がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
月初のガンダム以外の話「ドラゴンクエスト11 失われた時を求めて」
 今回はこれしかないでしょう。タイトルロゴが発表された時点で、1に似たロゴであること、序曲がロト仕様であること、3DS版でSFC的なグラフィックでプレイ可能なことから、これは過去作ファン向けだろうと思い3DS版を購入しました。そしてその選択は大正解でした。完全に既存ファン向けでしたね。3~6あたりをプレイしたファン向けの作品です。新規プレイヤーには、ドラクエってこういうものだよと伝えるものでもあるような気がしますが、とりあえず既存ファン向けです。完全に。
 今年のポケモンの映画なんかもそうですけど、既存ファンにターゲットを絞った企画最近多いですね。完全に我々前後の世代が狙われているような気がします。でも多分、作っているのも同世代なんだよなぁ…。昔手塚アニメとかがやたらリバイバルされた時期がありましたけど、あれも当時のファン世代が企画の中心にいたんでしょうね。

 話が逸れましたがドラクエ11の感想いきます。200%ネタバレしますのでご注意くださいね。







 
>>続きを読む
スポンサーサイト
月初のガンダム以外の話「安彦氏の自伝、『原点 THE ORIGIN-戦争を描く、人間を描く』」
 富野監督の自伝は昔からよく読んでいましたが、割と最近安彦良和氏の自伝が出たので、読んでみました。ガンダムのエピソードというよりも、学生運動にまつわる政治的な話の方がメインなので、ガンダム以外の話とします。個人的にはこのテーマも気になっていました。富野監督は学生運動に一時的に参加しながらも、すぐに合わないとドロップアウトした側ですが、安彦氏はガチガチに活動していた側ということなので、当時がどのような感じだったのかというのも興味がありました。

>>続きを読む
月初のガンダム以外の話「欧米は保護主義に進んでいるか」
 たまには真面目な話を。本当は年始あたりに書こうと思っていたネタです。

 イギリスのEU離脱とか、アメリカのトランプ大統領就任などで、昨年から欧米は保護主義、つまり反グローバリズム、反移民政策に傾いていると説明されることが増えてきました。そしてそれは国粋主義、ナショナリズムの方向に進んでいるとも言われます。それぞれの国により事情はやや違うものの、移民・難民に対して批判的な世論が形成されているようであると感じられることは確かにあります。そこに共通する背景について、自分なりに少し考えてみました。

>>続きを読む
ドラゴンボール考察を分離しました
 「月初のガンダム以外の話」シリーズからドラゴンボール関係を分離しました。今後は以下のサイトで更新していくつもりです。

http://vsbrf91.hatenablog.com/

 もはや月初に更新する必要もないので、気まぐれに更新していく予定です。

 

テーマ:ドラゴンボール - ジャンル:アニメ・コミック

月初のガンダム以外の話「死後の世界の概念」
 あけましておめでとうございます、と言えない事情がありまして、私事ですが昨年末に祖父が亡くなりました。父方の祖父はすでに亡くなっており、今回は母方の方でした。ちなみに祖母は両者健在でして、女性の方が平均寿命が長いというのは本当なんだなぁと思ったりもしています。今回亡くなった祖父は従軍経験者なのですが、実はレイテ沖海戦にも参加していたらしいという話を葬式で親戚から聞き、証拠があるわけではないものの、自分が受け継いでいる血筋というのは先祖がなんとか生き延びてきたからこそなんだなぁと、よくよく考えると当たり前ではあるんですが、そんなことを思ったりもしました。

 という個人的な事情とは今回の話は直接関係なく、ただ遺体というものに改めて向き合った時に感じたことをつらつらと述べます。新年早々の話題としてはどうかとも思いますが、ご容赦ください。

>>続きを読む
月初のガンダム以外の話 「ドラゴンボール超 未来トランクス編」
 えー、ようやく完結したので語ることができるようになりました。個人的にはもうドラゴンボールネタは切り離して別ブログにしようかとも思っているのですが、時間がなくそこまで取り掛かれていません。

 TVアニメであるドラゴンボール超は、ほとんど劇場版の展開をなぞるだけで、要するに原作に対するアニメ版ドラゴンボールZの立ち位置であり、しかも劇場版よりも非常に評判が悪かったため特に追いかけていませんでした。しかしオリジナルの展開に入ってちょっとずつ評判が良くなっていった上に、未来のトランクスが再び戻ってくるという話になったことから、全力で毎週録画して追いかけることにしました。個人的には、「未来のトランクスがまた戻ってきて本格的にストーリーを展開する」というのは、ガンダムに例えると「富野監督の新作アニメとしてF92が制作される」くらいのレベルの出来事であったので、大いに歓迎したものでした。それがまさか「シーブックもセシリーも死んで歴史も全くクロスボーンやVに繋がらない結末」のようにされるとは思いませんでしたが!(笑)

 ネタバレですし非常に不満だったので柄にもなく毒を吐きまくります。ご注意ください。

>>続きを読む
月初のガンダム以外の話「大手全国紙を読み比べてみた」
 ドラゴンボール超の未来編がまだ終わらないのでまだ語れません。来月には語れるでしょうか。言いたいことはたくさんあります(笑)

 今回は、仕事でたまたま全国区の新聞を読み比べることができる職務についているので、その感想を書き記しておこうと思います。昔も仕事で読んでいた時期があったのですが、その頃よりはだいぶ視野も見識も広がっている(はず)なので、今の目線で。

>>続きを読む
月初のガンダム以外の話「自営業とサラリーマンの隔絶」
 今月はちょっとシリアスな話。仕事をしていて思ったのですが、「毎日職場と家を行き来するだけのサラリーマン」と、「自宅(もしくは自分が所有・賃借している建物)で仕事を営んでいる自営業」では、住んでいる世界が全然違うようです。自分も親もサラリーマンでしたので、この違いには今の歳になってようやく気づきました。
 サラリーマンと自営業という分け方はやや大雑把なのですが、誰かに雇われているか、自分が経営しているかの違いと言ってもいいかもしれません。昔なら、労働者と経営者と言うのでしょうけど、今一般的に言うサラリーマンは、労働者と言うには仕事が複雑すぎますね。

>>続きを読む
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.