がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
4号機以降のRX-78がテストしたかったこと

 RX-78ガンダムは、試作機であり、本来は直接実戦投入することが前提の機体ではありませんでした。その2号機が実戦に出ざるを得ない状況に追い込まれたことにより、逆に存在が際立ち他のガンダムも囮的に実戦に投入されるようになった側面がありますが、本来はフルスペック規格の実験機レベルの存在であったはずです。
 例えばG-3ガンダムはマグネットコーティングのテストのために運用されましたし、ガンダムNT-1アレックスもニュータイプ用とされながら全天周モニターやチョバムアーマーなどのテスト機でもありました。
 だとすれば、大規模改装が行われたガンダム4~7号機も、当然何かしらのテストであったはずです。それが何だったのかを考察してみます。

>>続きを読む
スポンサーサイト
RX-80を既存の考察に加えて考える
 久々にディープなやつです。ゲーム用の外伝「ミッシングリンク」で設定されたRX-80PRペイルライダーの「原型機」についての考察をしたいと思います。
 ペイルライダー自体は、一言で言えばブルーディスティニーの後継機ですし、その後魔改造されてAMXナンバーになってしまうので、あまり設定上の考察の余地はありません。それよりも、そのペイルライダーの原型となった、開発中止になった次世代機(おそらく形式番号RX-80)の方が、考察の余地がありそうです。
 というのも、ペイルライダーの外観は、GMスナイパーIIをベースにガンダム4/5号機のパーツを付け足しているようなイメージであり、両機のコンセプトが反映されているように見えます。次世代機のベースになったのが両機であることは間違いありません。その上、形式番号的には一年戦争当時に計画があったとされるRX-81の一つ前になるわけですから、計画上は一年戦争中からあったと考えられます。
 この辺を含めて、考察してみたいと思います。

>>続きを読む
もしも、シャアがエゥーゴに参加しなかったら
 以前、シャアがエゥーゴに参加してなかったらリックディアスはアクシズに流れていたんじゃないか、という話をしたところからの派生です。
 実際に、シャアがエゥーゴに参加せず、純粋にアクシズのために地球圏で活動したらどうなっていたでしょうか。その辺を妄想してみようと思います。

>>続きを読む
ユニコーンガンダムとネオガンダム
 ユニコーンガンダムの形式番号はRX-0ですが、これは年号と関連性がないRXナンバーです。一方、同じアナハイム製のガンダムで、もう一つ年号と関連性がないRXナンバーを持ったMSがあります。それはRX-99ネオガンダムです。ユニコーンよりも先に設定されたこの機体は、ユニコーンガンダムと同じく連邦軍に採用されながらアナハイムの社内機としての側面も強く持っています。
 また、ネオガンダムはユニコーンほどの超性能はない、と一瞬思われるかもしれませんが、本来のネオガンダムは1号機、つまりネオ・サイコミュ搭載型のMSの方なのです。そう考えると、同じマンマシーンインターフェイスであるNT-Dを搭載したユニコーンガンダムの、直系の後継機と考えることさえできます。
 その側面から、ユニコーンガンダムとネオガンダムの関係性について考察してみたいと思います。

>>続きを読む
月初のガンダム以外の話「安彦氏の自伝、『原点 THE ORIGIN-戦争を描く、人間を描く』」
 富野監督の自伝は昔からよく読んでいましたが、割と最近安彦良和氏の自伝が出たので、読んでみました。ガンダムのエピソードというよりも、学生運動にまつわる政治的な話の方がメインなので、ガンダム以外の話とします。個人的にはこのテーマも気になっていました。富野監督は学生運動に一時的に参加しながらも、すぐに合わないとドロップアウトした側ですが、安彦氏はガチガチに活動していた側ということなので、当時がどのような感じだったのかというのも興味がありました。

>>続きを読む
アクシズとリック・ディアス
 以前、グリプス戦役時代のビスト財団について考察したときに、サディア・ラボンさんから頂いたコメントで気づいたのですが、リック・ディアスって実はアクシズのために開発されたんじゃないか、と考えることが可能なんですよね。
 というのも、アナハイムはアクシズからやってきたシャアからガンダリウムγの提供を受けて、リック・ディアスを開発したわけですが、最終的にその完成形であるシュツルム・ディアスはネオジオンに納入されているんですよ(その後ジオン共和国軍にまわされましたが)。
 イメージ的には、エゥーゴのために開発されたリック・ディアスが裏取引でネオジオンに配備された、と認識されがちですが、実はそうじゃなくて、シュツルム・ディアスの配備先こそ本来あるべき場所で、エゥーゴがリック・ディアスを運用したこと自体がシャアの「裏切り」だったのではないかと、そう考えることも可能なわけです。
 この線から、本来のアクシズとアナハイムの関係について、そしてリック・ディアスは本来どうあるべきだったかということについてを考察してみたいと思います。

>>続きを読む
機動戦士ガンダム0092「球形の心に抱かれて」を再公開しました
 このブログを始めるより前に運営していたMSデータベースサイト「M.S.Classify」が、借りていた無料レンタルサーバーのサービス終了により消滅してしまったのですが、これに関しては別の形で作り直すことを考えています。
 しかし、その中で代理掲載していたzsphereさんの小説「球形の心に抱かれて」が同時に消滅してしまったため、せめてこの作品だけでも復旧をと思い、新たなサーバーで再公開いたしました。

http://zsphere.webcrow.jp/

 この作品を自分が公開したのが2006年、10年以上前の作品です。実際はzsphereさん自身がもっと前に公開した作品ですからもっと前の作品なのですが、今読んでも問題ないクオリティというか、ガンダムUCに似ている部分も多々あったりして更に興味深く読めると思います。マリーダの結末に納得がいかない人にとっては、特に楽しめる作品なのではないでしょうか。


 余談ですが、今回同時に自分が過去に書いていたガンダムSEEDの参加型小説を少し読み直しました。あの頃は、SEEDの設定を徹底的に理解してその隙間に物語を捻じ込もうと真剣に頑張っていたのですが、種デス後半の展開があまりにも残念すぎて心が折れてしまったことを思い出しました。
Mk-IIとヘイズルとバーザムの関係を整理する
 さあ、久しぶりにバーザムについて考えましょう。HGUCも出たことだしね。といってもAOZによってあらかた設定は確定しましたし、それも含めて前回の考察を参照いただければと思います。
 今回は、実際のところヘイズルとMk-IIとバーザムってどういう関係性だったのよ、という話をします。バーザムはMk-IIともヘイズルとも関わりが深いMSとなったわけですが、ではそのMk-IIとヘイズルはどういう関係だったのか、なども含めての考察です。

>>続きを読む
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.