FC2ブログ
がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
MS-06Gについて
 グリーンのMS-06Dに関する珍設定をぶちあげて見ました。さらにガシャポンのイラストに準じた06Gにするにあたって、HGUCグフのスパイクとHGUCゲルググJの速射砲が使えそうな予感がします。こちらは塗装と加工が必要なので、まぁ気が向いたらやってみます(爆)

 ところで正直、ガシャポン版のD型そっくりな06Gは認め難かったりします。なぜなら、あの形状でホバー移動は無理だと思うから(苦笑)。設定的にも、「MS-07C-5と同時期」でありながら「後の地上用MSの基礎」というのが疑問です。07C-5以降の地上用MSといえばドムくらいしかないのですが、ドムのベースといえば07C-5でしょう。06Gが関わる隙はほとんどないように思えます。
 そのため、上記の二つの設定は相反するといえます。そこで提示したいのが、06R-2が本来06Gになるはずだったという背景と、それを参考にしたとしか思えない「銀狼」と呼ばれるコミックオリジナルMS(コミックボンボン9月号増刊号掲載「機動戦士GUNDAM 極東MS戦線記」に登場)があることです。この06R-2準拠の機体こそ「ホバー移動可能」で「07C-5と同時期に開発」の06Gなのではないでしょうか。
 ガチャポン版の方はグフ以前に開発され、「後の地上用MSの基礎」となった06G-1、06R-2準拠の機体を06G-2とすれば、一応設定上の矛盾は解決できるかな、と思うのです。06Gが06Jよりもアルファベット順で前に来るのも、この解釈なら06G-1が06J以前に開発されている可能性が生まれるので解決できるのではないかと。

 ちなみに銀狼に関してはZAKU PAGEさんの「落書き」に詳しく載っています。
スポンサーサイト



copyright © 2019 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.