FC2ブログ
がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
PHESE12「血に染まる海」
 はい、二話目。11話にしてとうとうザクウォーリアが雑魚役に回り始めました。そして今後次々とガンダム達が活躍するようです。そういう転換点のお話。
 とりあえずミネルバは包囲されちゃってるわけで、どう見ても勝ち目がない戦いを強いられます。で、久々に出撃するインパルス。合体シーンも久しぶりだな~と思ったら省略されてた。結局もういいってことなんですね(苦笑)
 それにしてもウィンダムよえぇ~。全然ダガーより強く見えん。そりゃ戦艦に乗ってる偉い人もカトンボみたいって思うよねぇ。ナチュラルはMSじゃダメなんだねきっと。
 で、ついに登場するザムザザー。タンホイザーを跳ね返す演出はインパクト抜群。ダサいけど凄いぜザムザ・ザー!インパルスなんて敵じゃない!でもちょっとアプサラスに似てるぞ。ていうかビーム効かないとわかりながらライフル撃ったり、オーブの砲撃に動揺してニュートラル状態になったり、ダメダメすぎるシン。しかしそれは全て種割れに備えた演出でした。
 妹の笑顔で、妹の笑顔で種割れするシン。いや真面目に言えば自分への怒りでってやつなのかな。ベジータみたいだ。とりあえずサーベルでザムザザーを一刺し。続いて足とシルエットを換装してソードで艦隊を一網打尽。あれだけ絶望的だった状況を1機でひっくり返してしまいました。

 種割れ発現種割れ発現、ついにインパルスにも見せ場が!って、言うじゃな~い?でも、あんた、最後のセイバー出撃と予告のフリーダムで全て台無しですからー!!残念!!!デュートリオンビーム初使用斬り。
 いや、最近こればっかりでゴメンナサイ(死)

 てかね、ソードインパルスの演出はほとんどヒーローじゃなくて怪獣だったんだ。人がいる戦艦を思いっきりなぎ払ってたしさぁ。シンの表情を見ても、明らかに「正義の味方」って演出をしてないんだよね。わざとなんだろうけど。これからのシンの方向性はアンチヒーローでってことなのかな(苦笑)
 あとさ、あれだけインパクト絶大(予告後の最後のカットに爆笑してしまった)のザムザザーのさ、パイロットがただの名無しさんってどうかと思うんだ。サトーの時もそうだったけど、もう少し敵パイロットにも愛を傾けたらどうなのでしょう、とちょっと思いました。

 あとは予告だけの登場のフリーダムにカッコよさで負けてたインパルス…商業主義でストライクの二番煎じにさせられちゃったから仕方ないのかなぁ。福田監督も被害者なのか。あの影の薄さもバンダイへのあてつけか…?
スポンサーサイト



PHESE11「選びし道」
 さて、二話連続放送ですよ。しょっぱなから世界情勢の説明ばっかりなのできっと今回も戦闘ないんだろうなぁと思ったら案の定でした。なんか、前作以上に戦闘が少ない気がするんですけど。
 とりあえず「カガリは馬鹿じゃない、子供なだけだ」とか、全般的にカガリファン向けな感じが強い感じでしたねぇ。てかユウナきもいんだけど。結婚とかほんとやってることシーモアだな。
 うん、政治描写は凄く丁寧だと思うよ。かなり頑張ってると思う。それくらい説明しないと視聴者がついてこないのもわかる。でもこれガンダムですから~!残念!!って、ちょっと言いたくなった。福田監督、あなたのエンターテイメント志向はどこへ行ったんですか…

 そして今回の嫁パートと思われる旧クルーゼ隊再会の話。ディアッカがカッコよかった。イザークは民間人虐殺の罪に問われてたんだねぇ。母親の罪は無関係なのか。ディアッカの罪は回想シーンだけじゃわけわからんと思うのだが。
 で、今回台詞もないのか!?と思ったシンにやっと出番が。カガリ以上にガキなシン哀れ。もう持ち上げる意志さえないわけな。

 イボルブのゼロカスのバーニア描写が斬新だった。あんなとこから噴射してたんだ。
 次回はウィンダム+ジェットストライカーの大量出現ですよ。ていうかザムザザーって大真面目に叫ぶのはやめてくださいよミサトさん(爆笑)

copyright © 2019 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.