言いたいのかというとニュータイプになると髪の毛が変色するとかそういうことではなく(笑)、普通じゃない髪の色=ニュータイプor強化人間という演出意図があったんじゃないか?ということです。ZZでもマシュマーが緑色でした(キャラはちょっと例外)。逆シャアではクェスが緑色。なんか関連性がある気がしてなりません。
 ちなみに非宇宙世紀のガンダムでも変な髪の色のキャラは少ないです。Gガンダムでも明確なのはアレンビーくらいでしょう(あれも強化人間みたいなもんだ)。あとはミケロみたいな不良系のキャラが多いので普通に染めてるだけと。WやXなんて思いつかないっすよ。SEEDは萌えアニメだからああなっちゃったけど。
 とにかく、髪の色が特別なキャラはガンダム世界において特別な人間なのです。うん。

 …そこまで書いてふと気づく。ガルマって髪紫色だよな…。ガルマはニュータイプだったのか!?(爆)
久々の設定考察
 水ザク論を暫定的に書き上げてみました。一応現状での自分の認識はこんな感じですというところです。異論異説があったら頂きたく思います。

 そういえばザクマリナーって体内にバラストタンクあるのかな…
結局前編中編後編に
 lost geneticsシャルス編第二話の「中編」をアップしました。まぁ、今回は主役機登場の話ということで3部構成にするという言い訳。水中戦はもうちょっと引っ張りたかったんですが、水中のロボット戦闘ってなかなかアイデアが出ないんですよね…なんでゲッター3の出番が一番少ないか分かった気がします(?)

 気が付いたらブログの方が5万ヒット超えてました。ありがとうございます。やっぱりペース的には本店の方が来訪者が多いようで、特にアマゾンのクリック数がかなりとんでもないことになってるので結構見られてるんだなぁと思ったりします。わざわざうちからアマゾンにとんでDVD-BOXを買って下さる方は神です(爆)そんなアマゾンのリンクも最新の商品を更新しておきました。ジャスティスのE-MIAをインジャスの項目に入れてたよ(汗)
エゥーゴとティターンズと学生運動
「学生を見れば反戦主義者だのって因縁つけるくせに、MSさえろくに扱えないんだから」

 これは、「星を継ぐ者」におけるカミーユの台詞である。TV版には無かった台詞だ。これは明らかに学生運動時代の描写である。富野監督はちょうどそう言う時代に育ったこともあり、監督の中ではグリプス戦役は全共闘時代を意識していると言うことが良く分かる台詞だと言える。これは一応理にかなっていて、要するに一年戦争が第二次世界大戦なら、グリプス戦役は戦後の左翼運動だろうという歴史背景がベースになっている。
 確かに、ティターンズは元々ジオンの残党狩り部隊であり、それは反政府運動を行う者を取り締まる警察に似ている。また、エゥーゴもコントリズムを標榜する主義者集団であり、思想で暴動を起こすあたりは当時の活動家に似ている。が、当時の日本政府はコロニーに毒ガスなど注入しないし、当時の反戦主義者はジャブローを攻撃したりしない。60年代の世界観を踏襲しているようで、まるで踏襲していないのがZガンダムの世界観なのだ。この決定的な倒錯が、ストーリーを分かりにくくしていると言い切れると自分は考えている。
>>続きを読む
キター!
20060518213147.gif

MG F91きたー!
1/100天ミナきたー!
HGUC GP02A…はどうでもいいや(爆)

 というわけでとうとうMGのF91が確定、そして天ミナですよ天ミナ!いいぞバンダイ!この調子でレッドフレームMJもよろしく!
 つーかF90も参考出品されていたそうで…でも参考出品は出ないことも多いからなぁ。出るならVタイプかな。とりあえず2個イチ用にF90IIを確保しておこうか。クロボンは普通に出そうやね。コミックも始まるらしいし。つーかクロボンはいい物だ、みんな気づけ!って知ってる人が言ってた頃から考えると、クロボンが商売として成立するどころか、新訳ゼータが終わった次の宇宙世紀ものの主力作品になりそうな雰囲気になっている現実に隔世の感を覚えますね。
 というわけでそろそろ小型MSもうちのサイトで扱おうかと。でもF91-MSVよく知らないんだよなぁ。

 天ミナはブルーセカンドみたいに滑らないでインジャスみたいに気合入れて欲しいですね。つーかメッキなのかな。アンダーゲートだった(はず)だしメッキか(追記:メッキで黒い部分もグロス処理だそうです。うはぁぁぁ・吐血)。こうなりゃアカツキも欲しいね。
>>続きを読む
Bクラブ11号
 こっちだけゲットできましたよ。つーかスケバン刑事ってバンダイだったんだ…こんなにオタク受けしてたのね(汗)

 これのメインディッシュはMS-06FWなわけですが、その他にも結構面白いネタがありますね。1/100のドムやリックディアスを流用した砂漠っぽいカラーリングの1/144ドライセンとか、永野版ZZのフルスクラッチとか、よくやるなと。
 で、例のザクマリナーなわけですが、これって要するに没設定…?(汗)この機体の(多少の改修を受けた)連邦版がRMS-192Mってことになってるし。どう考えても「ガンダリウム合金製」とか「MS-06M-1」なんてものは想定してないですよね(苦笑)結局はバンダイがプラモ発売前に先走った設定ってことですね。プラモのインストには全く別の設定が載ってるわけですから。
 …ただ、このネタは逃げ道にはなりそうですね。

 個人的にこの号のマイベストはガザFF。Fを二つ重ねてフォルティッシモっていうセンスが好きだ。頭と下半身をガザDにしただけなのに随分ガザ系に見えますね。これが読者投稿作品なんだもんなァ。
20060517231255.jpg

今だからMSVを語れ!「MS-06E ザク強行偵察型」編
 これは「Zの何故」シリーズの次の企画ではないのでご了承くださいまし。単純にMSVの設定を振り返りましょうというコーナーです。今回は06E。実に微妙なチョイスがうちらしいと思っていただければ(爆)

 ギレンの野望ではまるで使い道の無いユニットのこの機体、実際あえて偵察にMSを使う意味があるのかなかなか意味不明だったりします。そんなこの機体の特徴は以下の通り。

・積載燃料10%増加
・機体各部に探知システムを装着
・頭部モノアイを大型化、縦方向へのロールを可能に
・ランドセルの推進ロケットはS型のもの
・胸部に緊急脱出用ロケットを増設

 といったところです。このうち探知システムは肩と股間のカメラを指します。他にも内部でセンサー系が改良されてるみたいです。頭部と胸部は見れば分かりますね。
MS-06E.jpg

>>続きを読む
MS IGLOO コミック版
 ゲムカモフの設定確保のために購入。2巻はほとんどオリジナルなんですね。所詮無駄に熱い男が無駄死にするだけの話、内容が無い、ワンパターンなどとも言われるイグルーですが、それなりにシナリオは盛り上がるようになってるんだなぁと改めて読んで思うのでした。まぁ、エーギルの話とかはあまりにベタすぎるというか、「宇宙、閃光の果てに」とかぶってね?とか思いましたけど。06Mやっちゃった!とかね。
 個人的に一番すきなのはバロールだっけか、あのセンサーの話が一番面白かったかも。でもあれじゃぁ映像作品には出来ないよな。ゲムカモフの話は没った話だっていうけど、他のオリジナルシナリオはどうなんだろうな。

 そのうちゼーゴックのも見ないとなぁ。なんかイボルブもとうとうDVD化決定みたいだし。あれだけ設定を外に出してないんだからいつかやるだろうと思ったけど。
とりあえず
 lost geneticsシンケル編第二話を前編だけなんとかアップ。一回戦闘入れるつもりだったのに普通に会話だけでAパートが終わってしまいました。嫁を笑えねぇ。つーかこんな展開にするはずじゃなかったのに、会話シーンを書いていくうちにどんどん盛り上がってしまい…まぁこれもありかということに。
 これまでわんこさんのネタでほぼ一本でしたが、後編は他の方々のネタもしっかり登場します。お楽しみに。

 なんとか、1週間1話のペースでいけたらいいと思っているんですが…。まだその軌道には乗れそうにありません。
Zガンダムの「何故」を考える・最終回「シロッコは何故ティターンズを乗っ取ったのか」
 このシリーズも今回で最終回です。次回からは新シリーズ始めます。たぶん。

 で、結局シロッコはティターンズを乗っ取って何をやりたかったんですかって話なんですよ。ジャミトフを殺す理由あったの?って。なんか、キャラ的に明らかに暗殺しそうだからっていうのは凄く良く分かるんだけど、それ以上の理由が劇中からは見えないよねと。女性が支配する世界を作りたかった?本当にそうか?という話。

>>続きを読む
Bクラブ2・7・29・30号
 ヤフオクで落とし放題であることに気づき落としまくってます。MJは滅多に見ないけどこっちはいっぱいあるね。

・Bクラブ2号
 RMS-107の設定画目当て。これよく見るとほとんどハイザックなのね。

・Bクラブ7号
 Mk3主役の藤田コミックIRON HEART目当て。噂の宇宙用ディジェは3機。胴体はノーマルディジェっぽいけど頭部がガンダム系っぽくアレンジされてるのがいいね。つーかこれ、Mk3がティターンズからエゥーゴに渡ったって考えていいのかな?実はRX-166=MSF-007だったで問題ない?
 さらにZ-MSVでリック・ディアスIIとMk3の作例。ディアスIIのガンダムヘッドはじめて見たけど…これ永野版ZZの頭部だったのかよ!?ということは、これが不採用になって頭部が流用されたとかそんなオチか!永野版ZZは実は肯定可能だったと!…でもディアスの頭をガンダムにしちゃったらコクピットはどこへ行くの?(笑)
 でもこれの最大の見所は「忍者戦士 飛影」の完全設定資料集かもしれない。

・Bクラブ29号
 RGM-88X目当て。これ、ジェガンに似すぎてるせいでジェガンの「ジムとネモの合いの子」という売りが薄れてしまっている気が…。キット改造を狙ったバリエーションなんだろうけど、もう少しMk2かバーザムの面影を狙ったデザインにして欲しかったなぁ。RGM-91Sなんてどこがジェガンと違うかよくわからんし。バックパックだけ?何気にνHWSってこれが初出か。

・Bクラブ30号
 MSN-04X目当て。初期稿がベースだったんだね。しかもデザインしてるの普通に出渕氏だし。これはMSVとしてちゃんと後世に残しても良かったんじゃないかなぁ。

 さぁ、あとは試作型νガンダムが載ってる号とMS-06FW/JWが載ってる号かな。でも何号だったっけか…
ガンダムカードビルダー・その後
 これ金かかりすぎ。1周(100出撃)するのに最低でも2万5千かかりますこれ(汗)
 しかし独立戦争記のデータを流用しているだけあってかなり豊富なMS・キャラ・武器を誇り、あのMSにあんな武器を装備させたりできるのが楽しいゲームです。ザクキャノンに足ミサイルつけてマゼラ砲持たせて三砲同時射撃が最近のマイブーム。

 そんな私の現有戦力は以下の通りでございます。
>>続きを読む
サイト名変更しました
 風邪引いてからのこのゴールデンウィークでやってきたことを全てウェブ上に反映させました。サイト名はM.S.Classifyに変更いたします。要するにMSを分類してるサイトだよということですね。たぶん英語の文法的にはClassificationとでも言った方がいいんだと思いますが、所詮ネーミングは語呂ですから(爆)
 …というわけでリンクしてくださっている方はお手数ですが変更をお願いします。それとサイト内でサイト名を修正し忘れている個所があれば教えてください(爆)

 その他MS辞典を中心にかなりの項目を更新してあります。その一覧は以下の通りです。

・TOP画像変更
・サイト名変更、及びバナー新造
・「MS辞典・宇宙世紀編」にMSVコレクションファイルとポケット百科の項目を反映、特にジオン系のMSはほぼ全て文章変更
・「MS辞典・宇宙世紀編」におけるジム系の分類方法を変更。内容も多少更新。
・「MS辞典・宇宙世紀編」にファイバーとシュネー・ヴァイスを追加。
・「MS辞典・宇宙世紀編」に公式度別索引を追加。
・「MS辞典・コズミックイラ編」に長らく放置していた名称別・形式番号別索引を追加。
・「俺的解釈」のMS発展史にジム系を追加。
・「リンク」にスウさんのMS in BOXを追加。

以上になります~。

 MS辞典、情報量も多いしちゃんと読んでなかったり初めて見てからほとんど見返してない方が多いとは思いますが、実は公開当時とは内容がほとんど変わっています。当時は与謝野折檻氏の解釈が設定であると思い込んでいたところもありますから(苦笑)、そこから自分なりに情報を整理するのにここまで時間がかかりました。暇な時にもう一度見返してみてくださいな。裏設定とかかなり追加してるので。
 そして今日8万ヒット越えました。ありがたいことです。ちょっとだけ生まれ変わった当サイトをどうぞこれからもよろしくお願いしますm(_ _)m
種映画化決定
 ソースはサンライズのHPより。確定みたいです。結局種版逆シャアをマジでやるつもりのようですね。90年代のガンダムのように新作ごとに別世界にしないで、しばらくバンダイはコズミックイラで稼ぐ模様です。当面は宇宙世紀とコズミックイラの二本立てでいくんでしょうね。まさにうちにサイトのようだ(笑)種扱ったのは実に正解だったと自分の感覚を誇りたいところです。

 というわけで参加型小説の方もネタ集めにはしばらく苦労しなそうですね。真剣にリレー小説として参加してくれる方を募集しようかと思い始めました(死)
実はサイト2周年
 サイトを正式に公開してから2年が経ちました。もうすぐ8万ヒットにいきそうということでありがたい限りです。1年前はまだ2万もいってなかったわけで、それがたまにデータソースとして挙げられるようになったくらいのサイトになったのは管理人としても感慨深い物があります。というわけでそろそろサイト名を変えたいと思います(だって今のダサいんだもん…爆)。リンク張ってくださっている方、覚悟しておいてください(笑)サイト名かえるだけじゃなくて一気にMS辞典を色々更新したいんですが、風邪引いた遅れもあってちょっと間に合いそうにありません。デザインは変えるつもりあんまりないんですが、ジム系とかかなりいじる予定なんですよねぇ。

 それとは別に俺的解釈を1個更新しておきました。ドワッジ名称かぶり問題に決着つけたつもりです。自分の脳内では。
なんとか復帰しましたよ
 なんとか参加型小説を更新してみました。つーかスペシャルエディションやってたの知らなかったんですけど!(汗)ちょうどネタ的にかぶるところだったんで見ておきたかったよ。仕方ないのでTV版見直しました。つーかジュール隊って単艦編成だっけか?なんかやけにMSの配備数が多い気がするんだけど。

 ついでにトップの壁紙をウィンダムIWSPにしてみました。一応種モードにしとかないとね。つーかヘイズル改はもう風化したネタだしっていうのもある。

 他にも色々更新したいよぅ。そろそろオーガスタ/オークランド問題に決着つけたいよう。恋人たちのパンフのバカヤロウ。とりあえず咳が止まらないので今夜は寝ます。今後ともごひいきに。
ガンダム武器解析
突破さんのところで紹介されていたガンダム武器解析にチャレンジ。

ルロイの90%はメガソニック砲で出来ています
ルロイの6%は光の翼で出来ています
ルロイの2%はガトリングガンで出来ています
ルロイの1%はファンネルで出来ています
ルロイの1%はビームサーベルで出来ています

僕はヴァサーゴ系だったよ兄さん…。
次は本名の苗字でやってみるよ。

(本名の苗字)の94%はクスフィアスで出来ています
(本名の苗字)の6%はヒートロッドで出来ています

鞭とレールガンのみ!?
なら本名の名前でどうよ。

(本名の名前)の93%はコロニー落としで出来ています
(本名の名前)の6%はガトリングシールドで出来ています
(本名の名前)の1%はヒートロッドで出来ています

コロニー落としを行えるグフカスタムですか!?
ならフルネームでどうだ!

(本名フルネーム)の80%はトリモチで出来ています
(本名フルネーム)の7%はシャイニングフィンガーで出来ています
(本名フルネーム)の7%はファンネルで出来ています
(本名フルネーム)の4%はヒートサーベルで出来ています
(本名フルネーム)の2%はヒートホークで出来ています

絡み付け!必殺!トリモチフィンガー!(泣)
じゃあスペース空けてみるよ。

(本名フルネーム・スペース有)の49%はクスフィアスで出来ています
(本名フルネーム・スペース有)の36%はヒートホークで出来ています
(本名フルネーム・スペース有)の8%はマゼラトップ砲で出来ています
(本名フルネーム・スペース有)の4%はガトリングガンで出来ています
(本名フルネーム・スペース有)の3%はショルダーミサイルで出来ています

おお、割とバランスの良い武装ですな。やっとまともな装備になったよ。
スペースを半角に変えてみるとどうかな?

(本名フルネーム・スペース有)の50%はムラマサブラスターで出来ています
(本名フルネーム・スペース有)の27%はダブルガトリングガンで出来ています
(本名フルネーム・スペース有)の9%はガトリングガンで出来ています
(本名フルネーム・スペース有)の7%はヒートサーベルで出来ています
(本名フルネーム・スペース有)の7%はヒートロッドで出来ています

なんか凄い接近戦仕様になったァ!いや遠距離仕様なのか!?
ガトリング二つ持ってる意味がわからん。

そしておまけ。

>>続きを読む
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.