FC2ブログ
がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ガンダムWの世界の軍事組織について考える
 ガンダムWの斬新なところは「主人公がテロリスト」だということに加え、「生身の兵士とモビルドールの対立」を描いたことだと以前書きましたが、それに加えてもう一つ斬新な点があります。それがOZという存在です。OZは「秘密結社」と説明されているように、特定国家の軍事組織ではありません。あくまでも民間組織です。この世界で何が起きているかというと、「軍事力のアウトソーシング」ということになります。このことを踏まえて、ガンダムWの世界の軍事組織がどのようになっていたのか、少し考察してみたいと思います。

>>続きを読む
スポンサーサイト
ガンダムエピオンは何のために作られたのか
 「ガンダムW」を見ていた時に、よくよく考えると不明なのが、ガンダムエピオンの開発理由です。最終的にゼクス=ミリアルドの愛機となったこのガンダムですが、元はトレーズが開発し、ヒイロに与えたものでした。ヒイロとゼクスが交戦し、ゼロシステムの共鳴(?)によりシステムダウンして引き分けに終わった後、ヒイロが能動的にウイングゼロに乗り込んだため、成り行きでゼクスが乗る事になったのが、エピオンという機体のパイロットの変遷です。
 しかしそのエピオンをヒイロに託したことさえ、たまたまヒイロがトレーズの屋敷にやってきたからで、トレーズの計画通りというわけではありませんでした。ならばそもそも、トレーズは何のためにエピオンを作ったのでしょうか。

>>続きを読む
ガンダムWについて今更考える
 TwitterでMXテレビでの再放送が話題になっていたガンダムWですが、自分はそれ以前にキッズステーションでの再放送を一通り視聴した後だったので、その時の感想を先に書いておこうと思います。
 CS放送では何度か再放送されていましたし、自分が見た時間帯でもGやXも放送されていたのですが、Wをたまたま1話から見たら引き込まれてしまい、また時間帯的にもだいたい家にいて寝る前という見やすいタイミングだったので、ついついほとんど全話見てしまいました。そうさせるだけの魅力が、やはりある作品なのだなと思いましたね。

 実際どのあたりに魅力を感じたかというと、世界観の緻密さとしっかり世界情勢の変化を描いているところでしょうか。キャラとメカのアクションに特化した作劇であるためあまり印象に残らないのですが、実はガンダムWはかなり細かく世界情勢が設定されていて、しかもそれが作中で目まぐるしく変化しています。リアルタイムで見ていた中学生の当時は全く分かりませんでしたが、大人になってから見ると色々と見えてくるものがあり、非富野ガンダムの中でも屈指の完成度の作品であると感じました。今見ると足りない部分もたくさんあるんですけどね。

>>続きを読む
copyright © 2018 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.