FC2ブログ
がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
PMXナンバーとガブスレイ・ハンブラビの関係
 ガブスレイとハンブラビは、設計にシロッコが関わっていたとされています。そうであるならば、純シロッコ製であるPMXシリーズとも何らかの関連性があってもいいのではないかと思います。
 今回は、その共通点や関連性について考察してみます。

>>続きを読む
スポンサーサイト
バーザムを「突撃戦用低コスト機」として再考察する
 以前、バーザムのデザイナーインタビューについての記事について書いた際、「背部に支援ユニットを装着し、手足がもげてもすぐ換装できる特攻機」というイメージでバーザムがデザインされたことが分かったので、今回はそれを尊重した考察をしてみようと思います。

>>続きを読む
MS-06F-2/FZは具体的に06Fとどう違うのか
 MS-06は、古来MSVの時代から割と細かく内部構造が設定されているMSです。しかもプラモの構造に合わせて時代に応じて設定が変わっているRX-78と違い、基本構造はずっと一緒なので設定的にもあまり変更がありません。
 ただ、実質リファインデザインである0080のMS-06FZと0083のMS-06F-2に関しては、見た目のバランスが変わっていることから、内部構造が全く一緒とは考えにくいものがあります。
 今回は、MS-06の内部構造の設定から、MS-06F-2/FZの内部構造を推察し、その違いを明らかにしていきたいと思います。

>>続きを読む
ギャプランとドミンゴとマラサイの関係
※今回の考察は「Zガンダム」に関わったスタッフが真実を明らかにした瞬間全てが無になる内容です。

 マラサイは、「当初はエゥーゴに配備される予定だったが、政治的判断でティターンズに供与された」という設定ですが、これがデザイン上の経緯を反映させているというのは良く知られている話です。当初は、ドミンゴという名称だったというのも、当時のアニメ誌で語られていたことでした。
 一方、ドミンゴはゲームブック「ジェリド出撃命令」においてORX-003という形式番号でギャプランの前段階の機体として登場しています。何故マラサイの原名だったものが、ギャプランの始祖に与えられているのか、何も情報がなく謎のままでした。
 しかし、ギャプランのデザインをよく見てみると、そもそもマラサイとギャプランの間にあるドミンゴという名前は、もう少し深く掘り下げるべきネタなのではないか、という事に気づきました。

>>続きを読む
エプシィガンダムの解釈に決着をつける
 没メカでありながら、「永野護原案で百式のベースデザイン」かつ「MSVの設定を作った小田雅弘氏により設定が与えられたギリシャ文字ガンダムのミッシングリンクの一つ」ということで、簡単にはなかったことにできない微妙な位置づけにあるアナハイム製ガンダムが、エプシィガンダムです。
 これまで何度も考察してきた中では、最終的に「デルタガンダムと計画統合されて百式の母体になった」というのが個人的な結論でした。
アナハイムガンダム
 余談ですがこの画像、結構前に作ったものですが、MSA-0012のシルエットを変更しなきゃいけませんね…AOZのに。

 ただ、これはあくまでも最終的にエプシィガンダムがどうなったかという部分の考察でしかなく、何故エプシィガンダムという機体が生まれたのか、その開発理由までは踏み込めないでいました。今回はそこに切り込んでいき、最終的にエプシィガンダムとは何だったのかを結論付けたいと思います。

>>続きを読む
ザクキャノンは何故新規開発だったのか
 MS-06Kザクキャノンは、初代MSVにおけるザクバリエーションの中でも、かなりザクの原型を留めていないデザインになっています。頭は完全新規、胴体は胸部にインテークが開けられパイプの接続位置も変更、ランドセルはキャノンパック、腕はグフっぽい外見でシールドとスパイクアーマーも新規デザイン、脚部は角柱型の太腿にプロトタイプドムのようなインテークと、ぶっちゃけ元のMS-06と共通のパーツは外観上一つもありません。ほとんどジオン製陸戦用新型MSです。
ザクとザクキャノン

 そんな外見なので、MS-06DやMS-06R-1Aがそれなりの生産数であるという設定だったのに対し、このMS-06Kは当時「試作9機のみ」という設定でした。要するに完全に試作型だったんですね。
 それにしても、ゲルググへの過渡期であったMS-06R-3ならまだしも、この地上用であるザクキャノンは何故こんなにも外見がフルモデルチェンジされていたのでしょうか。単なる支援機であれば、それこそキャノンパックを装備しただけのザクハーフキャノンで良かったはずです。それだけでは済まない理由があったのかどうか、考えてみました。
>>続きを読む
ドロスは何故沈んだのか
 ア・バオア・クー戦においてジオン軍の戦線を支えていた空母ドロスは、ギレンが肩入れしていた描写が印象深いものでしたが、TV版ではあっけなく沈んでしまっています。劇場版では沈む描写はありませんでしたが、連邦軍に攻め込まれる展開が同じである以上、同様に沈んでいるものと思われます。
 しかし、後付けにより色々な部隊が参加した事になっているア・バオア・クー戦ですが、それでもそのドロスに絡む外伝は未だ存在していないようです。「Nフィールドはドロスだけで支えられそうだな」とギレンに言わせたそのドロスが、一体どのような過程を経て沈んだのか、少し考察してみたいと思います。

>>続きを読む
ペズン計画の型番の偽装過程を推測する
 MS-Xの5体のジオン製MSの形式番号は、すでに廃番・空き番となった番号を充てられているという設定になっています。つまり、MS-10~13とMS-17には、別の番号のMSが当初存在していたということになります。それら中止になったと思われるMSの型番がどのような過程でMS-Xに与えられるようになったのか、考察してみたいと思います。


>>続きを読む
copyright © 2018 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.