がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
GFFマドロック、GFFアレックス
 マドロックカッコいいっすね。やっぱGFFはプロポーションの追求が違うや。これは他で立体化されることもないでしょうし買いでしょう。アレックスも並べたくて買っちゃいました。足と腕の色がG05のせいで元設定と違うのでアレックスのと交換。なんちゃってNT-3とともに写真貼っときます。実際マドロックは素体6号機とNT-3(Bクラブ50号に掲載された非公式MS)のミキシングビルドだと思うんですがどうですかね(笑)
 ていうかフレームだけばら売りってしてくれないかな~?余ったG04/05のパーツが空しい…コンパチは楽しいけど余りものが多くて困ります。
 ヘビーガンダムとかジオノのD型ドムとか次のペズン・ドワッジとか、どうも渋い機体を持ちだしてくるよなぁカトキ氏。しかもカッコいいから買わずに入られない…バンダイはうまいなぁ…
 しかし思ったのだが…うちのデジカメ性能悪すぎる…(汗)すっごく古い奴だから仕方ないんですけどネ。これはひどいわ…nt3.jpg

rx78g06.jpg
スポンサーサイト
ゲームブック「最期の赤い彗星」
 落札しました。ちょくちょくプレイ日記をつけていきたいと思います。
 とりあえず乗機がリック・ドムなのに一撃離脱戦法を取らないでマシンガンをばら撒いてたらガッシャに殺られました。哀れシャア。

 ところで劇場版Zのラストはカミーユが救われる形になるみたいですね。TV版はカミーユがどんどん壊れていく話だった(?)のに対し、どんどん健全になっていくとのこと。
 やっぱり∀とキンゲを経た「白富野」ならではの展開になりそうですな。なんか、凄くいい話になりそうな予感。インタビューのエンターテイメント発言は福田監督の「過去のガンダムはエンターテイメント性が足りない」発言のカウンターだ!(笑)
 でも、カミーユは救われるとしてシャアはどうなるんだろう?そしてアムロは?この辺が気になるところかな。ZZはなかったことになるとして(苦笑)、逆シャアもなかったことになりそう。
ガンダムヒストリカ5巻
 この巻熱い!熱いよ!ヒストリカは基本的に余り濃くないファン向けのファーストの解説書という位置付けだったからスルーしてきたけどこの巻は凄い!
 何が凄いかって、MSVのマーキング入り画稿がほとんど全部載ってるとですよ!MSVコレクションファイルとか持ってる人にとってはどこも珍しくないんだろうけど、俺的にこれはかなり貴重な資料となりますですよ!
 そもそもMSVというのは基本的に断片的な情報の集合体でしかなくて、何か1つ読めばすぐわかるものではなかったんだけど、これを読めば大まかなMSVの概要は掴めて大きい!R-2Pのイラストもあるし、マジでグッジョブだよ!今度これのもっと濃い目のヤツを作ってくれたら嬉しいなぁ。
 MSVのことをよく知らない人は、ガンダムの顔のアップが表紙の薄っぺらい本をチェックすべし!SEED-MSVがいかに二番煎じかわかるぞぉ(笑)でもバスターダガーはカッコいいよネ。あれのキット出たら買っちゃうかもな。

 てか、HGUC-MSVとかやらないのかなぁバンダイさんは。MGは基本的にMSVは武器だけ付けてやるから改造で作れっていう感じのスタンスだけどHGUCはそうじゃないから、もっと出していいと思うんだけどな。出たらディザートザクとザクキャノンは買うぞぉ。


エゥーゴVSティターンズDX
 まさか出るとは思わなかった(汗)ついにバーザムを自由に動かせるゲームが登場しましたよ(笑)
 バイアランやパラス・アテネといった個人的に好きなMSも出てきて嬉しい限りです。サイコガンダムMk-IIは出ないのかー?
 当然PS2にも移植されるのでしょうが…劇場版Zのストーリーにあわせようと思ってミッションをあまりやりこまないでおいたのにまさかこんな結果になるとは計算外。これは買うしかないっすネ…
 しかし追加MSにエゥーゴの機体はなし(これ以上ないから仕方ないけど)っていうのは寂しいなぁ。なんかオモシロ追加MSを設定してくれないだろうか。カプコンだから版権的に無理かなぁ…

MGリック・ディアス
 MGリックディアスゲットしました。箱サイズはパーフェクトガンダムやエールストライクと同じっすね。この形は幅とるからあんまり好きじゃないんですけど(汗)ランナーを2列で入れられるから便利なんでしょうね。
 インストで一番目をひいたのは「エゥーゴナンバーはMSA-009」って奴ですな。俺はずっとMSA-099が正しくて(だってディアスIIがそうだし…)MSA-009は誤植だと思ってたんですが大逆転です。
 確かにMSAナンバーなのに099なのは法則的におかしいんですけどね、これでMSAナンバーは必ずしも1から順に振られているわけではないということになりました。まぁプロトZが開発時期的に006を充てられるのはおかしいと思っていたのでこれでそこは納得がいったのですが…てか、これで完全にMSAとMSZは別番ってことにもなりました。
 009っていうのはドムの型番を引き継いでのことなんでしょうけど、じゃあゼータの006はザクを引き継いでるのかと思うわけです。ザク並のエポックメイキングを目指しているということですかねー?
 ていうか、エゥーゴの機体はかなり混迷していて整合が難しいです。今日2限分使って「これは設定を作った人間が悪い」という結論にたどりつきましたよ(死)当時の人たちが設定を適当に作りすぎ(そして後付けしすぎ)。でも無理してプロトゼータの前に5機分の設定を入れなくて良くなったのでもう少しすっきりまとめられそうな予感です。ていうかアドバンスドガンダムと零式試作機を肯定しようとしているからこんなに苦労するんだが(汗)
次のGFFとジオノグラフィ
 人が必死こいて就職面接にその身を捧げている間に次のカトキフィギュアの情報が出回っていたようですな。面接で好きな作家に富野由悠季と言ったルロイですこんばんわ。
 さて、GFFはF91&F90IIとF90&ハリソン専用F91だそうで。チョイスは素晴らしいしコンパチも嫌いじゃないけど、そこまでしてコンパチにする意味ってなんなんですかね?売れるから?
 F90のオプションはどれだけつくかがかなり重要です。もしF90IIのVタイプを再現できるようなら私は絶対に買います。F91と並べるために2個買いします。はい。
 次にジオノですがこちらはリック・ドム&ペズンドワッジとそのシャア専用ヴァージョン。実は俺、高機動型ザク→旧ザクという流れからドム→リック・ドムは絶対にあると、そしてリック・ドムのコンパチはペズン・ドワッジに違いないと前々から思っていました。マジでマジで。こんなことならここにもっと前に書いておけば俺は予言者になれたのに(笑)
 しかしシャア専用ペズン・ドワッジってなんだよ?と思ったらどうもゲームブック「最期の赤い彗星」に出てたみたいですね。思わず速攻で入札しました(爆)これを買うなら06R-2をリペイントして並べたいところですね。あとはアクト・ザクをいっぱい(笑)
 では今度こそ予言者になるために更にその次を予想してみましょうか。まずは手堅くガンダム7号機。これは来るでしょうね。流れ的にVガンダム&セカンドVもいつか出るでしょう。FAネタはもうやらないんですかね?Mk-IIIとか出たら買うんだけどな(爆)。
 ジオノの方は確実にグフとゲルググがいつか出るでしょうから、そのコンパチ機を予想してみます。グフはおそらく色的に飛行試験型とコンパチでしょう。カラバリはグフ重装型&フライトタイプでどうだ!?ゲルググは難しいですねぇ。マリーネやイェーガーはこの流れで行くとなさそうだし…あ、ライデン機とリゲルグだ、絶対そうだ(笑)カラバリはG型&デザートゲルググなんてどうでしょ?
 当たったら褒めてくださいね(笑)
機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者
 各所で話題になっていますがついに情報が解禁されましたね、劇場版ゼータ。3部作ということでどこで区切られるんだとか、新MS&カットされるMSは何かとか、いろいろ気になるところではありますがやはり一番気になるのは結末。∀、キンゲを経た富野監督がゼータに一体どういった決着をつけるのかが最大の焦点でしょう。ていうか、きっと種ガンダムに対するあてつけみたいなことをすると思います(笑)だって富野だよ?(爆)
 まぁきっとスパロボなんかでは選択肢によってTV版の展開になったり劇場版の展開になったりするんでしょうな。個人的には久々に藤田メカが見られるのが楽しみだったりします。安彦御大のジ・オリジン(その頃まだ続いてますよね?)と富野御大の劇場版ゼータを同時に見られるなんてこんなに嬉しいことはない…!って感じですよね。
 ところで、天下のバンダイ様は絶対これを利用していろいろ商品展開してくるはず。ゲームとか出してくるかな?HGUCでゼータ祭りが開催されたら嬉しいですな。ネモとかメタスとかディジェとかガルバルディβとかマラサイとかパラス・アテネとかサイコガンダムとか(爆)。とりあえず、MGゼータのリニューアルは確実と見ていいですよね?劇場でしか買えない限定版が出そうな悪寒。
統合整備計画のお話
 最近Yahooオークションにハマってます。ガンダム関連の商品って結構絶版とか生産中止の品って多いので、こういうのあると本当に楽に資料を手に入れることができてありがたいですね。
 最近はゲルググJ改造パーツ(MG)を手に入れました。HGUCのゲルググJに魅せられたことと、MGのゲルググが腕カバーを外したまま(プロトMk-IIに使っちゃったので)放置されていて処遇に困っていたからというのが大きな理由。
 元々ゲルググはガトー専用機として作ったんだけど、キットで出てしまったので(笑)存在価値がなくなってしまったんですな。俺は基本的にキット化されていない仕様にプラモを改造するのが趣味なので、商品化されてしまった時点でどうでもいいのです(だからキットのガトー機も買ってないです。なんか再生産されていないらしいので買っておけばよかったと後悔しているけれど…)

 さて、前置きが長くなりましたがゲルググJって他のゲルググとだいぶ外見が違います。それは統合整備計画によって設計変更された機体だからです。統合整備計画というと操縦系の統一がピックアップされがちですが、それだけならF2ザクやグフカスタムも入ってしまうわけで、実際はそれ以外にも共通規格になった部分がいろいろあるわけです。
 とはいえ、ザク改、リックドムII、ゲルググJに外見上の共通項はありません。デザイナーが同じだからデザインラインは似てるとしても、同じ形をしている部分はなく、少なくとも外装は共通ではないようです。
 となれば、内装が共通ということになります。多分、ジオニック社やツィマッド社といった区別なく同じ規格の部品を使うようになったのでしょう。従来ならばドムが壊れても会社の違うザクの部品では補修できなかったりして大変だったとか。この辺は車とかバイクに詳しい人なら色々わかるのかな?(俺は全然詳しくない)
 つまりはセンサー系とか推進器とか動力系統が共通化されたのかなぁ、何て思ったりします。実は頭とかバックパックとかは互換性があったのではないでしょうか?

 となれば、腕がゲルググJのザク改とか、下半身がリックドムIIのゲルググJとか、ザク改頭のリックドムIIとかがあってもおかしくないわけですよ。モデラーの皆さん、どうですかね(笑)
 ただまぁ、これらの機体は大戦の末期中の末期に開発された機体だからそんな急場しのぎの改修をするような機会はなかったのかも知れないんですけどネ。戦後の残党組織の機体ならあり得るかな?
 まぁそういう発想も面白いなぁと思ったりするわけです。
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.