がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
PHESE07「混迷の大地」
 ま、戦闘が凄かった回の次は戦闘ないですからネ。こんなもんでしょう。とりあえずザクでもギリギリ大気圏を突破できてしまいました。理屈が良くわからん。てかキラは寝込んだのにアスランはまったく影響なしなのかい。シンは脇役コーディネーターその1って感じだなぁ。
 てか、隕石の破片一つで大都市がまるごと吹き飛んでたが…実際あんなに凄いもんなのか?あれを押し出したνガンダムすげぇよ。
 えっと、カガリが前作よりバカになってる気がします。あんなだったか?まるでアスランを悪い道に引き込んでる悪女じゃんか。しかしザフトのエリートがパトリック・ザラもよく知らないってのはかなり問題な気が。どういう教育なんだ?ミーハー女子高生じゃないんだからさぁ。お前だよルナマリア(爆)それと、アスランは射撃よりも体術(というか忍術)の方が得意だと言うことを誰か教えてあげてください。そういやカガリってイザーク知ってるのかよ。アスランから聞いたのか?ディアッカの方が彼女的にはよく知ってそうだが。でもディアッカだからダメか(笑)
 あ、ただ出ただけのキラにも一応触れるか。もう少し子供に優しくしてやれよ。あとなんでキラの父親はいないの?母親と離婚した?(爆)
 アスランの背中で終わる最後のカットは良かったよ。カガリとアスラン別れるのかなぁ。そういや偽ラクスらしき影もいたね。やはり議長はクローン技術と関わってるのか。てか今回早速回想乱舞だったな。

 プラモCMはつまんねぇ。予告はミネルバで一巡。次はザクか?キラとアスランが一緒にいたね。来週は腐女子の祭りですね。ヨン様フィーバーよりも大変なことになりそう?

スポンサーサイト
GUNDAMの定義
 ガンダムと言う名称が与えられる定義というのは、諸説様々に存在します。それをちょっとまとめてみようかな~なんて思ったり。
 先に楽な非宇宙世紀から。

F.C.:モビルファイターの総称(ガンダリウム合金製に由来)
A.C.:ガンダニュウム合金製MS
A.W.:フラッシュシステム搭載の決戦兵器
C.E.:なんだかよくわからないすごいOSの名称(しかも現時点で3種類あるのに全部同じ略)

 問題は宇宙世紀。ガンダムの明確な定義が存在しないんですよね。富野監督自身決めていない感じだし。
 とりあえず、RX-78の名称の由来さえ、作中の由来はないわけで、ガン+ダム(ふくらはぎ…バンダイミュージアムで正式に設定にされちゃってる)なのかガン+フリーダムなのかさえはっきりしない。ガンダーX78って何なのよ、というのもあるわけで。
 唯一、モデグラ設定で全領域汎用連続強化型機動兵器機構の略だってのがありますが、これもアナハイムのZ計画限定の設定ってことになってます。

 が、当サイトのGアーマー肯定計画を勢いで考えた際に、あ、このモデグラ設定使えるじゃん、と思ったわけです。詳しいことはそこをそのまま参照してほしいのですが、要はブロック構造のことなのだろう、と。
 「全領域汎用」はまぁわかるとして、「連続強化型」って何なのよと考えた時に、「ユニットごとに新規パーツに更新して強くなっていく」と考えればばっちりだろう、と思ったわけです。それってGMのコンセプトなんですよ。基本のシンプルなやつをベースに、新しいパーツを追加していって素ジム→D型→G/GS型となっていったりする感じです。
 つまり、宇宙世紀におけるガンダムっていうのは、システムの名称なんですよ。ガンダム・システムっていう言葉は実はTV版ファーストでGアーマーを指して使われてるし。
 どういうシステムかと言うと、「パーツを交換することによってあらゆる状況に対応し、どんどん高性能化するシステム」。こう定義すると、F90やVガンダム、果てはGセイバーまで当てはまるんです。いやGセイバーはガンダムじゃないけど(爆)
 ただこの定義ではアナハイム・ガンダムが一番当てはまらないと言うオチが待ってたりして(苦笑)困ったりするんですが、でも百式もこれでばっちりガンダムだし、F91は元々ガンダムとして作られたわけじゃないし、ほぼフォローできると思います。

 もちろん、象徴的な意味でガンダムと名付けられた場合は例外ですよ。ただまぁ、黒歴史的に考えた場合、ガンダムの名前だけ一人歩きして、本来の意味なんてものは忘れ去られたんだろうなぁと思います。現実にもよくあることだし。
コンペイトウのMS生産能力
 ソロモン製のMSって、ないんですよ。確かに聞いたことないです。だからソロモンではMSを生産することは出来ないのではないか?と、思うわけです。
 最近ではRX-121ヘイズルっていうのがありますが、あれも結局GMクゥエルの改修機でしかないわけで、本来なら他のTRシリーズが「原形機+TRナンバー」であるように、ヘイズルもRGM-79Q-TR-1とかになるはずなんですよ。それがあえてRX-121になってるのは、「ソロモンじゃ既存の機体の改修機を作るくらいしか出来ない」ってことなのではないかと思えます。
 では何故、ソロモンではMSは生産できないのか?ヒントは、ソロモンを統括していたドズルがMSよりも戦艦を重視していたということにありそうです。例えば、ソロモンは戦艦の生産拠点だったとか?0083で連邦の観艦式がソロモンで行われているのもそれが理由なのかも?
 でも戦艦がどこで開発されたかの設定もちゃんと存在してそうで恐いなぁ。検索してみた限りはなさげですが、どうなんでしょ?
PHESE06「世界の終わる時」
 やばい…普通にめちゃめちゃ面白かった(汗)
 ジンがテロやってるから敵はザフトだと思って作業中のゲイツも攻撃しちゃう三馬鹿、やむなく迎撃するジュール隊、駆けつけるミネルバ隊。アスランとイザークの強さは強調されてたけどディアッカはたまに上手いフォローするだけに留められてたところがグゥレイトだね!
 とりあえず、三馬鹿ガンダムがことどとく破損してたけど修理どうするの?今回は予備パーツまで奪ってなさげだったぞ?あとルナマリアは必ず一番やられちゃうんだね、ていうかレイは全然目立ってなかったよ。それ以上にシンも目立ってなかったがな!と思ったら最後にちゃんと出番がありました。つーかね、ノーマルスーツ着るとシンとアスランの区別付かない。
 で、ディアッカのグゥレイト発言再びだったり旧クルーゼ隊の連携攻撃があったり(そういや三馬鹿ガンダムよりもザク三機の方が強いってどうなんだろうね)、ガトーと一文字違いのサトーが星の屑やったりして、最終的には「今計算してみたが、分断された後部は地球の重力に引かれて落ちる。貴様らの頑張りすぎだ!」ということになって、「ふざけるな!たかが石ころ一つ、ザクで押し返してやる!」となるわけです。
 まぁ、実際アスランのポジションはアムロでもなんでもなくて「シャア少佐!助けてください!」なポジションなのだが(汗)インパルスはともかくザクは大気圏無理だと思うんですけど。そこんとこどうなのどうなの!?って思ってたらなんかキラが出てきておぉ~と思ってたらエンディング突入!普通に鳥肌立った!(汗)

 いやうん、もう少しサトーさんのことクローズアップしても良かったんじゃないのかって感じだけど、星の屑って第三者から見たらあの程度だったんだろうなとは思うから、まぁリアルなのか。とりあえず孤児院にキラの母親がいたのはなんでなんでしょう。父親は?マルキオ導師は今回はまともなポジションはもらえるのか?
 もうほんと先が気になるんですけど。種デス面白いよぅ(死)

 そうそう、次回予告はインパルスが呼ばれてた。早速重複ありなのね、と思うけど、きっと次回はアビスもカオスも出ないからなんだろうなぁ(苦笑)

ペズン計画の話
 久々に設定ネタ。ペズン計画ってさ、要するに「企業の壁を取り払って凄いMSを作ろうぜの計画」だったんじゃないでしょーか?という話。
 だってだって、ペズンの機体ってジオニック系のアクト・ザクにツィマッド系のドワッジにMIP系のガッシャとばらばらで、ガルバルディに至ってはジオニックのゲルググとツィマッドのギャンの融合機なわけで、とても企業の垣根があった用には思えないわけですよ。ギガン?知らないな(爆)
 もう一段飛躍させて、ギャン=フィールドモーター採用機=ツィマッド系の技術と考えてしまえば、アクト・ザクもジオニックとツィマッドの融合機といえるわけで。ドワッジにもジオニック的な何かが混ざってるんじゃないでしょーか。ガッシャも汎用にするにあたってジオニックやツィマッド系の技術が使われてたりして。
 そう考えると、統合整備計画とペズン計画も実は連動してるんじゃないかとさえ思えてくるわけです。かたやMSの規格の違いを取っ払う計画、かたやMS生産企業の違いを取っ払う計画ですからねぇ。こんな考えいかがでしょーか?って、すでに誰かがもう同じこと言っちゃってたりしそうなんだけど(汗)
PHESE05「癒えぬ傷跡」
 戦闘メインの話の次は戦闘なしの法則は今回もほんとに健在なんですね。あった戦闘シーンはゲイツがやられるシーンだけかい。
 それにしても冒頭にいきなりシャアとキシリアがすごいことになって唖然。なにやってるのこの人たち。ていうかこのシーンの意味はなんですか?前作のキラフレ以上に意味不明なんですけど…
 あとはまぁ、シンとカガリが子供の喧嘩。やっぱり主人公に見えないなぁ。カガリがああなっちゃうのはよくわかるし、それをアスランがなだめるのもよくわかるんだが、オーブは何であれを代表にしたのか激しく疑問。ロンド様はどこへ行ったの?描写自体には違和感はなかったけど、何故カガリがこんな大役を?という点だけはどうしてもわからない。能力的に考えてカガリは飾りで摂政みたいなのがいるべきだと思うんだが、そこのところはどうなんだろう。
 で、今回メインであるはずのイザーク&ディアッカは大して目立ってなかったなぁ。てかディアッカが普通にカッコいい人になってた。あ、ブルコスがまたなんか企んでたなぁ。あのシーンの場所とか、ユニウスセブン落下とか、なんだかZよりも逆シャアの匂いがしてきました。シャアの相手はナナイじゃなくてキシリアだけどね!(まだ言う)
 そしてまたしても出撃だけで終了。アスランがついに出撃しました。セイバーはミネルバに積んでないんだね。ガキどもにあいつ呼ばわりされまくるアスラン哀れ。そういやレイはなんでノーマルスーツがあれなんだろう。赤服は赤いのじゃないのか?アスランに貸したのか?(爆)

 それにしても今後のストーリー展開がよくわからなくなってきましたな。ユニウスセブン落下阻止→ブルコス宣戦布告という流れがそのまま実現されるのかどうかってとこやね。ハイマニューバ2型に乗ってる人たちも何したいのか良くわからんし。
 ユニウスセブンを壊さなきゃってなったところで、キラがウルトラスーパーガンダムに乗って破壊してしまうじゃないかとドキドキしてたのは俺だけですか?ほんとうにキラとラクスが何かやらかしそうで恐いんですけど。

 フレッツのCMは何であんなにウケを狙ってるんだろう。次回予告はガイアが呼ばれてました。もう敵でも何でもいいっていうのか…
 あ、まとめると、今回はいろいろ疑問ばかり浮かんだって感じで。話自体は悪くなかったと思います。先が気になる~。

ガンダムvsZガンダム
 今回は予想通りでたエゥティタDXの移植版のお話です。
 なんだかZZ(とキュベレイMk2)が出るみたいだけど、これは無印エゥティタの時点で隠しでいいから入れればよかったのにと思っていたのでグッジョブです。あとはアクシズの量産機がガザCだけじゃ寂しいのでガザDくらい欲しいとこです。せめてリゲルグ。
 しかし、連ジの頃からずっと思ってるんだけどMSV出してくれないかなぁ。大河原テイスト満載のファーストMSを見てるとどうしても欲しくなる。せめて既存のMSにはない個性を持った機体だけでも。コスト対比で言うとFAガンダム/パオング、ジムSC/06R-2、ジムキャノン/ザクキャノンとか。デザートザクとかガンキャノンIIとか水中用ザクはちょっと存在価値が見え辛いので無理だろうけど。あ、そういやガンダムの鹵獲カラーってFAガンダムの中の人に似てるなぁ。
 …無理だろうなぁ。でもエゥティタの前に連ジMSVは出しても良かった気がするよ…
モビルスーツ ゲイツ
 最近ゲイツが凄くカッコいいとおもうようになりました。きっかけはドレッドノート。あれって色とかのせいもあってぱっと見なんの新しさもないデザインに見えるんですが、脚の形状は今までにないラインになっています。で、そこはゲイツから受け継いだ部分なんですよね。それで、ゲイツを見直してみると凄いな、とおもうわけです。
 ゲイツの一番のよさはモノアイ系とガンダム系の中間を上手くまとめてある点、でしょう。ガンダムっぽさとジオンっぽさが上手く融合されていて素晴らしい。ティターンズも見習って欲しいもんです。頭部形状やバックパックあたりにその点が良く出ています。大河原クリンナップのおかげもあるとはいえ、やっぱりコンテストで最優秀になったデザインだけあるよな、と思わずにはいられないです。
 しかしそのゲイツ、劇中では嫌がらせのように不遇です(笑)。初代種でも種デスでもダガー以下の存在感(クルーゼ機はストライクを追い詰めたものの、直後にフリーダムに瞬殺されたので台無し)、各種アストレイでもやられ役以外の出番はありません(アストレイBでは劾が模擬戦パイロットを務めているものの、ドレッドノートの引き立て役になっただけ…)。まぁ、ドレッドノートとして外伝の主役になったことが凄いと言うべきなのか…この辺コンテスト受賞者さんはどう思ってるんでしょうねぇ。
 余談ですがゲイツのプラモの名称が「モビルスーツゲイツ」になっているのは、モビルゲイツだと某アメリカ大企業の社長さんの名前が入っちゃうからなんだろうなぁ。

 そういや種デスではMSデザインコンテストやらないのかなぁ。へぼいデザインばっかりで大失敗だったんだろうか。まぁ、対象を小さい子供に絞っている作品でそんな募集かけてまともなデザインが集まるはずないのだ(苦笑)。
ガンプラ初心者日記その2
 やっぱり合わせ目は上手く消せなかった。ていうか電球の下でやって微妙に暗かったせいでどこがやすりがけできてるか良くわかんなかったし。いろいろ経験値をためることができたであります。
 てか、HG種プラは練習にしては難しいかもしれない…だってあれ曲面多すぎ。やっぱりHGUCのファースト系の方が楽かな。
 次は設定と同じ色に塗るための塗装。でもそのまえにクリアーコートしなきゃ。
ガンプラ初心者日記その1
 いいかげんちゃんとガンプラを作ろうと思い、プラセメントと耐水ペーパーとデザインナイフを購入。合わせ目消し&表面処理に初挑戦してみることにしました。ベースキットはHGデュエル。種のキットは組みやすく処理も最低限で済むこと、SEED世界ではデュエルが最初のガンダムで初挑戦になんとなくふさわしいこと、ちょっとした改修案が浮かんだことがチョイスの理由です。
 一応所持している模型誌をフル動員してやり方を確認して実行してみたのですが、合わせ目を消す「むにゅっと出てくるもの」が接着剤なのか溶けたプラなのかよくわからなくて適当にやったらあんまり合わせ目が消えてくれませんでした。どうもむにゅってなるくらい接着剤が固まってから合わせろということらしいです。雑誌の記事書いている人にとっては当たり前すぎることなので説明されてないです。出来ない人の気持ちは出来る人にはどうしてもわからないという現実です。逆もまた然りだけど。
 とりあえずこれからやすりをいっぱいかけてみます。
PHESE04「星屑の戦場」
 えっと…SEEDだねやっぱり(汗)ドンパチやっておしまいでした。SF的にはそれなりに説得力のある描写だったのかなぁ?少なくとも映像的な面白さは何もなかったよ。ていうかごめん、話が全然面白くなかった。
 一言でいえば今回の話は「デブリ帯で兄貴仮面の策略にハマったミネルバ→アスランの機転で脱出」以上。主役メカの役割が「足止め作戦に引っかかって背景化」ってなんですか?主役レイじゃないんですか?
 あとは全編通して「出撃したいよぅMSに乗って活躍したいよう俺がやればこんなの楽勝だよぅ」というアスランの苦悩が描かれていた感じでした。おしまい。
 そういえば必殺の死人バンク乱舞がついに今作でも発動しましたね。あんな悲劇はもう繰り返したくない、だから戦わない。でも、自分にできることと言えば…という感じでしょうかねアレックス君。劣化クワトロも甚だしい。
 あ、前回指摘したゲイツはすでに全滅しちゃいました。ダメじゃん。ダガーは結構カッコよかったけどレイにやられちゃいました。もう主役交代しろ。

 バンダイミニ四駆なんか出しちゃったんだね。ガンダムの宣伝じゃないのかよ(汗)しかもネーミングが微妙にSEEDに便乗しているのは何なんでしょう。
 今回の予告は「叩きつけろ!ジン!」でした。え?今さら何故ジン?と思ったらハイマニューバ2型なのな。次回はイザーク&ディアッカが出るので要チェックですよ。

週刊ガンダムファクトファイル第6号
 シャア専用ズゴックが表紙のこの号、この日記で何度も語った統合整備計画について語られているので個人的に要チェックの号でした。
 内容は覚えている限りでは、「統合整備計画にGOサインが出たのは0079年2月頃」「全てのMSをザク化する計画である」「ザク改はジェネレーター以外ほとんどゲルググの部品だった」というところ。何が元ネタだよって物凄い戸惑ったんですけど、俺の提示したリック・ドムIIベース説に触れる記述は何もありませんでした(笑)
 とりあえずザク化するのに何でほとんどゲルググの部品になるんだっていうツッコミだけしておいて、この計画の最大の謎は「何故ゲルググ(A~C型)は統合整備計画外なのか?」ということ。だって開発時期的には計画内でもおかしくないでしょう?そりゃファーストのMSだからっていう事情があるわけだけど、ここについて全然抵触していないのが謎です。ゲルググ本体の完成は統合整備計画実行よりも先だった、もしくはラインが完全に別だったということなんでしょうかね。
 この辺、もう少し考えていきたいなぁなんて思ってます。

 ところで最近「ムーバブルフレーム構造はFSWSの延長線上である」というガノタ神の啓示を受けていろいろ妄想しています。同じ考え方した人いませんか?


copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.