がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
Zガンダムの思い出
 思い出シリーズ第3弾。順番的にはGガンダムなんですけど、アナザーガンダムは受けが悪いので(爆)

 Zガンダムに関しては、スパロボが先です。「スーパーロボット大戦F」において、Zのキャラの台詞がやけに気合入っていて、いろんな名台詞が入っているものですから、それがすげぇなと思ったのが始まりです。で、熱いな~と思っていたらちょうどプレステでZガンダムのゲームが出ることになって、これは買いだろうと。しかし原作を知らずにやっても面白くないだろうということで、発売日前の一週間で全巻レンタルして見たと、そういう流れです。そのときも、あの台詞はここで使われているのか~とかそんな見方ばっかりで、話の流れをちゃんと把握していたかは今思うと疑問ですね。
 ただ今思い返すと、Zガンダムの物語って前半と後半で全然テイストが違いますよね。前半はホワイトベースのクルーがいっぱい出てきたり、空中戦の演出が凄かったりしましたが、後半はカツとファが周囲に迷惑をかけてばかりいただけの話だったような…。なんかいがみあいばっかりでしたよね。ちょっと出撃して敵が撤退だ~とかいって逃げて無事帰艦、ってそんな話の繰り返しでしたね。製作側がきつかったのかな~って思います。
 個人的にはスパロボFになかったニュータイプオーラ発動がびっくりというか、なんでこれを反映させんかなとか思ってました。あれ、新訳でもあるみたいですね。なんだかな~。

 で、当時中学生だった自分にゼータがどう映ったかというと、いわゆる鬱屈だとか暗いとかそういうところはあまり目に入りませんでした。あくまでスパロボの原作としてみていたので、スパロボの元ネタになったところばかり見て、例えばアムロの活躍シーンとか、フォウが死ぬところとか、そういうところばっかり覚えてるんですよねぇ。ラスト2話のところも、話の内容どうこうよりもGジェネのムービーを見るような感覚で、ドラマチックイベントを体感しているって感じでした。そういう話のテンションの高まりを楽しんでいたというか、クライマックスの非現実を見るために見ていたという感覚ですね。この頃求めていたのは人間のドラマではなく、カッコいい戦闘でもなく、キャラクターが感情を爆発させているシチュエーションだったのかなと思います。新訳Zはその辺があんまり足りていない感じはしますね。

 じゃあ今の自分がゼータをどう見てるかというと、どうなんでしょうね。TV版にはTV版のよさがあるんですが、まだ新訳が完結していないので整理できていない状態です。というわけで、今週末に決着つけましょう、ということで。
スポンサーサイト
MGヒストリーファイル
 年末の特典だったのに未だにもらえましたですよ。しかしこれ、書いてある内容が微妙にすげぇ。

G-3ガンダム
「マグネット・コーティングのテストヘッドとして改修の後、宇宙へ搬出された」
地上でMC化したんですか…!?

量産型ゲルググ
「グラナダのドルバ工廠で建造され、U.C.0079年12月20日付けでア・バオア・クー守備隊に配備された機体。ビームマシンガンは、工場艦マンムットから転送された。」
どこの設定ですか!?

ジム
「第二次生産型に分類される機体群のうち、俗に100番台と呼ばれるバージョン」
なにそれ!?200番台とかもあるの!?

ザクI
「B型に分類される機体群の最終バージョン」
B型ってたくさんあるんですか!?

黒い三連星専用高機動型ザクII
「06R-1型の基礎フレームに、脚部の設計変更等を経てロールアウトした機体」
脚部のタンク以外は同じじゃなかったんですか(汗)

リックドム
「後期バージョンは腰部ユニットも大型化され"ロングスカート"と呼ばれた」
MG設定と旧設定両立させてるし!いつできたのよそんな設定…

ジムカスタム
「連邦軍再建計画に基づいて開発され(中略)数ヶ月に及ぶ稼動試験の後、アルビオンに緊急配備された」
そんな仰々しい設定持ってたんだ…。

ジムクゥエル
「連邦軍のMS適性配備開発計画によって開発された機体だが、ティターンズ設立に伴って計画が変更」
だからコンペイトウに一般仕様のクゥエルがあったのね。ってだからいつできたのよ。

グフカスタム
「飛行試験型開発計画のためジオン本国で再設計されたパーツを多用している」
やっと見つけたよ、07H-8→07B-3設定の記述。これ持ってないけどインストに載ってたかな…

ジム改スタンダードカラー
「標準的な"ジム"とは大幅に設計が変更されている」
そりゃ、見れば分かるけど…そんな断言しちゃっていいの?

ガトー専用ゲルググ
「時期によりS型やC型の部材を採用した仕様違いが存在する」
…C型?

なんかインストでも読んだ事ない記述がいくらか…皆さんネタ元ご存知ですか?
ルロイ中尉とシャア大佐の「今月の模型誌06.02」
シャア「というわけでホビージャパンだ」
ルロイ「今日は前フリがありませんね大佐」
シャア「いきなりGFFコーナーなのだよ」
ルロイ「ゴッドガンダムとZIIですね」
シャア「ZIIはあまり好きではないな」
ルロイ「何故です?」
シャア「レコアの匂いがする」
ルロイ「まぁ…たしかにメタスの機構とほぼ同じですが」
シャア「歴代GFF&ジオノ一覧と、まるでカタログだな」
ルロイ「好きな人は買い必須でしょうね」
シャア「そして忘れてはいけないのが最新ジオノグラフィ」
ルロイ「ズゴックゾゴックアッグですね。今日売ってましたよ」
シャア「なに!?買ってきたまえルロイ君。当然私専用の方だ」
ルロイ「えぇ、3500円も払って買うものじゃありませんよあれ」
シャア「何を言う、私のズゴックにドリルを装着できる唯一の商品だぞ」
ルロイ「そんなこといわれても…もうMGネモとMG百式買ったんでお金ないです」
シャア「む…百式はいいがMGはダメだ。名キットの旧1/100にしろ」
ルロイ「いやいや、バリュートパックついてないし」
シャア「…とにかく、ふたばあたりにドリルズゴックの画像はないものか?」
ルロイ「知りませんよ…自分で探してください」
シャア「私のズゴックにドリルがつくのだぞ!?ジムどころかサイコガンダムも貫けそうだ」
ルロイ「大佐って…ドリル好きなんですか?」
シャア「ドリルは男のロマンだろう」
ルロイ「勇者シリーズの定番ですけどね、ちょっと意外です」
シャア「そしてドリルと言えば私の下半sゥボァ!」
(シャア、突然後ろから棍棒で殴られる)
ルロイ「大佐ぁ!?」
>>続きを読む
Vガンダムの思い出
 思い出話をまた少々。Vガンダムは自分が初めてリアルタイムで見たガンダムです。とはいえ毎週欠かさず見てたわけではないんですけどね。最初のパラグライダーで飛んでたら大変なことになったウッソのところは良く覚えてます。その次に覚えてるのはもうオリファーの特攻だったりするんですけどね。あれは小学5年生の自分にとっては大爆笑でした。オリファーごっこしたもんなぁ…。
 V2アサルトとバスターの2種類があってしかも同時装備可能というアイデアは好きでしたね。毎回装備が違うのも楽しみでよかった。今回はメガビームシールド装備してるよ!みたいな。初めてBB戦士以外のプラモを買ったのもこの頃。初めて買ったのは1/144Vダッシュでした。彩色済みが当たり前だった当時そのあまりのしょぼさに愕然、すぐに1/100に乗り越えたのもいい思い出です。クリスマスには1/60V2を買いました。予想以上に大きくてびっくりしました。でも完全変形がかなり良かったですね。Vガンダムは変形合体するくせにスパロボっぽくないところが長所だと思います。
 あと衛星軌道上からビームを撃つザンネックが好きでした。ゲンガオゾに乗りかえたのが切なかったです。リグコンティオがラスボスだったと記憶していたのは多分ボンボン版のコミックのせいです。カテジナさんが記憶喪失になったのは覚えてました。目が見えないのは覚えていませんでした。

 総じて、Vガンダムと言うとはちゃめちゃなシナリオやタイヤメカがクローズアップされがちでしたが、ガンダムの扱いはかなり好きな方です。Gガンダム以降のように凄いガンダムがたくさんいるんじゃなくて、量産されているガンダムがあって、その中にV2という凄いガンダムが一体だけいるっていう構図が好きでした。武装も光の翼がある以外はオーソドックスで、アサルトバスターという後付け装備でパワーアップするのもリアリティの観点から見れば好きです。ぶっちゃけタイヤ以外のメカは比較的まともというか、変にマニアックになってないんで他の(ファースト以外の)ガンダムよりもリアルな気がします。ドッゴーラはまぁ、アレですけど。リジェネレイトの原形だと思えば。

 VガンダムはSDから入った子供を引き込むには十分な傑作だったと思いますよ。カテジナさんをあまり覚えてないのが不思議です。オデロが死んだのはショックでした。リーンホースの特攻より砲台代わりのガンイージを覚えてました。最後の朽ちたV2&Vが印象的でした。これ、リメイクしてくれないかなぁ(笑)
起動戦士マコ
 俺は見逃さなかったぞ!今日の日本代表vsインド代表の試合で「起動戦士マコ」の垂れ幕がかかっていたのを…前半インドが直接フリーキックのところで思いっきり映ってたし。ロゴが完璧でやるなぁって思ったよ。

 …まぁ、本人は試合に出てないんだけどね。前回も坪井に出番とられてたし。でも怪我しない限り3バック要員としてドイツ行きは決定しているから頑張ってくださいなって感じで。
 にしても今日の後半は日本の攻撃練習だったな~。

追記
http://www.jsgoal.jp/photo/00012600/00012673.html
垂れ幕作ったのは女性だそうです。すげぇな。これで応援してるのが長谷部だったら爆笑だが、ありえない。
「逆襲のシャア」の思い出
 囚人022さんのブログで逆シャアネタをやってたのでちょっと触発。自分、実はガンダムのアニメで初めて見たのは逆シャアでした。小学2年生くらいの頃に、テレビで放映したやつをビデオに録画したのを友達の家で見た記憶があります。その時覚えていたこと。

「なんか緑のオーラがすごかった。ジェガンが自爆してた。」

 こんなもんです。話なんてまるで覚えてないです。νガンダムにファンネルがついてることすら覚えてません。あ、ケーラが握りつぶされたのは覚えているような。クェスが父親を殺したのも覚えているような。でもサザビーの存在は覚えてません。結局富野アニメが子供に訴えるものなんて人が死ぬシーンばかりということですよ。うん。

 今思うと富野アニメとほかのアニメの最大の違いは「普通死ぬところじゃないところでキャラが死ぬ」ところにある気がします。アストナージとか死ぬとこじゃないじゃんそこってね。「あ、こいつそろそろ死ぬな」ってのがあんまりなくて、あっけなく死ぬところが富野なんですよ。そして普通殺すところじゃないところであえて殺すのがフロスト兄弟(爆)あと、名無しは死んで当然なのが種。まぁショッカーの戦闘員みたいなもんか。ちなみに富野アニメには名無しはまれです。どんな死にキャラにも名前がついている。

 さて、最近の富野アニメはどうなのかね、という話ですよ。
市販のDVDの画面をそのままキャプチャーするってできるんですかね
 よくアニメのレビューサイトで映像をキャプってるサイトってあるじゃないっすか。あれってPCとテレビが繋がっててそれを取り込んでるんですよね。普通に市販されてるDVDをPCで取り込むって無理なんすかね。うちのPCはDVDプレーヤー入ってるんだけどプリントスクリーンだと画面真っ黒になっちゃうんですよね。
 なんかフリーソフトいろいろ試してみたんだけど、そもそもDVDが映像ファイルになってない?から取り込めない感じなんですよ。これって一旦焼かなきゃダメってやつ?なんかよくわからないっす。だれか教えてください(泣)
 キャプチャーできれば画面に一瞬しか出てこないマイナーMSの画像とか載せられるのにぃ。
イフリート改製作記・バリ落とし編
 今日は「星を継ぐ者」見ながらデザインナイフとニッパーでパーツを切ってました。ガレキってランナー部分以外にも変なバリみたいのがたくさんできるんでめんどいですね。しかし何か見ながらナイフは危険だということが良く分かりました(当たり前です)。そりゃ指も切りますって。

 次はやすりをと言いたいところですが、パーツが細かすぎて一度に全てのパーツの処理をするのは大変なので部分的に組みつつやっていこうかなと。そのためにはボールジョイント買わなきゃいかんのよ。やれやれ。
エクストラフィニッシャーズ
20060217231848.jpg

 ヒーローものっぽくグリプス戦役セット。と見せかけてエクストラフィニッシュのゼータとMk2、そしてGFF百式は再販されていたマグネットコーティング版です。本物のグリプス戦役セットは百式がエクストラフィニッシュらしいけどGFFの方がはるかにカッコいいからいいのです。
 にしてもやはりゼータはHGUCがカッコよさにおいては最強ですな。ムラサメ流用で完全変形にできるのかなぁ…。対してGFFのゼータはひどい。保持力が最悪だ。フィギュアに完全変形なんていらないのに…。プロポーションはまさにカトキ版って感じでこっちも悪くないんだけどね。GFFのMk2はちょっと太すぎ。二の腕と太腿がもう少し細いとメリハリついてていいと思うんだけどな。

 何気に第三部公開も近づいてきて、試写会情報をシャットアウトするためにネットに触れる機会も減らす必要がありそうです。まじ三部のラストばらされたらたまったもんじゃないよ。
GFF ガンダムF90II
F90II.jpg

 GFFのF91にしろF90にしろ、元デザインの大河原ラインとカトキラインが中途半端に混じったあのプロポーションはいただけないんですが、F90IIだけは別。元のデザインがF90とF91のラインが中途半端に混じったデザインだっただけに、それが上手い具合に整理されています。というわけでF90II目当てで買ってしまいました。それが大当たり。
 なんか異様にカッコいいんですけどこれ。カラーリングも上手い具合にはまってるし。上と内側が青、外側と下が赤っていうのが従来のトリコロールと違っていいよね。あとはこれで、せめてL型装備くらいついていれば…。
 でもF90IIってプロトタイプF91なんだから、V型装備であるべきなんじゃね?と思ったりもする。とはいえ、GFFは1/100と1/144の中間のサイズなんで流用が難しいんですよね。つーかF91シリーズは1/100しか存在しないしな。
 クライマックスUCを機にF91の1/144シリーズとか始めませんか?(爆)
アムロ機がMG化?
 なんかあるブログで次のMGの試作模型を見たって話があったみたいで、キーワードは「アムロ機」であり「Ver.2.0」とのこと。ちなみにそのブログはもう削除されてました。削除されたあたりがどうもデマじゃなさげな感じ。ここはマジネタだと断定してそれを予想してみましょう。

 まずアムロ搭乗機ですでにMG化されているのはガンダム・リックディアス・νガンダム。あとはZプラスくらいですか。もう絞られたような物ですな(笑)
 Zガンダム3号機って可能性もありますが、ブログの文章的に色変えキットではない模様。ここは素直にガンダムかνガンダムでしょう。以前あさぎりさんが「白い奴」って言葉を出してたのもこの辺っぽいですねぇ。
 可能性としてはガンダムのほうが高いでしょう。バンダイは節目ごとにリニューアルする気満々みたいですし、νガンダムの需要も微妙。ただHGUCドムの例もありますしありえないとは言い切れない。特にブログの文章の中で「改造する必要ないくらい凄い」みたいな表現があったのが引っかかります。どんなに凄かろうとガンダムはあのデザインである限り改造の余地は絶対ある気がするのです。まぁそれはνガンダムも同じだけど、イボルブ版ならあるいは…!と言ってみる。
 というわけで今年の新規MG第一号はイボルブ版νガンダムだ!(爆)
イフリート改製作記・離型剤落とし編
20060212182947.jpg

 歯ブラシでごしごしと離型剤落とし。CRSさんに教えていただいたサイトを参考に、中性洗剤とクリーム状の洗剤を混ぜて磨いてみました。
 うーん、落とせてるのか落とせてないのかわからん(苦笑)そんなに細かいディテールがあるわけじゃないんで、多分大丈夫だと思うんですけどね~…まぁ表面処理もするしなんとかなるだろ。

 予定としては夏までに完成できればいいかなという次元です…。MGネモ買いに行きたいなぁ。でもやりかけのデュエルとかゲイツとかグフイグナイテッドとかディンとかあるからなぁ…。いつになったら消化できるのやら。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vsZ.A.F.T II
 ほら、やっぱり出た。PS2で出るのは確実だろうから連ザ売って正解だったな。とはいえコスト勘定が変わってるっぽいんでまた勝手が変わってくるんでしょうけど。
 SEEDオンリーの機体は最初から使えるのかな?それともシークレットかな?スタッフは似たような機体を差別化するの大変だったんだろうなぁ。グフとかドムとかは連ジとほとんど同じ操作感覚だったりするとうれしいなぁ。

 何にせよバビとかアッシュとかマルチストライカー装備のウィンダムとかまでやってくれるところが大好きだよカプコン。BGMには焔の扉とヴィステージも入れてくれると最高。そういやデストロイも使えるのかな。

 …やっぱりアストレイはスルーですか。アストレイの格ゲー欲しいよぅ。バトルマスターみたいな奴でいいから。むしろ戸田版でジョジョっぽく。

テーマ:機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vsZ.A.F.T. II - ジャンル:ゲーム

こんな夢を見た
 アカツキが大気圏を離脱しようとしている。しかしその脚や胴体が離脱中に切り離されていく。そして中から人の胴体が。宇宙まで上がったとき、そこにいたのはアカツキの頭をかぶったカガリだった…。それを見て俺は、「さすが種、なんでもありだなぁ」と思ったのだった。

 なんでこんな夢を見たんだろう。アカツキなんて買ってもいないし見てもい
ないのになぁ。ゴールドクロスも見てないんだけどなぁ。不思議だなぁ。
俺的解釈の更新
 更新しました。1年戦争の設定ばかりやけに多いことを肯定する最終奥義を使ってみました(爆)いやほんとこんな感じだと思うんですよほんとに。
 ついでにMS辞典のアクシズ系をちょっといじりました。掲示板に備忘録貼ったのは無論そのためです。要するにキットインストをある程度反映させたと、そういう事です。ZZのインストは皆まゆつば物ですが、既存のMSとのつながりが薄い独自性の強い機体に関しては貴重な設定なので拾っていくべきだろうと。MS-09BとかMS-06M-1とかはちょっと扱いに困るんですよねぇ。

 ところで最近やけにアクセス数が増えてるなぁと思って解析してみたら2chに晒されてました(汗)特に内容がどうとか叩かれてるとかそういう感じではなく、何の脈絡もなくURLだけ書き込まれてました。まぁいずれこの日が来ると思ってたんで別にいいんですけどね。シャア板じゃなくてよかった。そんなに人がなだれ込んでるわけではないっぽいし。
 どの板のどのスレッドなのかは一応秘密にしときます。データベース直リンじゃなくて良かったなぁ…(苦笑)
超機動大将軍
20060205131817.jpg

 スペリオルカイザーと並べる物が欲しいなぁと思い購入。騎士でリアル体型は他にないので必然的に武者に。武者でリアル体型はいくつかあるけど、黄金神に匹敵する格だとやはり大将軍だろうと。
 とはいえこの超機動大将軍って、シリーズのタイトルになってるくせに特にバックボーンがないんですよね。最後の最後で仕方ない、奥の手を使うかみたいな感じで出てきて相討ちになって終了っていう…。どの辺が大将軍なのかも良く分からないし、その設定があとから増えたわけでもないし。ぶっちゃけ失敗作ですね(苦笑)天鎧王の方がよほどキャラ立ってる。
 しかし戦闘力は火力だけで歴代大将軍の10倍という桁違いの性能。十分スペドラとため張れます。というわけで並べてみる。
20060205131829.jpg

 実物見ると鼻血が出そうなくらいカッコいいです。でっかいことはいいことだ。大きさも同じくらいなんですね。そういえば超機動大将軍に乗るのは武者ゴッドこと號斗丸。対してカイザーワイバーンと合体できるのが太陽騎士ゴッドガンダム。時期的にも同じくらいだったこともあり、武者も騎士もゴッドはリアル化してるんですねぇ。ちょうど流行ってたんでしょうか。そういう意味じゃ、スペリオルカイザーじゃなくてゴッドカイザーと並べるのが筋だったのかも知れんけど…太陽騎士全然見かけないしリペイント必要になるので勘弁です(苦笑)
 そういや超機動大将軍は一応ゴッドガンダムがモチーフになってます。號斗丸は飛駆鳥大将軍の弟で、兄が死なない限り代を継ぐことは考えにくいということで、こういう設定になったんでしょうね。本来は號斗丸も買うべきなんでしょうが、見かけないしなぁ。爆王頑駄無でもOKですよねこれ(笑)
うそぉん
 Z版MSV再販…!?あの、先日数倍の値段出してオクで落としたわたくしの立場はどうなるのでしょうか(苦笑)
 絶対ありえないと思ってたのにぃー!!!!

 …しかもマリンハイザックの説明書どっかいったんですけど(汗)
イフリート改について語る
 イフリート改ってよく見ると結構面白いデザインだと思います。というかイフリートよりもMS開発系譜的には重要な機体なんじゃないでしょうか。
 マラサイ風の頭部もありますが、どっちかというとハイザックに近いんですよこの機体。脚部の追加バーニアがまずハイザックっぽい。それに胸部にインテークがあるあたりがハイザック的(ザクキャノン的でもありますが)。なんつーか、意識してるわけじゃないんだろうけど、ちょっと繋げてみたくなりますね。
 そうでなくても、肩アーマーがゲルググっぽくなってたり、脚部バーニアは「グフとドムの中間」の説得力を増しているし、原型機よりもジオンっぽいよねと思うんですが、どうでしょう。

 なんでこんな話になったかというと、強烈にカッコよかったアトリエ彩の1/144イフリート改をゲットしたからなんですよ。確か数年前のホビージャパンの作例だったやつのはず。ガレキ真面目に作るの初めてです。どうすればいいんだろう。ドキドキ。
アドバンス・オブ・Z Vol.4
 高機動型ガルバルディの設定が欲しくて購入。系譜図がちゃんと修正されてたよ。やっぱプラモつき付録のときは納期厳しいんだろうね。
 電ホビは付録つきの回をスルーしてるのでAOZネタちゃんと把握できてないんだよね。ハイザックキャノンの追加装甲装備型とか初めて見たし。ちなみに電ホビ集めてる人にはほとんど付加価値のない内容だと思います。

 ところで、ヘイズルはジム強化実験&ガンダムの威圧効果確認、ビグウィグはメガランチャーの実験、ダンディライアンは大気圏突入装備の実験、ファイバーは弾道飛行装備の実験だけどキハールは何のテストなんだっけ。ただのアッシマーのプロトタイプじゃなかったと思うし(プロトアッシマーをティターンズが強引に接収したって設定のはず)。Vol.3もチェックしといた方がいいかなぁ。
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.