がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
今年のやりたいことリスト
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

 …というわけで、とりあえず今年の目標なんてものをぶちあげてみます。でも多分、今年中に全部実現するのは無理です。とりあえず今後の予定ということで、頭にあるものを公開してみます。中には、着手すらされない計画もあるかもしれませんが…。

>>続きを読む
スポンサーサイト
今年もお世話になりました
 今年はこれを含んで221回更新しました。(昨年は242回)。数えたのは初めてなんですが、よくやったなぁと思います。
 今年一年を漢字で表すならば、「開」でしょうか。個人的な事情ですが、引っ越して一人暮らしを始めたりもしました。実は今年から新しい仕事に就いてたりもしました。いろいろな意味で、道を切り開くことが出来たかな、と思います。
 サイト運営としては、別に新しいサイトをオープンしたわけではありませんが、Zガンダム関係を中心に、かなり今までよりも広く考察の幅を取れるようになって(資料が揃ってきたことも大きいです)、色々と自分の中でガンダム世界が広まっていったかなと思っています。自分で考察しながら、新しい解釈を切り開いたなと感じたことが今年は非常に多かったです。

 個人的に思うのは、趣味は本業が安定してこそ楽しめるものなんだなということですね。趣味を仕事に出来る場合は別として、「しなければいけないこと」があるから「したいこと」に対するモチベーションも高まるということを実に感じた一年でした。もっとも、「しなければいけないこと」が多すぎたら当然したいこともくそもないわけで、バランスが大事なんですけどね。あぁ、これがワーク・ライフ・バランスってやつか(笑)

 ともあれ、正月の間ももう少し飛ばしていきますので、明日からもよろしくお願いします。それでは、良い御年を。
ガンダムの設定に対する接し方について
 今まであまり深く考えてなかったんですが、ここいらでそろそろ自分の考察スタイルというか、ガンダムシリーズの設定の扱い方をどう考えているかを明文化しておこうと思います。

 ガンダムの設定に対する接し方というのはいくつかあると思うんですが、人によるスタンスの違いが特に顕著に現れるのは、「一般に公式と呼ばれる設定の説得力が乏しい場合」と「複数の矛盾する設定が存在する場合」なんじゃないかと思います。

>>続きを読む
連邦軍の軍需産業について教えてください
 ハービック社とヴィックウェリントン社の初出の資料は何か、ご存知の方がいたら教えてください。MSV関連の何かの資料だとは思うのですが、見当たらず(汗)
 ググってもWikipediaとそのコピペ記事ばっかりだよぅ。
ユニコーンガンダムについて一言
<公式サイトの解説文より>
 「NT-D」が発動すると、内部フレームが拡張され、全身の体形が変貌。これに合わせて装甲は継ぎ目から分離し、スライド開放される。装甲の隙間から露出した内部フレームが赤い燐光を発する


>>続きを読む
そういえば
 連合vsザフト2買ってないや。オリジナルモードがキャラと仲良くするモードでしかもシン主人公がデフォと聞いて意欲が減退してしまいました。ガンダムvsZガンダムみたいにいろんなキャラ使えるんじゃないのかよ。つーかオリキャラ作成モードとかあったら買ったのになぁ。平井絵のパーツを自由に組み合わせてキャラメイク可能とか。そしたらシンケルはこんな顔とかできるのに(笑)そもそもキャラを前面に出すなら主人公がシンじゃダメだろうよ。
 ゲーム部分はまぁ、連ジからずっとお世話になってますからプレイしなくても大体どんなゲームか分かるし、パワーインフレが激しいような気がするのでなんとなく気が引けるんですよね。つーかアストレイを出せと何回言えば(以下略)

 すげー面白いって部分があったら教えてください。ウイイレのエフェクトの酷さに参ってるので(苦笑)。J2最下位にオウンゴール2発ってなんだよ…。
青いフルアーマーガンダム
 フルアーマーガンダムには通常の緑色のカラーの他に、青いカラーリングの物がある。これはいわゆる「プラモ狂四郎版」であり、正史上ではバストライナーの設定画にわずかに描かれているのみである。ただ、その装甲は最近「スピリッツオブジオン」でプロトタイプガンダムに装着して登場することになるようだ。それはいい。

>>続きを読む
ASTRAYに求めること
 最近のアストレイはよくわからない。話の内容ではなく、作品そのものの方向性の話だ。元々アストレイはSEEDの外伝である。しかし今やっているのは果たして何かの外伝なのだろうか?確かにアニメのキャラクターも出てくるし、メカニックにも関連性がある。だけど、シナリオの方向はだいぶ違う方向へ行っているように思う。そもそも企画自体がその時のプロモーションの都合に左右されるため仕方のない部分はあるが、割と原作者もその場の勢いで話を作っている部分があるようだ。それを否定するつもりはないが、どんな内容にしろ、絶対にぶれてはいけない軸というものは何にでも必要だと思う。物語にもそうだし、企業戦略としてもそうだ。
 今のアストレイは、一体誰のために、何を目的に続けられているんだろうか?

>>続きを読む
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.