がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
MSの色について考える・ジオン編
 まだサイトが未完成であることを理由に更新をサボりまくっております。次のMG&HGUCとかSEED-MSVとかネタはあるのだけれども。
 とりあえず今回はジオン製MSの色について…。

 さて、ジオン色といえば緑色です。なんかエースパイロットの色にあやかってっていう設定でそれ以外の色があることもあるけど、基本は緑色です。
 緑色といってもジオンには2種類の色があるんです。普通のザク色、すなわち薄緑+緑と、ザク改とかギラ・ドーガの色、すなわち緑+濃緑です。
 初代ザクの色は当時のアニメ上の都合であんな色だっただっただけで、濃緑の方が正しいんだと言われればそれまでなのですが、ここではこの2種類の色は意図的に違うんだ、ということにします。

 では、何故違うのでしょうか?ここで一つ仮説を打ち上げます。濃緑はキシリア軍の色ではある。んなばかな!ギレンのやりすぎや!っていう意見が大半でしょうが、まぁ聞いてください。
 とりあえず濃緑の元祖ザク改は統合整備計画で作られた機体です。この計画を推進している人はマ・クベらしいです(この情報も怪しいものなんだけど)。マ・クベはキシリアの右腕だから統合整備計画はキシリア派が推進してることになります。
 で、それ以降の濃緑の機体といえばガルスJ、ザクIII改、ギラ・ドーガとあります。薄緑の機体はザク以降まったくありません。
 いわゆるネオ・ジオンというのがキシリア派だったわけではありませんが、少なくともギレン派の色はかなり薄かったといえます。何故ならギレン派の大半はデラーズ・フリートに参加し、壊滅したからです。デラーズ軍のザクは薄緑でした。
 つまり、キシリア原案の濃緑と、元祖ジオンの薄緑があり、結果的にキシリア案が主流になったことになります。

 話はこれからが本番です。ネオ・ジオンの全てが濃緑だったわけではありません。グレミー軍はグレーなんです。グレミーといえばギレンの血を引いているって言われてる人です。つまりギレン色はグレーなんです。
 一年戦争時代にグレーのMSがあったかと思われるかもしれませんが、あります。グフ重装型とかじゃないですよ。ゲルググです。
 ゲルググはボディこそ緑だけど、他は全部グレーです。ジオンの次世代主力機はグレーだったんです。だからグレミー軍はグレーなんです。
 つまり、一年戦争末期、ギレンはグレーの主力MSを開発していたけど、キシリアは今までのザク色とは違う濃緑のMSを開発していたんです。それはきっと、ギレンと争うことになってもいいように。ひょっとしたら統合整備計画自体、ギレンに反旗を翻す伏線だったのかもしれません。

 なんか変な口調で気分害してしまったかもしれませんが…こんな解釈ダメですかね(汗)
スポンサーサイト
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.