がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
連休はいるとすぐこれだ
風邪引いてぶっ倒れてます。更新再開まで今しばらくお待ちください(死)
スポンサーサイト
MS大全集2006
 意地でゲットしてきましたよ。置いてる場所が映画の本のところだなんて反則だよ。普通に気づかねー。
 2003は申し訳程度の改訂でしたけど今回はかなり頑張ってましたね。立ちイラストだけでなくモード違いとかも結構載せてたのが良かったです。
 まぁ、未だゲームのMSが全部載ってない(Gジェネ無印とゼロのがないよぅ)とか、SEED-MSVの機体はHJ発のが全て載ってないとか(権利関係厳しいんですかね?プラモ化されたIWSPさえ載ってないなんて)、アウトフレームがアウトフレームDと紹介されてるとか(メディアワークスなんだから主役機の設定間違うなよ)、ディンレイヴンとジンアサルトが載ってないとか、詰めが相変わらず甘いけど。それでもGジェネF以降のオリジナルMSは網羅してるし、マドロックの未完成版とかAOZのバリエーション機ほぼ全てとかオリジンのMSが入ってるとか(旧ザクがないけど)、かなり頑張ってるのは分かります。でもアクトザクのパイロットにマレットって入れて欲しかったよ。ハマーン専用ガザCも載ってなかったし(巻頭にいるけど)。

 では設定チェック!

・今回もメタス改とディテクターは逆のまま。もう直す気はないらしい
・相変わらず百式改はS型だけどさくいんは無印
・ホビーハイザックの形式番号消滅

そして今回の超弩級設定が
・陸戦用ジム、デザートジム、装甲強化型ジムが 全 部 F 型 で や ん の

 これにてF型=片桐ジムの公式が完成しましたとさ。きっとデザートジムはRGM-79F(SP)だったんだね。ついでにジャグラーもF型系で、実は陸戦型ジムもF型系列だったのかもね。
 C/E型=カトキジム D/G型=出渕ジム F型=片桐ジム 無印=大河原ジム ですので。となるとF型系列はどこ製のジムなんだろうなぁ。陸戦用がヨーロッパ戦線仕様だからベルファストあたりかね。

 てか、さくいんは直ってないのね…。

 いや~やっぱMS大全集読むとアドレナリンが出るわ出るわ…やっぱ俺ってばMS好きなんだなぁと再確認。MS大全集98を読んでなかったら俺はこんなサイト作ってなかったよ。それだけ思い入れが強いんです、このシリーズ。

 ところでデュエルダガーがスルーされている理由を教えてもらおうか。
ガンダム短編集
 MS大全集2006がどこにも売ってないので腹いせに買いました。例の銀狼が出てくるあれが載ってるやつですね。
 というわけでレビューでも。

「極東MS戦線記」
 こんなにチャイナテイスト満載の作品だとは思ってませんでした。つーかいちいち出てくる中国漢字が逆にうざいんですけど。ドラゴンガンダムとかが人気あった頃だからこんなのになったのかなぁ。
 しかし女だけの部隊にひとり配属ってナイトホークスかよ!って思ったけどとりあえずグエンがいるから女だけではないようだ(爆)つーかあまりにボンボンテイストすぎていつもの高山作品っぽくなかったなぁ。無駄に話が長すぎる。

「ジオンの赤い稲妻ジョニー・ライデン」
 これは既に見たことあるので省略。てか顔とキャラがあわなすぎだから。ギレンやった時も思ったけど、ジョニーってもっと強面で無愛想な奴の方がイメージに合うんだよなぁ。シャアと真逆の人って方がらしいと思うんだけど。

「DEAD ZONE」
 そしてまたジョニーの漫画。ジュピターゴーストみたいだなぁと思った。あれもジョニーだったしな。で、何?っていう話。

「死亡の塔」
 Gガンのコミックはどれも空気を読んでるから笑える。どんなにあほくさい内容でもどんなに台詞がありがちすぎてもだってGガンだしで済まされるもんなぁ。
 というかこれ、まだアニメ序盤に書かれた漫画なんだろうけど、ことごとく後半に出てくるMFとかぶってて笑った。おいおいコブラガンダムかよ。おいおいゴッドスラッシュかよ。おいおいスカルガンダムかよ。ってね。
 あとマンティスガンダムがアビスにしか見えなかった…。武器は全然違うけど。そんな感じの内容。

 結論。銀狼目当てのマニアを釣るための罠だね、この漫画。
ルロイ中尉とシャア大佐の「今月の模型誌06.04」
ルロイ「今月もこの季節がやってきましたよ」
シャア「最近私のMSの新作情報がないのだが」
ルロイ「あらかた出し尽しましたからね」
シャア「いや私は非公式なところではかなり色々な機体に乗っているからな」
ルロイ「そういやTV版ではルッグンにも乗ってましたしね」
シャア「ドレンと2ケツだったな、奴はいつの間に宇宙に戻ったんだか」
ルロイ「左遷されたときに離れ離れになったのでは?」
シャア「いや、何かあった気がするのだが思い出せないな」
ルロイ「まぁぶっちゃけどうでもいいですけどね」
シャア「彼はアデスとして転生したしな」
ルロイ「その理屈だと大佐はクルーゼとして転生したことになる気が」
シャア「……冗談だよ、タリア」
ルロイ「タリア言わないで下さい」
シャア「というわけで前説は終わりだ」
ルロイ「はいはい。」

>>続きを読む
アレックスとFSWS
 MSVコレクションファイルでFSWSがニュータイプ用の計画だって書いてあってびっくりしました。でも思い返せば、FAガンダムってニュータイプパイロットを乗せた少数部隊で運用する予定だったとかそんな感じの設定があったんですよね。なんか、アレックスの意味が「装甲積層実験」であってもいいんだな、と思えるようになりました。アレックスのFSWS仕様もチョバムと別にあるので、もしかしたらアレックスは本来FSWSのために開発された機体だったのかもしれないな、ということです。

 何が言いたいのかと言うと、FAガンダム→FSWSアレックス→NT計画がFSWSから機動性重視の開発計画に変更→アレックス完成、という流れだったのかなということです。で、本来FAガンダムになるかもしれなかった(?)セカンドロットのガンダムも計画変更にあわせてアレックス準拠の設計に変更されたと。
 コミック版0080のFAガンダムの素体が何だったのかはここでは触れませんが(8号機かもしれないし、実はガンダムヘッドのジムかもしれない)、FAガンダムがそこで出てきたのも、アレックスとの関連性を匂わせます。

 個人的には、FSWSがガンダムのパワーアップのための計画だとは正直思いたくないんですよ。だって試作機をわざわざ改修するならジムをフルチューンした方が早いんじゃないのかって思いますもん。あくまでガンダムはFSWS実用化のための実験機であって、別の機体に成果を反映させる予定だったと思いたいところです。だからこそ、2案であるヘビーガンダムは新設計機だったわけで。ガンダムの再利用が前提ならヘビーガンダムという案が出るはずがないんですよ。ということで、初めから新設計機に施す予定だったなら、それがアレックス…というかオーガスタ系のMSだったんじゃないの?ということです。

 つまり、アレックスとヘビーガンダムは競作関係だったのだ!

 な、なんだっ(以下略)
アンケート変更
 参加型小説は既に始動したので参加意志を募るアンケートは終了させました。代わりに個人的に興味のある質問を設置してみました。できれば理由と共に応えていただけるとありがたいです。
 個人的に、「永遠のフォウ」に関しては3部作を一つと考えれば必要ないと思いますが、2部でクライマックスを持ってくるためには必要だったのかな、と思います。「ダカールの日」については極めて微妙なところで、あれがなきゃシャアの見せ場がないというのはもっともだけど、結局あの演説がその後物語に何も影響を与えていなかったので(苦笑)シナリオ的には要らなかったんだと思います。
妄想メモ
MS-11+MS-06R-2/G
 ↓
RX-106→(パーツ流用)→MS-06E/K/M→(制式量産化)→RMS-192M/188MD
 ↓
YRMS-106→(完成型)→RMS-106J/CS→(制式化)→RMS-116
 ↓
(急造型)
 ↓
RMS-106
 ↓
RMS-107
 ↑
(ハイザックと生産ライン共有化)
 ↑
RX-107→(偽装)→RMS-108←(偽装)←RX-81→RX-121
 ↑
MS-06FZ
参加型小説を始めてみました
 最初なんであらゆる要素を詰め込んで、本編キャラあり、外伝キャラあり、アストレイ対決ありと方向性を模索する形でいろいろやってみました。ちょっとまだ乗り切れてないんですが、シンケル編の方はもう少しミリタリー的でシリアスになると思います。たぶん。

 つーか漫画的キャラを小説で書くのは至難の業ですな。ロウとか迂闊に出さない方が良さそうだと思いました(死)
サイコミュ論をぶち上げてみました
 Z・3さんのバイオセンサーネタに触発されて一気に書いてみました。文系の妄想駄文なのでリアリティはないかもしれませんがそれなりにあり得そうな理屈をこじつけてみましたよ。

 なによりバイオセンサーとバイオコンピュータの区別をつけるのが最大の目的だったんですが、EXAMシステムが意外にもいい味を出してくれました。ちなみにバイオコンピュータが完成する過程にA・RとC・Aがあったんだろうということであんなことになってます。そしてその二つのコンピューターはジェリド出撃命令の強化人間がベースとなっているんだろうと、そんなつながりです。
M・S・V!M・S・V!
20060421203351.jpg


ついにMSVコレクションファイルとポケット百科をゲットしましたよ。まだ全部じゃないけど。
大きな発見はないというか、結構ギレン等に昔の設定もちゃんとサルベージされてるんだなぁということの方が発見でしたけど。
でもポケット百科があればMSVのインストはほとんど必要ないですね(戦記等のエピソードまではフォローできないけど)。これは素晴らしい。
コレクションファイルの方は0080と0083がフォローされてる上になんか珍しい解釈が多いのがポイント高いです。RX-77Dがちゃんと「量産検討機」となっていたことに感動。スナイパーIIともども試作機だったんですねあれ。それがまわされたんだからホワイト・ディンゴは凄いんだなァ。

画像のUOギラドーガはあまりのカッコよさに衝動買いしてしまった代物。迷彩は反則だから。だんだん出来よくなってるよねこのシリーズ。特に迷彩シリーズは自分じゃ塗れないし購買意欲をそそります。砂漠シリーズもたくさん出てるんだよなぁ。ヤフオクで全部揃えてやろうか。

さて、MS辞典をいっぱい更新しないと…(汗)
マドロック=プロトタイプジムキャノンII説
 マドロック(あくまでリファイン版のほうですよ)ってガンダムなのにキャノン砲つけてる変な奴ですよね。なんでガンキャノンがいるのにガンダムにキャノン砲をつけるんだろうと(ビーム兵器のチャージ時間を補うとかってガンキャノンで達成されてるじゃんっていう)思ってたんですが、よくよく考えればガンダムはジムの試作機。つまりガンダム+ガンキャノン=プロトジムキャノンなわけですよ。要するにジムキャノン系のデータ取り用の機体だったんじゃないかと思うんです。ジムが完成して役目を終えたセカンドロットのガンダムのうち1機をRGC系の実験機として再利用したんですよ。それが急遽ジャブローを攻撃されて実戦投入されたと。
 で、ジムキャノンにはすでにプロトタイプの設定があるしタイミング的に遅いんでやっぱりジムキャノンIIだろうと。ほら、マドロックってアレックスと共有のパーツみたいだし、チョバム装備できそうじゃないですか。キャノン砲もビーム砲に換装できるみたいだし、シールドも同じコマンド系だし、そっくりですよ。

 そういえばガンキャノンIIもジャブローにあったんですよね。しかもトラブルでジャブロー戦に出撃できなかったという設定。その代わりにマドロックが使われたんじゃないですかねー?
忙しいよぅ
 ネタがたまりにたまってるのにそれをサイトに反映される時間がありません。参加型小説もシナリオは固まってるのになぁ。

 てか、ふと思ったんだけど、ロンド氏はオーブが再建されたことどう思ってるんでしょ。つーか再建に関わったのか?その辺どっかでフォローされてるんですかね?情報求む。参加型小説ネタでちょっと必要なのです。
Zガンダムの「何故」を考える7「何故ジャブローにガルダが2機もあったのか」
 実はZのジャブロー攻略戦は穴だらけというか、謎だらけです。あれは事前に核爆弾が仕掛けられていたあたり、エゥーゴの行動はティターンズに漏れていたわけですが、特に情報が漏れていた形跡がない(その後情報が漏れたことも特になかった)上に、捕まっていたレコアもジャブローは「引越し中」だったというだけで情報が漏れていたとは特に言っていないんですよ。明らかに「たまたまジャブローは引越し中だった」という雰囲気なんですよね。その辺がまず腑に落ちない。
 で、本題のガルダ級が2機もジャブローにあった理由です。そもそも設定上ガルダ級は世界に4機しかないわけで(後に増産されたっぽい雰囲気はありますが)、凄く貴重な代物なんですよ。それを、ほぼ引越しが完了していたジャブローに2機も残すかね、と言うことなんです。ただでさえ核で吹っ飛ぶことが決まっているというのに、わざわざエゥーゴに脱出手段を残すような真似をしている。かなり腑に落ちません。可能性として考えられるのは「本当にエゥーゴに与えるために残した」か、「4機も必要なかったから2機破壊したかった」かのどちらかでしょう。 
>>続きを読む
ファーストガンダムの思い出
 TV版がDVD化されることもあってファーストとの出会いの話などを。実はファーストとのファーストコンタクトはかなり特殊でして、じつはケイブンシャの「機動戦士ガンダム大百科(当然絶版)」から入りました。小学生の頃、SDガンダムしか知らなかった時です。たまたま本屋に行った時に父親に好きな本を買ってやるといわれ、別に欲しい本がなかったので(爆)適当にその辺にあった本を探し、ガンダムという知っている名前のついてる本を選んだのでした。が、これが大ヒットだったのです。
 このケイブンシャのシリーズは明らかに子供向けの製本で、かなり原色がきつい表紙なんですが、中身はかなり真剣に作られています。具体的に言うと、TV版全話を1話約3ページ(+本編の画像数点)文字ぎっしりで解説するという内容で、ファーストガンダムのシナリオが全て詰め込まれてるんですよ。もうアニメ見なくても話の内容が熟知できるくらいに。しかも子供向けとあって文字は大きく、文章は分かりやすく構成されているんで小学生でも十分内容がわかる資料でした。しかもメカ、キャラの設定も形式番号付きでちゃんと紹介されていて、地名や軍の構成もしっかりフォロー。最近の下手な資料よりよほどよくできています。
 無論本ではジェットストリームがどんな物かとか、ビットが何なのかとかはいまいち分からないんですが、それは些細な物で、物語がこの時点で理解できたと言うのはかなり大きかったと思います。たぶん、アニメだけ見てもそこまで理解できなかったでしょうからね。それがキャラの心情まで含めて理解できましたから、多感な小学生の時期に与えた影響は大きかったです。実際のところこれが自分のガンダムの原点なんだと思います。MS辞典なんて作っておいて作品論まで語ってしまうのはこの本の影響が強いんでしょうね。MS好きはSDガンダムの延長線上ですが、それだけじゃない完成を養えた気はします。今ではページも一部抜け落ちてぼろぼろですが、一番大切にしたいガンダム本ですね。ヤフオクでもまず見かけないし。

 それにしても、あの本をいくら読んでもサイコミュが発動している時の「ラ・・・ラ・・・」の声の意味だけはわかりませんでした(笑)
宇宙世紀の始まりを考えてみました
 ちょっと更新するネタがたまりにたまってるので、しばらく本店更新強化月間となりそうな感じです。今回は「俺的解釈」を久々に更新。

 ガンダムの設定って人口が右肩上がりで増えてた時期だったので、「このまま増えたら宇宙に出るしかいよね」という感覚で作られていた側面があるんですが、今の視点で見るとそうでもないという(代わりにエネルギー消費量の問題が出てきましたが)。なので今の視点でもう少し設定を修正してみようかなというのが発端です。
 真面目な内容に見えてまるで考証していないので、論理としてどうなのよって話になる恐れもあるんですが、当時のビジョンもこういうイメージがあったんじゃないかと思いもします。

 富野監督自身がスペースコロニーはあり得ないと思っている時代ですから、宇宙に出るには相当な理由がいるのだと思います。地球の環境が危ないからとかそういう理由ではないでしょうし、単に人口が増えすぎたからでもないでしょう(通常、そういうのは自浄作用が働くものです。現に先進国では少子化が始まっています)。問題は世界が2つの階級層に分かれたことにあって、一握りのエリートが多数の愚民を支配するという形になったからこそ宇宙の植民地に民衆を追いやるという発想が生まれるんじゃないかと思った次第です。

 でもこういう発想も、30年後には間違っていることが証明されるんだろうなぁ(笑)
小ネタを少々
・パーフェクトガンダムって胸部にダクト繋がってるよね。脚部に追加スラスターがあるし、脚の形がザクっぽい。実はパーフェクトガンダムは、ハイザックのテスト機だったのだ!

・ディジェのウイングって何のためにあるか激しく不明ですよね。ところでMSが乗ってるドダイってとてつもなく空気抵抗が大きいと思うんですよ。ディジェのアレってそのためにあるのでは?そう、ディジェはドダイに乗ることが前提の、空戦型リック・ディアスだったのだ!そして百式のウイングバインダーも、ネモハイマニューバも、全てはドダイのために!

「な、なんだってー!?」

…さて、参加型小説のページを作ってみましたよ。
http://members.jcom.home.ne.jp/0911502801/lostseed.htm
管理人の考えた設定に対する突っ込みというか変更の助言もアリってことでやってみましょうかね。スターゲイザーを待った方が無難な気はします。かなり。
「球形の心に抱かれて」完結
約一ヶ月にわたり連載(?)してきたzsphereさんの小説もついに最終回となりました。
設定的には新訳Zとは矛盾しますが、話の方向性自体は新訳に近いものなのではないか?と思ったりもします。
この作品を通じて訴えるものを何か感じていただければ、管理人としても非常にありがたく思います。


ところでおまけとして、今日こんなサイトを発見しました。

http://www.246.ne.jp/~making/g_room/

すでに7年ほど更新されていないと思われるサイトですが、
同じく「プルクローン(らしき少女)」を「サイコ・ドーガ」に乗せている小説があってびっくりしました(しかもその相手はカミーユとジュドーが乗るメガゼータ!)。このサイトの管理人さん、ファースト世代の女性みたいです。他にも色々な小説や文章がありますが、どれも個人的には衝撃でした。男のヲタじゃまず思いつかないような視点がてんこ盛り。正直悔しかったです。でも参考になりました。非常に。
今後のサイト運営のお話
 web拍手でTHE EDGEの感想をいただけて軽く有頂天ですこんばんわ。
 実はさりげなく、MS辞典宇宙世紀編に「非公式作品」のページを作成していたりします。まだその先には何もないですけどね。これからちょくちょく、これまでうちのサイトで扱っていなかったMSを追加していこうかなと。正直完全非公式の作品は混ぜると知らない人が混乱するので避けてたんですが、明確に公式MSと区別してしまえば問題ないかなということと、自分自身マイナー作品のMSがそれなりに分かってきたからというのがあります。とはいえ元資料持ってない作品の方が多いので、援護していただけるとありがたいかな~と。トワイライトオブジオンがまだ入ってないのは仕様です。

 それと、長らく放置しているブログのアンケートですが、オリジナルMS辞典が一番優勢な状況です。一応どういう感じにするかのビジョンもあるにはあるんですが、どう思い描いても寂れる可能性が高い(爆)というのと、どうしても玉石混交になってしまう(しかも石の方が多い)だろうというのがあって踏み出しにくい物があります。用語辞典の方は非常にやりたいのですが、裏MS辞典のように参加型にすると間違った設定が書き込まれたときの対応が非常に難しいので、こちらも踏み出しにくいと考えています。いずれやりたいですが、もっと詳しくて濃い方が数多く訪れるサイトになってから(そういう方向性でやってないので無理はありますが)かな~と思います。
 で、じゃあどうしようかってことで、オリジナルMS辞典の案を発展させて参加型小説にでもしてみようかと思うんですよ。ガンダムSEEDの。メカ設定なりキャラ設定なりを作ってもらって、それを管理人が物語にすると。一応話のアイデアはあって、デスティニーの数年後、キラが何物かに洗脳されて世界の敵となり、最強のフリーダムを倒せるか!?というシナリオにでもしようかなぁとか考えてます。でも参加者いなかったら寒いんで、ここでアンケート。もし、SEEDの参加型小説始めたら参加したいと思いますか!?ということで。投票していただけるとありがたいっす~。
エコール・デュ・シエル 8巻
 ル・シーニュの設定画目当てに購入。というか、話もそろそろ追っていこうとは思っているのでたぶん続刊も買います。エコールはガンダムコミックの中ではかなり話がよくできていて、かつ絵も綺麗な作品に入るとは思うんですが、結局のところいつもの美樹本作品というか、エースをねらえ!みたいなスポ根少女ものを地でいってるだけじゃんというのがあって(アスナがアイビスにしか見えないよぅ)、完全にスルーしてました。YMS-18が出たとかMk2のテストパイロットにジャック・ベアードが出たとか聞いても「てこ入れ必死だなwww」としか思ってなかったんですが(笑)、「第3部に入って完全にゼータのサイドストーリー化!?しかも新ガンダム登場!?くっ…なら買うしかないじゃないか!」というわけでとうとうチェックし始めてしまったのでした。
 中身はと言うと、うーん、絵は綺麗だけど状況がわかり辛いなぁというのがあるんですが(海賊がどうなったのかよくわからん)、ダカール演説を発信するための通信衛星を守るための戦いとか、設定面はしっかり出来てるなぁと(それ故旧訳世界なわけですが)。なんか設定をスタッフでしっかり練ってるらしいので当然と言えば当然なんですけどね。でもリックディアスが重いってのは納得いかん。あれは重そうに見えて実は軽いのが売りなんだってばさ。
 でも、話の切れ目で毎度アスナが一人で漂流してるみたいなので、それってやっぱり路線変更の証なんだろうねぇ。どんどん作者のやりたい内容から逸れていってるんだろうな。ジャックがどんな人なのかわからずに漫画書いてるのがよくわかるし、戦闘シーンだけで無理矢理面白くしてる感じがする。いや面白いんだけどさ。

 なんというか、どんどん作者が美樹本氏である意味がなくなってきた気はするよね…。編集部に好き勝手いじられる長期連載漫画の弊害が悪い方向に出ている気がしました。
 でも、敵の攻撃をかいくぐって新型機を取りに行くっていうシチュエーションはやっぱり燃えるよなぁ。うん。ガンダムだとGとXくらいでしかやってないけど。あ、Wでぜクスがやってるか。

 んで、全く既存のMSと共通点が見えないル・シーニュだけど、無理矢理デザインからこじつけるなら腰アーマーのつき方からMk4とつなげるのが一番近いかもしれないと思ったりもした。同じ008だし。でも胸部はバーザムみたいなんだよなぁ…。プロトバージムだったりするのか?(爆)
0083と「星を継ぐ者」
 星を継ぐ者ってタイトルには元ネタがあるそうなので探してみたら…なんか違うのが出てきた(汗)

http://www.enterbrain.co.jp/jp/p_catalog/book/2002/4-7577-1220-0.html

 スターダストメモリーズって、まさに新訳Zは0083とセットなわけですね!(違)しかもナイトウィザードとかいって、ここから持ってきてないだろうな種デスMSV…。

 まぁとにかくだ、ファースト3部作+ゼータ3部作+逆シャアで7部作だって言うけど、ほんとは「ジオンの残光」を含めて8部作ですよね?(爆)

 ちなみに本物の元ネタはこっちですよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/448866301X/250-5479358-5127409
Zガンダムの「何故」を考える6「アクシズは何故地球圏に戻ってきたのか」
 TV版だけで判断するなら地球圏の覇権を狙ってるようにも思えるんですが、劇場版では撤退してますし、余計に何したかったんだよ!感が否めません。実際、明確な目的らしい物は見せてないんですよね。だから結果だけで判断するのが筋でしょう。
 ZZにおいてハマーンが何を成し遂げたのかと言えば、それはサイド3の確保です。ダブリンへのコロニー落としと引き換えに、ネオジオンはサイド3の自治権を奪回しています。これはZでもエゥーゴと組んだ際にメラニーがサイド3を明け渡す旨の親書を送っていますし、最大の目的だったといえるのではないでしょうか。だって、一生アクシズで暮らすのはやっぱり嫌でしょうからねぇ。彼女らも故郷に帰りたかったんですよ。そりゃ、戦後異国に逃亡した軍人なら祖国が恋しくもなります。これが最大の目的だったことは間違いないです。サイド3奪回後、ハマーンは特にアクションを起こしませんでしたからね(変装して自らアーガマに忍び込んじゃうくらい暇だったようだ?)。そして、グレミー派はそれに納得がいかなかったのかもしれません。そのまま連邦を打ち倒してジオン国民による地球統治を実現させるべきだ!という人たちが反乱を起こしたのでしょう。ミネバが影武者であることに気づいたのかもしれませんがね。
 で、もう一つの目的が、ハマーンが執拗にこだわった「ザビ家の復活」です。これは要するに、ザビ家による軍閥政治を復活させたいという意味だったんでしょう。いわば、日本人が戦前の天皇中心の軍事政権に戻るようなものです。そんなこと周囲に国が認めないでしょうから、同様にザビ家政治の復活というのも相当にハードルが高い物だったのだと思います。だから、エゥーゴと組んだ時も「ザビ家を認めたと思っていいんだな?」と念を押してますし、ダカールを無血占拠した際も似たようなことを言っていた(と記憶しています)のでしょう。
 が、ハマーンが本気でザビ家の復活を願っていたかは極めて微妙なところです。だってハマーンはザビ家じゃないし。いくらミネバを裏から支配したと言っても、それが彼女の望みかどうかというと、そうは思えません。だからこそ、新訳でミネバを手離したわけで。本来は、アクシズをまとめる方便としてミネバを使ってたんでしょうね。サイド3に帰れる、ザビ家の統治を復活させると理想的なことを言って希望を持たせるのはナチスもやってたことですから。マシュマーもそうやって手駒にしていましたし(笑)
>>続きを読む
ガンダムMk-II with プロトタイプガンダムMk-II
Img_0278.jpg

Mk2作ったんで久々にプロトを発掘しました。埃かぶってるよ…。
もう1.0はプロトの素体でいいよね。設定的にそれらしいし。
しかし並べるとやっぱりデカール貼りたくなるなぁ。というかその前に表面処理をちゃんとやった方がいいかも知れない。

1.0ってよく見ると足以外はほとんどHGUCと同じプロポーションなんだなぁ。そりゃ同じ画稿(HGUCは多少修正されてるけど)がベースだもんなぁ。

ところで結局「アムロ機」で「Ver.2.0」の「新MG」はZガンダム3号機ですか…。色変えツマンネ。
「球形の心に抱かれて」第四章公開
 既に半分が過ぎましたね。ガンダムと言うか富野作品は後半になればなるほど話がハードになっていきます。そういうところをかなりとれーすしている気がしますね。個人的にこの章のクライマックスが一番心にきました。このやるせなさがガンダム!

 …ところでプルクローンの声がファだったってマジですか?
新訳 逆襲のシャア、もといガンダムイボルブPLUS
 新訳Zを見たら欲しくなったのでオクで落としました。限定販売されたイボルブ1~5のDVDです。
 これ、5以外はただのプロモーションビデオなんだよね。Mk2編もただ戦ってるだけだし、デンドロ編もシナリオにはまるでなってない。最近のイボルブは頑張ってるんだなぁとつくづく思いました。でも未だにマラサイ編と武者編しかまともに見たことないんだよなぁ。ディアスvsシャアザクとか見たかったのに。
 では、本命の新訳逆シャアのネタバレを。

>>続きを読む
ガンダムMk-II Ver.2.0 ティターンズカラー
Mk2ver1.5.jpg


 ティターンズカラーを買いました。とりあえず組みました。どうでしょ?なんか変だと思いませんか?

>>続きを読む
エイプリルフールお疲れさまでした
 バレバレだったかな?一瞬でもえっ!?って思ってくれれば嬉しいんですけど(笑)

 さて、早速MS辞典を更新したのでよろしくです~。Dアストレイの機体は結構わかってないかもしれない。改造パーツ出てるってことは今回はキット化しないのかなぁ…。デスティニーインパルス改造パーツとかまたやらないのかな、ホビージャパンは。
サイトをリニューアルしました!
 全面的に一新してみましたよ。先にブログから来た人は上のバナーからどうぞ。…あ、バナーはリニューアルしてないや。
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.